グレッグ・マダックス選手の鋭すぎる変化球

グレッグ・マダックス選手のキレ味が鋭すぎる変化球の映像です。

動画はこちらからご覧下さい。
YouTube/ニコ動の参考にならない動画集

野球ファンに知らない人はいない?名投手ですね。彼はMLB選手としては小柄な183cmという体格、そして球速も最速150km/h前後と日本人選手とさほど変わりません。しかし打者の手元で大きく変化する球種の圧倒的な制球力(コーナーに投げ分けるのではなく、変化をコントロールするという事=実際に本人も「ストライクゾーンの狙った場所に投げるコントロールはそこまで良くない」という話をしている)を持ち、打者の心理を読んでの投球術が特徴的な投手です。特に動画のようなキレの大きい変化球主体のピッチングにも関わらず、四死球は1試合1.8個と非常に少なく、「精密機械」と呼ばれる由縁になっています。

球種は切れ味抜群のサークルチェンジとツーシーム(高速シンカー)を中心に、カットボール、スライダー、カーブと、フォーシームストレートはほとんど投げず、これらのボールを動かして打者のタイミングを外して打ち取る投球スタイルです。彼曰く「27アウトを27球で打ち取るのが最高」との事ですが、キレの大きな変化球の影響からか奪三振もかなり多いです。通算成績は23年で355勝3371奪三振という素晴らしい成績を残しています。

彼は現在ダルビッシュ有選手の所属しているテキサス・レンジャーズのGM補佐を務めており、彼の兄であるマイク・マダックス氏は投手コーチを務めています。
関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト