大谷翔平選手の投球フォーム(スローモーションあり)

大谷翔平投手の投球フォーム、スロー映像です。動画はこちらからご覧下さい。
YouTube/ニコ動の参考にならない動画集

リンク先の1つ目の動画について:力みがなく靭やかなフォームです。ただ、重心が安定しておらず、「投げ終わった後の状態」に少しばらつきがあるように見えました。それはおそらく身長の割に軸足の沈み込みが大きく、それによって少しだけ重心がバラつくからだと思います。これに関しては筋力強化で安定させる事が可能で、まぁまだ1年目なので特に問題ないです。

しかしスローで見て初めて気付いたのですが、ボールをリリースする瞬間に一瞬だけ「肘が横を向く」ように私には見えました。腕が下へ振り降ろされる時にそれが起こると、前腕骨(肘から下の骨)と上腕骨(腕の骨)の動く方向が微妙にズレ(前腕は下へ動こうとしているのに上腕が上へ少し動く)てしまい、肘や肩の関節には必要以上に捻りが生じストレスがかかります。これは全盛期の斉藤和巳投手のリリースに少し似ており、捻りによって球速やスピン量は確かに上がるのですが、登板回数が多くなればなるほど関節にストレスが蓄積して怪我が懸念されます。この点については彼が「ルーズショルダーではない」事と「二刀流」が幸いしているのかもしれません。

肘を上げてリリースポイントを高くするのであればもう少し早めに肘を上げる必要があります。また下半身→腰の回転→腕の回転という力の伝達を重視した投げ方にすれば、上にも書いた軸足の大きな沈み込みもそこまで必要なくなります。それによってリリースポイントがより前になり、重心も安定、更にボールのコントロールも楽にできるようになるのではないでしょうか。

リンク先の2つ目3つ目の動画について:この動画はここ最近のフォームですね。特に前足を踏み出した際の膝が以前よりも曲がっておらず、より筋力及び柔軟性を活かしたフォームになっています。「膝を伸ばす」のはメジャーリーグで活躍するような投手に見られ、安定化させるにはかなりの筋力が必要になります。また肘の捻りも抑えられており、力みがなくなっている事でより怪我もしづらくなっているでしょう。しかし動画にはないのですが大谷選手は「160km/hを超える球速を普通に出す事ができる(その動画はこちらから)」のに、バットにはよく当てられているのを目にします。これは怪我をするかしないかの紙一重なのですが、藤川球児投手のようにボールを最後まで粘り強く指で押し込む必要があると思います。それによってリリースポイントを前に置けばバッターには球速以上に速く感じるでしょうし球速もスピン量ももちろん上がると思われます。これにはアロルディス・チャップマン投手のような強靭な体が必要なので日本人である大谷選手が鍛えてそこまで行けるのか正直分かりません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト