05/22のツイートまとめ

SaruyaMichael2

睡眠論:睡眠中は一定の間隔でレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)が繰り返されるが、朝の目覚めを良くするためには脳が起きている「レム睡眠」の時に起きる必要がある。具体的には1時間半単位の睡眠時間に調整すればちょうどレム睡眠の時に起きる事ができ、スッキリ目覚める事ができる。
05-22 23:56

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 潮崎哲也選手の投球(神シンカー)→https://t.co/FurMGdot7T
05-22 23:47

睡眠論:早寝には昼間に脳や体を使う事が必要。脳や体の疲労は睡眠でしか取る事ができないため、程良い疲労があれば必然的に睡眠の必要性が増す。そのために重要なのが普段行わない新しい事に挑戦する事、それが脳や体にとって良い刺激となる。尚、寝る前に風呂に浸かり体温を上げておくと眠気が増す。
05-22 23:26

身長を伸ばす:マグネシウムは糖・脂肪・タンパク質の代謝に関わる様々な酵素の働きを助け、特にカルシウムやリン等と共に骨を形作る際に使われている。つまりカルシウムだけでは骨を効率良く作る事はできず身長も伸びない。尚、食品では海藻類、貝類、大豆製品、ナッツ類、キノコ類等に含まれている。
05-22 23:18

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
05-22 23:02

筋肉論:筋肉には速筋と遅筋がある。速筋は糖を使い短時間に大きな力を発揮する無酸素運動で使われるがすぐ疲れてしまう。一方遅筋は脂肪等を使い長時間体を動かし続ける有酸素運動で使われるが大きな力は発揮できない。尚、実際には中間筋もあるとされ、そこまで厳密に役割分担している訳ではない。
05-22 22:56

健康論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にする効果が期待できる。特に大豆・卵黄から抽出されたレシチンに含まれ、他に成長ホルモンの分泌を促す効果があるとも言われている。またレシチンには脂肪を運搬しやすくするホスファチジルセリンも含まれている。
05-22 22:47

身長を伸ばす:8種類のビタミンB群は糖・脂肪・タンパク質の代謝を助け、またビタミンKはカルシウムの吸収を促す役割があるが、どちらも一部を腸内で作る事ができる。すなわち腸内環境が身長の伸びに影響を及ぼすという事。尚、腸内環境の改善には1日の多くを占める睡眠習慣の改善が最も効果的。
05-22 22:26

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」動物 隙間からひたすらチラ見してくるヤギ→https://t.co/Xctn2MCuUb
05-22 22:18

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
05-22 22:02

会社の環境が原因で癌になる人もたくさんいるし、そういう人に関しては無理して働く必要がないのでは?というのなら考え方としてはありだと思うけど、まぁこの人の場合は違うだろうねw
05-22 21:56

食事論:乳製品には乳糖と呼ばれる糖が含まれており、人によっては消化不良や下痢等を起こす原因になる事がある。これは乳糖を分解するための消化酵素の能力が生まれつき弱い事があり、また年齢を重ねた時その酵素の能力が弱まる事があるからである。尚、これは乳アレルギーとは別である。
05-22 21:56

RT @YahooNewsTopics: 【大西議員に批判 つける薬ない】「がん患者は働かなくていい」と発言した大西議員が謝罪。過去にも失言を繰り返しており、自民党内からは「つける薬がない」。 https://t.co/90M2svC56l
05-22 21:54

食事論:コーヒー等のカフェインは交感神経を刺激し、心身を覚醒させ集中力を高める。また脂肪細胞からの脂肪酸放出を促し運動前摂取で脂肪燃焼を補助する。ただしカルシウム等ミネラル吸収を阻害し、依存性や利尿作用が強く水分補給には適さない。ちなみに紅茶のタンニンは歯に色素沈着を起こさせる。
05-22 21:47

有酸素運動:筋肉は動かす事で熱を作る事ができるため、あらかじめ筋肉量を増やしてから有酸素運動を行った方が効率良く脂肪を燃やす事ができる。女性に多い冷え性は筋肉量の少なさが原因の一つであり、食事制限はそれを悪化させるだけである。尚、有酸素運動を行うと毛細血管の数を増やす事ができる。
05-22 21:26

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー ダブルヒールシュート(珍プレー)→https://t.co/RiUQDJlEXu
05-22 21:18

【定期】ブログ『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』の全記事一覧です。康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット
05-22 21:02

筋トレ論:体重60kgでは1日60g程度のタンパク質が必要とされるが、その量を普段の食事で摂る事が可能なら基本プロテインは必要ない。尚、運動習慣によっては1日100~120g必要な場合もあるが、一度に吸収できるのは30~40gのため、一度に大量に摂っても多くが無駄になる。#筋トレ
05-22 20:56

栄養論:ビタミンB6は脂肪・タンパク質の代謝・免疫に関係しており、皮膚・粘膜の健康維持や筋肉合成補助の役割がある。食品では特にマグロやカツオに多く含まれ、その他豚・牛レバー、サケ、イワシ、サンマ、アジ、豚肉、鶏肉等にも含まれる。ただし腸内でも作る事ができ、まず腸内環境改善が必要。
05-22 20:47

髪の毛:1毎日同時間寝起・食事 2早寝早起 3必須アミノ酸・ビタミンC/B/A/E 4ただし五大栄養素バランス良く 5有酸素運動は低強度最低20分以上 6ただし紫外線対策・水分ミネラル補給必須 7泡立優洗髪・枕清潔 8室温湿度ストレス管理 9生活習慣の遺伝に注意 10頭触らない
05-22 20:26

健康論:緑茶に含まれるEGCG(カテキン)には脂肪代謝関係酵素を活性化し、脂肪がエネルギーになる事を助ける効果があると言われる。その他では血圧・コレステロール値・血糖値の調節、強抗酸化作用による老化・ガン予防等の効果があるとされる。尚、過剰摂取では肝臓に負担がかかる事がある。
05-22 20:17

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
05-22 20:02

身長を伸ばす:身長が伸びるとして有名な牛乳だが、牛乳だけをガブ飲みすると栄養が偏り逆効果である。1つの食品に固執するのではなく、様々な種類の食品をたくさん食べる方が重要である。特に重要なのはカルシウムよりもタンパク質であり、肉や魚など動物性の食品を食べた方が体は大きくなる。
05-22 19:56

栄養論:脂肪酸の中でも「中鎖脂肪酸」は細胞を動かすためのエネルギーとしてすぐに利用でき、特に素早く肝臓で分解される事では糖の代わりに使えるケトン体の生成を促す。そのため糖質制限中の初期においても脂肪の燃焼を促す事ができ、いわゆる「MCTオイル(ココナッツオイル)」がこれに当たる。
05-22 19:47

ダイエット論:繰り返している時点で「ダイエットを続けなければならない状態=不健康」と言える。ダイエットをする事はステータスにはならない。重要なのは意識せずとも健康や美を維持する事であり、短期的な食事制限だけではこれから先も同じ事を繰り返すだけ。食習慣の改善は長期的に考えるべし。
05-22 19:26

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー キックトス&ヒールレシーブ集→https://t.co/tFU7zWM4Vn
05-22 19:17

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
05-22 19:02

身長を伸ばす:毎日同じ時間に寝起きするという規則的な睡眠習慣を続けると、メラトニンの分泌を促す事ができる。メラトニンには性成熟を抑制し思春期を遅らせる役割があるため、それが分泌されるだけで「身長を伸ばす事のできる期間」を延長する事ができる。それにより最終的な身長の結果も良くなる。
05-22 18:56

健康論:クマコケモモ(ウワウルシ)にはアルブチンが含まれており、メラニン色素の合成を抑制する事による美白効果の他、利尿作用があると言われている。またポリフェノールの一種であるエラグ酸には殺菌・抗酸化作用があると言われているが、お茶類に含まれるカテキンによりその効果は阻害される。
05-22 18:47

栄養論:不飽和脂肪酸の一種である共役リノール酸(CLA)は糖の細胞への取込促進、脂肪のエネルギー変換促進、脂肪蓄積抑制・燃焼補助等の効果があるとされる。乳製品等の脂質の内1%程度含まれるが、基本的にはサプリメントでの利用(朝食後・トレ前の栄養摂取時に1~2g程度)になる。
05-22 18:17

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
05-22 18:02

食事論:よく噛んで食べるとレプチンが分泌され大きな満腹感が得られる。つまり最低限の食事量で十分満腹感を得る事ができ、自然と食事量も減るため肥満を未然に防ぐ事ができる。またよく噛むと唾液が分泌されるため虫歯予防にもなり、小さい頃から続けていれば顎の発達により歯列改善にも繋がる。
05-22 17:56

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られ筋肉合成・分解抑制に関わるがロイシン→HMBは5%程度。1日3g必要(トレ中後等)とされるがロイシンでは60g必要なためHMBから摂る方が効率的。ただし個人差大・過剰摂取意味無。他クレアチンやビタミンD等の同時摂取で効果が高まるとされる。
05-22 17:47

筋トレ論:激しい運動を行う日が続いた後の休養日では、全く運動しない完全休養より少し体を動かしながら休養した方が効率良く疲労を回復できると言われている。これをアクティブレストと呼ぶ。休養日では普段行わないスポーツや低強度の有酸素運動等を実施する事が気分転換の意味でもオススメである。
05-22 17:26

健康論:アルギニンは成長ホルモン分泌・コラーゲン合成に関わるアミノ酸で必須アミノ酸から合成できる。ただし人によって合成能力が低い場合もあり、成長期では不足すると身長の伸びに悪影響を及ぼすと言われる。尚、一酸化窒素(NO)を増やす事で血管の弾力を維持し、血流を促す効果もある。
05-22 17:18

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zkWLg
05-22 17:02

膝や手を床についてはいけない等制限がたくさんある相撲では、あのフリーな戦い方ができないのでは?と当時は思ってたから、これほど上に行っても活躍できるとは思わなんだ。
05-22 16:56

睡眠論:睡眠に関わるセロトニンは腸内に多く存在しており、その量の変動は腸内環境に大きな影響を与える。過剰に増えると下痢になり、極端に減ると便秘になるのである。便通を改善するために食物繊維や発酵食品を大量に摂る人は多いが、まず睡眠習慣を改善した方が腸内環境はより良くする事ができる。
05-22 16:56

あの学生相撲の映像見た頃はレスリング界に行ってほしいなぁと思ってたけどね。今の彼を見る限りたぶんそっちでもメダル取れるレベルまで行けただろうしw
05-22 16:53

身長を伸ばす:乳製品由来のカゼイン蛋白に酵素を作用して得られるのがCPP(カゼインホスホペプチド)である。カルシウムはリンと結合しやすく、リンによって吸収が阻害される事があるが、CPPはそれを結びつきにくくし、カルシウムの吸収を促す効果がある。尚、リンは食品添加物に多く含まれる。
05-22 16:47

どんどん強い人と当たるけど安定感ある
05-22 16:46

宇良凄いなぁ。
05-22 16:46

栄養論:常温で液体の油、常温で固体かつ動物性の脂、その油と脂を合わせた油脂は脂肪とほぼ同じ意味がある。また脂質はその脂肪に加え「脂肪のように脂溶性を持つ物質(コレステロール、植物性ステロール、脂溶性ビタミン、リン皮質等)」の総称であり、脂肪酸はそれぞれの脂質を構成する材料の総称。
05-22 16:26

栄養論:α-リノレン酸は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一つで、血圧低下、動脈硬化・血栓予防等の効果がある。また体内でDHAやEPAを合成しそれを補うが、合成割合は10~15%程度でありこれを摂るだけではω-3脂肪酸は不足する。食品ではエゴマ・アマニ・大豆等に多く含まれる。
05-22 16:17

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
05-22 16:02

遊戯王みたいに禁止制限リスト作っちまえよもうw
05-22 15:58

裁判と像の組み合わせで2枚一気に破壊できるし、あれの方が低コストでぶっ壊れだと思うけどね。無敵マンもいる事だしビショップますます強くなる。
05-22 15:57

健康論:酵素は分類上タンパク質の一種。口から摂ったタンパク質は基本的にアミノ酸まで分解してから吸収される。つまり口からいくら酵素を摂ってもそれがそのままの形で吸収・利用・活動する訳ではない。蛋白質を多く含む肉、魚、乳、大豆、卵等を食す事ができるならそっちをたくさん食べた方が良い。
05-22 15:56

へぇライトニングブラスト修正されるのか。効果消すんじゃなしにランダムで2枚消滅とかでも良かったのでは。
05-22 15:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 伊藤智仁選手の投球(神スライダー)→https://t.co/wlJbmaf1DW
05-22 15:47

水素水:水素の殆どは酸素と結合し水として存在するが、単体では全元素中最軽量で重力では留められず発生瞬間に上空飛散する。僅かに水溶だが小さいため特殊容器でしか保管できず蓋を開けた瞬間失われる。よって口にする時には既に殆ど失われている。尚、腸内細菌でも水素は作られ、実はその方が多い。
05-22 15:26

バストアップ:ボロンは植物の細胞壁に存在しており、カルシウム排出抑制、女性ホルモン・ビタミンD活性化等の効果があると言われる。食品ではキャベツ、葡萄、ヒジキ、昆布、アーモンド、レーズン等に含まれる。ただし効果を得るためには毎日相当量食べ続けなければならずとても現実的ではない。
05-22 15:18

健康論・脂肪の少ない魚(順不同):カワハギ、アンコウ(肝を除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等。貝類・甲殻類他:タコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等。
05-22 14:56

食事論:ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)には食欲抑制効果、糖→脂肪への変換抑制効果、それによるグリコーゲン合成促進・脂肪蓄積抑制・脂肪分解促進等の効果があるとされる。またチャノキ(茶)に含まれるテアニンにも食欲抑制効果、その他抗ストレス効果等があると言われている。
05-22 14:37

筋トレ論:腕立て伏せや腹筋などの自体重トレでは「回数を重ねれば重ねるほど効果がある」と思われがちだが、単に回数を重ねるだけでは筋肉は大きくならない。筋肉を大きくしたいのなら回数を減らすように負荷を増やすか、速度を抑えフォームを意識して行う(結果的に短時間で済む)方が効果的である。
05-22 14:26

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
05-22 14:01

身長を伸ばす:脂溶性ビタミンであるビタミンDにはカルシウムの吸収を促す効果があるが、太陽光を浴びる事で脂肪から体内合成する事ができる。つまり日常的に太陽光を浴びる事が身長の伸びに良い影響を与える。尚、食品ではシラス干し、ニシン、イワシ、シロキクラゲ等に多く含まれている。
05-22 13:57

身長を伸ばす:喉仏の左右付け根付近にある甲状腺から甲状腺ホルモンは分泌される。あらゆる細胞に受け取るための受容体があり、「古くなった細胞を壊し新しく作り変える」という新陳代謝の過程をスムーズにする働きがある。身長を伸ばす事はもちろん、健康の維持に必要不可欠なホルモンである。
05-22 13:56

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」卓球 背面ショット集→https://t.co/QvUkVfhSl9
05-22 13:18

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtkWYNF
05-22 13:01

18~39歳の体脂肪率目安→男「低:~10%、標準-:11~16%、標準+:17~21%、軽肥満:22~26%、肥満:27%~」女「低:~20%、標準-:21~27%、標準+:28~34%、軽肥満:35~39%、肥満:40%~」(40~59歳は+1~2%、60歳~は+2~3%)
05-22 12:56

身長を伸ばす:乳製品の蛋白質にはカゼインとホエイ、そしてMBP(乳塩基性タンパク質)がある。この内カゼインは80%以上を占めており、次いでホエイが18%前後、一方MBPは1~2%しかない。しかしMBPは骨芽細胞の働きを活性化、破骨細胞の働きを上手く調節し、骨の形成を促すとされる。
05-22 12:47

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バスケ レア?プレイ集→https://t.co/FMeNhuPLMj
05-22 12:17

【定期】『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
05-22 12:03

食事論:空腹を感じるとグレリンが分泌されるが、これには成長ホルモンを分泌させ、新陳代謝を活性化させる役割がある。よって食事の時間が毎日バラバラだったり、大量に食べて次の食事までの間隔が短いとその分成長ホルモンを損する事になる。毎日同じ時間に食事をし次の食事は間隔を空けて摂るべし。
05-22 11:56

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー ヘッドレシーブ集→https://t.co/ESHIXdCcPH
05-22 11:47

栄養論:食事の必須アミノ酸のバランスを意味するアミノ酸スコアの最高は100だが、動物性食品は単体で100を超えるため単純に動物性食品を組み合せるだけでスコアは高める事ができる。ただし動物性食品だけではカロリー・脂肪を摂り過ぎてしまうため、一部は植物性食品で置き換える必要がある。
05-22 11:26

「定期」05/22 11:00のGoogle検索ワード 1:糸魚川 2:モニタリング 3:新幹線 4:成宮寛貴の友人A氏 5:成宮 友人 ブログ 6:宮地佑紀生 7:上田まりえ 8:柳葉敏郎 9:アディ男 10:もんじゅ
05-22 11:18

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
05-22 11:02

身長伸ばす:1毎日同時間寝起・食事 2昼間活動・夜睡眠・早寝早起メリハリ 3必須アミノ酸・マグネシウム・ビタミンC/D/K/B 4ただし五大栄養素バランス良く 5運動は少しずつ強度と種類を増やす 6思春期以降はジャンプ運動 7日光浴 8生活習慣の遺伝に注意 9日々新しい事に挑戦
05-22 10:56

栄養論:亜鉛はタンパク質合成や成長ホルモン分泌等に必要。しかし必要量は少なくサプリメントでは亜鉛中毒のリスクがある。摂り過ぎるとホルモンバランス悪化、腎機能低下、銅・鉄吸収阻害による貧血等が起こる。食品では特に牡蠣に多く含まれ、その他では豚レバー、牛肉、ナッツ類等にも含まれる。
05-22 10:47

睡眠論:セロトニンは心身を覚醒させる効果があるが、その他にドーパミンやノルアドレナリンという他のホルモンをコントロールする役割もある。この内ノルアドレナリンはストレス管理に関係している。すなわち睡眠習慣が崩れるとストレス管理が上手くできなくなり、情緒が不安定になるという事である。
05-22 10:26

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」テニス リアル鉄柱当て→https://t.co/PRHRmW2c7n
05-22 10:17

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
05-22 10:02

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の競技中では使えない事が多い。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルにも影響する。ある意味でそれは「使えない筋肉」とも言える。
05-22 09:56

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 リアル大リーグボール1号(珍プレー)→https://t.co/vDLdTNxpTr
05-22 09:47

健康論:乳児期(1歳未満)にて皮膚疾患が長引くと肌のバリア機能が低下し、外界から入る様々な物質を異物として抗体を作ってしまい、それがアレルギー反応として残る事がある。よって小さい頃に皮膚疾患をしっかりと治療しておけば、将来食物等のアレルギー症状が出にくくなると言われている。
05-22 09:26

栄養論:ビタミンAはレチノールとβカロテンに分けられる。動物性食品に含まれるレチノールは優先的に使われるが蓄積しやすいため過剰摂取のリスクが大きい。しかし緑黄色野菜等植物性の食品に含まれるβカロテンはレチノールの不足分に応じて使われるため、ビタミンAの摂取ではこちらがオススメ。
05-22 09:18

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
05-22 09:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」わしが育てたイオンのCM→https://t.co/ZJP6yI3W3y
05-22 08:47

食事論:グロビンを酵素分解し抽出されたグロビンペプチド(グロビン蛋白分解物)は脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、脂肪の吸収を20%阻害するとされる。また血液中にある中性脂肪を分解する酵素の働きを促す事で、脂肪の蓄積を抑える効果もあると言われている。摂取は食事の内容を見て食後に。
05-22 08:17

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
05-22 08:02

食事論:一度にたくさん頬張ったり早食いをしたりすると食物と一緒に大量の空気も飲み込んでしまう。その空気はゲップやオナラ等として外へ出るが、我慢し過ぎると下痢や便秘等の原因になる事がある。尚、歯並び悪化や舌・喉の筋肉が弱い事でも飲み込む空気の量が増え、腸内環境が悪化する事がある。
05-22 07:55

栄養論:ビタミンEは末梢血管を拡張し血流を促す。また抗酸化作用がありビタミンCやA及びセレンの持つ抗酸化作用を安定化させ、共に活性酸素の増殖及び脂肪の酸化を抑える効果もある。尚、食品ではウナギ、鮎、イカ、南瓜、ナッツ類等に含まれているが、脂溶性ビタミンのため過剰摂取には注意。
05-22 07:47

睡眠論:生活習慣の中でも大きな割合を占めており、睡眠習慣の改善なくして真の健康や美は得られない。尚、単にたくさん寝れば良い訳ではなく「平日休日問わず毎日同じ時間に寝起きする」という規則性が最も重要。それがなければ食事や運動習慣等を改善しても無意味。当然休日の寝溜めも逆効果である。
05-22 07:26

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」テニス ロジャーフェデラー選手のドロップショット教室→https://t.co/ktX6EfksrV
05-22 07:18

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
05-22 07:02

栄養論:タンパク質は体を形作る上で重要な栄養素。特にタンパク質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、その9種類をバランス良く摂らなければタンパク質を効率良く作る事はできない。無論だが皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない。
05-22 06:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」マイケル・ジャクソンの曲に合わせて踊るリズム感が抜群なオウム→https://t.co/hzOw2ogAki
05-22 06:47

栄養論:健康の維持には「五大栄養素をバランス良く摂る」事が大前提であり、それを長期的に積み重ねていく事でのみ体質改善に繋がる。体に良いとされる特定の食品・栄養素だけを摂ったり、五大栄養素のどれか(特に炭水化物や脂肪)を極端に制限したりすれば、自分が気づかぬ内に健康を害している。
05-22 06:26

健康論:アミノペプチドの一種であるカルノシンは筋肉に多く存在しており、乳酸を分解する酵素の働きを高めると言われている。また細胞の酸化・糖化を抑える働きもあるとされ、それによって細胞の老化予防にも効果があると言われている。尚、カルノシンは鶏肉、特に鶏胸肉に多く含まれている。
05-22 06:17

筋肉論:上腕二頭筋収縮の際は裏側にある上腕三頭筋が伸ばされ、上腕三頭筋収縮の際は上腕二頭筋が伸ばされる。このように収縮する筋肉を主働筋、それに対し伸ばされる筋肉を拮抗筋と呼ぶ。拮抗筋は主動筋の動きをスムーズにする。よって主働筋で大きな筋力を発揮するには拮抗筋も鍛える必要がある。
05-22 05:55

身長を伸ばす:マグネシウムは糖・脂肪・タンパク質の代謝に関わる様々な酵素の働きを助け、特にカルシウムやリン等と共に骨を形作る際に使われている。つまりカルシウムだけでは骨を効率良く作る事はできず身長も伸びない。尚、食品では海藻類、貝類、大豆製品、ナッツ類、キノコ類等に含まれている。
05-22 05:47

身長を伸ばす:8種類のビタミンB群は糖・脂肪・タンパク質の代謝を助け、またビタミンKはカルシウムの吸収を促す役割があるが、どちらも一部を腸内で作る事ができる。すなわち腸内環境が身長の伸びに影響を及ぼすという事。尚、腸内環境の改善には1日の多くを占める睡眠習慣の改善が最も効果的。
05-22 05:26

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 伊藤智仁選手の投球(神スライダー)→https://t.co/wlJbm9Xqfm
05-22 05:17

栄養論:タンパク質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸があり、9種類全てをバランス良く摂らなければならない。尚、必須アミノ酸は植物性の食品よりも動物性の食品の方がバランス良く含まれているため、肉、魚、乳、卵等を日常的に食べる事が重要。
05-22 04:55

身長を伸ばす:乳製品由来のカゼイン蛋白に酵素を作用して得られるのがCPP(カゼインホスホペプチド)である。カルシウムはリンと結合しやすく、リンによって吸収が阻害される事があるが、CPPはそれを結びつきにくくし、カルシウムの吸収を促す効果がある。尚、リンは食品添加物に多く含まれる。
05-22 04:47

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンはセロトニンから作られ、またそのセロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られる。つまり極端な食事制限を行ってトリプトファンが減ると、結果として睡眠習慣も乱れやすくなるという事である。食習慣の乱れと睡眠習慣の乱れは密接に関係している。
05-22 04:26

身長を伸ばす:山芋の仲間のヤムイモにはジオスゲニンが含まれる。これは性ホルモンの材料となりホルモンバランスを整えると言われている。日本で栽培されている中ではクーガイモ(トゲドコロ)で最も含有量が高く、特にヤムスゲニン(ジオスゲニンより効果が高いとされる)を含むとされている。
05-22 04:18

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUV0ZKW
05-22 04:01

睡眠論:睡眠に関わるセロトニンは腸内に多く存在しており、その量の変動は腸内環境に大きな影響を与える。過剰に増えると下痢になり、極端に減ると便秘になるのである。便通を改善するために食物繊維や発酵食品を大量に摂る人は多いが、まず睡眠習慣を改善した方が腸内環境はより良くする事ができる。
05-22 03:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー やっちゃいけないサーブ&スパイクミス集→https://t.co/Sl2DzRMvMe
05-22 03:47

身長を伸ばす:骨の芯にある骨基質の殆どは蛋白質の一種であるコラーゲンである。また骨基質から外側にかけては骨塩という何層もの円柱構造があり、そこにカルシウムやマグネシウム等様々なミネラルが使われる。つまり骨を作るためにはまずコラーゲンの材料となるアミノ酸とビタミンCが必要である。
05-22 03:26

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ハンドボール ちょっとやり過ぎ?スカイプレー→https://t.co/4uMyF0JTdv
05-22 03:18

食事論:タンパク質を多く含む肉類には鶏肉、牛肉、豚肉等という種類が、またその部位にも様々な種類がある。例え同じ肉類であってもタンパク質以外の栄養素は大きく異なるため、一つの食品に固執せず様々な肉類を食べた方が結果として栄養バランスは良くなる。これはもちろん肉類以外についても同じ。
05-22 02:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ボクシング カウンター集→https://t.co/XAh9FovZxQ
05-22 02:47

ダイエット:糖枯渇中は脂肪→ケトン体が起こるが、食事量が減る事により筋肉等蛋白質を分解し糖を得る糖新生も起こりやすい。防ぐには蛋白質は多め、脂肪他は制限しない。またケトン体生産を促す中鎖脂肪酸も重要。ただし臓器負担から1度の期間は1ヶ月まで。以降糖は少しずつ適切量まで戻していく。
05-22 02:26

身長を伸ばす:ビタミンB群の葉酸及びビタミンB12はタンパク質の代謝に深く関係しており、特に赤血球を作る際に必要となる。不足すると貧血になりやすくなり、また身長の伸びにも悪影響を及ぼすと言われている。食品では豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含まれている。
05-22 02:18

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
05-22 02:02

栄養論:アルコール処理能力は生まれつきであり飲んでも鍛えられない。慣れたと感じるのは鈍感になっただけで、大量飲酒習慣は臓器へ負担を蓄積させ寿命を縮める。尚、アルコールの吸収を遅くするにはその時の食事量を増やすと良いが、アルコールが優先処理されるため他の栄養素では吸収不良を起こす。
05-22 01:55

滋養強壮:アルギニン、シトルリン、チロシン、ビタミンB群・E、亜鉛、ヨウ素、セレン、必須脂肪酸、ムチン、5-htp、DIM。他:クーガイモ、レシチン、マカ、ムクナ豆、オタネニンジン、トンカットアリ、イチョウ葉、エゾウコギ、ピペリン、蛇胆、唐辛子、黄耆、鹿茸、クラチャイダム等。
05-22 01:47

ダイエット論:辛い食べ物を食べると発汗するが、これは汗を蒸発させる事で体温を下げているのである。すなわち食後は体温が下がり、水分やミネラルも失われた状態になっている。そのまま水分やミネラル補給及び保湿を怠れば脱水や乾燥を招くだけであり、美容とは真逆の効果になってしまう事もある。
05-22 01:26

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」マトリックス 馬鹿野郎!そいつがルパンだ!!→https://t.co/4bvf29cAeU
05-22 01:17

筋トレ論:SSCは筋肉が勢い良く伸ばされた際反射的に縮もうとする機能。通常トレでは反動NGとされるが、SSC利用トレでは低負荷で伸展→収縮の際の切替しを素早く行うため反動があるように見える。しかし実際の動作でも反動により力を発揮する事が多くパフォーマンス向上に繋がる可能性がある。
05-22 00:55

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 今中慎二選手の投球(超スローカーブ)→https://t.co/iLGb6OGg80
05-22 00:47

筋肉論:タンパク質のミオシンとアクチンはフィラメントを構成し、それぞれが間に入り込む事で筋肉が収縮する。またフィラメントはZ膜で区切られ、区切り~区切りを筋節(サルコメア)、筋節が連なった筋原繊維、それが束になった筋線維(筋細胞)、更に束になり筋線維束、最後に束になり筋肉になる。
05-22 00:26

冷え性・体温上昇:アルギニン、シトルリン、チロシン、カルニチン、ビタミンB群・E、クエン酸、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、酢酸、必須脂肪酸、中鎖脂肪酸、共役リノール酸、カプサイシン、カフェイン、ラクトフェリン、ウルソル酸、トマチジン、5-htp。他:レシチン、生姜、ニンニク、緑茶等。
05-22 00:18

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト