自己紹介用記事33:宗教観

歴史は詳しくありませんが、例えば秩序がないような時代、あるいはそのような環境においては、大勢の人をまとめるために絶対的なリーダーが必要だったと思われます。そのため誰か一人、その時その場所にとんでもなく頭の良い人が生まれて、その人を絶対的なリーダーにするために周囲の人が祭り上げ、発言力や行動力を高め、またそれを維持するために「宗教」というものが生まれたのではないかなと。まぁこれは私の勝手な想像ですけどね。

なので、私は「神」という存在を信じていません。またどの宗教も信仰していませんし、そういう団体にも属していません。一方、私は特定の宗教を信仰している人だったり、そういう団体に属している人に対して、特に何の感情もありません。何かを信じる事は別に人の自由ですからね。

ただ、その信仰心は悪い事に利用する事もできます。実際、日本ではそれで事件が起こっています。また世界では過去ももちろんそうですが、日本人が知らないだけで、今この時代でも宗教同士の争いは起きています。前例がある以上、何か一つの考え方の元に「集まる」というのは、私は危険なものだとも考えています。それが例えその団体の一部分だとしても、その一部分が世間に迷惑をかける可能性は決してゼロではないという事です。

尚、私の家では葬儀の際、浄土真宗の「南無阿弥陀仏」を唱えてもらいます。しかし当の祖父もその宗教を信仰している訳ではありませんでした。その祖父がその形式で葬儀をしたので、それ以降、形式的にそうなっているだけです。もちろんクリスマスもお盆もします。ちなみに宗教に限らなくても、〇〇主義、〇〇派、○翼、〇〇家など様々なものがありますが、私の家ではそういう特定の思想もありません。

自己紹介用記事32:自分の性格を自分で言うと

やたら凝り性で、何も考えずにひたすら努力を続ける事はできるのに、一つの目標を達成すると、途端に飽き性になる所があります。簡単に言えば、熱しやすく冷めやすいという事です。そのため几帳面さや潔癖症な部分が出る事は多いのに、どこか適当で面倒臭がりな所があったり、完璧主義なのに遊びを作りたがるなど実に両極端です。

また疑り深くて秘密主義な所も多いため、直感で行動するタイプなのに一歩引いて考えてから行動しようとする癖があります。更に信用・不信用の差や、興味がある・ないの差も激しい上、劣等感は強くて負けず嫌いなのに、勝敗にはそこまで拘らなかったり、プライドは大してないのに、自分の直感から来る拘りには妥協したくなかったり、自分からは多くを求めないのに、時には変な欲求を出したりします。

とにかく非常に扱いにくい性格だと自分でも思いますね。

自己紹介用記事31:好きな動物や生物

小さい鳥類が好きです。これはセキセイインコを飼っていた事があるため。毛が多いものは基本問題ありません。牛とか豚とか犬や猫とかそういうのも大丈夫です。アレルギー持ちなので、マスクは必要ですが、普通に触れられます。また虫も全般大丈夫です。蝶やカブトムシやクワガタなどの甲虫は、成虫なら素手でも触れられます。カマキリやらバッタやらトンボやら、案外セミもいけます。貝やカニも問題ありません。

逆に嫌いな生物は足が8本以上または0本の生物です。特に蜘蛛がNG。芋虫系も見ているだけなら問題ありませんが、触るのはNGです。またタコやイカも食べれますが苦手です。魚は見るだけなら良いですが、触れるのは苦手です。その他、ゴキブリはNGですが、死んでいるものなら処理できます。蜘蛛は処理すらできまない上、視界に入るだけで痒くなる事があります。

自己紹介用記事30:好きな色、嫌いな言葉

好きな色は黒、青、無色。「この色が好きだとこういう性格」だとかは全く信じていませんが、個人的に派手な色は合いません。雑貨も選ぶ色はいつも暗い色ばかりです。

好きな言葉はありませんが、嫌いな言葉はたくさんあります。全てではありませんが、例えば普通、普遍、安定、味方・敵、一般、常識、流行、義務、伝統、正義・悪、基準、規則・ルール・決まり事、原理・原則、当たり前、保守、革命・変革、〇〇派・○翼、マナー・礼儀、天才・才能、愛・平和、尊敬語・謙譲語、命令語、汚い言葉・差別的な意味を含む用語全般など。ちなみにこの場ではパっと出てきませんが、「音」としてなら好きな言葉はたくさんあると思います。

自己紹介用記事29:好きな食べ物と嫌いな食べ物

好きな食べ物は甘い食べ物全般です。甘い物を食べると、気持ちが落ち着くので毎日食べています。ただし一度にたくさん食べると、吐き気を伴う事があるため、満腹になるほど食べる事はできません。脳や筋肉がちゃんと動いている内は、食べ続けても大丈夫でしょう・・・多分。その他では野菜、海藻類、乳製品、ナッツ類が好きです。特にシャキシャキ、ザクザク、バリバリ、パリパリ、ガリガリ、パキパキのように「歯応えのあるもの」「噛んだ時に音がするもの」が好きです。

飲み物に関しては、例えばお酒の場合、「アルコールの匂いがしないもの」であれば飲む事ができます。ビールや日本酒は苦手ですが、甘いカクテルは問題なく飲めるという感じです。ただしアルコールそのものを「体にとっては本来必要ないもの」と考えているため、自分から進んで飲む事はありません。お酒に弱い方ではないですが、酔うほどガブ飲みした事もないので分かりません。その他、牛乳は好きですが、大量に飲むとお腹を壊します。

一方、嫌いな食べ物としては、魚や肉類の内臓、骨付きの魚や肉、その他、歯応えのない柔らかい食べ物などです。特に「おかゆ」が嫌いです。また酸っぱい、辛い、塩っぱい、臭い、油っぽいなど、口の中に残る食べ物も嫌いです。納豆や梅干しの他、揚げ物もダメです。甘くても生クリームやバターをたくさん使っている場合はNG、また果物は嫌いではありませんが、好きでもありません。肉は赤身肉なら大丈夫、魚は骨さえついていなければ問題ありません。

自己紹介用記事28:得意な事と不得意な事

自分が「得意」だと思っている事は特にありませんが、逆に苦手だと思う事はたくさんあります。例えばじっとしている事、ボーっとする事など、昔から頭も体も動かしていないと、イライラゲージが溜まってしまい、とにかく落ち着きがありません。ただしそれは何かの目的を伴っていない事も多く、無駄に時間が過ぎてしまう事もしばしば。それから人の目を見て話す事が苦手です。家族ですら、ずっとは見ていられません。

また学生時代の勉強に関しては、「一夜漬けのテスト勉強」でしたので、私にとっての「得意」や「苦手」は少し違う意味になります。特にテスト勉強ではほぼ「丸暗記」になるのですが、英語なんかは出題範囲の英文・和訳・単語を丸暗記する事でゴリ押し、一方、暗記科目の社会系は全然暗記ができませんでした。また当時暗記の仕方が分からなかった現代文や古文も点数が伸びず。しかし理数系の科目は完全に丸暗記でゴリ押しできていました。全然関係ないですがIQは計測した事がないです。興味もない。

体育、音楽、美術などの場合、適当にやってるだけで最低限の成績は出る訳で、何かを意識した事はないです。テストもありましたが、あんまり記憶にないです。体育は中学以降はバレーをやっていたのでそれなりに、音楽は小学生まで合唱団に入っていたのでそれなりに、美術は絵は苦手でしたが、彫刻が得意だったので、まぁそれもそれなりです。ただ、家庭科だけは苦手意識があったかも・・・裁縫はダメダメでした。

そんな適当な一夜漬けでも、「五段階評価」では1と2を取った事がないので、まぁ可もなく不可もなくといった成績だったと思います。成績にはそこまで影響はありませんでした。ちなみに高校では「地学」を選択で受けていますが、地学のテストだけ常に9割以上の点数を取っていました。実は宇宙も科学も好きでした。もう知識はだいぶ抜けてしまっていますが、やはり興味がある事とない事とで、暗記力に相当な差が出るようです。
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト
他の運営サイトとリンクサイト