当ブログについて

初めまして、当ブログ管理人の「SaruyaMichael」と申します。
読み方は「さるやまいける」、「猿山(さるやま)」と呼んで下さい。
何卒よろしくお願い致します。

当ブログは主に管理人が個人的に興味のある事を記事にしていきます。
お手数ですが、お気に入りに追加して頂けると非常に喜びます。
現在「参考にできない・参考にならない動画集」も更新中です。
こちらは動画紹介ブログです。興味のある方は是非寄って行って下さい。

※モチベ回復のためご協力お願いします→通販サイト:Amazon
FC2のブロ友、相互リンクは常時募集中です。
(後々相互リンクサイト一覧を載せる専用記事を作るかも)

詳しくは「続きを読む」から当ブログに関する説明をご覧下さい。
特に初見の方は必ず読んで下さいますようお願いします。
続きを読む

当サイトメニュー

当サイトのメニューです。
もし迷ったという方は「続きを読む」をクリックして下さい。
お探しの情報掲載ページヘ一発でジャンプする事ができます。

※主の頭の中にあるものを適当にまとめてアウトプットしているだけです。
当然ながら科学的に根拠のないものや間違った知識等もあると思われます。
閲覧や実行に関しては自己責任でお願い致します。

※また、主に「文章をまとめる時」「メモ」に使っているだけなので、
投稿された内容は確定文章ではありません。
後日、内容をジャンルごとに分けて、
新たにブログを作り、そちらへ投稿する予定です。
 
続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記


このブログをはてなブックマークに追加

11/14のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食事論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり、記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にする働きがあるとされる他、一説には成長ホルモンの分泌を促す作用があるとも言われている。尚、食品では大豆・卵黄から抽出するレシチンに含まれる。1日10g程度を目安に小分けにして摂取。https://t.co/DJKabEKsPO
11-14 23:40

食品論:アマランサスには糖、蛋白質、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、食物繊維等がいずれも豊富に含まれる。尚、キヌアと比較するとビタミンB群は劣るが、ミネラルの栄養価はアマランサスの方が高い。https://t.co/6fJTIu0E9p
11-14 23:10

筋トレ論:アルギニンは成長ホルモン分泌やコラーゲン合成等に関わるとされる他、血管拡張に必要な一酸化窒素(NO)を作る際に必要と言われている。1回1~2g程度を食間・起床時・就寝前等空腹時に分けて摂取、また3~5g程度を運動前後に摂取すると良いと思われる。https://t.co/B3y7MrIFAr
11-14 22:40

栄養論:タウリンはシステインやビタミンB6等から合成、細胞を正常な状態に維持・調節する機能に関与。全身に存在し特に心臓や肝臓等に多く存在、脳では神経伝達物質としての役割もあるとされる。食品ではタコ、イカ、貝類等に含まれる。尚、摂取量は食後1~2g程度が目安。https://t.co/TitUgYXOXI
11-14 22:10

食品論:グラスフェッドバターは脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)を含む他、通常のバターよりも不飽和脂肪酸が多く、αリノレン酸や共役リノール酸等を含むとされる。ただし不飽和脂肪酸は熱に弱く酸化されやすい上、通常のバター同様に飽和脂肪酸も豊富な点には注意。https://t.co/2xRidjeKic
11-14 21:40

栄養論:イヌリンは果糖が連なっているが、消化酵素で分解されずそのまま胃を通過、血糖値は上がらず、腸に留まり腸内細菌の餌になる。尚、カルシウムやマグネシウム等の吸収を促すとされるが、腸内細菌で分解される際にガスを発生させる。食品では根菜類に多く含む。https://t.co/o4BiA7l5xE
11-14 21:10

食品論:ゴマは蛋白質、脂質(オレイン酸・リノール酸)、ビタミンB1・B6、ナイアシン、葉酸、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、食物繊維をいずれも豊富に含み、特に脂質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄に秀でている。他、健康効果があるとされるセサミンも含む。https://t.co/1tF9fzSXU4
11-14 20:40

