07/13のツイートまとめ

SaruyaMichael2

睡眠論:入眠後1時間以内にノンレム睡眠、1時間程度でレム睡眠、以降ノンレム睡眠からのレム睡眠が1時間半単位で現れる。成長ホルモンは「レム睡眠直後のノンレム睡眠(浅い段階)」「入眠後3時間以内」に分泌量が増えるとされ、分泌を促すには睡眠の質を低下させないような寝る前の行動が重要。
07-13 23:53

筋トレ論:高強度運動によるストレスは筋肉を分解するが、BCAAやグルタミン等を補給すればそれを抑えられる。BCAAは1回5~10gをトレ前中、グルタミンは5~10gをトレ前後・起床後・その他就寝前等空腹時を予測し摂取。尚、分解抑制はできるがこれだけでは合成の材料としては不十分。
07-13 23:47

栄養論:例えば全身に酸素を運ぶために必要な「鉄」はそのままでは吸収率が悪いが、ビタミンCと一緒に摂る事でその吸収率が高める事ができる。また骨などに使われているカルシウムは食物繊維やリンによって吸収を阻害される事があり、ビタミンDやKを一緒に摂る事で吸収を促す事ができる。
07-13 23:23

食事論:ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)には食欲抑制効果、糖→脂肪への変換抑制効果、それによるグリコーゲン合成促進・脂肪蓄積抑制・脂肪分解促進等の効果があるとされる。またチャノキ(茶)に含まれるテアニンにも食欲抑制効果、その他抗ストレス効果等があると言われている。
07-13 23:18

RT @nhk_news: 【速報 JUST IN 】劉暁波氏 死去 中国の民主化運動の象徴的存在 #nhk_news https://t.co/zxIUSM0mwH
07-13 23:13

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
07-13 23:02

身長を伸ばす:コンドロイチンは細胞同士を結ぶムコ多糖類で特に軟骨に多く存在し、コラーゲンやヒアルロン酸等と共に軟骨に水分・ミネラルを補給し弾力性を持たす。一方グルコサミンはアミノ酸と糖が結びついたアミノ糖で、軟骨の材料・新陳代謝に必要となる。
07-13 22:47

ニキビ治療:洗顔は皮膚表面の汚れ・皮脂・古い皮膚等を洗い落とせるが、これらにはバリア機能がある。よって全て洗い流すと逆に乾燥を招き、その乾燥を防ぐために皮脂分泌を促して余計に毛穴を詰まらせる。また皮膚は毎日少しずつ修復されており、強く洗ったからといって一気に修復される訳ではない。
07-13 22:23

栄養論:DHAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一つで、悪玉コレステロール減少、善玉コレステロール増加、血圧低下、視力回復、記憶力・判断力向上、アレルギー症状緩和、中性脂肪蓄積予防、血液サラサラ効果等があると言われる。食品ではマグロのトロ、サバ、アユ、ブリ等特に青魚に多く含まれる。
07-13 22:17

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
07-13 22:02

栄養論:酸素運搬に必要な鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄がある。ヘム鉄は吸収率が良く動物性食品に含まれる。一方非ヘム鉄は植物性食品に含まれ、吸収率は悪いがビタミンCを摂る事で吸収率が高まる。食品では特に豚レバーに多く、その他鶏レバー、ヒジキ、干しエビ、貝類、大豆製品、ナッツ類等に含まれる。
07-13 21:47

栄養論:健康の維持には「五大栄養素をバランス良く摂る」事が大前提であり、それを長期的に積み重ねていく事でのみ体質改善に繋がる。体に良いとされる特定の食品・栄養素だけを摂ったり、五大栄養素のどれか(特に炭水化物や脂肪)を極端に制限したりすれば、自分が気づかぬ内に健康を害している。
07-13 21:23

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー ヘッドレシーブ集→https://t.co/ESHIXdCcPH
07-13 21:18

【定期】ブログ『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』の全記事一覧です。康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット
07-13 21:02

健康論:炭酸水は二酸化炭素が常に気化するため胃の中に長時間残らない。よって炭酸水での何らかの健康効果はない。また高濃度炭酸水は刺激物と言え、口、喉、食道、胃粘膜等にダメージを与え、消化器機能を低下させる事がある。尚、風呂では血管拡張による体温上昇効果はあるが短時間で効果は薄れる。
07-13 20:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 潮崎哲也選手の投球(神シンカー)→https://t.co/FurMGdot7T
07-13 20:46

筋トレ論:加圧はセット間も血流制限するため内出血・血栓・活性酸素増殖等のリスクがある。一方BFRは圧を弱めセット間は血流制限しない。負荷や反復数は増えるがリスク軽減可。20~40%を3~4セット・1セット30秒目安。尚、通常高強度トレ後にBFRトレを行うと効果が高まるとされる。
07-13 20:23

栄養論:ビタミンB2は脂肪の代謝に関係し、脂肪がエネルギーになる事を助け、また皮膚や粘膜の健康維持等にも効果がある。食品では特に豚・牛レバーに多く含まれ、その他鶏レバー、牛・鶏ハツ、ウナギ、タラコ、納豆、卵黄等にも含まれる。ただし腸内でも作る事ができ、まず腸内環境改善が必要。
07-13 20:17

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
07-13 20:02

半身浴:体温調節機能向上や老廃物排出等により新陳代謝促進が期待できる。しかし運動を伴わないため半身浴そのものに脂肪燃焼効果はない。また大量発汗のため保湿及び水分や栄養補給を怠れば逆に乾燥・脱水を招く。元は心臓の弱い人や高齢者向けの入浴法であり、健康な若い人が行う必要は特にない。
07-13 19:53

健康論:キャッツクローに含まれるキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があり、関節炎等に効果がある。一方こちらは多くの食品に微量含まれているが、MSM(メチルスルフォニルメタン)にも抗炎症作用があるとされる。ただしMSMは水に溶けやすく、硫黄化合物のためマンガンの必要量が増える。
07-13 19:45

筋トレ論:体重60kgでは1日60g程度のタンパク質が必要とされるが、その量を普段の食事で摂る事が可能なら基本プロテインは必要ない。尚、運動習慣によっては1日100~120g必要な場合もあるが、一度に吸収できるのは30~40gのため、一度に大量に摂っても多くが無駄になる。#筋トレ
07-13 19:23

筋トレ論:瞬間的に大きな力を発揮する際のエネルギー合成(クレアチンリン酸)に必要なクレアチンはそのままでは吸収率が悪い。吸収の速い糖を摂りインスリンを分泌させ、その作用により吸収を促す事が重要。またその際少量のナトリウムも必要。1日2~6gをトレ中・後及び好きなタイミングで。
07-13 19:16

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
07-13 19:02

身長を伸ばす:元々低身長の人が急にバレーやバスケ等を始めてもレギュラー可能性が低い上ジャンプする機会の少ないポジを任される。そもそも高身長選手はバレー等をする前から高身長で、ジャンプする機会の多いポジを任され更に高くなった。伸ばしたいなら個人的にジャンプ運動をする方が余程効果的。
07-13 18:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー 約57mのロングヘディングシュート→https://t.co/iWsmPxijIm
07-13 18:27

栄養論:アルコール処理能力は生まれつきであり飲んでも鍛えられない。慣れたと感じるのは鈍感になっただけで、大量飲酒習慣は臓器へ負担を蓄積させ寿命を縮める。尚、アルコールの吸収を遅くするにはその時の食事量を増やすと良いが、アルコールが優先処理されるため他の栄養素では吸収不良を起こす。
07-13 18:23

「言論の自由」はあるけどその中でも何を言っても許される訳ではないのと同じ。例え「多様性」という世界の中であっても何でも許される訳ではない。多様性と言えどその国にはその国の法律という制限がある。ましてやこの人はその国の運営に関わる人間。国民が疑念を持つのはむしろ当然の事。
07-13 18:04

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
07-13 18:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 イチロー、バントでホームランを放つ→https://t.co/zuMQnhagVP
07-13 17:57

健康論:糖が蛋白質や脂質等に結合する事を「糖化」と言い、体内で糖化が起こると細胞の持つ本来の機能が低下する。果糖や乳糖では特にそれが起こりやすいとされており、内臓・神経・コラーゲン等の長寿命組織ほどダメージが蓄積される。それは様々な病気・老化の原因になると言われている。
07-13 17:53

「私=多様性」ではなくて、それは「私の件は多様性」と言ってるんだと思うよ。そこは前後の文脈から分かる。しかし疑念を持っている人を差別主義者と括るのはあかん。
07-13 17:53

問題は国籍の有無より「いつ国籍を選択したか」と「過去の発言との矛盾」で、その影響で今の有様になってるのに、そこに疑念を持つ人たちを差別主義者で括るのはどうなの?選挙妨害する人たちを「こんな人たち」とした件よりよっぽど悪質なレッテル貼り。自分は国民の声を無視?相手には求める癖に。
07-13 17:50

そもそも「多様性」って絶対的な正義ではないと思うんだけどなぁ
07-13 17:41

栄養論:糖は分子が多く連なっている多糖類と少ない少糖類に分けられ、その少糖類の内、連なっている数により四糖類、三糖類、二糖類、最も単純な構造が単糖類である。よく聞く名前ではデンプン・グリコーゲン・デキストリンは多糖類、砂糖(ショ糖)・乳糖・麦芽糖が二糖類、果糖・ブドウ糖が単糖類。
07-13 17:23

ニキビ治療:ビタミンB群の内のビオチンは様々な酵素の補助に関係するが、特にアトピー等皮膚疾患の改善に効果があるとされる。一部は腸内細菌によって作る事もできるが人によっては作る能力が低く、意識的に摂る必要がある場合もある。食品ではナッツ類、レバー、卵黄、ウナギ、イワシ等に含まれる。
07-13 17:18

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zkWLg
07-13 17:01

身長を伸ばす:8種類のビタミンB群は糖・脂肪・タンパク質の代謝を助け、またビタミンKはカルシウムの吸収を促す役割があるが、どちらも一部を腸内で作る事ができる。すなわち腸内環境が身長の伸びに影響を及ぼすという事。尚、腸内環境の改善には1日の多くを占める睡眠習慣の改善が最も効果的。
07-13 16:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ロンドンオリンピック開会式に登場したミスター・ビーン→https://t.co/XkA2UHqgHz
07-13 16:47

身長を伸ばす:女性ホルモンは骨端線を閉鎖させ、これが女性の方が伸びが早く始まり早く終わる理由になる。特に睡眠に関わるメラトニンは性ホルモンを安定化させるため、睡眠の乱れが更に伸びを悪化させる。またメラトニンは必須アミノ酸からも作られるためダイエット等食事制限も伸びを悪化させる。
07-13 16:23

ダイエット論:唐辛子に含まれるカプサイシンは体温上昇及びアドレナリン分泌による発汗効果等があるが、あくまで脂肪を燃えやすくするだけ。また水分・ミネラル補給必須。ちなみに辛い食べ物は日本人の口に合うよう塩や砂糖等が大量に使われているため、知らない内にそれを摂り過ぎてしまう事がある。
07-13 16:17

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
07-13 16:01

健康論:愛情ホルモンとも呼ばれるオキシトシンは親しい人と接する事で分泌され、ストレスを軽減したり性ホルモンの分泌を促すと言われる。また覚醒作用を持つセロトニンにより分泌量が増える。そのセロトニンは規則性のある睡眠習慣により分泌され、特にアミノ酸のトリプトファンから作られる。
07-13 15:53

食事論:コーヒー等のカフェインは交感神経を刺激し、心身を覚醒させ集中力を高める。また脂肪細胞からの脂肪酸放出を促し運動前摂取で脂肪燃焼を補助する。ただしカルシウム等ミネラル吸収を阻害し、依存性や利尿作用が強く水分補給には適さない。ちなみに紅茶のタンニンは歯に色素沈着を起こさせる。
07-13 15:47

健康論:キャッツクローに含まれるキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があり、関節炎等に効果がある。一方こちらは多くの食品に微量含まれているが、MSM(メチルスルフォニルメタン)にも抗炎症作用があるとされる。ただしMSMは水に溶けやすく、硫黄化合物のためマンガンの必要量が増える。
07-13 15:18

バストアップ:1毎日同時間寝起・同時間食事 2.五大栄養素バランス良く 3.食事制限・特定栄養素への集中は逆効果 4筋トレは短時間 5胸筋より背筋 6胸を揺らさない 7適切サイズの衣服 8肩甲骨周囲ストレッチ 9リンパマッサージ 10恋・ストレス管理 11外より内からのケア重視
07-13 14:53

健康論:ブロッコリー等に含まれるスルフォラファンは解毒や抗酸化に関わる酵素の生成を促進し、抗酸化・解毒を補助する作用がある(特に発芽して間もないスプラウトに多く含まれる)と言われている。またジインドリルメタン(DIM)は性ホルモンの分泌を調節する他、抗癌作用があると言われている。
07-13 14:47

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンはセロトニンから作られ、またそのセロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られる。つまり極端な食事制限を行ってトリプトファンが減ると、結果として睡眠習慣も乱れやすくなるという事である。食習慣の乱れと睡眠習慣の乱れは密接に関係している。
07-13 14:23

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー ショートコーナー→スルー→スルー→スルー→シュート https://t.co/dRzP9zH26A
07-13 14:17

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
07-13 14:01

睡眠論:セロトニンは心身を覚醒させる効果があるが、その他にドーパミンやノルアドレナリンという他のホルモンをコントロールする役割もある。この内ノルアドレナリンはストレス管理に関係している。すなわち睡眠習慣が崩れるとストレス管理が上手くできなくなり、情緒が不安定になるという事である。
07-13 13:53

冷え性・体温上昇:アルギニン、シトルリン、チロシン、カルニチン、ビタミンB群・E、クエン酸、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、酢酸、必須脂肪酸、中鎖脂肪酸、共役リノール酸、カプサイシン、カフェイン、ラクトフェリン、ウルソル酸、トマチジン、5-htp。他:レシチン、生姜、ニンニク、緑茶等。
07-13 13:47

食事論:お酒に含まれる糖質では例えばビール、日本酒、果実酒、シャンパン等は多く、焼酎、赤ワイン、ウイスキー、ブランデー等は少なめ。ただしアルコールは糖や脂肪等より優先的に処理されるため、いくら普段運動をしていて糖質の少ない酒を選んでいても大量に飲めば何の意味もない。#ダイエット
07-13 13:23

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 伊藤智仁選手の投球(神スライダー)→https://t.co/wlJbm9Xqfm
07-13 13:18

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtkWYNF
07-13 13:02

腹筋を割る:単純にお腹の筋肉を鍛え、脂肪を減らす事ができれば腹筋は割る事ができる。ただし腹筋を割る事だけに固執すると他の部位が疎かになり全体としてスタイルは悪くなってしまう。お腹だけでなく腕、肩、胸、背中、尻、太もも、ふくらはぎ等バランスを考えながら鍛えていく事が重要である。
07-13 12:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 今中慎二選手の投球(超スローカーブ)→https://t.co/iLGb6OGg80
07-13 12:47

身長を伸ばす:大豆イソフラボンはCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)を増やす働きがあると言われている。このCGRPには「IGF-1(成長因子)」を増やす働きがあるとされ、そこにカプサイシンを合わせる事で更にその量は増える。それにより身長の伸びに良い影響を与える事がある。
07-13 12:18

【定期】『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
07-13 12:03

中臀筋トレ:体を一直線にし横這いに。上になっている膝を伸ばしたまま少し後方へ引き、内踝は床へつける。その内踝を床から少しずつ浮かせていき、外踝を天井へ近づけるようゆっくり足を持ち上げる。限界まで来たらそのままゆっくり足を降ろし再び内踝を床へつける。脱力せずそれを20~30回反復。
07-13 11:53

食事論:ホウライアオカズラ(ギムネマ)に含まれるギムネマ酸には小腸内での糖の吸収を阻害し、血糖値を上がりにくくする効果があると言われている。また物理的に舌の味覚にも作用し甘味を弱める効果がある。甘い物を食べる際に食前に。ただし鉄の吸収を阻害するため摂り過ぎると貧血になる事がある。
07-13 11:47

そのまま埼玉まで逃げたのか・・・こっわ。
07-13 11:27

健康論:アルギニンは成長ホルモン分泌・コラーゲン合成に関わるアミノ酸で必須アミノ酸から合成できる。ただし人によって合成能力が低い場合もあり、成長期では不足すると身長の伸びに悪影響を及ぼすと言われる。尚、一酸化窒素(NO)を増やす事で血管の弾力を維持し、血流を促す効果もある。
07-13 11:18

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
07-13 11:02

栄養論:α-リノレン酸は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一つで、血圧低下、動脈硬化・血栓予防等の効果がある。また体内でDHAやEPAを合成しそれを補うが、合成割合は10~15%程度でありこれを摂るだけではω-3脂肪酸は不足する。食品ではエゴマ・アマニ・大豆等に多く含まれる。
07-13 10:47

栄養論:ビタミンAはレチノールとβカロテンに分けられる。動物性食品に含まれるレチノールは優先的に使われるが蓄積しやすいため過剰摂取のリスクが大きい。しかし緑黄色野菜等植物性の食品に含まれるβカロテンはレチノールの不足分に応じて使われるため、ビタミンAの摂取ではこちらがオススメ。
07-13 10:18

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
07-13 10:02

栄養論:水溶性のビタミンB群とビタミンC。過剰摂取のリスクは低いが水に溶けやすく熱に弱い。調理法によってはその多くが失われるため、調理法には工夫が必要である。尚、水溶性ビタミンは水と共に体の外へ出やすいため、一度に大量に摂るよりも三食に分け毎日定期的に摂った方が効率は良い。
07-13 09:53

身長を伸ばす:ビタミンB群の葉酸及びビタミンB12はタンパク質の代謝に深く関係しており、特に赤血球を作る際に必要となる。不足すると貧血になりやすくなり、また身長の伸びにも悪影響を及ぼすと言われている。食品では豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含まれている。
07-13 09:47

健康論:杜仲に含まれるゲニポシド酸は副交感神経系に作用し、血圧を低下させる効果があると言われている。またタンポポの根(自生は念のため止めた方が良い)に含まれるイソクエルシトリンには強い利尿作用があり、カリウムを多く含むため浮腫の改善に効果があると言われている。
07-13 09:18

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
07-13 09:02

ダイエット論:ダイエットの指標に使う事が多い「体重」だが、そもそも体重は体全体の重さであり、体重だけでは「体のどこにある何の重さが増減したか」が全く分からない。脂肪が減れば確かに体重も減るが、水分や筋肉等が減っても体重は減る。気にするのであれば筋肉量と体脂肪率(体脂肪量)である。
07-13 08:53

滋養強壮:アルギニン、シトルリン、チロシン、ビタミンB群・E、亜鉛、ヨウ素、セレン、必須脂肪酸、ムチン、5-htp、DIM。他:クーガイモ、レシチン、マカ、ムクナ豆、オタネニンジン、トンカットアリ、イチョウ葉、エゾウコギ、ピペリン、蛇胆、唐辛子、黄耆、鹿茸、クラチャイダム等。
07-13 08:47

身長伸ばす:1毎日同時間寝起・食事 2昼間活動・夜睡眠・早寝早起メリハリ 3必須アミノ酸・マグネシウム・ビタミンC/D/K/B 4ただし五大栄養素バランス良く 5運動は少しずつ強度と種類を増やす 6思春期以降はジャンプ運動 7日光浴 8生活習慣の遺伝に注意 9日々新しい事に挑戦
07-13 08:23

花粉症:ネトル茶、凍頂烏龍茶、紅富貴(緑茶)等に含まれるメチル化カテキンは免疫グロブリンEを抑える事でアレルギー症状を緩和する。またケルセチン、ビオチン、ビタミンC、アスタキサンチンにもアレルギー原因物質となるヒスタミンを抑制する事で、その症状を緩和する効果があると言われている。
07-13 08:18

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
07-13 08:02

健康論・脂肪の少ない魚(順不同):カワハギ、アンコウ(肝を除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等。貝類・甲殻類他:タコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等。
07-13 07:53

身長を伸ばす:コンドロイチンは細胞同士を結ぶムコ多糖類で特に軟骨に多く存在し、コラーゲンやヒアルロン酸等と共に軟骨に水分・ミネラルを補給し弾力性を持たす。一方グルコサミンはアミノ酸と糖が結びついたアミノ糖で、軟骨の材料・新陳代謝に必要となる。
07-13 07:47

健康論:よく噛んで食べると唾液が分泌されるが、唾液には歯の表面にあるエナメル質等を保護し、ミネラルを補給する事でダメージ修復を促す役割がある。また食物を柔らかくし消化吸収しやすくする役割もある。よってよく噛まずに食べて唾液の分泌量が減ると消化・吸収不良や虫歯等になりやすくなる。
07-13 07:23

食事論:甲殻類から抽出されるキトサンは脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、吸収を阻害するとされる。食品から摂る事はできず基本的にサプリ利用(食後3~5g)になるがアレルギー注意。また不溶性食物繊維のため大量摂取で便秘になる事がある。尚、よく聞くグルコサミンはキトサンにも含まれる。
07-13 07:18

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
07-13 07:02

プロテイン精製法による分類 WPC:乳製品由来の乳清(ホエイ)を濾過し濃縮、ただし不純物が残る。WPI:イオン交換により蛋白質を分離し、蛋白質以外の不純物を取り除く。CFM:WPIよりも少し不純物は残るが有効成分も残せる。WPH:蛋白質を加水分解しペプチド化、吸収速度を高める。
07-13 06:53

栄養論:オレイン酸は一価不飽和脂肪酸(必須ではない)で、脂肪酸化予防・悪玉コレステロール減少等の効果がある。食品では特にオリーブオイルや紅花油に多く含まれ、その他ではナッツ類や動物性の食品等にも多く含まれる。また他の不飽和脂肪酸の中では比較的酸化されにくいため加熱調理にも向く。
07-13 06:47

腹筋を割る:いわゆる「腹筋動作」だが、ただ回数をこなすだけでは腹筋を鍛える前に腰などを痛めてしまう。重要なのは回数を重ねる事ではなく短時間で済ます事である。例えば「ゆっくり起き上がり5秒キープ、ゆっくり戻し力を入れたまま次の動作へ移る」方が、実は短時間で済む効果的な筋トレになる。
07-13 06:23

健康論:長寿命に関わるとされるサーチュイン遺伝子は規則正しい生活習慣によって活性化される他、葡萄の皮(特に濃縮・抽出された赤ワインで含有量が高い)、ナッツ類の皮、ベリー類等に含まれる「レスベラトロール(抗酸化効果を持つポリフェノールの一種)」によっても活性化すると言われている。
07-13 06:18

身長を伸ばす:毎日同じ時間に寝起きするという規則的な睡眠習慣を続けると、メラトニンの分泌を促す事ができる。メラトニンには性成熟を抑制し思春期を遅らせる役割があるため、それが分泌されるだけで「身長を伸ばす事のできる期間」を延長する事ができる。それにより最終的な身長の結果も良くなる。
07-13 05:53

食事論:生姜に含まれる辛味成分のジンゲロールは低温加熱・乾燥によりジンゲロンやショウガオールに変化する。共に発汗・体温上昇・血管拡張・血流増進・脂肪燃焼を促す等の効果があるとされるが、特にジンゲロンは血管拡張・発汗効果が、ショウガオールは脂肪燃焼を促す効果があると言われている。
07-13 05:47

必要脂肪量=総エネ[=基礎代謝{=BMI22体重(=身長m2乗×22)×基礎代謝基準(=男20代24、30~40代22.3、以上21.5、女20代22.1、30~40代21.7、以上20.7)}×身体活動Lv(=低1.5、普通1.75、高が2)]の20~30%÷9kcal。
07-13 05:23

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー 前を向きながら踵でオーバーヘッドシュート(珍プレー)→https://t.co/eaGIrW1oQR
07-13 05:18

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の競技中では使えない事が多い。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルにも影響する。ある意味でそれは「使えない筋肉」とも言える。
07-13 04:53

バストアップ:ボロンは植物の細胞壁に存在しており、カルシウム排出抑制、女性ホルモン・ビタミンD活性化等の効果があると言われる。食品ではキャベツ、葡萄、ヒジキ、昆布、アーモンド、レーズン等に含まれる。ただし効果を得るためには毎日相当量食べ続けなければならずとても現実的ではない。
07-13 04:47

健康論:糖が蛋白質や脂質等に結合する事を「糖化」と言い、体内で糖化が起こると細胞の持つ本来の機能が低下する。果糖や乳糖では特にそれが起こりやすいとされており、内臓・神経・コラーゲン等の長寿命組織ほどダメージが蓄積される。それは様々な病気・老化の原因になると言われている。
07-13 04:23

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バスケ マイケル・ジョーダン選手の超プレー集→https://t.co/4ToGTlkimN
07-13 04:17

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUV0ZKW
07-13 04:01

バストアップ:女性ホルモンが正常に分泌されていれば脂肪の代謝も整い、二の腕や胴回りなど体の一部分に偏って脂肪が蓄積する事を防ぐ事ができる。ただし胸は脂肪のため脂肪がなければいくら女性ホルモンを増やしてもバストアップはできない。脂肪は完全に制限するのではなく、適度に摂る事が重要。
07-13 03:53

健康論:アストラガルス(キバナオウギ)にはフォルモノネチン(フラボノイド:イソフラボン誘導体で性ホルモン分泌調節)、アストラガロシド(サポニン:糖化抑制)、GABA:抑制性神経伝達物質、グルクロン酸:肝臓等による浄化作用補助、クマリン(抗酸化作用・過剰摂取で毒性有)等が含まれる。
07-13 03:47

栄養論:ナトリウムは細胞の浸透圧を調節しカリウムを取り込む事で自身を外へ出す。特に汗に多く含まれ体温調節に必要。ただし多くの食品に含まれ、摂り過ぎると浮腫・高血圧・動脈硬化等のリスクが高まる。抑える必要があるが大量発汗で一時的に不足し筋肉の痙攣や熱中症等が起こりやすくなる。
07-13 03:23

食事論:コラーゲンの材料にはグリシンやプロリン等が多く使われている。それはフカヒレ等コラーゲンを含む食品にも含まれるが、パインやパパイヤ等と一緒に食べるとバラけて吸収が良くなる。またBCAA、グルタミン、HMB、アルギニン等と一緒に摂る事で合成促進、その合成にはビタミンCが必要。
07-13 03:17

髪の毛:1毎日同時間寝起・食事 2早寝早起 3必須アミノ酸・ビタミンC/B/A/E 4ただし五大栄養素バランス良く 5有酸素運動は低強度最低20分以上 6ただし紫外線対策・水分ミネラル補給必須 7泡立優洗髪・枕清潔 8室温湿度ストレス管理 9生活習慣の遺伝に注意 10頭触らない
07-13 02:53

栄養論:亜鉛はタンパク質合成や成長ホルモン分泌等に必要。しかし必要量は少なくサプリメントでは亜鉛中毒のリスクがある。摂り過ぎるとホルモンバランス悪化、腎機能低下、銅・鉄吸収阻害による貧血等が起こる。食品では特に牡蠣に多く含まれ、その他では豚レバー、牛肉、ナッツ類等にも含まれる。
07-13 02:47

運動論:有酸素運動を行う習慣があると、末梢にある細胞がより多くの酸素を求めるため毛細血管の数を増やそうとする。毛細血管が増えれば体の隅々にまで血液が届くようになり、細胞へ酸素・栄養・水分が行き渡る。それによって冷え性・貧血・乾燥の改善に効果が期待でき、それは健康・美容にも繋がる。
07-13 02:23

身長を伸ばす:脂溶性ビタミンであるビタミンDにはカルシウムの吸収を促す効果があるが、太陽光を浴びる事で脂肪から体内合成する事ができる。つまり日常的に太陽光を浴びる事が身長の伸びに良い影響を与える。尚、食品ではシラス干し、ニシン、イワシ、シロキクラゲ等に多く含まれている。
07-13 02:17

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
07-13 02:01

ダイエット論:糖が五大栄養素の1つなのは細胞の活動に必要だからであり、糖を制限する必要がある時点で美容とは真逆の事を行っていると認識すべし。短期的な食事制限をするダイエットに頼るのではなく、全体的な生活習慣を長期的に見直し、糖及び脂肪の代謝を改善していく事を考えるべきである。
07-13 01:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 絶対に笑ってはいけない2012年ロンドン五輪柔道代表の発表記者会見→https://t.co/s1eMVaDkkt
07-13 01:47

筋肉論:タンパク質のミオシンとアクチンはフィラメントを構成し、それぞれが間に入り込む事で筋肉が収縮する。またフィラメントはZ膜で区切られ、区切り~区切りを筋節(サルコメア)、筋節が連なった筋原繊維、それが束になった筋線維(筋細胞)、更に束になり筋線維束、最後に束になり筋肉になる。
07-13 01:23

身長を伸ばす:乳製品由来のカゼイン蛋白に酵素を作用して得られるのがCPP(カゼインホスホペプチド)である。カルシウムはリンと結合しやすく、リンによって吸収が阻害される事があるが、CPPはそれを結びつきにくくし、カルシウムの吸収を促す効果がある。尚、リンは食品添加物に多く含まれる。
07-13 01:18

食事論:お酒に含まれる糖質では例えばビール、日本酒、果実酒、シャンパン等は多く、焼酎、赤ワイン、ウイスキー、ブランデー等は少なめ。ただしアルコールは糖や脂肪等より優先的に処理されるため、いくら普段運動をしていて糖質の少ない酒を選んでいても大量に飲めば何の意味もない。#ダイエット
07-13 00:53

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー ショートコーナー→スルー→スルー→スルー→シュート https://t.co/dRzP9zH26A
07-13 00:47

栄養論:糖は分子が多く連なっている多糖類と少ない少糖類に分けられ、その少糖類の内、連なっている数により四糖類、三糖類、二糖類、最も単純な構造が単糖類である。よく聞く名前ではデンプン・グリコーゲン・デキストリンは多糖類、砂糖(ショ糖)・乳糖・麦芽糖が二糖類、果糖・ブドウ糖が単糖類。
07-13 00:23

健康論:アストラガルス(キバナオウギ)にはフォルモノネチン(フラボノイド:イソフラボン誘導体で性ホルモン分泌調節)、アストラガロシド(サポニン:糖化抑制)、GABA:抑制性神経伝達物質、グルクロン酸:肝臓等による浄化作用補助、クマリン(抗酸化作用・過剰摂取で毒性有)等が含まれる。
07-13 00:17

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト