牧田和久選手の投球フォーム(スローモーションあり)

牧田和久選手の投球フォームの映像(スローモーションあり)です。動画はこちらからご覧下さい。→YouTube/ニコ動の参考にならない動画集

アンダースローよりも更に低い位置からリリースし、平均球速130km/h(最速137km/h)のストレート、スライダー、カットボール、シンカー、チェンジアップと多彩な球種を投げ分けます。

同じアンダースローの渡辺俊介選手と大きく違う点は、牧田選手の方が渡辺選手よりも球速が10km/h前後速いという点です。特にストレートは最速137km/hで、球界で活躍しているオーバースローのコントロールピッチャーと同じぐらいの球速が出ます。この球速とそのリリースポイントの低さによってストライクゾーンよりもかなり高めのボール球でも空振りを奪う事ができます。低い位置でリリースされているので球速以上に速く感じ、振り遅れ、バットを振ってしまうようです。それに加えてアンダースロー特有の球速の遅い変化球も持ち合わせているので、緩急でもバッターを打ち取る事ができます。

また、彼のクイックモーションは非常に速く、アンダースローの弱点である「モーションが遅く、盗塁を許しやすい」事を克服しています。更に走者がいない場面でもそれを投球に混ぜる事で、打者のタイミングを外させ、幻惑します。一部の人の間ではよく卑怯と言われますが、アンダースローにも関わらずそれぐらい高速なクイックモーションです。
関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト