05/11のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが食物繊維も分類上炭水化物。そのため炭水化物の中でも糖だけを糖質、糖質の中でも二糖類や単糖類を特に糖類と言う。尚、食物繊維は消化酵素で消化できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その内の一部と不溶性繊維が便になる。ちなみに果物も糖類である。
05-11 23:55

身長を伸ばす:CBP(カルシウム結合タンパク質)は体内でカルシウムイオンと結合する働きを持つタンパク質。口から摂ったカルシウムが骨や神経伝達などに効率良く使われるためにはこのCBPが正常に働いていなければならない。つまりこれを補給すればその過程がスムーズに行われる可能性がある。
05-11 23:47

中臀筋トレ:体を一直線にし横這いに。上になっている膝を伸ばしたまま少し後方へ引き、内踝は床へつける。その内踝を床から少しずつ浮かせていき、外踝を天井へ近づけるようゆっくり足を持ち上げる。限界まで来たらそのままゆっくり足を降ろし再び内踝を床へつける。脱力せずそれを20~30回反復。
05-11 23:25

栄養論:大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあるとされ、それによる髪の毛のツヤ、肌荒れ予防、バストアップ等の効果があると言われている。ちなみにプエラリア(マメ科の根)に含まれるイソフラボンは、一般的な大豆(無加工)に含まれるイソフラボンの約40倍と言われている。
05-11 23:18

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
05-11 23:02

健康論:自律神経には交感と副交感があり、交感は運動等の活動、副交感は睡眠等の休息の際に自動的に働く。ただしどちらか一方だけ働く事はなく、交感が副交感の興奮を抑え副交感が交感の興奮を抑え、常に互いにバランスを取っている。ストレス等でその反応が頻繁に起こると疲労し制御不能になる。
05-11 22:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 バーランダー選手のホームへの牽制?球(珍プレー)→https://t.co/XTuVirkvW8
05-11 22:47

身長を伸ばす:喉仏の左右付け根付近にある甲状腺から甲状腺ホルモンは分泌される。あらゆる細胞に受け取るための受容体があり、「古くなった細胞を壊し新しく作り変える」という新陳代謝の過程をスムーズにする働きがある。身長を伸ばす事はもちろん、健康の維持に必要不可欠なホルモンである。
05-11 22:25

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 斉藤和巳選手の投球(高速フォーク)→https://t.co/JDfvKL16Ba
05-11 22:17

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
05-11 22:02

栄養論:サプリメントのプラセンタは動物の胎盤から抽出され、そのエキスには必須アミノ酸が豊富に含まれるとされる。ただし必須アミノ酸自体は肉、魚、卵、乳、大豆等から摂る事ができ、体の中に入れば同じ事である。美容に効果がある、女性ホルモンを増やすとよく言われるが過度な期待は禁物。
05-11 21:55

栄養論:脂肪酸の中でも「中鎖脂肪酸」は細胞を動かすためのエネルギーとしてすぐに利用でき、特に素早く肝臓で分解される事では糖の代わりに使えるケトン体の生成を促す。そのため糖質制限中の初期においても脂肪の燃焼を促す事ができ、いわゆる「MCTオイル(ココナッツオイル)」がこれに当たる。
05-11 21:47

身長を伸ばす:乳製品の蛋白質にはカゼインとホエイ、そしてMBP(乳塩基性タンパク質)がある。この内カゼインは80%以上を占めており、次いでホエイが18%前後、一方MBPは1~2%しかない。しかしMBPは骨芽細胞の働きを活性化、破骨細胞の働きを上手く調節し、骨の形成を促すとされる。
05-11 21:17

【定期】:『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを書いています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
05-11 21:02

身長を伸ばす:黒キクラゲはビタミンD、鉄(白の8倍)、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガンを多く含む。一方、白キクラゲはビタミンD(黒の2倍)、カルシウム、カリウム(白の1.5倍)を多く含む。どちらもミネラル豊富だが白はカルシウム吸収促進等、黒は貧血予防等に効果がある。
05-11 20:55

美容論:コラーゲン合成にはビタミンCと必須アミノ酸が必要。必須アミノ酸は肉、魚、大豆、乳、卵等に。一方ビタミンCは緑黄色野菜・果物(ピーマン、アセロラ、レモン、キウイ、柿、イチゴ等)に含まれ、水や熱に弱く生食基本。尚、サプリでは水に溶けづらくした脂溶性ビタミンCというものがある。
05-11 20:47

有酸素運動:長時間続ける事が重要。よって長時間続けられるよう「今の体力に合わせてきつくない程度にまでペースやピッチ等を落とす」必要があり、きつくて続けられない時点で有酸素運動になっておらず脂肪も燃えていない。また体温を上げるためには意識的な呼吸及び水分や栄養補給も必須である。
05-11 20:25

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」マトリックス 馬鹿野郎!そいつがルパンだ!!→https://t.co/4bvf29cAeU
05-11 20:17

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
05-11 20:02

GIF素材になるんだろうなぁw
05-11 19:55

腹筋を割る:単純にお腹の筋肉を鍛え、脂肪を減らす事ができれば腹筋は割る事ができる。ただし腹筋を割る事だけに固執すると他の部位が疎かになり全体としてスタイルは悪くなってしまう。お腹だけでなく腕、肩、胸、背中、尻、太もも、ふくらはぎ等バランスを考えながら鍛えていく事が重要である。
05-11 19:55

巨人にいた福井だっけか?あれのジャンプを思い出す
05-11 19:55

思いの外、忍者だったw
05-11 19:54

RT @nichiyakyu: 【朗報】ヤクルト藤井、忍者だった https://t.co/OlL15Mujdj https://t.co/GcHYUbvXPZ
05-11 19:54

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 今中慎二選手の投球(超スローカーブ)→https://t.co/iLGb6OGg80
05-11 19:47

ダイエット:糖枯渇中は脂肪→ケトン体が起こるが、食事量が減る事により筋肉等蛋白質を分解し糖を得る糖新生も起こりやすい。防ぐには蛋白質は多め、脂肪他は制限しない。またケトン体生産を促す中鎖脂肪酸も重要。ただし臓器負担から1度の期間は1ヶ月まで。以降糖は少しずつ適切量まで戻していく。
05-11 19:25

健康論:緑茶に含まれるEGCG(カテキン)には脂肪代謝関係酵素を活性化し、脂肪がエネルギーになる事を助ける効果があると言われる。その他では血圧・コレステロール値・血糖値の調節、強抗酸化作用による老化・ガン予防等の効果があるとされる。尚、過剰摂取では肝臓に負担がかかる事がある。
05-11 19:17

というか本当に実力があるならアカペラ(全部俺とかはまた別w)で通用するはずだからね。何も加工してない「歌ってみた」は本当に少ないもんなぁ。
05-11 19:15

ネット社会の発展で違法ダウンロードが音楽業界衰退の原因に挙がるけど、素人が「歌ってみた」を気軽にネット上へアップしまくるから、実力ないのに注目されたりしてるし、本当の原石が見つかりにくくなってる現状は問題だよなぁ。
05-11 19:12

カラオケは禁止だけど弾き語りとか自分で打ち込んだのを背景に歌うのは問題ないんだっけ。そういう演奏技術も歌う技術も持ってる「本当に実力のある素人」がちゃんと音楽関係者の目に止まりやすくなるのは良いと思う。
05-11 19:09

RT @YahooNewsTopics: 【カラオケ動画公開 禁止命じる】カラオケで歌う様子を動画投稿サイトに公開するのは、メーカーの権利侵害と東京地裁が判断。公開禁止を命じた判決は初めてか。 https://t.co/nRXrgR33KL
05-11 19:07

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
05-11 19:02

有酸素運動:筋肉は動かす事で熱を作る事ができるため、あらかじめ筋肉量を増やしてから有酸素運動を行った方が効率良く脂肪を燃やす事ができる。女性に多い冷え性は筋肉量の少なさが原因の一つであり、食事制限はそれを悪化させるだけである。尚、有酸素運動を行うと毛細血管の数を増やす事ができる。
05-11 18:55

栄養論:美容に良いとして有名なビタミンCだが、水に溶けやすく熱やストレス(内面)にも弱いため、気づかぬ内に失われている事が多い。よって毎日毎食毎に分けて摂った方が効率良く吸収する事ができる。また満腹時の方が吸収率が良いと言われており、空腹時にサプリメントだけ飲む事は推奨しない。
05-11 18:47

睡眠論:早寝には昼間に脳や体を使う事が必要。脳や体の疲労は睡眠でしか取る事ができないため、程良い疲労があれば必然的に睡眠の必要性が増す。そのために重要なのが普段行わない新しい事に挑戦する事、それが脳や体にとって良い刺激となる。尚、寝る前に風呂に浸かり体温を上げておくと眠気が増す。
05-11 18:25

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 石川雅規選手の乱闘キャンセル→https://t.co/B1pIO7HqZ8
05-11 18:17

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
05-11 18:02

栄養論:カリウムは筋肉収縮制御・ナトリウム排出等に関わる。塩分の多い食品を食べる場合や高気温が続いたり運動で大量発汗した場合に必要量が増える。不足すると筋肉痙攣・熱中症等が起きやすい。食品ではカボチャ、シソ、ホウレン草、里芋、サツマイモ、きな粉、納豆、ヒジキ、椎茸等に含まれる。
05-11 17:55

健康論:バナバ茶に含まれるコロソリン酸は糖を素早く細胞へ吸収させ、血糖値上昇を抑制する効果がある。他、食物繊維やカルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛等のミネラルも含まれている。また桑の葉に含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)には小腸における糖の吸収を抑える効果がある。
05-11 17:47

健康論:炭酸水は二酸化炭素が常に気化するため胃の中に長時間残らない。よって炭酸水での何らかの健康効果はない。また高濃度炭酸水は刺激物と言え、口、喉、食道、胃粘膜等にダメージを与え、消化器機能を低下させる事がある。尚、風呂では血管拡張による体温上昇効果はあるが短時間で効果は薄れる。
05-11 17:25

食事論:生姜に含まれる辛味成分のジンゲロールは低温加熱・乾燥によりジンゲロンやショウガオールに変化する。共に発汗・体温上昇・血管拡張・血流増進・脂肪燃焼を促す等の効果があるとされるが、特にジンゲロンは血管拡張・発汗効果が、ショウガオールは脂肪燃焼を促す効果があると言われている。
05-11 17:18

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zkWLg
05-11 17:02

食事論:空腹を感じるとグレリンが分泌されるが、これには成長ホルモンを分泌させ、新陳代謝を活性化させる役割がある。よって食事の時間が毎日バラバラだったり、大量に食べて次の食事までの間隔が短いとその分成長ホルモンを損する事になる。毎日同じ時間に食事をし次の食事は間隔を空けて摂るべし。
05-11 16:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ハンドボール ちょっとやり過ぎ?スカイプレー→https://t.co/4uMyF0JTdv
05-11 16:47

食事論:タマネギの硫化アリルには抗菌作用やビタミンB1の働きを持続させる効果が、辛味成分の硫化プロピルには血液サラサラ効果、ポリフェノールのケルセチンには抗酸化作用が、その他アリインに男性ホルモン分泌を促す効果があるとされる。尚、効果を得るには相当量食べねばならず現実的ではない。
05-11 16:17

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
05-11 16:01

ニキビ治療:洗顔は皮膚表面の汚れ・皮脂・古い皮膚等を洗い落とせるが、これらにはバリア機能がある。よって全て洗い流すと逆に乾燥を招き、その乾燥を防ぐために皮脂分泌を促して余計に毛穴を詰まらせる。また皮膚は毎日少しずつ修復されており、強く洗ったからといって一気に修復される訳ではない。
05-11 15:55

健康論:キャッツクローに含まれるキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があり、関節炎等に効果がある。一方こちらは多くの食品に微量含まれているが、MSM(メチルスルフォニルメタン)にも抗炎症作用があるとされる。ただしMSMは水に溶けやすく、硫黄化合物のためマンガンの必要量が増える。
05-11 15:47

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 江川卓選手の投球(豪速球)→https://t.co/Dmscz8XI0f
05-11 15:17

食事論:タンパク質を多く含む肉類には鶏肉、牛肉、豚肉等という種類が、またその部位にも様々な種類がある。例え同じ肉類であってもタンパク質以外の栄養素は大きく異なるため、一つの食品に固執せず様々な肉類を食べた方が結果として栄養バランスは良くなる。これはもちろん肉類以外についても同じ。
05-11 14:55

バストアップ:ボロンは植物の細胞壁に存在しており、カルシウム排出抑制、女性ホルモン・ビタミンD活性化等の効果があると言われる。食品ではキャベツ、葡萄、ヒジキ、昆布、アーモンド、レーズン等に含まれる。ただし効果を得るためには毎日相当量食べ続けなければならずとても現実的ではない。
05-11 14:47

食事論:よく噛んで食べるとレプチンが分泌され大きな満腹感が得られる。つまり最低限の食事量で十分満腹感を得る事ができ、自然と食事量も減るため肥満を未然に防ぐ事ができる。またよく噛むと唾液が分泌されるため虫歯予防にもなり、小さい頃から続けていれば顎の発達により歯列改善にも繋がる。
05-11 14:25

身長を伸ばす:コンドロイチンは細胞同士を結ぶムコ多糖類で特に軟骨に多く存在し、コラーゲンやヒアルロン酸等と共に軟骨に水分・ミネラルを補給し弾力性を持たす。一方グルコサミンはアミノ酸と糖が結びついたアミノ糖で、軟骨の材料・新陳代謝に必要となる。
05-11 14:17

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
05-11 14:01

筋トレ論:加圧はセット間も血流制限するため内出血・血栓・活性酸素増殖等のリスクがある。一方BFRは圧を弱めセット間は血流制限しない。負荷や反復数は増えるがリスク軽減可。20~40%を3~4セット・1セット30秒目安。尚、通常高強度トレ後にBFRトレを行うと効果が高まるとされる。
05-11 13:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」格闘技の変態ディフェンス集→https://t.co/4Hs8p8aKuW
05-11 13:47

食事論:カロリー制限時優先的に減るのは筋肉である。何故なら余分な筋肉を分解して少しでも消費カロリーを節約し、生命活動に必要な脂肪の方を維持しようとするからである。すなわちカロリー制限だけでは脂肪よりもまず筋肉が減り、筋肉が減る事で基礎代謝が低下し、ますます脂肪は燃えにくくなる。
05-11 13:25

食事論:ホウライアオカズラ(ギムネマ)に含まれるギムネマ酸には小腸内での糖の吸収を阻害し、血糖値を上がりにくくする効果があると言われている。また物理的に舌の味覚にも作用し甘味を弱める効果がある。甘い物を食べる際に食前に。ただし鉄の吸収を阻害するため摂り過ぎると貧血になる事がある。
05-11 13:17

筋トレしまっする
05-11 13:07

311の5強では家自体や家の外では特に何も起きなかったけど、よく何も起こらなかったよなぁ。
05-11 13:07

この地域、あまりに地盤が弱すぎる。震度6以上で間違いなく液状化or陥没だろうなぁ
05-11 13:02

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtkWYNF
05-11 13:01

近所で2件ほど解体工事でうるさい上に家が揺れる
05-11 13:01

健康論:脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンはインスリンによる細胞への糖取込作用促進、インスリンを介さず筋肉へ糖取込促進、脂肪酸燃焼効果等があると言われる。脂肪蓄積により活性酸素が増えると分泌量が減り、糖制限・運動・EPA・抗酸化物質・アルギニン等で分泌量が増えるとされる。
05-11 12:47

水素水:水素の殆どは酸素と結合し水として存在するが、単体では全元素中最軽量で重力では留められず発生瞬間に上空飛散する。僅かに水溶だが小さいため特殊容器でしか保管できず蓋を開けた瞬間失われる。よって口にする時には既に殆ど失われている。尚、腸内細菌でも水素は作られ、実はその方が多い。
05-11 12:25

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー ブロックアウトしたボールがそのままバスケットボールのゴールへ→https://t.co/7zSQyQVrer
05-11 12:17

必要脂肪量=総エネ[=基礎代謝{=BMI22体重(=身長m2乗×22)×基礎代謝基準(=男20代24、30~40代22.3、以上21.5、女20代22.1、30~40代21.7、以上20.7)}×身体活動Lv(=低1.5、普通1.75、高が2)]の20~30%÷9kcal。
05-11 12:10

【定期】:『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
05-11 12:03

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 伊藤智仁選手の投球(神スライダー)→https://t.co/wlJbm9Xqfm
05-11 11:47

腹筋を割る:筋肉は表裏一体であり互いに支え合って機能している。腹筋ばかり鍛え背筋とのバランスが悪くなると腰痛になる事があるが、腰痛に限らず表裏どちらか一方だけ強くなったり、弱くなったりする事で思わぬ怪我に繋がる事がある。筋肉は特定の部位に偏る事なくバランス良く鍛えるべきである。
05-11 11:25

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ハンマー投げ 室伏広治選手の本気で地球滅亡→https://t.co/qjvtfjWRWo
05-11 11:18

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
05-11 11:02

健康論:細胞に取り込みきれなかった糖が血液中に溢れると血液がドロドロになり流れにくくなる。続くと毛細血管を詰まらせ末梢の細胞が壊死、進行すれば太い血管でもそれが起こり健康維持に必要な様々な機能が低下、更に血管壁を損傷し血栓の生成・動脈硬化進行、脳梗塞や心筋梗塞等のリスクを高める。
05-11 10:55

身長を伸ばす:CBP(カルシウム結合タンパク質)は体内でカルシウムイオンと結合する働きを持つタンパク質。口から摂ったカルシウムが骨や神経伝達などに効率良く使われるためにはこのCBPが正常に働いていなければならない。つまりこれを補給すればその過程がスムーズに行われる可能性がある。
05-11 10:47

ダイエット論:糖質制限初期で一時的に体重が減る事があるが、この段階では脂肪分解が始まっておらず、2週間程度耐えなければならない。また脂肪分解が始まるとケトン体が作られ臓器に負担がかかるため、1ヶ月を目処に糖質を適切な量まで戻していく必要がある。何ヶ月も続けるのは健康を害すだけ。
05-11 10:25

健康論:アミノペプチドの一種であるカルノシンは筋肉に多く存在しており、乳酸を分解する酵素の働きを高めると言われている。また細胞の酸化・糖化を抑える働きもあるとされ、それによって細胞の老化予防にも効果があると言われている。尚、カルノシンは鶏肉、特に鶏胸肉に多く含まれている。
05-11 10:17

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
05-11 10:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ロンドンオリンピック開会式に登場したミスター・ビーン→https://t.co/XkA2UHqgHz
05-11 09:47

食事論:甲殻類から抽出されるキトサンは脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、吸収を阻害するとされる。食品から摂る事はできず基本的にサプリ利用(食後3~5g)になるがアレルギー注意。また不溶性食物繊維のため大量摂取で便秘になる事がある。尚、よく聞くグルコサミンはキトサンにも含まれる。
05-11 09:18

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
05-11 09:02

健康論:長寿命に関わるとされるサーチュイン遺伝子は規則正しい生活習慣によって活性化される他、葡萄の皮(特に濃縮・抽出された赤ワインで含有量が高い)、ナッツ類の皮、ベリー類等に含まれる「レスベラトロール(抗酸化効果を持つポリフェノールの一種)」によっても活性化すると言われている。
05-11 08:47

バストアップ:女性ホルモンが正常に分泌されていれば脂肪の代謝も整い、二の腕や胴回りなど体の一部分に偏って脂肪が蓄積する事を防ぐ事ができる。ただし胸は脂肪のため脂肪がなければいくら女性ホルモンを増やしてもバストアップはできない。脂肪は完全に制限するのではなく、適度に摂る事が重要。
05-11 08:25

健康論:アシュワガンダ(ウィザニア)にはウィザニン(リラックス効果)、ウィザフェリン(抗炎症・鎮痛作用)、ジンノセサイド(サポニンの一種:抗酸化等)、その他では鉄分(細胞へ酸素運搬)等も含まれている。ただし胎児や消化管への影響から妊娠中や胃腸が弱い人は禁忌である。
05-11 08:17

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
05-11 08:02

健康論:乳児期(1歳未満)にて皮膚疾患が長引くと肌のバリア機能が低下し、外界から入る様々な物質を異物として抗体を作ってしまい、それがアレルギー反応として残る事がある。よって小さい頃に皮膚疾患をしっかりと治療しておけば、将来食物等のアレルギー症状が出にくくなると言われている。
05-11 07:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」竜巻の中に入ってみた→https://t.co/PFbekBcm6g
05-11 07:47

食事論:お酒に含まれる糖質では例えばビール、日本酒、果実酒、シャンパン等は多く、焼酎、赤ワイン、ウイスキー、ブランデー等は少なめ。ただしアルコールは糖や脂肪等より優先的に処理されるため、いくら普段運動をしていて糖質の少ない酒を選んでいても大量に飲めば何の意味もない。#ダイエット
05-11 07:25

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー キックトス&ヒールレシーブ集→https://t.co/tFU7zWM4Vn
05-11 07:18

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
05-11 07:02

筋トレ論:腕立て伏せや腹筋などの自体重トレでは「回数を重ねれば重ねるほど効果がある」と思われがちだが、単に回数を重ねるだけでは筋肉は大きくならない。筋肉を大きくしたいのなら回数を減らすように負荷を増やすか、速度を抑えフォームを意識して行う(結果的に短時間で済む)方が効果的である。
05-11 06:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」テニス リアル鉄柱当て→https://t.co/PRHRmW2c7n
05-11 06:47

栄養論:1日に必要な蛋白質及びアミノ酸の量は60kgの人で60g程度(=60000mg)とされており、特に激しい運動習慣のある人では100~120g必要となる場合もある。それを踏まえると「アミノ酸数千mg配合!」と書かれた商品はむしろ少ないと言えるレベル。過度な期待は禁物である。
05-11 06:25

冷え性・体温上昇:アルギニン、シトルリン、チロシン、カルニチン、ビタミンB群・E、クエン酸、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、酢酸、必須脂肪酸、中鎖脂肪酸、共役リノール酸、カプサイシン、カフェイン、ラクトフェリン、ウルソル酸、トマチジン、5-htp。他:レシチン、生姜、ニンニク、緑茶等。
05-11 06:17

栄養論:糖は単糖類の状態でしか吸収できないため、多糖類のように分子が多いほど吸収は緩やかになり、逆に単糖類はそのまま吸収しすぐ利用できる。よって糖の吸収速度は単糖類が最も速いが、血糖値の上昇速度も単糖類が最も速い。ただし分子の多さから最終的に吸収される糖の量は多糖類の方が多い。
05-11 05:55

ニキビ治療:ビタミンB群の内のビオチンは様々な酵素の補助に関係するが、特にアトピー等皮膚疾患の改善に効果があるとされる。一部は腸内細菌によって作る事もできるが人によっては作る能力が低く、意識的に摂る必要がある場合もある。食品ではナッツ類、レバー、卵黄、ウナギ、イワシ等に含まれる。
05-11 05:47

健康論・脂肪の少ない魚(順不同):カワハギ、アンコウ(肝を除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等。貝類・甲殻類他:タコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等。
05-11 05:25

有酸素運動:筋肉は動かす事で熱を作る事ができるため、あらかじめ筋肉量を増やしてから有酸素運動を行った方が効率良く脂肪を燃やす事ができる。女性に多い冷え性は筋肉量の少なさが原因の一つであり、食事制限はそれを悪化させるだけである。尚、有酸素運動を行うと毛細血管の数を増やす事ができる。
05-11 04:55

健康論:緑茶に含まれるEGCG(カテキン)には脂肪代謝関係酵素を活性化し、脂肪がエネルギーになる事を助ける効果があると言われる。その他では血圧・コレステロール値・血糖値の調節、強抗酸化作用による老化・ガン予防等の効果があるとされる。尚、過剰摂取では肝臓に負担がかかる事がある。
05-11 04:47

プロテイン精製法による分類 WPC:乳製品由来の乳清(ホエイ)を濾過し濃縮、ただし不純物が残る。WPI:イオン交換により蛋白質を分離し、蛋白質以外の不純物を取り除く。CFM:WPIよりも少し不純物は残るが有効成分も残せる。WPH:蛋白質を加水分解しペプチド化、吸収速度を高める。
05-11 04:25

筋トレ論:運動を行って糖が消費され、乳酸が溜まると激しく疲労を感じるが、柑橘系果物に含まれるクエン酸は筋肉内へ糖を素早く貯蔵させる効果(食後やトレ中後等に1回2g程度)がある。その際に吸収の速い糖はもちろんの事、糖の代謝に関わるビタミンB1を一緒に摂れば更に疲労回復効果は上がる。
05-11 04:17

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUV0ZKW
05-11 04:01

筋トレ論:筋肉は「伸ばされながら力を発揮する」時に大きな力を発揮する。つまりそれを意識した筋トレを行えば筋肉により大きなダメージを与える事ができ、伸ばされながら力を発揮する際に起こる怪我(肉離れ等)の予防にも繋がる。ただし負荷の大きさには十分注意が必要。また筋肉痛にもなりやすい。
05-11 03:55

「定期」05/11 03:00のGoogle検索ワード 1:糸魚川 2:モニタリング 3:新幹線 4:成宮寛貴の友人A氏 5:成宮 友人 ブログ 6:宮地佑紀生 7:上田まりえ 8:柳葉敏郎 9:アディ男 10:もんじゅ
05-11 03:47

健康論・脂肪を含む食品その1:肉類・魚類・乳製品・ナッツ全般、食用油(ラー油、ゴマ油、オリーブオイル、サラダ油、パーム油等)、調味料(ピーナッツバター、各種ドレッシング、ソース、ケチャップ、バター、マーガリン、ラード、生クリーム、マヨネーズ等)等。(その2に続く)
05-11 03:25

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 潮崎哲也選手の投球(神シンカー)→https://t.co/FurMGdot7T
05-11 03:17

ニキビを治す:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に洗う事。洗い過ぎは逆効果であり、決して強く押したり擦ったり手で直接触らない事。また洗顔後は乾燥しやすいためできるだけ早くの保湿が重要であり、日常的にも水分・栄養補給をすべし。外側からのケアではなく内側からのケアの方が重要である。
05-11 02:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 石川雅規選手の乱闘キャンセル→https://t.co/B1pIO7pPAy
05-11 02:47

バストアップ:1毎日同時間寝起・同時間食事 2.五大栄養素バランス良く 3.食事制限・特定栄養素への集中は逆効果 4筋トレは短時間 5胸筋より背筋 6胸を揺らさない 7適切サイズの衣服 8肩甲骨周囲ストレッチ 9リンパマッサージ 10恋・ストレス管理 11外より内からのケア重視
05-11 02:25

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 斉藤和巳選手の投球(高速フォーク)→https://t.co/JDfvKL16Ba
05-11 02:17

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
05-11 02:02

身長伸ばす:1毎日同時間寝起・食事 2昼間活動・夜睡眠・早寝早起メリハリ 3必須アミノ酸・マグネシウム・ビタミンC/D/K/B 4ただし五大栄養素バランス良く 5運動は少しずつ強度と種類を増やす 6思春期以降はジャンプ運動 7日光浴 8生活習慣の遺伝に注意 9日々新しい事に挑戦
05-11 01:55

食事論:生姜に含まれる辛味成分のジンゲロールは低温加熱・乾燥によりジンゲロンやショウガオールに変化する。共に発汗・体温上昇・血管拡張・血流増進・脂肪燃焼を促す等の効果があるとされるが、特にジンゲロンは血管拡張・発汗効果が、ショウガオールは脂肪燃焼を促す効果があると言われている。
05-11 01:47

筋肉論:筋肉には速筋と遅筋がある。速筋は糖を使い短時間に大きな力を発揮する無酸素運動で使われるがすぐ疲れてしまう。一方遅筋は脂肪等を使い長時間体を動かし続ける有酸素運動で使われるが大きな力は発揮できない。尚、実際には中間筋もあるとされ、そこまで厳密に役割分担している訳ではない。
05-11 01:25

栄養論:美容に良いとして有名なビタミンCだが、水に溶けやすく熱やストレス(内面)にも弱いため、気づかぬ内に失われている事が多い。よって毎日毎食毎に分けて摂った方が効率良く吸収する事ができる。また満腹時の方が吸収率が良いと言われており、空腹時にサプリメントだけ飲む事は推奨しない。
05-11 01:18

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンは性ホルモンの分泌をコントロールする役割があるため、それによって脂肪の代謝も改善される。また脂肪の代謝が改善されれば胸に脂肪が集まるようになり、胸以外に偏って脂肪が蓄積する事も抑える事ができる。その上で筋肉を鍛えれば太って見える事もなくなる。
05-11 00:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー やっちゃいけないサーブ&スパイクミス集→https://t.co/Sl2DzRMvMe
05-11 00:47

栄養論:ビタミンEは末梢血管を拡張し血流を促す。また抗酸化作用がありビタミンCやA及びセレンの持つ抗酸化作用を安定化させ、共に活性酸素の増殖及び脂肪の酸化を抑える効果もある。尚、食品ではウナギ、鮎、イカ、南瓜、ナッツ類等に含まれているが、脂溶性ビタミンのため過剰摂取には注意。
05-11 00:18

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト