04/29のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食品論:フラックスシードは蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、ナイアシン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガン等をいずれも豊富に含む。尚、抽出されたアマニ油ほどではないが、必須脂肪酸であるω-3脂肪酸のαリノレン酸を豊富に含むのが大きな特徴。https://t.co/rGQahd8JVb
04-29 23:41

背中の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/uJthDYbQk8 #筋トレ #ダイエット
04-29 23:11

握力及び手の指・前腕の筋肉を鍛えるためのトレーニング法についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/jUPGXI6VWg #筋トレ #ダイエット
04-29 22:41

浅草といい、越谷といい、怖いなぁ
04-29 22:40

RT @livedoornews: 【全員軽症とみられる】埼玉県のイオンレイクタウンでスプレー噴射かhttps://t.co/kXmqXB3ite客から「スプレーのようなものがまかれた」と119番があった。16人が目や喉の痛みを訴えているという。
04-29 22:39

逮捕はっや
04-29 22:37

RT @Sankei_news: 【速報】悠仁さまの中学に侵入容疑 京都の50代男を逮捕https://t.co/K4WKVywdJn
04-29 22:37

ニキビ治療:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に。洗い過ぎは逆効果、強く押す・擦る等手で直接触らない。拭く際も同様。尚、洗顔後は可能な限り早く保湿・湿度管理を行い外側からケア、また日常的な水分・栄養補給・腸内環境改善・ストレス管理・十分な睡眠を行う等、内側からのケアも重要。
04-29 22:11

食事論:タンポポ茶に含むイソクエルシトリンには水分バランスを調節する作用の他、脂肪の分解に関わる酵素の働きを活性化させる作用があるとも言われている。またタンポポ茶はカリウムも多く含む。毎食時にコップ1~2杯程度、エキスの場合は食後500mg程度。
04-29 21:41

腕立て伏せ:膝を伸ばし両手両足で四つん這い、手は肩幅・肩の正面・やや「ハ」の字、頭~踵まで一直線、背中丸めず・反らない。その状態で手の方向とちょうど逆方向に肘を曲げる→90度まで緩やかに曲げたら同じように戻すが伸ばしきらない。これを20回程度。肩を上げない事。https://t.co/nCEhC0EZdw
04-29 21:11


続きを読む

04/28のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食事論:GI値は食品に含まれる「炭水化物50g当たりの糖」における血糖値の上がりやすさを比較するもの。ただし例えGI値が同程度でも「そのGI値の影響を受けるために必要な重量」は異なる場合がある。また加工法、調理法、食品の組合せ、順番等によっても血糖値の上がり方は異なる場合がある。
04-28 23:41

食品論:玄米は糖、ビタミンB1・B6、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維等を豊富に含む。やや高価だが発芽玄米はより栄養価が高くなる。尚、通常の白米よりも糖の吸収は緩やかだが、糖が多い事には変わりないので注意。https://t.co/Df9oOvSJ0C
04-28 23:11

ダイエット論:辛い食べ物により大量発汗すると、水分・ミネラル・水溶性ビタミン等が消費される。そのままでは脱水や乾燥を招くだけであり、水分・栄養補給及び保湿を怠るべきでない。尚、カプサイシンは脂肪燃焼を補助するとされるが、辛い食べ物は味調節のための糖や塩分を多く含むので注意。
04-28 22:41

筋トレ論:クレアチンはそのままでは吸収率が悪いとされる。吸収の速い糖と少量の塩分を摂取、またpHが重要で、クレアチン:クエン酸:重曹を3:2:1程度の割合で混合すると改善される。量は1日3~5g程度、これを運動後や食後等に小分けにして摂取すると良いと思われる。https://t.co/zFxMSPyJYG
04-28 22:11

食事論:単糖類(ブドウ糖・果糖)は吸収が速く、すぐにエネルギー利用できるが、短時間で血糖値を急上昇させる。多糖類は単糖類まで分解されてから吸収されるが、最終的に吸収される単糖類は多く、やはり血糖値を急上昇させる。血糖値は上昇後インスリンの影響で急降下し逆に低血糖になる事がある。
04-28 21:41

栄養論:ビタミンEは末梢血管拡張や抗酸化作用があり、ビタミンA・C等と共に抗酸化機能を安定化するとされる。アン肝、魚の卵、モロヘイヤ、ナッツ等に豊富。尚、脂溶性だが食品から摂取する場合過度な心配は不要、ただし1日に多くて800IU(533mg)までが無難だと思われる。https://t.co/fRWYX55zwY
04-28 21:11

睡眠論:毎日同じ時間に寝るという規則的な睡眠を続けると、いつもの寝る時間になると自然と眠気を感じるようになる。これは毎日の生活リズムに従い、寝る前から寝る準備を行っているからで、その準備を妨害すれば睡眠の質は低下する。寝る前は脳に刺激となる事は避け、静かに寝る準備に従うべし。
04-28 20:41

食事論:寿命に関わるとされるサーチュイン遺伝子は節制した生活習慣等により活性化される他、葡萄等の皮に含むポリフェノールの一種レスベラトロールによっても活性化するとされる。ただし濃縮されたワインでも効果が得られるだけの量は含まれていない上、吸収率が悪いため現実的ではない。
04-28 20:11

指先の感覚を研ぎ澄ますためのトレーニングの方法を私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/Fz32yd7lMM
04-28 19:41

食事論:緑茶のEGCG(カテキン)は胆汁酸排出を促し、脂肪の代謝に関わる酵素の働きを活性化、エネルギー化を補助する作用があるとされる。他、抗酸化作用、抗アレルギー作用、血圧・コレステロール値・血糖値の調節作用等があるとされる。尚、過剰摂取により肝臓に負担がかかるという報告もある。
04-28 19:11


続きを読む

04/27のツイートまとめ

SaruyaMichael2

バストアップ:イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるとされる。特にプエラリアに含むイソフラボンは一般的な大豆に含む量の40倍以上と言われる。ただし強力な分ホルモンバランスを崩しやすく過剰摂取には注意が必要。尚、イソフラボンは一般的な大豆製品から摂取する分には何ら問題ない。
04-27 23:41

本当か知らんが容量全く足りん・・・
04-27 23:16

RT @livedoornews: 【海外メディア報道】Windows 10の次期大型アップデート、最低32GBの空き容量が必要かhttps://t.co/xlnVcOl7iqストレージ容量の小さな端末の場合、アップデートを適用できない可能性があります。 https://…
04-27 23:15

食事論:ガルシニアに含むヒドロキシクエン酸(HCA)には脂肪酸の合成を抑制し、グリコーゲン合成を促進、それによって食欲を抑制する作用があるとされる。またチャノキ(茶)に含むテアニンにも食欲を抑制する作用があるとされる他、こちらにはリラックス・抗ストレス作用があると言われる。
04-27 23:11

健康論:糖が蛋白質や脂質等に結合する事を糖化と言う。これが起こると分子の持つ本来の機能が低下する。単糖類は糖化に使われやすいが、特に果糖や乳糖はリスクが高く、臓器・神経・コラーゲン等長寿命な組織ほどダメージが蓄積される。それは将来的に様々な病気・老化の原因になるとも言われる。
04-27 22:41

食品論:玄米は糖、ビタミンB1・B6、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維等を豊富に含む。やや高価だが発芽玄米はより栄養価が高くなる。尚、通常の白米よりも糖の吸収は緩やかだが、糖が多い事には変わりないので注意。https://t.co/Df9oOvSJ0C
04-27 22:11

食品論:アマニ油は飽和10%、一価不飽和(オレイン酸)20%、多価不飽和70%(リノール酸15%、αリノレン酸55%)を含む。特に必須脂肪酸であるω-3脂肪酸のαリノレン酸が豊富だが、熱に弱く酸化しやすい。加熱調理に適さず保存法にも注意。目安は1回1~2gを毎食時に。https://t.co/dTvT5oLwk7
04-27 21:41

胸の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/nCEhC0EZdw #筋トレ #ダイエット
04-27 21:11

食事論:生姜に含む辛味成分ジンゲロールは低温加熱・乾燥によりジンゲロンやショウガオールに変化する。どちらも体温を高める作用があるとされ、特にジンゲロンは血管拡張・発汗作用、ショウガオールは脂肪燃焼を補助する作用があるとも言われている。ただし食品に含む量は僅かで現実的ではない。
04-27 20:41

脂肪の少ない魚にはカワハギ、アンコウ(肝除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等がある。ちなみにタコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等も脂肪が少ない。
04-27 20:11


続きを読む

04/26のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:5-htp(ヒドロキシトリプトファン)はセロトニンの材料、セロトニンは睡眠に関わるメラトニンの材料になり、摂取で材料を補給できる。尚、5-htpは大量摂取で疲労感や下痢に繋がる事があるので注意。またメラトニンやセロトニンの合成にはビタミンB6等も必要。https://t.co/hsclIbTGjS
04-26 23:41

食品論:ライ麦は糖、蛋白質、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維をいずれも豊富に含み、全体的な栄養価は玄米より高い。尚、パンの材料にもなるが、小麦よりグルテンが少なく膨らみは小さい。https://t.co/YVR2FM9KNb
04-26 22:41

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/ZjUIHAKtmz
04-26 22:11

栄養論:タウリンはシステインやビタミンB6等から合成、細胞を正常な状態に維持・調節する機能に関与。全身に存在し特に心臓や肝臓等に多く存在、脳では神経伝達物質としての役割もあるとされる。食品ではタコ、イカ、貝類等に含まれる。尚、摂取量は食後1~2g程度が目安。https://t.co/PRVLESv8IC
04-26 21:41

栄養論:アミノ酸に9種類の必須アミノ酸があるように、脂肪にも6種類の必須脂肪酸がある。脂肪と聞くと皮下脂肪・中性脂肪・内臓脂肪をイメージするが、ホルモン・炎症反応・皮膚の材料の他、単純に安定したエネルギーとして使われ、心身の健康維持には不可欠なもの。過度な制限は逆に健康を害す。
04-26 20:41

食品論:マカダミアナッツはビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガンを豊富に含み、特にB1とマンガンに秀でる。またナッツ類の中でも脂質(オレイン酸等)に優れ、糖質が少ないため糖質制限中のカロリー源に適している。https://t.co/PuTN70jqYK
04-26 20:11

食事論:アストラガルス(キバナオウギ)にはイソフラボン誘導体で性ホルモン分泌を調節するとされるフォルモノネチン、サポニンの一種で抗酸化作用があるとされるアストラガロシドやクマリン、リラックス効果があるとされるGABA、老廃物と結合し排出を促すとされるグルクロン酸等が含まれる。
04-26 19:41

既に結構重度のイップスだと思うけど・・・
04-26 18:51

RT @YahooNewsTopics: 【2軍調整藤浪 イップスの懸念】https://t.co/genTUBw5UN不調で2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎について、「イップス」を懸念する声が上がっている。球団OBは「死球のトラウマに拍車が掛かったとしても不思議ではない。今…
04-26 18:51

食事論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり、記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にする働きがあるとされる他、一説には成長ホルモンの分泌を促す作用があるとも言われている。尚、食品では大豆・卵黄から抽出するレシチンに含まれる。1日10g程度を目安に小分けにして摂取。https://t.co/DJKabEKsPO
04-26 18:41


続きを読む

04/25のツイートまとめ

SaruyaMichael2

筋トレ論:マルトデキストリンは胃を素早く通過し、ブドウ糖と比べれば腸での吸収では持続力もある。運動前から少しずつ飲む事で運動時にピークを合わせられるが、摂取量は管理が必要。特に大量摂取→血糖値急上昇→インスリン大量分泌→運動時に低血糖となるため要注意。https://t.co/XhMdv0vQgx
04-25 23:41

食品論:落花生はビタミンB1・B6・E、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛を豊富に含み、特にビタミンB1・E、ナイアシン、パントテン酸、マグネシウムに秀でる。また蛋白質や脂質(オレイン酸・リノール酸)も豊富、全体的な栄養価が高い。https://t.co/hmIDO2au6V
04-25 23:11

バストアップ:早寝・毎日同時刻寝起食、栄養バランス、脂肪・カロリー等食事制限回避、特定栄養素・食品への固執を回避、胸筋より背筋、筋トレは短時間、胸を揺らさない、周囲ストレッチ・マッサージ、恋・ストレス管理。参考→https://t.co/Gd4lsZyVdT
04-25 22:41

食品論:クコの実には糖質、蛋白質、カロテノイド類、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、鉄、食物繊維等が含まれるとされる。尚、血中コレステロール値に関わるとされるβ-シトステロールも含まれるが、ベタインを含むため妊娠中は避けた方が良いと言われている。https://t.co/78jDksPh8N
04-25 22:11

顔・舌・喉・頭等の皮膚や筋肉をほぐすためのストレッチ及びトレーニングの方法をまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/w8W49vIURo
04-25 21:41

さっそくバリア床と似た臭いがするんだがw
04-25 21:13

ピサロまさかの毒推し?
04-25 21:12

運動論:運動神経の良し悪しには神経系が猛発達する期間(ゴールデンエイジ:3~12歳)にどれだけ複雑に神経を使ったかにより大きく変わる。無論先天的要素も関係するが、いわゆる天才と呼ばれる人たちは例え先天的に優れていても、皆そうして幼少期から努力を積み重ねている。親の教育次第である。
04-25 21:11

身長を伸ばす:骨に大きな刺激を与えるジャンプ運動だが、いきなり始めるとすぐ体が慣れてしまう。それを防ぐには骨に対して常に「適度な刺激」になるよう、少しずつ強度を上げながら種類を増やしていく事。また全身を複雑に使うような運動を行い、体だけでなく脳にも刺激を与える事も重要である。
04-25 20:41

スタンダードスタン落ちはどうなんかなぁ・・・
04-25 20:35


続きを読む

04/24のツイートまとめ

SaruyaMichael2

目を酷使した際のケアの方法の他、視力・動体視力・周辺視野等を鍛えるトレーニング法などについて私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/mnap2s13Wg
04-24 23:41

筋トレ論:数日~数週間程度休止する事をレイオフやディトレーニング等と言う。長期間続けてきた人ほど筋力低下は緩やかなため、そうして精神的な休養期間が有効となる場合もある。尚、完全休養も良いが長期間休止するほど筋力は低下するため、減少トレ(強度維持、時間・量・頻度は低下)が有効。
04-24 23:11

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたブログを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/F4Bp4svDZ5 #バストアップ
04-24 22:41

食事論:キャッツクロウに含まれるキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があるとされる。一方こちらは多くの食品に微量ながら含まれるが、MSM(メチルスルフォニルメタン)にも抗炎症作用があるとされる。尚、MSMは硫黄化合物であるため摂取によりマンガンの必要量が増える。
04-24 22:11

食事論:酢酸は腸内細菌で食物繊維を分解する際や、アルコールを肝臓で分解した際に作られ、腸内細胞、腎臓、肝臓、筋肉等を動かすエネルギーとなる。また胃腸において食べ物の消化を緩やかにし、一方、酸性である事で様々なミネラルを水溶性に変化させ、その吸収を促す効果もあると言われている。
04-24 21:41

高齢者の運転代行業とか流行りそう
04-24 21:14

小胸筋トレ:床に座り足を前方、尻の横へ両掌、肘は伸ばす。その状態で掌で床を押しながら緩やかに肩を上げ下げする。上下動を1回とし計30回。尚、動作間では肩を体側より後方で動かす、肩を前へ出さない、可動域を大きく使う、脱力しない、背中を丸めない等を常に意識。https://t.co/lQPQDFuihC
04-24 21:11

食事論:グロビンを酵素分解して抽出されるグロビンペプチドには、脂肪を分解する消化酵素の働きを抑え、それによって脂肪の吸収を抑える作用があるとされている。また血液中の中性脂肪を分解する酵素の働きを促し、その蓄積を抑える作用があるとも言われている。
04-24 20:41

スネのストレッチ:座った際に膝が直角になる高さの椅子に座る。膝・スネを正面へ向かせたまま足の指を曲げ、足の甲(第二関節付近)を床へつける。つまり足のつく位置は膝よりやや後方になる。その状態で足首を前へ突き出すように少しずつ力を加える。左右各30秒ずつ。https://t.co/mo1GuQcCoK
04-24 20:11

サプリメントの紹介しかしてないのに、誰だよ単三乾電池買っていった人w
04-24 19:52


続きを読む

04/23のツイートまとめ

SaruyaMichael2

ダイエット論:食事制限をすれば確かに脂肪は減るだろうが、消費エネルギーの大きい筋肉の成長が抑えられ、かつエネルギーを節約する省エネ状態に入ってしまう。結果カロリーを制限する度に筋肉が落ち、基礎代謝が低下、食事量を戻した際にリバウンドのリスクが高まる。同じ事を繰り返すだけである。
04-23 23:41

生活論:セロトニンは腸内にも存在するが、ストレス等による過剰増加で下痢、極端減少で便秘に。それが過敏性腸症候群(IBS)の原因とも言われる。食物繊維より睡眠習慣改善→ホルモンバランス改善→ストレス耐性向上それからストレスへの対処法を考える。尚、セロトニンは脳と腸を行き来しない。
04-23 23:11

脂肪の少ない魚にはカワハギ、アンコウ(肝除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等がある。ちなみにタコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等も脂肪が少ない。
04-23 22:41

髪の毛を労る:早寝・毎日同時刻寝起食、栄養バランス、特定栄養素・食品への固執回避、数十分間隔の水・栄養補給、有酸素運動等発汗→清潔→マッサージ、湿度・紫外線・ストレス対策、泡立て優洗髪、タオル・枕清潔、擦らない・触らない。参考→https://t.co/3cwUpvLfZq
04-23 22:11

五大栄養素にも数えられる「ビタミン(水溶性・脂溶性それぞれの種類や役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/yHJZrYN0fs
04-23 21:41

身長を伸ばす:女性ホルモンは骨端線を閉鎖させ、伸び始め・伸び終わりを早める。思春期以前はメラトニンがこれを抑えているが、ストレスや食事制限等無理なダイエットはメラトニンの分泌を阻害する。結果思春期が早まり身長も伸びなくなる。特に女性では女性ホルモンの影響でそれが顕著に現れる。
04-23 21:11

動画ブログ『YouTube/ニコ動の参考にならない動画集』です。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/UFwti5wryf
04-23 20:41

指先の感覚を研ぎ澄ますためのトレーニングの方法を私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/Fz32yd7lMM
04-23 20:11

食品論:クコの実には糖質、蛋白質、カロテノイド類、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、鉄、食物繊維等が含まれるとされる。尚、血中コレステロール値に関わるとされるβ-シトステロールも含まれるが、ベタインを含むため妊娠中は避けた方が良いと言われている。https://t.co/78jDksPh8N
04-23 19:41

食品論:ワカメは葉酸、マグネシウム、鉄、マンガン、ヨウ素等を豊富に含む。一方、昆布はビタミンB1、ビタミンK、葉酸、マグネシウム、カリウム、鉄、ヨウ素等を豊富に含み、ワカメよりも全体的な栄養価が高い。尚、どちらも低カロリーだが塩分は多いので注意すべし。
04-23 19:11


続きを読む

04/22のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食品論:ヒジキはβカロテン、ビタミンB2・E・K、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄等を豊富に含み、特にカリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンKに秀でる。ただし塩分には注意。尚、発癌性を持つとされる無機ヒ素を含むと言われるが、水戻し後茹でる事で減らす事ができる。
04-22 23:41

栄養論:ビタミンAのレチノールは必要量は多いが、蓄積・過剰摂取のリスクがある。一方、βカロテンはレチノール代用となり過剰摂取の心配はないが、レチノールと比べ1/12程度の効力、それだけでは不足する。尚、βカロテン以外のカロテノイドの持つビタミンAの効力は強くてもβカロテンの1/2程度。
04-22 23:11

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/ZjUIHAKtmz
04-22 22:41

栄養論:ボスウェリアセラータ(植物)に含むボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエン合成を抑制する作用があるとされる。尚、ロイコトリエンはω-6脂肪酸のアラキドン酸から作られ、ω-3脂肪酸のαリノレン酸で抑制できる。いずれも必須脂肪酸であり、バランスが重要。
04-22 22:11

太ももの筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/zXbsf30bmg #筋トレ #ダイエット
04-22 21:11

まさかの政治?
04-22 21:11

RT @livedoornews: 【政治家へ転身】「RAG FAIR」奥村政佳が脱退を発表https://t.co/q3LCaxYweP22日をもって脱退することを公式サイトで発表。「腹をくくり、選んだ道で一生懸命やっていきたい」と意気込みを示した。 https://t…
04-22 21:10

食品論:シーバックソーンはカロテノイド類、ビタミンC・E、鉄、クエン酸等の有機酸、ポリフェノール類を含むとされ、特にビタミンCが豊富。尚、コレステロール値に関わるとされるβシトステロールの他、果物では珍しく脂質(リノール酸・パルミトレイン酸等)も含む。https://t.co/I93uoZvGZZ
04-22 20:41

ニキビ治療:早寝・毎日同時刻寝起食、枕・顔拭タオル清潔、栄養バランス、数十分間隔の水・栄養補給、低強度有酸素運動→発汗後清潔・即保湿、朝夜泡立て優洗顔→即保湿、強く擦らず・触らず、ストレス・湿度・紫外線対策。参考→https://t.co/nVx9sRbY3U
04-22 20:11

食事論:甲殻類から抽出されるキトサンは脂肪を分解する消化酵素の働きを抑え、それにより脂肪の吸収を抑える作用があるとされる。尚、キトサンは不溶性食物繊維のため便の元になるが、大量摂取では逆に便秘になる事もある。またよく聞くグルコサミンはキトサン内にも含まれている。
04-22 19:41


続きを読む

04/21のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食品論:アオサはβカロテン、ビタミンB2、葉酸、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、ヨウ素、食物繊維等を豊富に含む。特にミネラルの栄養価が高いが、塩分には十分注意する。尚、蛋白質も含むが脂肪は殆ど含まれずカロリーは低い。
04-21 23:41

肩の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/FjiKwV169n #筋トレ #ダイエット
04-21 23:11

花粉症:ネトル茶、凍頂烏龍茶、紅富貴等に含まれるメチル化カテキンは、免疫グロブリンEを抑制する事で炎症反応を緩和する作用があると言われている。尚、ケルセチン、ビオチン、ビタミンC、アスタキサンチン等にも、ヒスタミンを抑制する事で、炎症反応を緩和する効果があると言われている。
04-21 22:41

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られるが、その効率は悪いためHMBで補うと良いとされる。量としては1日3~5gを小分けに摂取すると良いと思われるが、個人差が大きいとされ、大量摂取しても大差ない。尚、クレアチンやビタミンDの摂取で効果が高まるとされる。https://t.co/kyREShSaz4
04-21 22:11

食事論:空腹時はグレリンが分泌、それにより成長ホルモンを分泌し新陳代謝活性化、また食欲増進作用等もある。つまり毎日食事の時間がバラバラだったり次の食事との間隔が短いと、新陳代謝が低下し食欲も減衰する可能性がある。毎日同じ時間に食事をし、次の食事はある程度間隔を空けると良い。
04-21 21:41

食事論:睡眠に関与するメラトニンはセロトニンから、セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られる。またセロトニンはドーパミンやノルアドレナリンを制御し精神を安定化させる。つまり極端な食事は結果として睡眠、更には精神をも乱れさせるという事。食事と睡眠は常に隣同士である。
04-21 21:11

ジャンプ力:助走をつけ上へ跳ぶ場合、助走の勢いを利用し膝を素早く・浅めに曲げる。筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮む性質があり、伸ばされた際の勢いがその後の素早い収縮へと繋がる。結果、無駄な力を使わず高く跳ぶ事ができる。https://t.co/53t3pNnj4i
04-21 20:41

スクワット:足を肩幅。背中丸めず股関節軸に上半身少し前傾かつ緩かに膝を曲げる→同じように戻すが膝は伸ばし切らない。これを1回とし20回。上半身前傾により膝は自然な位置に、腰も垂直に落ちる。よって膝の前後は意識しすぎない事。ただし膝と爪先の方向は一致させる。https://t.co/zXbsf30bmg
04-21 20:11

栄養論:ビタミンDは紫外線を浴びる事で体内合成でき、数十分浴びれば必要量を満たす事ができる。尚、カルシウムの吸収を促す以外では免疫細胞を活性化するとされ、25~50μgを追加補給しても問題は少ない。食品ではシラス干し、ニシン、イワシ、白キクラゲ等に多く含む。https://t.co/mOrLoqumK1
04-21 19:41

栄養論:共役リノール酸(CLA)は脂肪をエネルギーへ変換する酵素を活性化、中性脂肪から脂肪酸を放出する酵素を抑制、脂肪細胞へ取り込まれる脂肪酸の量を抑える作用があるとされる。サプリメントを利用する場合は朝食後・運動前に1~2g程度。尚、通常の動物性脂肪には僅かしか含まれない。
04-21 19:11


続きを読む

04/20のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:ビタミンB12はDNA・脂肪酸の合成等に関与。特に分裂が活発な赤血球を作る際にビタミンB6や葉酸等と共に必要となり、不足すると貧血になる事がある。豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含む。尚、貧血予防には鉄や銅も必要である。https://t.co/OLhfLkveWx
04-20 23:41

栄養論:カルノシンは筋肉に多く存在、乳酸を分解する酵素の活性に関与する他、酸化ストレスから細胞を保護する役割があるとされる。特に鶏胸肉に多く含まれている。尚、カルノシンはヒスチジンとβアラニンから作られるが、これらが痒みをもたらす事がある。https://t.co/h1dWxblAAt
04-20 23:11

身長を伸ばす:リンは骨の形成に必要不可欠なミネラルだが、カルシウムと強く結合し、過剰摂取により骨からカルシウムを溶け出させると言われている。尚、このリンは多くの食品に含まれ意識せずとも摂取できる上、特に加工食品に多く含まれる。よってリンの過剰摂取を防ぐには手料理が必要になる。
04-20 22:41

バストアップ:早寝・毎日同時刻寝起食、栄養バランス、脂肪・カロリー等食事制限回避、特定栄養素・食品への固執を回避、胸筋より背筋、筋トレは短時間、胸を揺らさない、周囲ストレッチ・マッサージ、恋・ストレス管理。参考→https://t.co/Gd4lsZQw5r
04-20 22:11

食品論:ピスタチオはビタミンB1・B6、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、マンガン、食物繊維をいずれも豊富に含み、この中では特にビタミンB1・B6に秀でている。また蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸等)も豊富、カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/2BlSBwniMf
04-20 21:41

食事論:酢酸は腸内細菌で食物繊維を分解する際や、アルコールを肝臓で分解した際に作られ、腸内細胞、腎臓、肝臓、筋肉等を動かすエネルギーとなる。また胃腸において食べ物の消化を緩やかにし、一方、酸性である事で様々なミネラルを水溶性に変化させ、その吸収を促す効果もあると言われている。
04-20 21:11

栄養論:タウリンはシステインやビタミンB6等から合成、細胞を正常な状態に維持・調節する機能に関与。全身に存在し特に心臓や肝臓等に多く存在、脳では神経伝達物質としての役割もあるとされる。食品ではタコ、イカ、貝類等に含まれる。尚、摂取量は食後1~2g程度が目安。https://t.co/PRVLESv8IC
04-20 20:41

食品論:カムカムは糖質、ビタミンC・E、クエン酸等有機酸、ポリフェノール類を含み、特にビタミンCはレモン果汁50倍以上という非常に高い含有量を誇る。ただしビタミンCは一度に大量摂取するのではなく、2~3時間おきに摂取し続けた方が効率が良いと思われる。https://t.co/cC2Sqqc7Uo
04-20 20:11

食品論:フラックスシードは蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、ナイアシン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガン等をいずれも豊富に含む。尚、抽出されたアマニ油ほどではないが、必須脂肪酸であるω-3脂肪酸のαリノレン酸を豊富に含むのが大きな特徴。https://t.co/rGQahdqljL
04-20 19:41

栄養論:イヌリンは果糖が連なっているが、消化酵素で分解されずそのまま胃を通過、血糖値は上がらず、腸に留まり腸内細菌の餌になる。尚、カルシウムやマグネシウム等の吸収を促すとされるが、腸内細菌で分解される際にガスを発生させる。食品では根菜類に多く含む。https://t.co/o4BiA7l5xE
04-20 19:11


続きを読む

04/19のツイートまとめ

SaruyaMichael2

身長を伸ばす:大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを補助するとされ、過剰摂取には注意すべきだが、他にCGRPを増やす働きもあるとされる。このCGRPは「IGF-1(成長ホルモンの刺激により肝臓から分泌)」を増やすとされ、カプサイシンはそのCGRPの働きを更に活性化するとされる。
04-19 23:41

食事論:蛋白質を豊富に含む肉類には鶏肉、牛肉、豚肉等様々な種類がある。一方、例え同じ動物の肉であっても、部位が異なれば含まれる栄養素は大きく異なる場合がある。好物だから栄養があるからと1つの食品に固執するのではなく、様々な肉・様々な部位を食べた方が栄養バランスは良くなる。
04-19 23:11

サプリメントやハーブなどに関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ。→https://t.co/lL0ssbZeFB #ダイエット #健康 #筋トレ
04-19 22:41

食事論:ガルシニアに含むヒドロキシクエン酸(HCA)には脂肪酸の合成を抑制し、グリコーゲン合成を促進、それによって食欲を抑制する作用があるとされる。またチャノキ(茶)に含むテアニンにも食欲を抑制する作用があるとされる他、こちらにはリラックス・抗ストレス作用があると言われる。
04-19 22:11

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
04-19 21:41

食品論:グラスフェッドバターは脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)を含む他、通常のバターよりも不飽和脂肪酸が多く、αリノレン酸や共役リノール酸等を含むとされる。ただし不飽和脂肪酸は熱に弱く酸化されやすい上、通常のバター同様に飽和脂肪酸も豊富な点には注意。https://t.co/2xRidjeKic
04-19 21:11

食事論:乳製品に含む乳糖は、それを分解する消化酵素の能力に個人差があり、人によって消化不良等を起こす事がある。いわゆる乳糖不耐症である。これはアレルギーとは別である。尚、加工法や商品により異なり、牛乳やヨーグルトには多く含まれるが、バターやチーズには殆ど含まれないとされる。
04-19 20:41

食品論:クルミには蛋白質、脂質(リノール酸が圧倒的に豊富、次いでα-リノレン酸・オレイン酸が同等程度)、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維がいずれも豊富に含まれ、特にその中では脂質とマンガンに秀でている。https://t.co/D0ejy7sc0h
04-19 20:11

バストアップ:ボロンは植物の細胞壁に存在し、カルシウム排出抑制、女性ホルモン・ビタミンD活性化等の効果があると言われている。尚、食品ではキャベツ、葡萄、ヒジキ、昆布、アーモンド、レーズン等に含まれるが、効果を得るには毎日相当量を食べ続けなければならずとても現実的ではない。
04-19 19:41

栄養論:ビタミンEは末梢血管拡張や抗酸化作用があり、ビタミンA・C等と共に抗酸化機能を安定化するとされる。アン肝、魚の卵、モロヘイヤ、ナッツ等に豊富。尚、脂溶性だが食品から摂取する場合過度な心配は不要、ただし1日に多くて800IU(533mg)までが無難だと思われる。https://t.co/fRWYX55zwY
04-19 19:11


続きを読む

04/18のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食事論:ガルシニアに含むヒドロキシクエン酸(HCA)には脂肪酸の合成を抑制し、グリコーゲン合成を促進、それによって食欲を抑制する作用があるとされる。またチャノキ(茶)に含むテアニンにも食欲を抑制する作用があるとされる他、こちらにはリラックス・抗ストレス作用があると言われる。
04-18 23:41

食品論:アマニ油は飽和10%、一価不飽和(オレイン酸)20%、多価不飽和70%(リノール酸15%、αリノレン酸55%)を含む。特に必須脂肪酸であるω-3脂肪酸のαリノレン酸が豊富だが、熱に弱く酸化しやすい。加熱調理に適さず保存法にも注意。目安は1回1~2gを毎食時に。https://t.co/dTvT5oLwk7
04-18 22:41

栄養論:ビタミンEは末梢血管拡張や抗酸化作用があり、ビタミンA・C等と共に抗酸化機能を安定化するとされる。アン肝、魚の卵、モロヘイヤ、ナッツ等に豊富。尚、脂溶性だが食品から摂取する場合過度な心配は不要、ただし1日に多くて800IU(533mg)までが無難だと思われる。https://t.co/fRWYX55zwY
04-18 22:11

食品論:ヒマワリの種はビタミンB1・B6・葉酸・ナイアシン・ビオチン、ビタミンE、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維をいずれも豊富に含み、特にビタミンB1・ビタミンE・亜鉛に秀でる。また蛋白質や脂質(オレイン酸等)も多く含み、非常に栄養価が高い。https://t.co/TmffLaAAAr
04-18 21:41

食品論:クコの実には糖質、蛋白質、カロテノイド類、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、鉄、食物繊維等が含まれるとされる。尚、血中コレステロール値に関わるとされるβ-シトステロールも含まれるが、ベタインを含むため妊娠中は避けた方が良いと言われている。https://t.co/78jDksPh8N
04-18 21:11

アーモンドやカシューナッツなど「ナッツ類」に関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/aAVFRgdBHN #ダイエット #健康
04-18 20:41

胸の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/nCEhC0EZdw #筋トレ #ダイエット
04-18 20:11

頭痛薬効きすぎて低血圧になっとる。フラフラする
04-18 19:56

五大栄養素にも数えられる「ビタミン(水溶性・脂溶性それぞれの種類や役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/yHJZrYN0fs
04-18 19:41

身長を伸ばす:確かにカルシウムは重要だがカルシウムだけで骨は作れない。特にコラーゲンの材料になる蛋白質とビタミンC、そして不足しやすい亜鉛やマグネシウム等を優先し、肉、魚、卵、乳、大豆、キノコ、ナッツ、貝、海藻、緑黄色野菜等を食べる。尚、牛乳ガブ飲み、脂肪、塩分には注意。
04-18 19:11


続きを読む

04/17のツイートまとめ

SaruyaMichael2

ダイエット論:糖質制限中は摂取カロリーが減るため、省エネ状態になりやすく、筋肉も落ちやすい。また基礎代謝も低下、食事を戻した際のリバウンドリスクを高めてしまう。糖質制限中はむしろ脂肪・カロリーを確保し、できるだけ筋肉を維持しながら脂肪を落とす事が重要。無論筋トレも必須。
04-17 23:41

栄養論:βシトステロールは構造がコレステロールに似る。胆汁酸はコレステロールを酸化し作るが、βシトステロールは先に胆汁酸に結合、腸でのコレステロール吸収を抑えて血中コレステロールを抑制するとされる。アボカド、シーバックソーン、クコ、ペカンナッツ、大豆等多くの植物に含む。
04-17 23:11

食事論:ヒレ肉は高価だが脂肪が少なく、蛋白質豊富で肉質も柔らかい。一方、鶏肉は皮を除きいずれも脂肪が少なく、特にササミは安価で蛋白質豊富。ちなみに他に脂肪が少ないのは馬肉、牛・豚コブクロ、牛・豚・鶏レバー、牛センマイ、砂肝等。実はホルモン系でもこの他は脂肪を多く含む事がある。
04-17 22:41

反射神経を鍛えるための考え方やトレーニング法などについて私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/sCXhshMG7w
04-17 22:11

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
04-17 21:41

ブルガリアンスクワット:足を前後に開いて立ち、前足重心、後足を台へ乗せる。背中丸めず上半身少し前傾、前膝を直角まで緩やかに曲げ、腰を垂直に下へ落とす→同じように腰を垂直に戻すが膝は伸ばしきらない。曲げ伸ばしを1回とし10~15回。膝を前へ出さなければ尻に効く。https://t.co/zXbsf30bmg
04-17 21:11

健康論:皮膚疾患は肌のバリア機能を低下させ、外界から入る様々な物に対して抗体を作りやすくしてしまう。特に幼少期にそれが長引くと、将来的な食物アレルギー・炎症体質、それに伴う栄養バランスの偏りにも繋がると言われている。皮膚疾患は可能な限り早い時期に治療しておくべきである。
04-17 20:41

栄養論:酸素運搬に必要なヘム鉄と非ヘム鉄。ヘム鉄は吸収が良く動物性食品に含む。非ヘム鉄は植物性食品に含み、吸収は悪いがビタミンCにより高まる。豚レバーに多い他、鶏レバー、ヒジキ、干エビ、貝、大豆、ナッツ類等に含む。 尚、酸素運搬には銅・ビタミンB群も重要。https://t.co/0XjEJ3ozbF
04-17 20:11

糖質制限の方法についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/r7xTEi1HqA #ダイエット #健康 #糖質制限
04-17 19:11

健康に関する悩みやその対策法に関する記事をまとめています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/IF4EWY9iio #ダイエット #健康
04-17 18:41


続きを読む

04/16のツイートまとめ

SaruyaMichael2

筋トレ論:チートデイは数日~1週間程度に1日だけ食事量を増やす事。体脂肪率は高いほど効果は薄いが、体重減少に伴う代謝の低下を一時的に戻す事ができる。尚、食事内容は炭水化物が中心、蛋白質は適度、脂肪は控え目、ビタミン・ミネラルは意識的に摂取、かつカロリーは平日の倍以上が目安。
04-16 23:41

食品論:マカはビタミンB群(特にビタミンB1)、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛等をいずれも豊富に含むとされ、特に亜鉛や鉄等ミネラルが秀でている。また蛋白質も含み、必須アミノ酸やアルギニン等様々な種類のアミノ酸をバランス良く含むとされる。https://t.co/KptI3vZPu0
04-16 23:11

食品論:ライ麦は糖、蛋白質、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維をいずれも豊富に含み、全体的な栄養価は玄米より高い。尚、パンの材料にもなるが、小麦よりグルテンが少なく膨らみは小さい。https://t.co/YVR2FLS9VD
04-16 22:41

食事論:クマコケモモ(ウワウルシ)にはアルブチンが含まれ、メラニン色素の合成を抑制する作用の他、利尿作用があると言われている。またポリフェノールの一種であるエラグ酸を含み、これには殺菌・抗酸化作用があるとされているが、お茶類に含まれるカテキンによりその効果は阻害される。
04-16 22:11

筋トレ系サプリメントの摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/4pPXjSVcPR #ダイエット #健康 #筋トレ
04-16 21:41

食品論:落花生はビタミンB1・B6・E、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛を豊富に含み、特にビタミンB1・E、ナイアシン、パントテン酸、マグネシウムに秀でる。また蛋白質や脂質(オレイン酸・リノール酸)も豊富、全体的な栄養価が高い。https://t.co/hmIDO2au6V
04-16 21:11

食事論:ヒレ肉は高価だが脂肪が少なく、蛋白質豊富で肉質も柔らかい。一方、鶏肉は皮を除きいずれも脂肪が少なく、特にササミは安価で蛋白質豊富。ちなみに他に脂肪が少ないのは馬肉、牛・豚コブクロ、牛・豚・鶏レバー、牛センマイ、砂肝等。実はホルモン系でもこの他は脂肪を多く含む事がある。
04-16 20:41

サプリメントやハーブなどに関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ。→https://t.co/lL0ssbZeFB #ダイエット #健康 #筋トレ
04-16 20:11

食品論:玄米は糖、ビタミンB1・B6、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維等を豊富に含む。やや高価だが発芽玄米はより栄養価が高くなる。尚、通常の白米よりも糖の吸収は緩やかだが、糖が多い事には変わりないので注意。https://t.co/Df9oOvSJ0C
04-16 19:41

健康論:余剰の糖は血液を流れにくくする。結果血管壁損傷、血栓生成・動脈硬化等リスクを高める。また毛細血管を詰まらせ末梢細胞壊死、進行により動脈・重要組織で起こり、臓器機能低下、更には脳・心筋梗塞等リスクも高める。尚、糖は筋肉に貯蓄でき、糖を使う循環により血糖値を抑制できる。
04-16 19:11


続きを読む

04/15のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食事論:ラクトフェリンには免疫機能の改善作用、脂肪の代謝を補助する作用、鉄の吸収を促進する作用等があるとされる。乳製品全般に含むが、胃酸でその殆どが失活するため、摂取には腸で吸収されるようなサプリメントが必要。また腸内細菌への影響から、ある程度の継続摂取が必要だと思われる。
04-15 23:41

肩の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/FjiKwV169n #筋トレ #ダイエット
04-15 23:11

身長を伸ばす:女性ホルモンは骨端線を閉鎖させ、伸び始め・伸び終わりを早める。思春期以前はメラトニンがこれを抑えているが、ストレスや食事制限等無理なダイエットはメラトニンの分泌を阻害する。結果思春期が早まり身長も伸びなくなる。特に女性では女性ホルモンの影響でそれが顕著に現れる。
04-15 22:41

生活論:食物繊維は便通改善が期待されるが、栄養バランスを考えた食事を普段から行っていれば本来意識的に摂取する必要のない栄養素。食物繊維に頼る事で逆に栄養が偏りそれも便通悪化の原因になっている。便通には食事以外の要素も関係しており、食事だけで良くなるなど安易に考えるべきではない。
04-15 22:11

運動論:運動神経の良し悪しには神経系が猛発達する期間(ゴールデンエイジ:3~12歳)にどれだけ複雑に神経を使ったかにより大きく変わる。無論先天的要素も関係するが、いわゆる天才と呼ばれる人たちは例え先天的に優れていても、皆そうして幼少期から努力を積み重ねている。親の教育次第である。
04-15 21:41

ジオシティーズやってた頃はまだそういうのなかったからなぁ。
04-15 21:33

企業が運営してるゲームの攻略情報サイト、大した情報載ってない上に、検索で必ず上に出てくるからホンマに不快。一時期、実際プレイしてない疑惑とか、コピペ疑惑とかもあったぐらいだし、ウェルキューだっけ?正直あれと似たようなもんだと思ってる。
04-15 21:29

ジオシティーズ終わって今更だが、そういやテンプレートはジオシティーズ付属のものを使ってた。まだ引っ越しさせてないけど、他所でもそのまま使えるんかね。
04-15 21:18

太ももの筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/zXbsf30bmg #筋トレ #ダイエット
04-15 21:11

栄養論:ビタミンDは紫外線を浴びる事で体内合成でき、数十分浴びれば必要量を満たす事ができる。尚、カルシウムの吸収を促す以外では免疫細胞を活性化するとされ、25~50μgを追加補給しても問題は少ない。食品ではシラス干し、ニシン、イワシ、白キクラゲ等に多く含む。https://t.co/mOrLoqumK1
04-15 20:41


続きを読む

04/14のツイートまとめ

SaruyaMichael2

ダイエット論:糖質制限中は摂取カロリーが減るため、省エネ状態になりやすく、筋肉も落ちやすい。また基礎代謝も低下、食事を戻した際のリバウンドリスクを高めてしまう。糖質制限中はむしろ脂肪・カロリーを確保し、できるだけ筋肉を維持しながら脂肪を落とす事が重要。無論筋トレも必須。
04-14 23:41

栄養論:食物繊維は糖の連なった多糖類で糖の一種だが消化酵素で分解できない。水溶性と不溶性に分かれ、水溶性は腸内細菌で一部が分解、不溶性は腸内細菌でも分解できず、それら分解できなかったものが便の元になる。尚、食物繊維を除く糖の事を糖質、糖質の中でも二糖類と単糖類を糖類と言う。
04-14 23:11

食品論:カシューナッツは蛋白質、脂質(オレイン酸等)、ビタミンB1・B6、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンをいずれも豊富に含み、特に蛋白質、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンに秀でている。カロリーも高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/4PShvR0wIW
04-14 22:41

身長を伸ばす:骨に大きな刺激を与えるジャンプ運動だが、いきなり始めるとすぐ体が慣れてしまう。それを防ぐには骨に対して常に「適度な刺激」になるよう、少しずつ強度を上げながら種類を増やしていく事。また全身を複雑に使うような運動を行い、体だけでなく脳にも刺激を与える事も重要である。
04-14 22:11

筋トレ論:アルギニンは成長ホルモン分泌やコラーゲン合成等に関わるとされる他、血管拡張に必要な一酸化窒素(NO)を作る際に必要と言われている。1回1~2g程度を食間・起床時・就寝前等空腹時に分けて摂取、また3~5g程度を運動前後に摂取すると良いと思われる。https://t.co/B3y7MrIFAr
04-14 21:41

食品論:松の実には蛋白質、脂質(リノール酸等)、ビタミンE・K、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンがいずれも豊富に含み、特に脂質、ビタミンE・K、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンに秀でる。カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/fvfCHrGob1
04-14 21:11

身長を伸ばす:睡眠習慣に関与するメラトニンは性成熟を抑制する。身長は思春期中に大きく伸びるが、それ以前から伸びており思春期が終わると止まる。つまりメラトニンにより思春期を遅らせ、また緩やかに終える事ができれば、身長が伸びる期間を延長し、最終的な身長を改善できる可能性がある。
04-14 20:41

栄養論:ビタミンB12はDNA・脂肪酸の合成等に関与。特に分裂が活発な赤血球を作る際にビタミンB6や葉酸等と共に必要となり、不足すると貧血になる事がある。豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含む。尚、貧血予防には鉄や銅も必要である。https://t.co/OLhfLkveWx
04-14 20:11

食事論:玉ねぎに含む硫化アリルには抗菌・ビタミンB1補助作用、辛味成分の硫化プロピルには血液サラサラ効果、ポリフェノールの一種ケルセチンには抗酸化作用、他アリインには男性ホルモン分泌を促す作用があるとされる。ただしその効果を得るには相当量食べなければならず現実的ではない。
04-14 19:41

我が区はそういう政党、そういう議員、そういう議員を支持する爺婆が多いらしい。若い人がせっかく増えてきたのに新しい風が入らない。世も末だ。
04-14 19:32


続きを読む

04/13のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食事論:キャッツクロウに含まれるキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があるとされる。一方こちらは多くの食品に微量ながら含まれるが、MSM(メチルスルフォニルメタン)にも抗炎症作用があるとされる。尚、MSMは硫黄化合物であるため摂取によりマンガンの必要量が増える。
04-13 23:41

栄養論:コラーゲンはプロリン・グリシン等様々なアミノ酸から構成。摂取は意味ないと言われるが、少なくとも材料を補給でき、また摂取により合成酵素が活性化するとも言われている。1日10~15gをビタミンCと一緒に摂取すると良い。尚、骨の芯もコラーゲンでできている。https://t.co/eDMOilwYxh
04-13 22:41

栄養論:柑橘系の果物に多く含まれるクエン酸は、筋肉内へエネルギーの貯蔵を促す作用があると言われている。運動能力が向上する事はないが、運動後・食後等に1回1~2g程度を摂取、またその際には糖及びビタミンB1等を一緒に摂取する事で疲労回復に良いと思われる。https://t.co/K2qCV1UeyJ
04-13 22:11

食事論:グロビンを酵素分解して抽出されるグロビンペプチドには、脂肪を分解する消化酵素の働きを抑え、それによって脂肪の吸収を抑える作用があるとされている。また血液中の中性脂肪を分解する酵素の働きを促し、その蓄積を抑える作用があるとも言われている。
04-13 21:41

栄養論:糖質制限時は脂肪酸がケトン体となり、これが糖の代わりになる。中鎖脂肪酸は一般的な食品に含む長鎖脂肪酸より素早く代謝、エネルギー化しやすい。特にMCTオイルに含む。1回5g程度を小分けに摂取、1日多くて30g程度まで。ただし加熱調理には使えない。https://t.co/urGutePyJn
04-13 21:11

栄養論:一価不飽和脂肪酸のオレイン酸は不飽和の中でも比較的熱・酸化に強く加熱調理に利用できる。また必須脂肪酸ではないが飽和と比べ悪さをせず、糖質制限中のカロリー源に適している。オリーブ油・紅花油・菜種油・ヒマワリ油の他、ナッツ類等に多く含まれる。https://t.co/AY0Yz5wYgh
04-13 20:41

首肩ストレッチ:お尻の後ろで右手首を左手で掴む。左手で右手首を下へ引き、右肩を少し下げる。その状態のまま左耳を肩につけ、かつ顎を胸の中央につける→そして顎を左斜め上へ突き出しながら首を斜めに伸ばす。これは無理のない範囲で大きく・緩やかに繰り返す。https://t.co/lPsB1eI8VH
04-13 20:11

食品論:ヒジキはβカロテン、ビタミンB2・E・K、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄等を豊富に含み、特にカリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンKに秀でる。ただし塩分には注意。尚、発癌性を持つとされる無機ヒ素を含むと言われるが、水戻し後茹でる事で減らす事ができる。
04-13 19:41

食品論:松の実には蛋白質、脂質(リノール酸等)、ビタミンE・K、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンがいずれも豊富に含み、特に脂質、ビタミンE・K、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンに秀でる。カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/fvfCHrGob1
04-13 19:11

食事論:里芋、筍、生姜、茗荷、ホウレン草等に含むシュウ酸はカルシウムと強く結合し、過剰摂取でカルシウムの吸収を阻害する他、血液凝固作用の低下や結石等の原因になる事もある。尚、敢えて一緒に摂取してシュウ酸の吸収を抑制する事もできる。その場合カルシウムを多めに摂取する必要がある。
04-13 18:41


続きを読む

04/12のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食品論:エンバク(オートミール)は糖、蛋白質、ビタミンB1、パントテン酸、ビオチン、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、食物繊維を豊富に含む。玄米と比較するとビタミンB群は劣るが、蛋白質、鉄、亜鉛、銅、食物繊維はいずれも玄米より多く、全体的な栄養価が高い。https://t.co/kaVRzerVxE
04-12 23:41

栄養論:食物繊維は糖の連なった多糖類で糖の一種だが消化酵素で分解できない。水溶性と不溶性に分かれ、水溶性は腸内細菌で一部が分解、不溶性は腸内細菌でも分解できず、それら分解できなかったものが便の元になる。尚、食物繊維を除く糖の事を糖質、糖質の中でも二糖類と単糖類を糖類と言う。
04-12 23:11

筋トレ論:高強度の運動日が続いた後の休養日では、全く体を動かさない完全休養よりも、少し体を動かしながら休養した方が効率良く疲労が回復できる事もある。これをアクティブレスト等と言う。休養日では普段行わないスポーツや低強度の有酸素運動等を実施する。気分転換になり運動にも身が入る。
04-12 22:41

食品論:クルミには蛋白質、脂質(リノール酸が圧倒的に豊富、次いでα-リノレン酸・オレイン酸が同等程度)、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維がいずれも豊富に含まれ、特にその中では脂質とマンガンに秀でている。https://t.co/D0ejy7sc0h
04-12 22:11

食品論:アマランサスには糖、蛋白質、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、食物繊維等がいずれも豊富に含まれる。尚、キヌアと比較するとビタミンB群は劣るが、ミネラルの栄養価はアマランサスの方が高い。https://t.co/6fJTIu0E9p
04-12 21:41

健康論:二日酔いに効くとされるウコンだが、有効成分クルクミンは水に溶けにくく吸収も悪い。利用するならそれを改善したとするセラクルミンが良い。尚、ウコンはミネラルの栄養価が非常に高く、ウコンで謳われている効果の多くはそれによるものが大きいと思われる。https://t.co/8GgJzlWeVN
04-12 21:11

食品論:カカオニブは脂質、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維等を豊富に含む。ビタミンの栄養価は高くないが、いずれのミネラルも大きく秀でている。他、テオブロミン、カフェイン、クロロゲン酸、シュウ酸等も豊富に含むとされる。https://t.co/irZmspHiW7
04-12 20:41

バストアップ:女性ホルモンは思春期前後から分泌促進、20代の間は増え続けるとされる。では何故思春期以降変化がないのか。それは生活習慣に対する考え方が固定化されるためである。胸は脂肪、女性ホルモンはコレステロールから作られる。思春期以前から食事を制限していれば真逆の結果となる。
04-12 20:11

食習慣:毎日同時刻・1日最低3食、間隔、咀嚼、特定の食べ物・栄養に固執せず、五大栄養素バランス、○○ダイエットは大抵カロリー減による効果、カロリー制限=筋肉も落ちる、筋トレは血糖値抑制、筋肉維持にカロリー・脂肪が必要、動かすのに糖も必要、睡眠と密接。https://t.co/GoDRc8YUz2
04-12 19:41

身長伸ばす:早寝→早起・毎日同時刻寝起食、必須アミノ酸・マグネシウム・亜鉛・各種ビタミンを意識、ただし特定栄養素・食品への過度な固執回避、日光・運動は徐々に強度・種類増、日々新しい事に挑戦・ストレス管理。参考→https://t.co/K20hZdYLq3
04-12 19:11


続きを読む

04/11のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食品論:玄米は糖、ビタミンB1・B6、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維等を豊富に含む。やや高価だが発芽玄米はより栄養価が高くなる。尚、通常の白米よりも糖の吸収は緩やかだが、糖が多い事には変わりないので注意。https://t.co/Df9oOvSJ0C
04-11 23:41

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られるが、その効率は悪いためHMBで補うと良いとされる。量としては1日3~5gを小分けに摂取すると良いと思われるが、個人差が大きいとされ、大量摂取しても大差ない。尚、クレアチンやビタミンDの摂取で効果が高まるとされる。https://t.co/kyREShSaz4
04-11 23:11

食品論:チアシードは蛋白質、脂質(αリノレン酸等)、ビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、食物繊維を含む。脂質が多く高カロリーだが、低糖であり糖質制限中の栄養源に適す。尚、白の方が食物繊維は多いが食事量を減らしたくないなら黒。https://t.co/uIr4IBf1uR
04-11 22:41

食事論:ヒレ肉は高価だが脂肪が少なく、蛋白質豊富で肉質も柔らかい。一方、鶏肉は皮を除きいずれも脂肪が少なく、特にササミは安価で蛋白質豊富。ちなみに他に脂肪が少ないのは馬肉、牛・豚コブクロ、牛・豚・鶏レバー、牛センマイ、砂肝等。実はホルモン系でもこの他は脂肪を多く含む事がある。
04-11 22:11

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChes06 #ダイエット #健康 #筋トレ
04-11 21:41

ダイエット論:辛い食べ物により大量発汗すると、水分・ミネラル・水溶性ビタミン等が消費される。そのままでは脱水や乾燥を招くだけであり、水分・栄養補給及び保湿を怠るべきでない。尚、カプサイシンは脂肪燃焼を補助するとされるが、辛い食べ物は味調節のための糖や塩分を多く含むので注意。
04-11 21:11

栄養論:αリノレン酸は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一種。体内でDHA・EPAを補いω-6脂肪酸に拮抗するが、そのバランスが崩れるとアレルギー・炎症反応が出やすくなると言われている。1日2~3g必要とされるが動物性脂肪には少なく不足しやすい。エゴマ油やアマニ油に多く含む。https://t.co/tFpZW09bXd
04-11 20:41

身長伸ばす:早寝→早起・毎日同時刻寝起食、必須アミノ酸・マグネシウム・亜鉛・各種ビタミンを意識、ただし特定栄養素・食品への過度な固執回避、日光・運動は徐々に強度・種類増、日々新しい事に挑戦・ストレス管理。参考→https://t.co/K20hZdYLq3
04-11 20:11

運動論:HIIT(高強度インターバルトレーニング)は全力運動と軽運動or完全休養を短時間で繰り返す。決まった方法はないが、基本は「全力運動数十秒→軽運動or完全休養を数十秒」を数分~十数分程度繰り返す。短時間で糖・脂肪等の代謝改善効果が期待できるが、消耗が激しく頻度には注意。
04-11 19:41

睡眠の質向上:毎日同時刻寝起、最低6時間、1時間半単位の睡眠時間、枕・布団・室温・湿度・騒音等環境整備、起床後15分日光浴、就寝前に脳を刺激しない、就寝までに少しずつ部屋を暗く、就寝前に風呂→体温上昇、鼻・喉の病気を治す、昼間の活動・適度な疲労等。https://t.co/9b2P5ePsK8
04-11 19:11


続きを読む

04/10のツイートまとめ

SaruyaMichael2

ジャンプ力:助走をつけ上へ跳ぶ場合、助走の勢いを利用し膝を素早く・浅めに曲げる。筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮む性質があり、伸ばされた際の勢いがその後の素早い収縮へと繋がる。結果、無駄な力を使わず高く跳ぶ事ができる。https://t.co/53t3pNnj4i
04-10 23:41

食品論:カムカムは糖質、ビタミンC・E、クエン酸等有機酸、ポリフェノール類を含み、特にビタミンCはレモン果汁50倍以上という非常に高い含有量を誇る。ただしビタミンCは一度に大量摂取するのではなく、2~3時間おきに摂取し続けた方が効率が良いと思われる。https://t.co/cC2Sqqc7Uo
04-10 23:11

まぁ実際に観測できたのはその「周囲」で、中心は暗すぎて何も見えないんだよね。それが直接見れる日も来るんだろうか?
04-10 22:46

観測した事ももちろん凄いんだろうけど、実際にそうやって観測される前に、一般人が想像力だけで作ったCGとかとイメージが一致してて、そっちの方で人間凄いなって思った。
04-10 22:44

運動論:運動神経の良し悪しには神経系が猛発達する期間(ゴールデンエイジ:3~12歳)にどれだけ複雑に神経を使ったかにより大きく変わる。無論先天的要素も関係するが、いわゆる天才と呼ばれる人たちは例え先天的に優れていても、皆そうして幼少期から努力を積み重ねている。親の教育次第である。
04-10 22:41

あと遊戯王のカード
04-10 22:35

が最初に頭に浮かんだ
04-10 22:35

ブラックホールクラスター
04-10 22:34

お腹の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SNChUw8OaJ #筋トレ #ダイエット
04-10 22:11

基本的な生活習慣の一つである睡眠習慣や睡眠に対する考え方等についてまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/9b2P5ePsK8
04-10 21:41


続きを読む

04/09のツイートまとめ

SaruyaMichael2

健康に関する悩みやその対策法に関する記事をまとめています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/IF4EWY9iio #ダイエット #健康
04-09 23:41

胸の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/nCEhC0EZdw #筋トレ #ダイエット
04-09 23:11

ニキビ治療:皮膚表面にある皮脂には実はバリア機能がある。全て洗い流すと逆に乾燥を招き、その乾燥を防ぐために皮脂の過剰分泌を促し、余計に毛穴を詰まらせる事もある。尚、皮膚は毎日少しずつ修復されており、強く洗ってすぐにニキビが治る訳ではない。洗い過ぎは厳禁。焦らず毎日少しずつ。
04-09 22:41

アーモンドやカシューナッツなど「ナッツ類」に関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/aAVFRgdBHN #ダイエット #健康
04-09 22:11

子どもの頃やってたけどお金なくてデッキ作れなかった思い出。
04-09 22:00

ポケモンカードがテレビに出てた
04-09 21:59

食品論:ライ麦は糖、蛋白質、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維をいずれも豊富に含み、全体的な栄養価は玄米より高い。尚、パンの材料にもなるが、小麦よりグルテンが少なく膨らみは小さい。https://t.co/YVR2FM9KNb
04-09 21:41

小胸筋トレ:床に座り足を前方、尻の横へ両掌、肘は伸ばす。その状態で掌で床を押しながら緩やかに肩を上げ下げする。上下動を1回とし計30回。尚、動作間では肩を体側より後方で動かす、肩を前へ出さない、可動域を大きく使う、脱力しない、背中を丸めない等を常に意識。https://t.co/lQPQDFuihC
04-09 21:11

半身浴:体温上昇・発汗による体温調節機能向上が期待される。ただし運動を伴わないため脂肪燃焼はしない上、老廃物排出も実際には僅か。また大量発汗のため保湿・水分・栄養補給を怠れば逆に乾燥・脱水を招く。元は心臓の弱い人や高齢者向けの入浴法であり、健康な若い人が行う理由は特にない。
04-09 20:41

食事論:白インゲン豆に含むファセオラミンには糖を分解する酵素の働きを抑え、それにより糖の消化・吸収を抑える作用があるとされる。尚、白インゲン豆を食べるには十分加熱する必要があり、ファセオラミンは加熱する事でその殆どが失われると言われている。食品からの摂取は現実的ではない。
04-09 20:11


続きを読む

04/08のツイートまとめ

SaruyaMichael2

バストアップ:ボロンは植物の細胞壁に存在し、カルシウム排出抑制、女性ホルモン・ビタミンD活性化等の効果があると言われている。尚、食品ではキャベツ、葡萄、ヒジキ、昆布、アーモンド、レーズン等に含まれるが、効果を得るには毎日相当量を食べ続けなければならずとても現実的ではない。
04-08 23:11

脂肪の少ない魚にはカワハギ、アンコウ(肝除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等がある。ちなみにタコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等も脂肪が少ない。
04-08 22:41

栄養論:ビタミンAのレチノールは必要量は多いが、蓄積・過剰摂取のリスクがある。一方、βカロテンはレチノール代用となり過剰摂取の心配はないが、レチノールと比べ1/12程度の効力、それだけでは不足する。尚、βカロテン以外のカロテノイドの持つビタミンAの効力は強くてもβカロテンの1/2程度。
04-08 22:11

食事論:空腹時はグレリンが分泌、それにより成長ホルモンを分泌し新陳代謝活性化、また食欲増進作用等もある。つまり毎日食事の時間がバラバラだったり次の食事との間隔が短いと、新陳代謝が低下し食欲も減衰する可能性がある。毎日同じ時間に食事をし、次の食事はある程度間隔を空けると良い。
04-08 21:41

食事論:緑茶のEGCG(カテキン)は胆汁酸排出を促し、脂肪の代謝に関わる酵素の働きを活性化、エネルギー化を補助する作用があるとされる。他、抗酸化作用、抗アレルギー作用、血圧・コレステロール値・血糖値の調節作用等があるとされる。尚、過剰摂取により肝臓に負担がかかるという報告もある。
04-08 21:11

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られるが、その効率は悪いためHMBで補うと良いとされる。量としては1日3~5gを小分けに摂取すると良いと思われるが、個人差が大きいとされ、大量摂取しても大差ない。尚、クレアチンやビタミンDの摂取で効果が高まるとされる。https://t.co/kyREShSaz4
04-08 20:41

食事論:クマコケモモ(ウワウルシ)にはアルブチンが含まれ、メラニン色素の合成を抑制する作用の他、利尿作用があると言われている。またポリフェノールの一種であるエラグ酸を含み、これには殺菌・抗酸化作用があるとされているが、お茶類に含まれるカテキンによりその効果は阻害される。
04-08 20:11

食品論:モリンガ(葉)はβカロテン、ビタミンB1・B2・B6・C・K、ナイアシン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、食物繊維を豊富に含み、特にビタミンB6に優れる。尚、期待される栄養価を得るには数10g摂取する必要がある。サプリメントでも1日に数10錠必要なので実際は現実的ではない。
04-08 19:41

食事論:杜仲茶に含むゲニポシド酸は副交感神経へ作用する事で、血圧を抑える作用があるとされる。またアスペルロシドには肝臓内で胆汁酸の分泌を促し、それを含む胆汁を小腸へ送る事で、脂肪の代謝を補助する働きがあるとも言われている。ただし食品に含む量は僅かで現実的ではない。
04-08 19:11

身長を伸ばす:女性ホルモンは骨端線を閉鎖させ、伸び始め・伸び終わりを早める。思春期以前はメラトニンがこれを抑えているが、ストレスや食事制限等無理なダイエットはメラトニンの分泌を阻害する。結果思春期が早まり身長も伸びなくなる。特に女性では女性ホルモンの影響でそれが顕著に現れる。
04-08 18:41


続きを読む

04/07のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:ビタミンB12はDNA・脂肪酸の合成等に関与。特に分裂が活発な赤血球を作る際にビタミンB6や葉酸等と共に必要となり、不足すると貧血になる事がある。豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含む。尚、貧血予防には鉄や銅も必要である。https://t.co/OLhfLkveWx
04-07 23:41

首・肩・肩甲骨周りの筋肉をほぐすためのストレッチの方法やその注意点などについて私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/lPsB1eI8VH
04-07 23:11

食事論:杜仲茶に含むゲニポシド酸は副交感神経へ作用する事で、血圧を抑える作用があるとされる。またアスペルロシドには肝臓内で胆汁酸の分泌を促し、それを含む胆汁を小腸へ送る事で、脂肪の代謝を補助する働きがあるとも言われている。ただし食品に含む量は僅かで現実的ではない。
04-07 22:41

食事論:単糖類(ブドウ糖・果糖)は吸収が速く、すぐにエネルギー利用できるが、短時間で血糖値を急上昇させる。多糖類は単糖類まで分解されてから吸収されるが、最終的に吸収される単糖類は多く、やはり血糖値を急上昇させる。血糖値は上昇後インスリンの影響で急降下し逆に低血糖になる事がある。
04-07 22:11

筋トレやストレッチの方法に関する記事をまとめています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/h142Fd3Z5j #ダイエット #健康 #筋トレ
04-07 21:41

筋トレ論:数日~数週間程度休止する事をレイオフやディトレーニング等と言う。長期間続けてきた人ほど筋力低下は緩やかなため、そうして精神的な休養期間が有効となる場合もある。尚、完全休養も良いが長期間休止するほど筋力は低下するため、減少トレ(強度維持、時間・量・頻度は低下)が有効。
04-07 21:11

筋トレ論:高強度・長時間の運動では運動中から筋肉が分解されてしまうと言われているが、BCAAはそれを最小限に抑え合成を補助するとされる。運動前中等に1回5~10gを摂取、また吸収の速い糖と共に摂取すると良いと思われる。尚、BCAAの中ではロイシンの必要量が多い。https://t.co/wpfaSLSkTp
04-07 20:41

喉を酷使した際のケアの方法について簡単にまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/wlCi1mIJzh
04-07 20:11

栄養論:ビタミンEは末梢血管拡張や抗酸化作用があり、ビタミンA・C等と共に抗酸化機能を安定化するとされる。アン肝、魚の卵、モロヘイヤ、ナッツ等に豊富。尚、脂溶性だが食品から摂取する場合過度な心配は不要、ただし1日に多くて800IU(533mg)までが無難だと思われる。https://t.co/fRWYX55zwY
04-07 19:41

腹筋を割る:早寝・毎日同時刻寝起食、糖質制限ただし最低限脂肪は摂取、蛋白質・ビタミン・ミネラル摂取、筋トレは負荷増・回数減・短時間、有酸素運動、体重より体脂肪率、最低週2休、中臀筋・広背筋も鍛える。参考→https://t.co/JuE0SmJtxW
04-07 19:11


続きを読む

04/06のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食事論:よく噛んで食べるとレプチンやヒスタミンが分泌され、それにより食欲抑制・満腹感が得られる。またよく噛むと唾液が分泌され虫歯予防にもなり、成長期では顎の正常な発達により滑舌・歯列改善に繋がる。尚、レプチンは脂肪細胞から分泌されるが、糖や脂肪の摂取によっても分泌が促される。
04-06 23:41

動画ブログ『YouTube/ニコ動の参考にならない動画集』です。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/UFwti5wryf
04-06 22:41

バストアップ:女性ホルモンは思春期前後から分泌促進、20代の間は増え続けるとされる。では何故思春期以降変化がないのか。それは生活習慣に対する考え方が固定化されるためである。胸は脂肪、女性ホルモンはコレステロールから作られる。思春期以前から食事を制限していれば真逆の結果となる。
04-06 22:11

食品論:ヘーゼルナッツはビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガンを豊富に含む。ビタミンE・カリウム以外は他のナッツ類と比較すれば劣るが、ナッツ類の中でも脂質(オレイン酸等)に優れ、糖質が少ないため糖質制限中のカロリー源に適している。https://t.co/9Ka7OZuu73
04-06 21:41

食品論:クルミには蛋白質、脂質(リノール酸が圧倒的に豊富、次いでα-リノレン酸・オレイン酸が同等程度)、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維がいずれも豊富に含まれ、特にその中では脂質とマンガンに秀でている。https://t.co/D0ejy7sc0h
04-06 21:11

ジャンプ力:助走をつけ上へ跳ぶ場合、助走の勢いを利用し膝を素早く・浅めに曲げる。筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮む性質があり、伸ばされた際の勢いがその後の素早い収縮へと繋がる。結果、無駄な力を使わず高く跳ぶ事ができる。https://t.co/53t3pNnj4i
04-06 20:41

栄養論:カルニチンは筋肉に多く存在し脂肪酸の運搬に関与、また一部は脳内で使われ、神経伝達を円滑にする働きがあるとされる。必須アミノ酸のリジンから作られるが加齢で不足する。赤身肉や赤身魚に多く含まれる。サプリメントでは1日1~3gを起床時や運動前に摂取。https://t.co/wF6NqOGNFX
04-06 20:11

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
04-06 19:41

睡眠論:早寝には昼間に脳や体をよく使う事。疲労回復には十分な睡眠が不可欠、逆に言えば疲労がある事で自然と睡眠の必要性が増すという事。楽しい事や普段行わない新しい事に挑戦し、脳や体へ刺激を与え、程良く疲労させよう。尚、寝る前少し長めに風呂に浸かり体温を上げておくと眠気が増す。
04-06 19:11

首肩ストレッチ:お尻の後ろで右手首を左手で掴む。左手で右手首を下へ引き、右肩を少し下げる。その状態のまま左耳を肩につけ、かつ顎を胸の中央につける→そして顎を左斜め上へ突き出しながら首を斜めに伸ばす。これは無理のない範囲で大きく・緩やかに繰り返す。https://t.co/lPsB1eI8VH
04-06 18:41


続きを読む

04/05のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:ギムネマに含まれるギムネマ酸には小腸における糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑える作用があると言われている。また味覚に対して物理的に作用し、甘味を弱める効果がある。摂取するなら食事内容を考え食前が良いと思われる。尚、鉄の吸収を阻害するため摂取量には十分注意する。
04-05 23:41

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
04-05 23:11

食事論:ガルシニアに含むヒドロキシクエン酸(HCA)には脂肪酸の合成を抑制し、グリコーゲン合成を促進、それによって食欲を抑制する作用があるとされる。またチャノキ(茶)に含むテアニンにも食欲を抑制する作用があるとされる他、こちらにはリラックス・抗ストレス作用があると言われる。
04-05 22:41

食品論:グラスフェッドバターは脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)を含む他、通常のバターよりも不飽和脂肪酸が多く、αリノレン酸や共役リノール酸等を含むとされる。ただし不飽和脂肪酸は熱に弱く酸化されやすい上、通常のバター同様に飽和脂肪酸も豊富な点には注意。https://t.co/2xRidjeKic
04-05 21:41

食品論:カムカムは糖質、ビタミンC・E、クエン酸等有機酸、ポリフェノール類を含み、特にビタミンCはレモン果汁50倍以上という非常に高い含有量を誇る。ただしビタミンCは一度に大量摂取するのではなく、2~3時間おきに摂取し続けた方が効率が良いと思われる。https://t.co/cC2Sqqc7Uo
04-05 21:11

お尻の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/YXP3xbqUKK #筋トレ #ダイエット
04-05 20:41

バストアップ:イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるとされる。特にプエラリアに含むイソフラボンは一般的な大豆に含む量の40倍以上と言われる。ただし強力な分ホルモンバランスを崩しやすく過剰摂取には注意が必要。尚、イソフラボンは一般的な大豆製品から摂取する分には何ら問題ない。
04-05 19:41

バストアップ:早寝・毎日同時刻寝起食、栄養バランス、脂肪・カロリー等食事制限回避、特定栄養素・食品への固執を回避、胸筋より背筋、筋トレは短時間、胸を揺らさない、周囲ストレッチ・マッサージ、恋・ストレス管理。参考→https://t.co/Gd4lsZQw5r
04-05 19:11

地震?
04-05 18:59

どっちにしろ買っても当たらんかった組み合わせ。あんなん選べん。
04-05 18:54


続きを読む

04/04のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食品論:ピスタチオはビタミンB1・B6、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、マンガン、食物繊維をいずれも豊富に含み、この中では特にビタミンB1・B6に秀でている。また蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸等)も豊富、カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/2BlSBwniMf
04-04 23:41

栄養論:葉酸はアミノ酸・核酸合成等に関与、特に分裂活発な赤血球合成に必要。ビタミンB12で再生産されるため葉酸不足=B12必要量増。レバー、大豆、椎茸、緑色野菜等に含む。尚、妊娠前~判明までは400μg以上を摂取、判明~授乳期までは更に100~200μgを追加補給すべし。https://t.co/OLhfLkveWx
04-04 23:11

五大栄養素にも数えられる「ビタミン(水溶性・脂溶性それぞれの種類や役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/yHJZrYN0fs
04-04 22:41

筋トレ論:高強度・長時間の運動では運動中から筋肉が分解されてしまうと言われているが、BCAAはそれを最小限に抑え合成を補助するとされる。運動前中等に1回5~10gを摂取、また吸収の速い糖と共に摂取すると良いと思われる。尚、BCAAの中ではロイシンの必要量が多い。https://t.co/wpfaSLSkTp
04-04 22:11

筋トレ論:チートデイは数日~1週間程度に1日だけ食事量を増やす事。体脂肪率は高いほど効果は薄いが、体重減少に伴う代謝の低下を一時的に戻す事ができる。尚、食事内容は炭水化物が中心、蛋白質は適度、脂肪は控え目、ビタミン・ミネラルは意識的に摂取、かつカロリーは平日の倍以上が目安。
04-04 21:41

栄養論:カリウムは神経伝達・筋肉収縮制御・塩分排出等に関わる。塩分過剰摂取・大量発汗時に必要量が増え、不足時に高血圧・筋痙攣・熱中症等が起こりやすくなる。アボカド、アマランサス、キクラゲ、大豆、芋類、ナッツ類、緑黄色野菜等を摂取すべし。尚、海藻類にも含まれるが塩分も多い。
04-04 21:11

栄養論:ナイアシンはエネルギー代謝における酵素の補助として必須。マグロ、カツオ、レバー、魚卵、鶏肉、ピーナッツ等に含む。尚、一部はトリプトファンから変換されるが、アルコールの摂取量が増えると必要量も増える。また過剰摂取により一時的に皮膚紅潮が起こる。https://t.co/dT2t1Ad63C
04-04 20:41

生活論:食物繊維は便通改善が期待されるが、栄養バランスを考えた食事を普段から行っていれば本来意識的に摂取する必要のない栄養素。食物繊維に頼る事で逆に栄養が偏りそれも便通悪化の原因になっている。便通には食事以外の要素も関係しており、食事だけで良くなるなど安易に考えるべきではない。
04-04 20:11

デッドリフト:足を肩幅に開いて立ち、腰骨両側に手、肘伸ばしバーベル等を持つ。軽く膝を曲げ、腰を少し後方へ引きながら、背中丸めず股関節を軸に上半身前傾→同じように股関節を軸に上半身を起こす。これを1回とし10~15回。尚、前傾する角度は方法によるが90度まで。https://t.co/uJthDYbQk8
04-04 19:41

食品論:松の実には蛋白質、脂質(リノール酸等)、ビタミンE・K、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンがいずれも豊富に含み、特に脂質、ビタミンE・K、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンに秀でる。カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/fvfCHrGob1
04-04 19:11


続きを読む

04/03のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:カルノシンは筋肉に多く存在、乳酸を分解する酵素の活性に関与する他、酸化ストレスから細胞を保護する役割があるとされる。特に鶏胸肉に多く含まれている。尚、カルノシンはヒスチジンとβアラニンから作られるが、これらが痒みをもたらす事がある。https://t.co/h1dWxblAAt
04-03 23:41

食品論:アーモンドはビタミンB1・B2・E、ナイアシン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、食物繊維をいずれも豊富に含み、特にビタミンB2・E、マグネシウムに秀でる。また蛋白質や脂質(オレイン酸等)も豊富、カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/twyCvZ4vNL
04-03 23:11

栄養論:ギムネマに含まれるギムネマ酸には小腸における糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑える作用があると言われている。また味覚に対して物理的に作用し、甘味を弱める効果がある。摂取するなら食事内容を考え食前が良いと思われる。尚、鉄の吸収を阻害するため摂取量には十分注意する。
04-03 22:41

栄養論:葉酸はアミノ酸・核酸合成等に関与、特に分裂活発な赤血球合成に必要。ビタミンB12で再生産されるため葉酸不足=B12必要量増。レバー、大豆、椎茸、緑色野菜等に含む。尚、妊娠前~判明までは400μg以上を摂取、判明~授乳期までは更に100~200μgを追加補給すべし。https://t.co/OLhfLkveWx
04-03 21:41

食事論:生姜に含む辛味成分ジンゲロールは低温加熱・乾燥によりジンゲロンやショウガオールに変化する。どちらも体温を高める作用があるとされ、特にジンゲロンは血管拡張・発汗作用、ショウガオールは脂肪燃焼を補助する作用があるとも言われている。ただし食品に含む量は僅かで現実的ではない。
04-03 21:11

栄養論:αリノレン酸は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一種。体内でDHA・EPAを補いω-6脂肪酸に拮抗するが、そのバランスが崩れるとアレルギー・炎症反応が出やすくなると言われている。1日2~3g必要とされるが動物性脂肪には少なく不足しやすい。エゴマ油やアマニ油に多く含む。https://t.co/tFpZW09bXd
04-03 20:41

食品論:カボチャの種はビタミンB1・E、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維をいずれも豊富に含み、特にカリウム、マグネシウム、亜鉛に秀でている。また蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸等)も豊富、カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/unrfEMSvAK
04-03 20:11

腕立て伏せ:膝を伸ばし両手両足で四つん這い、手は肩幅・肩の正面・やや「ハ」の字、頭~踵まで一直線、背中丸めず・反らない。その状態で手の方向とちょうど逆方向に肘を曲げる→90度まで緩やかに曲げたら同じように戻すが伸ばしきらない。これを20回程度。肩を上げない事。https://t.co/nCEhC0EZdw
04-03 19:41

食品論:ヤムイモはジオスゲニンを含み、性ホルモンの材料となりその分泌を促すとされる。日本で栽培される中ではクーガイモ(トゲドコロ)で最も含有量が高く、より強力とされる。ただしその分過剰摂取しやすく、ホルモンバランスを崩しやすい。特にサプリメントを利用する場合は注意が必要。
04-03 19:11

バストアップ:女性ホルモンは思春期前後から分泌促進、20代の間は増え続けるとされる。では何故思春期以降変化がないのか。それは生活習慣に対する考え方が固定化されるためである。胸は脂肪、女性ホルモンはコレステロールから作られる。思春期以前から食事を制限していれば真逆の結果となる。
04-03 18:41


続きを読む

04/02のツイートまとめ

SaruyaMichael2

サプリメントやハーブなどに関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ。→https://t.co/lL0ssbZeFB #ダイエット #健康 #筋トレ
04-02 23:41

糖質制限の方法についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/r7xTEi1HqA #ダイエット #健康 #糖質制限
04-02 23:11

お腹の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SNChUw8OaJ #筋トレ #ダイエット
04-02 22:41

腕の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/AjpaU95qcE #筋トレ #ダイエット
04-02 22:11

五大栄養素にも数えられる「ビタミン(水溶性・脂溶性それぞれの種類や役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/yHJZrYN0fs
04-02 21:41

栄養論:亜鉛は蛋白質合成・インスリン合成・成長ホルモン分泌・免疫機能等に関与するが、汗や尿から失われるため不足しやすい。特に牡蠣に多く、豚レバー、牛肉、ナッツ等にも含む。一方過剰摂取で中毒、下痢、貧血等が起こる事もある。目安は人により1日10~30mg。https://t.co/DbsJe9ZVGT
04-02 21:11

栄養論:共役リノール酸(CLA)は脂肪をエネルギーへ変換する酵素を活性化、中性脂肪から脂肪酸を放出する酵素を抑制、脂肪細胞へ取り込まれる脂肪酸の量を抑える作用があるとされる。サプリメントを利用する場合は朝食後・運動前に1~2g程度。尚、通常の動物性脂肪には僅かしか含まれない。
04-02 20:41

生活論:セロトニンは腸内にも存在するが、ストレス等による過剰増加で下痢、極端減少で便秘に。それが過敏性腸症候群(IBS)の原因とも言われる。食物繊維より睡眠習慣改善→ホルモンバランス改善→ストレス耐性向上それからストレスへの対処法を考える。尚、セロトニンは脳と腸を行き来しない。
04-02 19:41

半身浴:体温上昇・発汗による体温調節機能向上が期待される。ただし運動を伴わないため脂肪燃焼はしない上、老廃物排出も実際には僅か。また大量発汗のため保湿・水分・栄養補給を怠れば逆に乾燥・脱水を招く。元は心臓の弱い人や高齢者向けの入浴法であり、健康な若い人が行う理由は特にない。
04-02 19:11

食品論:チアシードは蛋白質、脂質(αリノレン酸等)、ビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、食物繊維を含む。脂質が多く高カロリーだが、低糖であり糖質制限中の栄養源に適す。尚、白の方が食物繊維は多いが食事量を減らしたくないなら黒。https://t.co/uIr4IBf1uR
04-02 18:41


続きを読む

04/01のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:亜鉛は蛋白質合成・インスリン合成・成長ホルモン分泌・免疫機能等に関与するが、汗や尿から失われるため不足しやすい。特に牡蠣に多く、豚レバー、牛肉、ナッツ等にも含む。一方過剰摂取で中毒、下痢、貧血等が起こる事もある。目安は人により1日10~30mg。https://t.co/DbsJe9ZVGT
04-01 23:41

食品論:ヘンプシード(麻の実)は蛋白質、脂質(リノール酸・αリノレン酸・γリノレン酸)、ビタミンE・K、マグネシウム、カリウム、リン、鉄、亜鉛、食物繊維を豊富に含む。特に脂質とミネラルに秀でている他、大豆には劣るものの蛋白質も高い含有量を誇る。https://t.co/kHkHO3nOun
04-01 23:11

スクワット:足を肩幅。背中丸めず股関節軸に上半身少し前傾かつ緩かに膝を曲げる→同じように戻すが膝は伸ばし切らない。これを1回とし20回。上半身前傾により膝は自然な位置に、腰も垂直に落ちる。よって膝の前後は意識しすぎない事。ただし膝と爪先の方向は一致させる。https://t.co/zXbsf30bmg
04-01 22:41

食事論:バナバ茶に含むコロソリン酸は細胞への糖取込を促し、血糖値上昇を抑える作用があるとされる。一方、桑の葉茶に含むDNJ(1-デオキシノジリマイシン)にも、小腸における糖吸収を抑える作用があるとされる。尚、どちらも含有量は僅かだが、バナバ茶の方はミネラルを豊富に含むとされる。
04-01 22:11

ニキビ治療:皮膚表面にある皮脂には実はバリア機能がある。全て洗い流すと逆に乾燥を招き、その乾燥を防ぐために皮脂の過剰分泌を促し、余計に毛穴を詰まらせる事もある。尚、皮膚は毎日少しずつ修復されており、強く洗ってすぐにニキビが治る訳ではない。洗い過ぎは厳禁。焦らず毎日少しずつ。
04-01 21:41

筋トレ論:運動後数時間程度はグリコーゲン合成が、2日程度は蛋白質合成が促進されると言われる。高強度の運動では運動後はもちろん、運動中からも栄養補給すべきだが、普段の食事からの糖・蛋白質の摂取は欠かせない。尚、筋肉の維持・成長にはカロリーが必要であり、脂肪の摂取も重要となる。
04-01 20:41

半身浴:体温上昇・発汗による体温調節機能向上が期待される。ただし運動を伴わないため脂肪燃焼はしない上、老廃物排出も実際には僅か。また大量発汗のため保湿・水分・栄養補給を怠れば逆に乾燥・脱水を招く。元は心臓の弱い人や高齢者向けの入浴法であり、健康な若い人が行う理由は特にない。
04-01 20:11

ブルガリアンスクワット:足を前後に開いて立ち、前足重心、後足を台へ乗せる。背中丸めず上半身少し前傾、前膝を直角まで緩やかに曲げ、腰を垂直に下へ落とす→同じように腰を垂直に戻すが膝は伸ばしきらない。曲げ伸ばしを1回とし10~15回。膝を前へ出さなければ尻に効く。https://t.co/zXbsf30bmg
04-01 19:41

筋トレ論:ホエイプロテインは吸収が速く、運動後等の栄養補給に適している。蛋白質の摂取目安は1日に体重×1~2g程度なので、普段の食事を踏まえて量を調節、1回20~40g程度を飲むと良いと思われる。尚、吸収の速い糖と一緒に摂取すると効率良く吸収され尚良い。https://t.co/9GjyW01r41
04-01 19:11

栄養論:食物繊維は糖の連なった多糖類で糖の一種だが消化酵素で分解できない。水溶性と不溶性に分かれ、水溶性は腸内細菌で一部が分解、不溶性は腸内細菌でも分解できず、それら分解できなかったものが便の元になる。尚、食物繊維を除く糖の事を糖質、糖質の中でも二糖類と単糖類を糖類と言う。
04-01 18:41


続きを読む

03/31のツイートまとめ

SaruyaMichael2

アーモンドやカシューナッツなど「ナッツ類」に関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/aAVFRgdBHN #ダイエット #健康
03-31 23:41

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたブログを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
03-31 23:11

健康に関する悩みやその対策法に関する記事をまとめています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/IF4EWY9iio #ダイエット #健康
03-31 22:41

栄養論:コラーゲンはプロリン・グリシン等様々なアミノ酸から構成。摂取は意味ないと言われるが、少なくとも材料を補給でき、また摂取により合成酵素が活性化するとも言われている。1日10~15gをビタミンCと一緒に摂取すると良い。尚、骨の芯もコラーゲンでできている。https://t.co/eDMOilwYxh
03-31 22:11

筋トレ論:筋トレは高反復ほど効果があるように思うが実際は効率が悪い。筋肥大を狙うなら、負荷を増やし1セット10回前後まで減らす、それを休憩挟み2~3セット。また筋肉が伸ばされる際、少し緩やかに戻し脱力させない事、目的の筋肉へ刺激が行くフォーム、他に異なる種目を取り入れる等も重要。
03-31 21:11

食品論:カカオニブは脂質、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維等を豊富に含む。ビタミンの栄養価は高くないが、いずれのミネラルも大きく秀でている。他、テオブロミン、カフェイン、クロロゲン酸、シュウ酸等も豊富に含むとされる。https://t.co/irZmspHiW7
03-31 20:41

食事論:単糖類(ブドウ糖・果糖)は吸収が速く、すぐにエネルギー利用できるが、短時間で血糖値を急上昇させる。多糖類は単糖類まで分解されてから吸収されるが、最終的に吸収される単糖類は多く、やはり血糖値を急上昇させる。血糖値は上昇後インスリンの影響で急降下し逆に低血糖になる事がある。
03-31 20:11

背中の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/uJthDYbQk8 #筋トレ #ダイエット
03-31 19:41

太ももの筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/zXbsf30bmg #筋トレ #ダイエット
03-31 19:11

食品論:落花生はビタミンB1・B6・E、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛を豊富に含み、特にビタミンB1・E、ナイアシン、パントテン酸、マグネシウムに秀でる。また蛋白質や脂質(オレイン酸・リノール酸)も豊富、全体的な栄養価が高い。https://t.co/hmIDO2au6V
03-31 18:41


続きを読む
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト
他の運営サイトとリンクサイト