栄養論:コラーゲンはプロリン・グリシン等様々なアミノ酸から構成。摂取は意味ないと言われるが、少なくとも材料を補給でき、また摂取により合成酵素が活性化するとも言われている。1日10~15gをビタミンCと一緒に摂取すると良い。尚、骨の芯もコラーゲンでできている。https://t.co/eDMOilwYxh
11-14 20:10

栄養論:DHAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸。コレステロール・血圧管理、炎症反応に関与するω-6脂肪酸に拮抗、他では脳や網膜にも存在する。マグロのトロ、シロサケのイクラ、ブリ、サバ、サンマの他、特に青魚に多く含む。一部はαリノレン酸から作られるが不足しやすい。https://t.co/tFpZW09bXd
11-14 19:40

筋トレ論:ホエイプロテインは吸収が速く、運動後等の栄養補給に適している。蛋白質の摂取目安は1日に体重×1~2g程度なので、普段の食事を踏まえて量を調節、1回20~40g程度を飲むと良いと思われる。尚、吸収の速い糖と一緒に摂取すると効率良く吸収され尚良い。https://t.co/9GjyW01r41
11-14 19:10


続きを読む

11/13のツイートまとめ

SaruyaMichael2

筋トレ論:マルトデキストリンは胃を素早く通過し、ブドウ糖と比べれば腸での吸収では持続力もある。運動前から少しずつ飲む事で運動時にピークを合わせられるが、摂取量は管理が必要。特に大量摂取→血糖値急上昇→インスリン大量分泌→運動時に低血糖となるため要注意。https://t.co/XhMdv0vQgx
11-13 23:40

筋トレ論:クレアチンはそのままでは吸収率が悪いとされる。吸収の速い糖と少量の塩分を摂取、またpHが重要で、クレアチン:クエン酸:重曹を3:2:1程度の割合で混合すると改善される。量は1日3~5g程度、これを運動後や食後等に小分けにして摂取すると良いと思われる。https://t.co/zFxMSPyJYG
11-13 23:10

食事論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり、記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にする働きがあるとされる他、一説には成長ホルモンの分泌を促す作用があるとも言われている。尚、食品では大豆・卵黄から抽出するレシチンに含まれる。1日10g程度を目安に小分けにして摂取。https://t.co/DJKabEKsPO
11-13 22:40

中臀筋トレ:体を一直線・横這い。上の膝を伸ばし、爪先・膝を体と同じ方向へ向かせたまま、太ももを少し後方へ引く。それを維持し太ももを上下する。上下動を1回とし計20回。動作間では膝を伸ばす、体の少し後方、爪先・膝の向き、高く上げない、脱力しない事を常に意識。https://t.co/YXP3xb9jma
11-13 22:10

食事論:リンゴの皮に含むウルソル酸やグリーントマトに含むトマチジンには、蛋白質合成・分解に関わる酵素の働きを活性化、それによる筋力維持向上や脂肪燃焼補助等の作用があるとされる。尚、リンゴの皮には比較的多く含むが、いずれにしろ効果を得るには相当量食べなければならず現実的ではない。
11-13 21:40

デッドリフト:足を肩幅に開いて立ち、腰骨両側に手、肘伸ばしバーベル等を持つ。軽く膝を曲げ、腰を少し後方へ引きながら、背中丸めず股関節を軸に上半身前傾→同じように股関節を軸に上半身を起こす。これを1回とし10~15回。尚、前傾する角度は方法によるが90度まで。https://t.co/uJthDYbQk8
11-13 20:40

食品論:グラスフェッドバターは脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)を含む他、通常のバターよりも不飽和脂肪酸が多く、αリノレン酸や共役リノール酸等を含むとされる。ただし不飽和脂肪酸は熱に弱く酸化されやすい上、通常のバター同様に飽和脂肪酸も豊富な点には注意。https://t.co/2xRidjeKic
11-13 20:10

食事論:甲殻類から抽出されるキトサンは脂肪を分解する消化酵素の働きを抑え、それにより脂肪の吸収を抑える作用があるとされる。尚、キトサンは不溶性食物繊維のため便の元になるが、大量摂取では逆に便秘になる事もある。またよく聞くグルコサミンはキトサン内にも含まれている。
11-13 19:40

食事論:玉ねぎに含む硫化アリルには抗菌・ビタミンB1補助作用、辛味成分の硫化プロピルには血液サラサラ効果、ポリフェノールの一種ケルセチンには抗酸化作用、他アリインには男性ホルモン分泌を促す作用があるとされる。ただしその効果を得るには相当量食べなければならず現実的ではない。
11-13 19:10

食品論:ペカンナッツ(ピーカンナッツ)は蛋白質、脂質(オレイン酸・リノール酸)、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維をいずれも豊富に含み、特に脂質、ビタミンE、マンガンに秀でる。カロリーも高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/fURUTLRhxf
11-13 18:40


続きを読む

11/12のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:カルノシンは筋肉に多く存在、乳酸を分解する酵素の活性に関与する他、酸化ストレスから細胞を保護する役割があるとされる。特に鶏胸肉に多く含まれている。尚、カルノシンはヒスチジンとβアラニンから作られるが、これらが痒みをもたらす事がある。https://t.co/h1dWxblAAt
11-12 23:40

食品論:アマニ油は飽和10%、一価不飽和(オレイン酸)20%、多価不飽和70%(リノール酸15%、αリノレン酸55%)を含む。特に必須脂肪酸であるω-3脂肪酸のαリノレン酸が豊富だが、熱に弱く酸化しやすい。加熱調理に適さず保存法にも注意。目安は1回1~2gを毎食時に。https://t.co/dTvT5oLwk7
11-12 23:10

まぁそう言っといて明日から負け続けたりするんだろうけどな・・・
11-12 22:50

ライバルズの全カード1枚ずつのデッキでやるイベントマッチ、何故か運良く1敗しかしていない。ただそれでも上に10人ぐらいいるっぽい。ひょっとして上にいる人はみんな全勝なのか?
11-12 22:47

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られるが、その効率は悪いためHMBで補うと良いとされる。量としては1日3~5gを小分けに摂取すると良いと思われるが、個人差が大きいとされ、大量摂取しても大差ない。尚、クレアチンやビタミンDの摂取で効果が高まるとされる。https://t.co/kyREShSaz4
11-12 22:40

栄養論:ビタミンCは水溶性であり熱やストレスに弱く失われやすい。そのため毎食補給、更に言えば2~3時間毎に補給した方が良い。尚、その欠点を補った脂溶性ビタミンCもあり、こちらは緩やかに吸収される。1日1~2gを朝晩に分けて補給すると良いと思われる。https://t.co/zP2OIM1mxQ
11-12 22:10

栄養論:タウリンはシステインやビタミンB6等から合成、細胞を正常な状態に維持・調節する機能に関与。全身に存在し特に心臓や肝臓等に多く存在、脳では神経伝達物質としての役割もあるとされる。食品ではタコ、イカ、貝類等に含まれる。尚、摂取量は食後1~2g程度が目安。https://t.co/TitUgYXOXI
11-12 21:40

スネのストレッチ:座った際に膝が直角になる高さの椅子に座る。膝・スネを正面へ向かせたまま足の指を曲げ、足の甲(第二関節付近)を床へつける。つまり足のつく位置は膝よりやや後方になる。その状態で足首を前へ突き出すように少しずつ力を加える。左右各30秒ずつ。https://t.co/mo1GuQcCoK
11-12 21:10

食品論:カムカムは糖質、ビタミンC・E、クエン酸等有機酸、ポリフェノール類を含み、特にビタミンCはレモン果汁50倍以上という非常に高い含有量を誇る。ただしビタミンCは一度に大量摂取するのではなく、2~3時間おきに摂取し続けた方が効率が良いと思われる。https://t.co/cC2Sqqc7Uo
11-12 20:40

食品論:アマランサスには糖、蛋白質、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、食物繊維等がいずれも豊富に含まれる。尚、キヌアと比較するとビタミンB群は劣るが、ミネラルの栄養価はアマランサスの方が高い。https://t.co/6fJTIu0E9p
11-12 20:10


続きを読む
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト