07/03のツイートまとめ

SaruyaMichael2

健康論:食事は1日3回、7日で21回、30日で90回、365日で1095回。8時間寝るとすれば睡眠も7日で56時間、30日で240時間、365日で2920時間、1時間行うとすれば運動も7日で7時間、30日で30時間、365日で365時間。1年にはこれだけ体質を変える機会がある。
07-03 23:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー 前を向きながら踵でオーバーヘッドシュート(珍プレー)→https://t.co/eaGIrW1oQR
07-03 23:47

プロテイン精製法による分類 WPC:乳製品由来の乳清(ホエイ)を濾過し濃縮、ただし不純物が残る。WPI:イオン交換により蛋白質を分離し、蛋白質以外の不純物を取り除く。CFM:WPIよりも少し不純物は残るが有効成分も残せる。WPH:蛋白質を加水分解しペプチド化、吸収速度を高める。
07-03 23:23

ニキビを治す:ビタミンB群であるパントテン酸は様々な代謝の補助として働くが、特に皮脂の過剰分泌を抑えると言われる。食品では特に豚・鶏・牛のレバーに多く含まれ、その他タラコ、鶏肉、豚肉、大豆製品などにも含まれる。ただし一部は腸内細菌でも作る事ができ、まずは腸内環境の改善が必要。
07-03 23:18

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
07-03 23:02

栄養論:アルコール処理能力は生まれつきであり飲んでも鍛えられない。慣れたと感じるのは鈍感になっただけで、大量飲酒習慣は臓器へ負担を蓄積させ寿命を縮める。尚、アルコールの吸収を遅くするにはその時の食事量を増やすと良いが、アルコールが優先処理されるため他の栄養素では吸収不良を起こす。
07-03 22:53

健康論:柿の葉には通常のビタミンCよりも熱など外部ストレスの影響を受けにくいプロビタミンCが含まれており、特にコラーゲン合成の促進及び分解の抑制等の効果があると言われている。尚、例えビタミンCを多く含む食品でもプロビタミンCは殆ど含まれておらず、人工的に作られたものしかない。
07-03 22:47

健康論・脂肪を含む食品その1:肉類・魚類・乳製品・ナッツ全般、食用油(ラー油、ゴマ油、オリーブオイル、サラダ油、パーム油等)、調味料(ピーナッツバター、各種ドレッシング、ソース、ケチャップ、バター、マーガリン、ラード、生クリーム、マヨネーズ等)等。(その2に続く)
07-03 22:23

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 江川卓選手の投球(豪速球)→https://t.co/Dmscz8XI0f
07-03 22:17

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
07-03 22:02

食事論:食塩相当量g=ナトリウムmg×2.54÷1000。日本人の食塩摂取量は成人男性1日8g・女性で7g、欧米諸国は6g未満、WHOは5gを推奨。過多で高血圧、腎臓病、心臓病、脳卒中、胃癌等のリスクが高まり、予防にはカリウムが重要。尚、ナトリウムが不足すると骨が脆くなる。
07-03 21:53

栄養論:DHAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一つで、悪玉コレステロール減少、善玉コレステロール増加、血圧低下、視力回復、記憶力・判断力向上、アレルギー症状緩和、中性脂肪蓄積予防、血液サラサラ効果等があると言われる。食品ではマグロのトロ、サバ、アユ、ブリ等特に青魚に多く含まれる。
07-03 21:47

バストアップ:必須脂肪酸にはω-3とω-6があり、特に現代人はω-6脂肪酸を摂り過ぎており逆にω-3脂肪酸の方は不足傾向にある。この2つをバランス良く摂る事が脂肪の代謝を改善し、胸に脂肪を集める事ができる。尚、ω-3脂肪酸は青魚や一部の植物油(アマニ・エゴマ)に多く含まれている。
07-03 21:23

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー 約57mのロングヘディングシュート→https://t.co/iWsmPxijIm
07-03 21:18

【定期】ブログ『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』の全記事一覧です。康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット
07-03 21:02

睡眠論:セロトニンは心身を覚醒させる効果があるが、その他にドーパミンやノルアドレナリンという他のホルモンをコントロールする役割もある。この内ノルアドレナリンはストレス管理に関係している。すなわち睡眠習慣が崩れるとストレス管理が上手くできなくなり、情緒が不安定になるという事である。
07-03 20:53

栄養論:不飽和脂肪酸の一種である共役リノール酸(CLA)は糖の細胞への取込促進、脂肪のエネルギー変換促進、脂肪蓄積抑制・燃焼補助等の効果があるとされる。乳製品等の脂質の内1%程度含まれるが、基本的にはサプリメントでの利用(朝食後・トレ前の栄養摂取時に1~2g程度)になる。
07-03 20:47

筋肉論:上腕二頭筋収縮の際は裏側にある上腕三頭筋が伸ばされ、上腕三頭筋収縮の際は上腕二頭筋が伸ばされる。このように収縮する筋肉を主働筋、それに対し伸ばされる筋肉を拮抗筋と呼ぶ。拮抗筋は主動筋の動きをスムーズにする。よって主働筋で大きな筋力を発揮するには拮抗筋も鍛える必要がある。
07-03 20:23

「定期」07/03 20:00のGoogle検索ワード 1:糸魚川 2:モニタリング 3:新幹線 4:成宮寛貴の友人A氏 5:成宮 友人 ブログ 6:宮地佑紀生 7:上田まりえ 8:柳葉敏郎 9:アディ男 10:もんじゅ
07-03 20:17

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
07-03 20:02

ダイエット論:辛い食べ物を食べると発汗するが、これは汗を蒸発させる事で体温を下げているのである。すなわち食後は体温が下がり、水分やミネラルも失われた状態になっている。そのまま水分やミネラル補給及び保湿を怠れば脱水や乾燥を招くだけであり、美容とは真逆の効果になってしまう事もある。
07-03 19:53

健康論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にする効果が期待できる。特に大豆・卵黄から抽出されたレシチンに含まれ、他に成長ホルモンの分泌を促す効果があるとも言われている。またレシチンには脂肪を運搬しやすくするホスファチジルセリンも含まれている。
07-03 19:47

栄養論:糖は細胞を動かすエネルギー。生命活動維持に必要のため普段は不足しないよう一部を肝臓や筋肉等に蓄えており、不足時必要に応じて細胞へ補給する。特に筋トレ等の無酸素運動で必要なため、食事制限等で不足すれば筋肉の動きは鈍くなり、また筋肉だけでなく脳にも大きな疲労感をもたらす。
07-03 19:23

食事論:甲殻類から抽出されるキトサンは脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、吸収を阻害するとされる。食品から摂る事はできず基本的にサプリ利用(食後3~5g)になるがアレルギー注意。また不溶性食物繊維のため大量摂取で便秘になる事がある。尚、よく聞くグルコサミンはキトサンにも含まれる。
07-03 19:18

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
07-03 19:02

健康論:血液は心臓のポンプで動脈を伝い体の隅々に送られる。その血液は静脈を通って心臓に戻るが、重力に逆らい心臓に頼らず戻す必要がある。そのため血液を戻すための「別のポンプ」が必要になり、そのポンプの役割を「筋肉の収縮」が果たす。特にふくらはぎと太ももの筋肉を動かす事が重要。
07-03 18:53

食事論:グロビンを酵素分解し抽出されたグロビンペプチド(グロビン蛋白分解物)は脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、脂肪の吸収を20%阻害するとされる。また血液中にある中性脂肪を分解する酵素の働きを促す事で、脂肪の蓄積を抑える効果もあると言われている。摂取は食事の内容を見て食後に。
07-03 18:47

腹筋を割る:筋肉は表裏一体であり互いに支え合って機能している。腹筋ばかり鍛え背筋とのバランスが悪くなると腰痛になる事があるが、腰痛に限らず表裏どちらか一方だけ強くなったり、弱くなったりする事で思わぬ怪我に繋がる事がある。筋肉は特定の部位に偏る事なくバランス良く鍛えるべきである。
07-03 18:23

健康論:クマコケモモ(ウワウルシ)にはアルブチンが含まれており、メラニン色素の合成を抑制する事による美白効果の他、利尿作用があると言われている。またポリフェノールの一種であるエラグ酸には殺菌・抗酸化作用があると言われているが、お茶類に含まれるカテキンによりその効果は阻害される。
07-03 18:17

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
07-03 18:02

身長を伸ばす:身長が伸びるとして有名な牛乳だが、牛乳だけをガブ飲みすると栄養が偏り逆効果である。1つの食品に固執するのではなく、様々な種類の食品をたくさん食べる方が重要である。特に重要なのはカルシウムよりもタンパク質であり、肉や魚など動物性の食品を食べた方が体は大きくなる。
07-03 17:53

食事論:コーヒー等のカフェインは交感神経を刺激し、心身を覚醒させ集中力を高める。また脂肪細胞からの脂肪酸放出を促し運動前摂取で脂肪燃焼を補助する。ただしカルシウム等ミネラル吸収を阻害し、依存性や利尿作用が強く水分補給には適さない。ちなみに紅茶のタンニンは歯に色素沈着を起こさせる。
07-03 17:47

健康論:炭酸水は二酸化炭素が常に気化するため胃の中に長時間残らない。よって炭酸水での何らかの健康効果はない。また高濃度炭酸水は刺激物と言え、口、喉、食道、胃粘膜等にダメージを与え、消化器機能を低下させる事がある。尚、風呂では血管拡張による体温上昇効果はあるが短時間で効果は薄れる。
07-03 17:23

健康論:杜仲に含まれるゲニポシド酸は副交感神経系に作用し、血圧を低下させる効果があると言われている。またタンポポの根(自生は念のため止めた方が良い)に含まれるイソクエルシトリンには強い利尿作用があり、カリウムを多く含むため浮腫の改善に効果があると言われている。
07-03 17:18

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zkWLg
07-03 17:02

睡眠論:セロトニンは心身を覚醒させる効果があるが、その他にドーパミンやノルアドレナリンという他のホルモンをコントロールする役割もある。この内ノルアドレナリンはストレス管理に関係している。すなわち睡眠習慣が崩れるとストレス管理が上手くできなくなり、情緒が不安定になるという事である。
07-03 16:53

体内で活性酸素除去に関与:システイン・グルタミン酸・グリシン(必須アミノ酸から合成)、コエンザイムQ10、ヘム鉄、銅、亜鉛、セレン、マンガン、カロテノイド、ポリフェノール、ビタミンA(レチノール)・B2・C・E、リノール酸、メラトニン、メラノイジン(糖とアミノ酸を加熱)等。
07-03 16:47

筋トレ論:チートデイは数日に1日食事量を増やす事(高体脂肪率の人では効果無)。炭水化物中心、蛋白質適度、脂肪控えめ、摂取カロリーは平日の倍以上目安。尚、トレ後2日程度は蛋白質合成が促進されるため、トレを毎日・1日間隔で行うのはあまり望ましくない。時には完全休養日も設ける事も重要。
07-03 16:23

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー 試合開始2秒でゴール→https://t.co/7Ghn10HfEY
07-03 16:17

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
07-03 16:01

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンは性ホルモンの分泌をコントロールする役割があるため、それによって脂肪の代謝も改善される。また脂肪の代謝が改善されれば胸に脂肪が集まるようになり、胸以外に偏って脂肪が蓄積する事も抑える事ができる。その上で筋肉を鍛えれば太って見える事もなくなる。
07-03 15:53

筋トレ論:瞬間的に大きな力を発揮する際のエネルギー合成(クレアチンリン酸)に必要なクレアチンはそのままでは吸収率が悪い。吸収の速い糖を摂りインスリンを分泌させ、その作用により吸収を促す事が重要。またその際少量のナトリウムも必要。1日2~6gをトレ中・後及び好きなタイミングで。
07-03 15:47

栄養論:脂肪は五大栄養素の1つに数えられる重要な栄養素。特に体内だけでは一から作る事ができない「必須脂肪酸」は、バランス良く摂らなければ健康を害してしまう。脂肪と聞くと皮下脂肪や内臓脂肪をイメージするが、様々なホルモンの材料としても使われており健康の維持に必要不可欠なものである。
07-03 15:23

健康論:脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンはインスリンによる細胞への糖取込作用促進、インスリンを介さず筋肉へ糖取込促進、脂肪酸燃焼効果等があると言われる。脂肪蓄積により活性酸素が増えると分泌量が減り、糖制限・運動・EPA・抗酸化物質・アルギニン等で分泌量が増えるとされる。
07-03 15:18

半身浴:体温調節機能向上や老廃物排出等により新陳代謝促進が期待できる。しかし運動を伴わないため半身浴そのものに脂肪燃焼効果はない。また大量発汗のため保湿及び水分や栄養補給を怠れば逆に乾燥・脱水を招く。元は心臓の弱い人や高齢者向けの入浴法であり、健康な若い人が行う必要は特にない。
07-03 14:53

美容論:コラーゲン合成にはビタミンCと必須アミノ酸が必要。必須アミノ酸は肉、魚、大豆、乳、卵等に。一方ビタミンCは緑黄色野菜・果物(ピーマン、アセロラ、レモン、キウイ、柿、イチゴ等)に含まれ、水や熱に弱く生食基本。尚、サプリでは水に溶けづらくした脂溶性ビタミンCというものがある。
07-03 14:47

身長を伸ばす:骨の芯にある骨基質の殆どは蛋白質の一種であるコラーゲンである。また骨基質から外側にかけては骨塩という何層もの円柱構造があり、そこにカルシウムやマグネシウム等様々なミネラルが使われる。つまり骨を作るためにはまずコラーゲンの材料となるアミノ酸とビタミンCが必要である。
07-03 14:23

栄養論:オレイン酸は一価不飽和脂肪酸(必須ではない)で、脂肪酸化予防・悪玉コレステロール減少等の効果がある。食品では特にオリーブオイルや紅花油に多く含まれ、その他ではナッツ類や動物性の食品等にも多く含まれる。また他の不飽和脂肪酸の中では比較的酸化されにくいため加熱調理にも向く。
07-03 14:17

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
07-03 14:01

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バスケ マイケル・ジョーダン選手の超プレー集→https://t.co/4ToGTlkimN
07-03 13:47

バストアップ:女性ホルモンが正常に分泌されていれば脂肪の代謝も整い、二の腕や胴回りなど体の一部分に偏って脂肪が蓄積する事を防ぐ事ができる。ただし胸は脂肪のため脂肪がなければいくら女性ホルモンを増やしてもバストアップはできない。脂肪は完全に制限するのではなく、適度に摂る事が重要。
07-03 13:23

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 潮崎哲也選手の投球(神シンカー)→https://t.co/FurMGdot7T
07-03 13:17

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtkWYNF
07-03 13:01

必要炭水化物量=総エネ[=基礎代謝{=BMI22体重(=身長m2乗×22)×基礎代謝基準(=男20代24、30~40代22.3、以上21.5、女20代22.1、30~40代21.7、以上20.7)}×身体活動Lv(=低1.5、普通1.75、高が2)]の50~65%÷4kcal。
07-03 12:53

食事論:ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)には食欲抑制効果、糖→脂肪への変換抑制効果、それによるグリコーゲン合成促進・脂肪蓄積抑制・脂肪分解促進等の効果があるとされる。またチャノキ(茶)に含まれるテアニンにも食欲抑制効果、その他抗ストレス効果等があると言われている。
07-03 12:47

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 今中慎二選手の投球(超スローカーブ)→https://t.co/iLGb6OGg80
07-03 12:18

良かったわ「こいつら」に投票しなくて
07-03 12:12

アゲハ蝶のサナギを2匹見つけたけど、1匹はもう穴があいてて駄目っぽいなぁ。もう1匹は室内に避難させて観察する事に。
07-03 12:08

都民は完全に嘗められてた訳ね。これ、どっかの総選挙で結婚発表した人みたいやんw
07-03 12:06

RT @Sankei_news: 【速報】小池百合子氏「都民ファーストの会」代表辞任を表明https://t.co/B7Jfbsi7Ur #東京都議選 https://t.co/sTzIUMcfsw
07-03 12:05

【定期】『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
07-03 12:03

無酸素運動:大きな力を発揮するが短時間で終える事が条件であり、長時間続けられるような負荷では効果が薄い。適切に負荷を増やし、反復回数も減らし、時間も短くする事が重要。尚、糖を使うため糖質制限を行うと効率は悪くなる。また筋トレ中から筋肉の分解が起こるため糖とアミノ酸の補給も必須。
07-03 11:53

身長を伸ばす:CBP(カルシウム結合タンパク質)は体内でカルシウムイオンと結合する働きを持つタンパク質。口から摂ったカルシウムが骨や神経伝達などに効率良く使われるためにはこのCBPが正常に働いていなければならない。つまりこれを補給すればその過程がスムーズに行われる可能性がある。
07-03 11:47

筋トレ論:ホエイプロテインは吸収が速く、運動後(直後ではなく数十分時間をおく)での補給に適している。一方カゼインプロテインは吸収は遅いが、補給するタイミングを選ばない。ちなみに乳製品全般にはカゼインの方が多く含まれており、例えば牛乳にホエイを溶かすと吸収が遅くなる事がある。
07-03 11:23

グリッドマンか懐かしいね
07-03 11:22

凄い暑さだ
07-03 11:20

「忙しい人のための勉強法」というサイトを運営しています→ https://t.co/o8LlyMEcL1 ご興味のある方はどうぞ。
07-03 11:18

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
07-03 11:01

ダイエット論:糖が五大栄養素の1つなのは細胞の活動に必要だからであり、糖を制限する必要がある時点で美容とは真逆の事を行っていると認識すべし。短期的な食事制限をするダイエットに頼るのではなく、全体的な生活習慣を長期的に見直し、糖及び脂肪の代謝を改善していく事を考えるべきである。
07-03 10:23

栄養論:ビタミンAはレチノールとβカロテンに分けられる。動物性食品に含まれるレチノールは優先的に使われるが蓄積しやすいため過剰摂取のリスクが大きい。しかし緑黄色野菜等植物性の食品に含まれるβカロテンはレチノールの不足分に応じて使われるため、ビタミンAの摂取ではこちらがオススメ。
07-03 10:17

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
07-03 10:02

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンはセロトニンから作られ、またそのセロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られる。つまり極端な食事制限を行ってトリプトファンが減ると、結果として睡眠習慣も乱れやすくなるという事である。食習慣の乱れと睡眠習慣の乱れは密接に関係している。
07-03 09:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー ダブルヒールシュート(珍プレー)→https://t.co/RiUQDJlEXu
07-03 09:47

食事論:食塩相当量g=ナトリウムmg×2.54÷1000。日本人の食塩摂取量は成人男性1日8g・女性で7g、欧米諸国は6g未満、WHOは5gを推奨。過多で高血圧、腎臓病、心臓病、脳卒中、胃癌等のリスクが高まり、予防にはカリウムが重要。尚、ナトリウムが不足すると骨が脆くなる。
07-03 09:23

ダイエット論:唐辛子に含まれるカプサイシンは体温上昇及びアドレナリン分泌による発汗効果等があるが、あくまで脂肪を燃えやすくするだけ。また水分・ミネラル補給必須。ちなみに辛い食べ物は日本人の口に合うよう塩や砂糖等が大量に使われているため、知らない内にそれを摂り過ぎてしまう事がある。
07-03 09:18

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
07-03 09:02

栄養論:サプリメントのプラセンタは動物の胎盤から抽出され、そのエキスには必須アミノ酸が豊富に含まれるとされる。ただし必須アミノ酸自体は肉、魚、卵、乳、大豆等から摂る事ができ、体の中に入れば同じ事である。美容に効果がある、女性ホルモンを増やすとよく言われるが過度な期待は禁物。
07-03 08:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」卓球 背面ショット集→https://t.co/QvUkVfhSl9
07-03 08:47

身長伸ばす:1毎日同時間寝起・食事 2昼間活動・夜睡眠・早寝早起メリハリ 3必須アミノ酸・マグネシウム・ビタミンC/D/K/B 4ただし五大栄養素バランス良く 5運動は少しずつ強度と種類を増やす 6思春期以降はジャンプ運動 7日光浴 8生活習慣の遺伝に注意 9日々新しい事に挑戦
07-03 08:23

身長を伸ばす:乳製品由来のカゼイン蛋白に酵素を作用して得られるのがCPP(カゼインホスホペプチド)である。カルシウムはリンと結合しやすく、リンによって吸収が阻害される事があるが、CPPはそれを結びつきにくくし、カルシウムの吸収を促す効果がある。尚、リンは食品添加物に多く含まれる。
07-03 08:18

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
07-03 08:02

栄養論:ビタミンB1は特に糖の代謝に関係し、糖がエネルギーになる事を助ける役割がある。そのため不足すると脳や筋肉の動きが鈍くなり、単純に疲れやすくなる。特に豚肉に多く含まれ、その他ウナギ、タラコ、鶏レバー等にも含まれる。ただし腸内でも作る事ができるため、まずは腸内環境改善が必要。
07-03 07:47

健康論:甜菜、不断草、ビーツ、ホウレン草等に含まれるベタイン(トリメチルグリシン)には動脈硬化を抑える効果、関節や筋肉等の蛋白質の構造を安定化させる効果、筋力を向上させる効果(クレアチン併用により効果が高まるとされている:1回1~3g程度、1日10g限度)等があると言われている。
07-03 07:18

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
07-03 07:02

食事論:よく噛んで食べるとレプチンが分泌され大きな満腹感が得られる。つまり最低限の食事量で十分満腹感を得る事ができ、自然と食事量も減るため肥満を未然に防ぐ事ができる。またよく噛むと唾液が分泌されるため虫歯予防にもなり、小さい頃から続けていれば顎の発達により歯列改善にも繋がる。
07-03 06:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 芸術的な内角打ちホームラン集→https://t.co/4NtVON0PnK
07-03 06:47

睡眠論:平日休日問わず毎日同じ時間に寝るとそのリズムが記憶され、いつもの寝る時間になれば自然に眠気を感じるようになる。これは毎日のリズムに従い寝るための準備が行われているという事であり、その準備を妨害すれば睡眠の質は低下する。寝る直前は脳に刺激となる事は避け、寝る準備に従うべし。
07-03 06:23

健康論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にする効果が期待できる。特に大豆・卵黄から抽出されたレシチンに含まれ、他に成長ホルモンの分泌を促す効果があるとも言われている。またレシチンには脂肪を運搬しやすくするホスファチジルセリンも含まれている。
07-03 06:18

運動論:HIIT(高強度インターバルトレーニング)は全力運動と軽運動または完全休養を短時間で繰り返す運動。決まった方法はないが基本は「全力運動数十秒→軽運動または完全休養を数十秒」を数分~数十分繰り返す。短時間で糖・脂肪等の代謝改善効果が期待できるが、消耗も激しく毎日はできない。
07-03 05:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」テニス ロジャーフェデラー選手のドロップショット教室→https://t.co/ktX6EfksrV
07-03 05:47

ダイエット:糖枯渇中は脂肪→ケトン体が起こるが、食事量が減る事により筋肉等蛋白質を分解し糖を得る糖新生も起こりやすい。防ぐには蛋白質は多め、脂肪他は制限しない。またケトン体生産を促す中鎖脂肪酸も重要。ただし臓器負担から1度の期間は1ヶ月まで。以降糖は少しずつ適切量まで戻していく。
07-03 05:23

健康論:アストラガルス(キバナオウギ)にはフォルモノネチン(フラボノイド:イソフラボン誘導体で性ホルモン分泌調節)、アストラガロシド(サポニン:糖化抑制)、GABA:抑制性神経伝達物質、グルクロン酸:肝臓等による浄化作用補助、クマリン(抗酸化作用・過剰摂取で毒性有)等が含まれる。
07-03 05:18

栄養論:亜鉛はタンパク質合成や成長ホルモン分泌等に必要。しかし必要量は少なくサプリメントでは亜鉛中毒のリスクがある。摂り過ぎるとホルモンバランス悪化、腎機能低下、銅・鉄吸収阻害による貧血等が起こる。食品では特に牡蠣に多く含まれ、その他では豚レバー、牛肉、ナッツ類等にも含まれる。
07-03 04:47

栄養論:GI値は食品に含まれる「炭水化物50g当たりの糖」における血糖値の上がりやすさを比較するもので、GI値が同じぐらいの食品同士でも「そのGI値の影響を受けるために食べる必要がある重量」は異なる。また加工・調理法、食品の組合せ・順番等によっても血糖値の上がりやすさは変わる。
07-03 04:23

食事論:タマネギの硫化アリルには抗菌作用やビタミンB1の働きを持続させる効果が、辛味成分の硫化プロピルには血液サラサラ効果、ポリフェノールのケルセチンには抗酸化作用が、その他アリインに男性ホルモン分泌を促す効果があるとされる。尚、効果を得るには相当量食べねばならず現実的ではない。
07-03 04:18

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUV0ZKW
07-03 04:01

筋トレ論:筋肉は「伸ばされながら力を発揮する」時に大きな力を発揮する。つまりそれを意識した筋トレを行えば筋肉により大きなダメージを与える事ができ、伸ばされながら力を発揮する際に起こる怪我(肉離れ等)の予防にも繋がる。ただし負荷の大きさには十分注意が必要。また筋肉痛にもなりやすい。
07-03 03:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー 好プレー&好アタック集→https://t.co/rZEc8nB1Vk
07-03 03:47

ダイエット論:ダイエットの指標に使う事が多い「体重」だが、そもそも体重は体全体の重さであり、体重だけでは「体のどこにある何の重さが増減したか」が全く分からない。脂肪が減れば確かに体重も減るが、水分や筋肉等が減っても体重は減る。気にするのであれば筋肉量と体脂肪率(体脂肪量)である。
07-03 03:23

食事論:グロビンを酵素分解し抽出されたグロビンペプチド(グロビン蛋白分解物)は脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、脂肪の吸収を20%阻害するとされる。また血液中にある中性脂肪を分解する酵素の働きを促す事で、脂肪の蓄積を抑える効果もあると言われている。摂取は食事の内容を見て食後に。
07-03 03:18

健康論:柿の葉には通常のビタミンCよりも熱など外部ストレスの影響を受けにくいプロビタミンCが含まれており、特にコラーゲン合成の促進及び分解の抑制等の効果があると言われている。尚、例えビタミンCを多く含む食品でもプロビタミンCは殆ど含まれておらず、人工的に作られたものしかない。
07-03 02:47

健康論:酵素は分類上タンパク質の一種。口から摂ったタンパク質は基本的にアミノ酸まで分解してから吸収される。つまり口からいくら酵素を摂ってもそれがそのままの形で吸収・利用・活動する訳ではない。蛋白質を多く含む肉、魚、乳、大豆、卵等を食す事ができるならそっちをたくさん食べた方が良い。
07-03 02:23

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ハンドボール ちょっとやり過ぎ?スカイプレー→https://t.co/4uMyF0JTdv
07-03 02:17

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
07-03 02:02

筋トレ論:単糖類のブドウ糖は吸収が速く、筋肉に素早くエネルギーを補給できる。また血糖値を上昇させインスリン分泌を促し、糖と共にアミノ酸も一緒に細胞へ取り込む事ができる。ただし大量に摂ると取り込み切れなかった糖が血液中に溢れて流れにくくなり、それが続くと血管を詰まらせる事がある。
07-03 01:53

筋トレ論:瞬間的に大きな力を発揮する際のエネルギー合成(クレアチンリン酸)に必要なクレアチンはそのままでは吸収率が悪い。吸収の速い糖を摂りインスリンを分泌させ、その作用により吸収を促す事が重要。またその際少量のナトリウムも必要。1日2~6gをトレ中・後及び好きなタイミングで。
07-03 01:47

髪の毛:1毎日同時間寝起・食事 2早寝早起 3必須アミノ酸・ビタミンC/B/A/E 4ただし五大栄養素バランス良く 5有酸素運動は低強度最低20分以上 6ただし紫外線対策・水分ミネラル補給必須 7泡立優洗髪・枕清潔 8室温湿度ストレス管理 9生活習慣の遺伝に注意 10頭触らない
07-03 01:23

栄養論:EPAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一つで、血栓・中性脂肪予防、アレルギー症状緩和、血液サラサラ効果等がある。ただし血液サラサラ効果は強く、摂り過ぎると止血が遅くなる。食品ではサバ、ウナギ、サンマ、イワシ他青魚に多く含まれており、食べる習慣のない人では不足する事がある。
07-03 01:18

栄養論:脂溶性ビタミンのビタミンA・D・E・K。脂肪と一緒に摂る事で吸収率が良くなり、また水に溶けにくいため体に蓄えておく事もできる。ただし逆に言えば体外に排出しにくく蓄積しやすいという事であり、過剰摂取による悪い症状が出やすい。脂溶性ビタミンは必要量を適切に摂る事が重要である。
07-03 00:53

花粉症:ネトル茶、凍頂烏龍茶、紅富貴(緑茶)等に含まれるメチル化カテキンは免疫グロブリンEを抑える事でアレルギー症状を緩和する。またケルセチン、ビオチン、ビタミンC、アスタキサンチンにもアレルギー原因物質となるヒスタミンを抑制する事で、その症状を緩和する効果があると言われている。
07-03 00:47

健康論:自律神経には交感と副交感があり、交感は運動等の活動、副交感は睡眠等の休息の際に自動的に働く。ただしどちらか一方だけ働く事はなく、交感が副交感の興奮を抑え副交感が交感の興奮を抑え、常に互いにバランスを取っている。ストレス等でその反応が頻繁に起こると疲労し制御不能になる。
07-03 00:23

健康論:アミノペプチドの一種であるカルノシンは筋肉に多く存在しており、乳酸を分解する酵素の働きを高めると言われている。また細胞の酸化・糖化を抑える働きもあるとされ、それによって細胞の老化予防にも効果があると言われている。尚、カルノシンは鶏肉、特に鶏胸肉に多く含まれている。
07-03 00:18

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト