渡辺俊介選手の投球フォーム(スローモーションあり)

世界一低い位置から投げると言われるアンダースロー、渡辺俊介選手の投球フォームです。
(スローモーションあり)

動画はこちらからご覧下さい。
YouTube/ニコ動の参考にならない動画集

アンダースローは下半身の筋力・柔軟性、正しいフォームであれば、本来は一般的なオーバースローよりも怪我をしにくいと言われています。それは彼が一番の証明になっているでしょう。

渡辺俊介選手はアンダースローの中でも特にリリースポイントが低く、地上から僅か3cmという高さからボールを投げます。アンダースローは元々下半身がしっかりしていないと投げれない投法ですが、彼はそのリリースポイントの低さから通常のアンダースローよりも下半身に大きな負担がかかります。

その事を本人もよく理解しており、日頃から下半身を重点的に鍛え、本人曰く「上半身の筋肉はあまり重要ではなく、下から徐々に力を加え腕を鞭のようにしならせる投げるイメージ」で投げているそうです。背骨を軸にした回転で腕が自動的に巻き付いてくる感じでしょうか?

それでも相当なスタミナを消費する投げ方なのは言うまでもないのですが、いわゆる「投球術」を磨いており、緩急・前後などを使って打たせて捕る事により、可能な限り球数を少なくする事ができます。実際に完投しても球数が100球以内だった試合が何度もあります。

また、日頃からストレッチを行なっており、某番組で立位体前屈を行った時には25cmを記録、股割りでは上半身を全て前へ倒して見せたそうです。下半身の筋力と同様に柔軟性についても非常に重視している事が分かります。それによって力みがなく、非常に靭やかなフォームが得られるのですね。にしても何と美しいフォーム・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト