マリアノ・リベラ選手のカットボール

マリアノ・リベラ選手の投球、彼の球種であるカットボールの映像です。

動画はこちらからご覧下さい。
YouTube/ニコ動の参考にならない動画集

リベラ選手はクローザーのせいか、日本ではあまり知られていないみたいですね。動画も個人的に良いものがあまり見つかりませんでした。

彼は野球界史上極めて稀な「一つの球種で成功した投手」です。彼は純粋なバックスピンのかかった直球は一切投げず、もちろん横や縦に大きく曲がるような変化球も投げません。唯一「回転軸をズラしたカットボールのみ」を投げる事で相手を打ち取ります。しかしそのカットボールは150km/hを超えるような球速を持ち、加えて縦横最大20cmの変化があると言われています。更にそれがバッターの手元で起こる事でバットをへし折ってしまう事から、「バットをへし折る電動ノコギリ」とも言われています。

様々な彼の動画を見ると分かるのですがカットボールの変化は一定ではなく縦横・大小様々で、おそらく指先の感覚で微妙に変化を調整していると思われます。相手バッターはカットボール1球種しか投げないので来ると分かっている、にも関わらず打つ事ができないのは、そのキレを自在にコントロールし、かつストライクゾーン4つの隅に正確に投げ分ける事ができるからです。1球種ですが全ての球が必殺技みたいなものなのです。

ちなみに動画では少し分かりにくいですが、リプレイなどを見てみると彼のカットボールはジャイロ回転をしている事が確認できます。ジャイロボールは純粋なジャイロ回転だとただ単に重力によって落ちるボールになりますが、回転軸がずれると様々な方向へ変化を与える事ができます。彼はその再現になっています。もしかしたら彼の投げ方を参考にすると、オーバースローでも球速を維持しつつ、威力のあるジャイロボールを投げる事ができるようになるかもしれません。もちろんリベラ選手はジャイロ回転するボールを投げようとして投げている訳ではないですが。

彼は元々2012年シーズン限りで現役を引退する事を表明していましたが、練習中に膝の靭帯を断裂し、シーズンを棒に振ってしまいました。しかしどうやら本人曰く2013年シーズン中に復帰し、それから引退をするという事なので、是非とも「勇退」という形で現役を終えてもらいたいですね(2013年シーズンでは無事に復帰した姿を拝む事ができました→同年無事に引退しました)。
関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト