07/20のツイートまとめ

SaruyaMichael2

筋トレ論:瞬間的に大きな力を発揮する際のエネルギー合成(クレアチンリン酸)に必要なクレアチンはそのままでは吸収率が悪い。吸収の速い糖を摂りインスリンを分泌させ、その作用により吸収を促す事が重要。またその際少量のナトリウムも必要。1日2~6gをトレ中・後及び好きなタイミングで。
07-20 23:47

栄養論:インスリンで血糖値を下げる際は糖と一緒にアミノ酸も細胞へ取り込む。つまり運動直後は吸収の速い糖と一緒に摂る事でアミノ酸を効率良く吸収できる。ただし糖やアミノ酸を消費した状態でなければいくら栄養を摂っても吸収されずに溢れるだけであり、それはいずれ脂肪として蓄積してしまう。
07-20 23:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」マトリックス 馬鹿野郎!そいつがルパンだ!!→https://t.co/4bvf29cAeU
07-20 23:18

プロテイン精製法による分類 WPC:乳製品由来の乳清(ホエイ)を濾過し濃縮、ただし不純物が残る。WPI:イオン交換により蛋白質を分離し、蛋白質以外の不純物を取り除く。CFM:WPIよりも少し不純物は残るが有効成分も残せる。WPH:蛋白質を加水分解しペプチド化、吸収速度を高める。
07-20 23:09

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
07-20 23:02

ダイエット論:唐辛子に含まれるカプサイシンは体温上昇及びアドレナリン分泌による発汗効果等があるが、あくまで脂肪を燃えやすくするだけ。また水分・ミネラル補給必須。ちなみに辛い食べ物は日本人の口に合うよう塩や砂糖等が大量に使われているため、知らない内にそれを摂り過ぎてしまう事がある。
07-20 22:47

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー 約57mのロングヘディングシュート→https://t.co/iWsmPxijIm
07-20 22:18

筋トレ論:加圧はセット間も血流制限するため内出血・血栓・活性酸素増殖等のリスクがある。一方BFRは圧を弱めセット間は血流制限しない。負荷や反復数は増えるがリスク軽減可。20~40%を3~4セット・1セット30秒目安。尚、通常高強度トレ後にBFRトレを行うと効果が高まるとされる。
07-20 22:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
07-20 22:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 バーランダー選手のホームへの牽制?球(珍プレー)→https://t.co/XTuVirkvW8
07-20 21:47

ダイエット:糖枯渇中は脂肪→ケトン体が起こるが、食事量が減る事により筋肉等蛋白質を分解し糖を得る糖新生も起こりやすい。防ぐには蛋白質は多め、脂肪他は制限しない。またケトン体生産を促す中鎖脂肪酸も重要。ただし臓器負担から1度の期間は1ヶ月まで。以降糖は少しずつ適切量まで戻していく。
07-20 21:39

健康論:ラクトフェリンには免疫力向上、脂肪の代謝改善による内臓脂肪減少、歯周病の予防、鉄の吸収促進による貧血予防等の効果があると言われている。食品では牛乳などの乳製品に多く含まれるが胃酸でそのほとんどが失活してしまうため、摂取するには腸で溶けるようなサプリメントが必要になる。
07-20 21:18

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の競技中では使えない事が多い。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルにも影響する。ある意味でそれは「使えない筋肉」とも言える。
07-20 21:09

【定期】ブログ『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』の全記事一覧です。康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット
07-20 21:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー ブロックアウトしたボールがそのままバスケットボールのゴールへ→https://t.co/7zSQyQVrer
07-20 20:47

健康論:愛情ホルモンとも呼ばれるオキシトシンは親しい人と接する事で分泌され、ストレスを軽減したり性ホルモンの分泌を促すと言われる。また覚醒作用を持つセロトニンにより分泌量が増える。そのセロトニンは規則性のある睡眠習慣により分泌され、特にアミノ酸のトリプトファンから作られる。
07-20 20:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」大泉洋のモノマネ集→https://t.co/aDH9VLyDU1
07-20 20:18

有酸素運動:筋肉は動かす事で熱を作る事ができるため、あらかじめ筋肉量を増やしてから有酸素運動を行った方が効率良く脂肪を燃やす事ができる。女性に多い冷え性は筋肉量の少なさが原因の一つであり、食事制限はそれを悪化させるだけである。尚、有酸素運動を行うと毛細血管の数を増やす事ができる。
07-20 20:09

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
07-20 20:02

「忙しい人のための勉強法」というサイトを運営しています→ https://t.co/o8LlyMEcL1 ご興味のある方はどうぞ。
07-20 19:47

健康論:ブロッコリー等に含まれるスルフォラファンは解毒や抗酸化に関わる酵素の生成を促進し、抗酸化・解毒を補助する作用がある(特に発芽して間もないスプラウトに多く含まれる)と言われている。またジインドリルメタン(DIM)は性ホルモンの分泌を調節する他、抗癌作用があると言われている。
07-20 19:19

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンはセロトニンから作られ、またそのセロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られる。つまり極端な食事制限を行ってトリプトファンが減ると、結果として睡眠習慣も乱れやすくなるという事である。食習慣の乱れと睡眠習慣の乱れは密接に関係している。
07-20 19:09

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
07-20 19:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 絶対に笑ってはいけない2012年ロンドン五輪柔道代表の発表記者会見→https://t.co/s1eMVaDkkt
07-20 18:47

栄養論:ナトリウムは細胞の浸透圧を調節しカリウムを取り込む事で自身を外へ出す。特に汗に多く含まれ体温調節に必要。ただし多くの食品に含まれ、摂り過ぎると浮腫・高血圧・動脈硬化等のリスクが高まる。抑える必要があるが大量発汗で一時的に不足し筋肉の痙攣や熱中症等が起こりやすくなる。
07-20 18:39

栄養論:ビタミンEは末梢血管を拡張し血流を促す。また抗酸化作用がありビタミンCやA及びセレンの持つ抗酸化作用を安定化させ、共に活性酸素の増殖及び脂肪の酸化を抑える効果もある。尚、食品ではウナギ、鮎、イカ、南瓜、ナッツ類等に含まれているが、脂溶性ビタミンのため過剰摂取には注意。
07-20 18:18

バストアップ:必須脂肪酸にはω-3とω-6があり、特に現代人はω-6脂肪酸を摂り過ぎており逆にω-3脂肪酸の方は不足傾向にある。この2つをバランス良く摂る事が脂肪の代謝を改善し、胸に脂肪を集める事ができる。尚、ω-3脂肪酸は青魚や一部の植物油(アマニ・エゴマ)に多く含まれている。
07-20 18:09

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
07-20 18:02

筋トレ論:SSCは筋肉が勢い良く伸ばされた際反射的に縮もうとする機能。通常トレでは反動NGとされるが、SSC利用トレでは低負荷で伸展→収縮の際の切替しを素早く行うため反動があるように見える。しかし実際の動作でも反動により力を発揮する事が多くパフォーマンス向上に繋がる可能性がある。
07-20 17:39

健康論:GABA(γ-アミノ酪酸)は鎮静効果等がある抑制性神経伝達物質だが、体外から摂ってもそのままでは使われない。グルタミン酸やビタミンB6等から合成されるためそれらを摂る事が重要。尚、グルタミン酸は小麦、大豆、チーズ、ナッツ等、ビタミンB6はマグロ、カツオ、サケ、牛レバー等。
07-20 17:37

健康論:自律神経には交感と副交感があり、交感は運動等の活動、副交感は睡眠等の休息の際に自動的に働く。ただしどちらか一方だけ働く事はなく、交感が副交感の興奮を抑え副交感が交感の興奮を抑え、常に互いにバランスを取っている。ストレス等でその反応が頻繁に起こると疲労し制御不能になる。
07-20 17:09

宇良、もう休場した方が良いだろうなぁ。
07-20 17:05

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zkWLg
07-20 17:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 巨人の長野選手、東京ドームにてジョジョ立ちを初披露→https://t.co/FrB7DaoVhd
07-20 16:57

ジャンプ力:筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮もうとする。それを利用すれば無駄なく大きな力を発揮する事ができる。例えば助走をつけて上へ跳ぶ際は助走の勢いを殺さぬよう膝を素早く、かつ浅く曲げる。その方が結果として膝が素早く伸ばされ、より高く跳ぶ事ができ、体力の温存にも繋がる。
07-20 16:39

栄養論:ビタミンB1は特に糖の代謝に関係し、糖がエネルギーになる事を助ける役割がある。そのため不足すると脳や筋肉の動きが鈍くなり、単純に疲れやすくなる。特に豚肉に多く含まれ、その他ウナギ、タラコ、鶏レバー等にも含まれる。ただし腸内でも作る事ができるため、まずは腸内環境改善が必要。
07-20 16:27

栄養論:カリウムは筋肉収縮制御・ナトリウム排出等に関わる。塩分の多い食品を食べる場合や高気温が続いたり運動で大量発汗した場合に必要量が増える。不足すると筋肉痙攣・熱中症等が起きやすい。食品ではカボチャ、シソ、ホウレン草、里芋、サツマイモ、きな粉、納豆、ヒジキ、椎茸等に含まれる。
07-20 16:09

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
07-20 16:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」動物 隙間からひたすらチラ見してくるヤギ→https://t.co/Xctn2MCuUb
07-20 15:58

栄養論:GI値は食品に含まれる「炭水化物50g当たりの糖」における血糖値の上がりやすさを比較するもので、GI値が同じぐらいの食品同士でも「そのGI値の影響を受けるために食べる必要がある重量」は異なる。また加工・調理法、食品の組合せ・順番等によっても血糖値の上がりやすさは変わる。
07-20 15:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バスケ レア?プレイ集→https://t.co/FMeNhuPLMj
07-20 15:18

ニキビ治療:ニキビ跡に効果があると言われる成分だが、安価な市販薬に含まれる殆どの成分は皮膚の奥深くにある傷には届かない。ニキビ跡は基本的に美容皮膚科で保険適用外の治療を受けるしか方法がなく、酷くなる前の治療及び予防が重要である。尚、ニキビ跡でなければ保険治療を受ける事ができる。
07-20 15:09

栄養論:ビタミンB2は脂肪の代謝に関係し、脂肪がエネルギーになる事を助け、また皮膚や粘膜の健康維持等にも効果がある。食品では特に豚・牛レバーに多く含まれ、その他鶏レバー、牛・鶏ハツ、ウナギ、タラコ、納豆、卵黄等にも含まれる。ただし腸内でも作る事ができ、まず腸内環境改善が必要。
07-20 14:47

運動論:有酸素運動を行う習慣があると、末梢にある細胞がより多くの酸素を求めるため毛細血管の数を増やそうとする。毛細血管が増えれば体の隅々にまで血液が届くようになり、細胞へ酸素・栄養・水分が行き渡る。それによって冷え性・貧血・乾燥の改善に効果が期待でき、それは健康・美容にも繋がる。
07-20 14:39

食事論:ホウライアオカズラ(ギムネマ)に含まれるギムネマ酸には小腸内での糖の吸収を阻害し、血糖値を上がりにくくする効果があると言われている。また物理的に舌の味覚にも作用し甘味を弱める効果がある。甘い物を食べる際に食前に。ただし鉄の吸収を阻害するため摂り過ぎると貧血になる事がある。
07-20 14:18

食事論:牡蠣にはビタミンB12、亜鉛、銅、ヨウ素が含まれる。特に亜鉛の含有量が多く、5個食べるだけでも1日の必要量を補給できる。そのため食中毒とは別に大量に食べる事による亜鉛中毒のリスクが高い。また銅の含有量も多く銅中毒のリスクがある。栄養価は高いが大量に食べれば良い訳ではない。
07-20 14:09

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
07-20 14:02

食事論:コラーゲンの材料にはグリシンやプロリン等が多く使われている。それはフカヒレ等コラーゲンを含む食品にも含まれるが、パインやパパイヤ等と一緒に食べるとバラけて吸収が良くなる。またBCAA、グルタミン、HMB、アルギニン等と一緒に摂る事で合成促進、その合成にはビタミンCが必要。
07-20 13:48

健康論:細胞に取り込みきれなかった糖が血液中に溢れると血液がドロドロになり流れにくくなる。続くと毛細血管を詰まらせ末梢の細胞が壊死、進行すれば太い血管でもそれが起こり健康維持に必要な様々な機能が低下、更に血管壁を損傷し血栓の生成・動脈硬化進行、脳梗塞や心筋梗塞等のリスクを高める。
07-20 13:39

流行語大賞とかもまさにそれやね
07-20 13:28

そういうのが既に「ズレ」に繋がってるって事が分かってないんだろうなぁ・・・というか理解する気もなく、未だに世論は自分たちが牛耳ってるって思い込んでるんだろうなぁ。最近は隠さなくなってきてるし、もうそのまま一生突き進めよ。今更方向転換するんじゃねぇぞ。
07-20 13:26

モンドセレクションとかまさにそれ。
07-20 13:23

そうやって内輪で評価し合ってる限り、視聴者の心は一生掴めないんじゃないかな。
07-20 13:22

RT @hamusoku: 朝日新聞、加戸守行愛媛県知事の加計学園誘致に関する発言を隠蔽するジャーナリズムにより日本ジャーナリスト会議から表彰されるwwwwwwwwwwwwwww : ハムスター速報 https://t.co/7tUDSXawAt @hamusoku
07-20 13:19

健康論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にする効果が期待できる。特に大豆・卵黄から抽出されたレシチンに含まれ、他に成長ホルモンの分泌を促す効果があるとも言われている。またレシチンには脂肪を運搬しやすくするホスファチジルセリンも含まれている。
07-20 13:18

運動論:余った糖は時間が経つと脂肪として蓄積してしまうが、一旦脂肪になると有酸素運動でしか効率良く燃やす事ができなくなる。そのため糖は脂肪に変わる前の「糖である状態」の時に無酸素運動によって消費してしまう事が重要である。それによって脂肪の蓄積を防ぐ事もでき、肥満の予防にも繋がる。
07-20 13:09

ジャックポットはともかくとして、メタルスピンが数時間に1回出たら良い方ってのはどうなんだろうなぁ。
07-20 13:04

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtkWYNF
07-20 13:02

どこパレのカジノ、本当に当たらねぇなぁ。5000枚すら難しい。
07-20 13:02

健康論:杜仲に含まれるゲニポシド酸は副交感神経系に作用し、血圧を低下させる効果があると言われている。またタンポポの根(自生は念のため止めた方が良い)に含まれるイソクエルシトリンには強い利尿作用があり、カリウムを多く含むため浮腫の改善に効果があると言われている。
07-20 12:48

健康論:炭酸水は二酸化炭素が常に気化するため胃の中に長時間残らない。よって炭酸水での何らかの健康効果はない。また高濃度炭酸水は刺激物と言え、口、喉、食道、胃粘膜等にダメージを与え、消化器機能を低下させる事がある。尚、風呂では血管拡張による体温上昇効果はあるが短時間で効果は薄れる。
07-20 12:39

健康論:ボスウェリアセラータ(植物)に含まれるボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエン(動物性食品や調理油に多く含まれるアラキドン酸から作られる)の合成を抑制する。これにより気管支喘息、関節炎、花粉症、食物アレルギー等の症状を緩和する効果があると言われている。
07-20 12:18

栄養論:脂溶性ビタミンのビタミンA・D・E・K。脂肪と一緒に摂る事で吸収率が良くなり、また水に溶けにくいため体に蓄えておく事もできる。ただし逆に言えば体外に排出しにくく蓄積しやすいという事であり、過剰摂取による悪い症状が出やすい。脂溶性ビタミンは必要量を適切に摂る事が重要である。
07-20 12:09

【定期】『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
07-20 12:04

栄養論:ビタミンB2は脂肪の代謝に関係し、脂肪がエネルギーになる事を助け、また皮膚や粘膜の健康維持等にも効果がある。食品では特に豚・牛レバーに多く含まれ、その他鶏レバー、牛・鶏ハツ、ウナギ、タラコ、納豆、卵黄等にも含まれる。ただし腸内でも作る事ができ、まず腸内環境改善が必要。
07-20 11:47

食事論:タンパク質を多く含む肉類には鶏肉、牛肉、豚肉等という種類が、またその部位にも様々な種類がある。例え同じ肉類であってもタンパク質以外の栄養素は大きく異なるため、一つの食品に固執せず様々な肉類を食べた方が結果として栄養バランスは良くなる。これはもちろん肉類以外についても同じ。
07-20 11:39

タイトルで釣ったり、内容を自分らで勝手な解釈したり、都合の悪い部分はカットしたり、あるいは作り変えたり。そういうのネットだと丸見えなんだよね。その意味でテレビ・新聞・週刊誌はホント質が低い。ネットみたいに一般人が投下する情報じゃねぇんだからよ・・・
07-20 11:33

重要なのは情報を提供する側のモラル。その意味ではテレビもネットも同じ。ただしテレビは仕事としてそれをしていて、それで飯を食ってる訳で、求められるモラルの大きさは全く違う。
07-20 11:28

ネットの話は本当の事が多い・・・って、ネットは興味のある情報にしか目が行かず、テレビと比べると情報の持つ影響力は局所的。そもそもネットは一般人がもたらす情報を一般人が探す場で、その情報が本当か嘘かを判断するのは個人。本当の事を言っているかどうかで比べるのはおかしい。
07-20 11:21

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 潮崎哲也選手の投球(神シンカー)→https://t.co/FurMGdot7T
07-20 11:18

テレビの話は本当の事が多い・・・って、公共の電波使って求めていない情報でも全国に垂れ流せるんだから、その影響力は大きいんだし、そりゃテレビは本当の事を言わなければならないだろ。
07-20 11:18

テレビの信頼度は過去最高、ネットは最低に――博報堂「こども20年変化」 https://t.co/BG4Fm1UgtU
07-20 11:12

栄養論:食事の必須アミノ酸のバランスを意味するアミノ酸スコアの最高は100だが、動物性食品は単体で100を超えるため単純に動物性食品を組み合せるだけでスコアは高める事ができる。ただし動物性食品だけではカロリー・脂肪を摂り過ぎてしまうため、一部は植物性食品で置き換える必要がある。
07-20 11:09

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
07-20 11:02

健康論:バナバ茶に含まれるコロソリン酸は糖を素早く細胞へ吸収させ、血糖値上昇を抑制する効果がある。他、食物繊維やカルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛等のミネラルも含まれている。また桑の葉に含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)には小腸における糖の吸収を抑える効果がある。
07-20 10:47

身長を伸ばす:女性ホルモンには骨端線を閉鎖させ、それにより女性は身長の伸び始めが早く終わりも早い。これは思春期を迎えるのが早いほど身長の結果が悪くなるという事であり、女性ではそれが顕著に現れる。実は小さい頃から続けるダイエットが骨端線の閉鎖を早め、身長の伸びを著しく悪くする。
07-20 10:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ハンマー投げ 室伏広治選手の本気で地球滅亡→https://t.co/qjvtfjWRWo
07-20 10:18

腹筋を割る:単純にお腹の筋肉を鍛え、脂肪を減らす事ができれば腹筋は割る事ができる。ただし腹筋を割る事だけに固執すると他の部位が疎かになり全体としてスタイルは悪くなってしまう。お腹だけでなく腕、肩、胸、背中、尻、太もも、ふくらはぎ等バランスを考えながら鍛えていく事が重要である。
07-20 10:09

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
07-20 10:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 バーランダー選手のホームへの牽制?球(珍プレー)→https://t.co/XTuVirkvW8
07-20 09:47

運動論:筋肉を使う全ての動作を「運動」と考えれば、日常のあらゆる動作が「運動を行う機会」になる。すなわちわざわざ運動を行う時間を作らなくとも、日常的に行う些細な動作を少し意識するだけで「運動習慣」は作る事ができる。それを長期的に積み重ねる事ができれば体質の改善にも繋がっていく。
07-20 09:39

栄養論:DHAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一つで、悪玉コレステロール減少、善玉コレステロール増加、血圧低下、視力回復、記憶力・判断力向上、アレルギー症状緩和、中性脂肪蓄積予防、血液サラサラ効果等があると言われる。食品ではマグロのトロ、サバ、アユ、ブリ等特に青魚に多く含まれる。
07-20 09:18

腹筋を割る:筋肉は表裏一体であり互いに支え合って機能している。腹筋ばかり鍛え背筋とのバランスが悪くなると腰痛になる事があるが、腰痛に限らず表裏どちらか一方だけ強くなったり、弱くなったりする事で思わぬ怪我に繋がる事がある。筋肉は特定の部位に偏る事なくバランス良く鍛えるべきである。
07-20 09:09

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
07-20 09:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」動物 隙間からひたすらチラ見してくるヤギ→https://t.co/Xctn2MCuUb
07-20 08:18

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の競技中では使えない事が多い。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルにも影響する。ある意味でそれは「使えない筋肉」とも言える。
07-20 08:09

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
07-20 08:02

栄養論:亜鉛はタンパク質合成や成長ホルモン分泌等に必要。しかし必要量は少なくサプリメントでは亜鉛中毒のリスクがある。摂り過ぎるとホルモンバランス悪化、腎機能低下、銅・鉄吸収阻害による貧血等が起こる。食品では特に牡蠣に多く含まれ、その他では豚レバー、牛肉、ナッツ類等にも含まれる。
07-20 07:47

髪の毛:1毎日同時間寝起・食事 2早寝早起 3必須アミノ酸・ビタミンC/B/A/E 4ただし五大栄養素バランス良く 5有酸素運動は低強度最低20分以上 6ただし紫外線対策・水分ミネラル補給必須 7泡立優洗髪・枕清潔 8室温湿度ストレス管理 9生活習慣の遺伝に注意 10頭触らない
07-20 07:39

身長を伸ばす:マグネシウムは糖・脂肪・タンパク質の代謝に関わる様々な酵素の働きを助け、特にカルシウムやリン等と共に骨を形作る際に使われている。つまりカルシウムだけでは骨を効率良く作る事はできず身長も伸びない。尚、食品では海藻類、貝類、大豆製品、ナッツ類、キノコ類等に含まれている。
07-20 07:18

筋トレ論:SSCは筋肉が勢い良く伸ばされた際反射的に縮もうとする機能。通常トレでは反動NGとされるが、SSC利用トレでは低負荷で伸展→収縮の際の切替しを素早く行うため反動があるように見える。しかし実際の動作でも反動により力を発揮する事が多くパフォーマンス向上に繋がる可能性がある。
07-20 07:09

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
07-20 07:02

身長を伸ばす:CBP(カルシウム結合タンパク質)は体内でカルシウムイオンと結合する働きを持つタンパク質。口から摂ったカルシウムが骨や神経伝達などに効率良く使われるためにはこのCBPが正常に働いていなければならない。つまりこれを補給すればその過程がスムーズに行われる可能性がある。
07-20 06:47

運動論:運動神経の良し悪しにはもちろん生まれつきの素質も関係するが、特に「神経系が猛発達する期間(ゴールデンエイジ:3~12歳)」にどれだけ複雑に神経を使ったか」によっても大きく変わる。これは子どもの「将来における選択の幅」は幼少期の親による教育に大きく左右されるという事である。
07-20 06:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」卓球 背面ショット集→https://t.co/QvUkVfhSl9
07-20 06:18

筋トレ論:高強度運動後はできるだけ早くプロテイン等を摂ると良いが、その後数時間はグリコーゲン(糖の一種:筋肉を動かすエネルギー)の合成が、2日程度は蛋白質合成が促進される。「夜に大量飲食すると太る」とよく言われるが、筋肉を効率良く大きくするには夕食における食事量が重要になる。
07-20 06:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」マイケル・ジャクソンの曲に合わせて踊るリズム感が抜群なオウム→https://t.co/hzOw2ogAki
07-20 05:47

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンはセロトニンから作られ、またそのセロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られる。つまり極端な食事制限を行ってトリプトファンが減ると、結果として睡眠習慣も乱れやすくなるという事である。食習慣の乱れと睡眠習慣の乱れは密接に関係している。
07-20 05:39

健康論:柿の葉には通常のビタミンCよりも熱など外部ストレスの影響を受けにくいプロビタミンCが含まれており、特にコラーゲン合成の促進及び分解の抑制等の効果があると言われている。尚、例えビタミンCを多く含む食品でもプロビタミンCは殆ど含まれておらず、人工的に作られたものしかない。
07-20 05:18

スネのストレッチ:膝が直角になる高さの椅子に姿勢を正して座る。指先を軽く曲げ、左右どちらかの足の甲(指の第二関節付近)を床へ着ける。膝やスネを正面へ向かせたまま、足首を前へ出すように力を加える。すると足首が伸ばされていき、スネの筋肉をストレッチする事ができる。左右各30秒程度。
07-20 05:09

健康論:アミノペプチドの一種であるカルノシンは筋肉に多く存在しており、乳酸を分解する酵素の働きを高めると言われている。また細胞の酸化・糖化を抑える働きもあるとされ、それによって細胞の老化予防にも効果があると言われている。尚、カルノシンは鶏肉、特に鶏胸肉に多く含まれている。
07-20 04:47

筋トレ論:チートデイは数日に1日食事量を増やす事(高体脂肪率の人では効果無)。炭水化物中心、蛋白質適度、脂肪控えめ、摂取カロリーは平日の倍以上目安。尚、トレ後2日程度は蛋白質合成が促進されるため、トレを毎日・1日間隔で行うのはあまり望ましくない。時には完全休養日も設ける事も重要。
07-20 04:39

健康論:ボスウェリアセラータ(植物)に含まれるボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエン(動物性食品や調理油に多く含まれるアラキドン酸から作られる)の合成を抑制する。これにより気管支喘息、関節炎、花粉症、食物アレルギー等の症状を緩和する効果があると言われている。
07-20 04:18

健康論:酵素は分類上タンパク質の一種。口から摂ったタンパク質は基本的にアミノ酸まで分解してから吸収される。つまり口からいくら酵素を摂ってもそれがそのままの形で吸収・利用・活動する訳ではない。蛋白質を多く含む肉、魚、乳、大豆、卵等を食す事ができるならそっちをたくさん食べた方が良い。
07-20 04:09

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUV0ZKW
07-20 04:01

健康論:白インゲン豆に含まれるファセオラミンには糖を分解する酵素を抑制し、糖の消化・吸収を抑える効果があると言われている。ただし白インゲン豆を食べるためには加熱(生は食中毒の危険がある)する必要があり、加熱する事で殆どが失われてしまう。よって利用は抽出されたサプリメントとなる。
07-20 03:47

食事論:ナッツ類の一つであるヒマワリの種にはビタミンB群(特にビタミンB1・B6・葉酸・ナイアシン・ビオチン)、ビタミンE、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅等様々な栄養素が豊富に含まれている。栄養補給に最適だが脂肪も多く含まれておりカロリーも高い。100g当たり600kcal前後。
07-20 03:39

身長を伸ばす:ビタミンB群の葉酸及びビタミンB12はタンパク質の代謝に深く関係しており、特に赤血球を作る際に必要となる。不足すると貧血になりやすくなり、また身長の伸びにも悪影響を及ぼすと言われている。食品では豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含まれている。
07-20 03:18

ニキビ治療:洗顔は皮膚表面の汚れ・皮脂・古い皮膚等を洗い落とせるが、これらにはバリア機能がある。よって全て洗い流すと逆に乾燥を招き、その乾燥を防ぐために皮脂分泌を促して余計に毛穴を詰まらせる。また皮膚は毎日少しずつ修復されており、強く洗ったからといって一気に修復される訳ではない。
07-20 03:09

栄養論:不飽和脂肪酸の一種である共役リノール酸(CLA)は糖の細胞への取込促進、脂肪のエネルギー変換促進、脂肪蓄積抑制・燃焼補助等の効果があるとされる。乳製品等の脂質の内1%程度含まれるが、基本的にはサプリメントでの利用(朝食後・トレ前の栄養摂取時に1~2g程度)になる。
07-20 02:47

筋肉論:筋肉には速筋と遅筋がある。速筋は糖を使い短時間に大きな力を発揮する無酸素運動で使われるがすぐ疲れてしまう。一方遅筋は脂肪等を使い長時間体を動かし続ける有酸素運動で使われるが大きな力は発揮できない。尚、実際には中間筋もあるとされ、そこまで厳密に役割分担している訳ではない。
07-20 02:39

筋トレ論:高強度運動によるストレスは筋肉を分解するが、BCAAやグルタミン等を補給すればそれを抑えられる。BCAAは1回5~10gをトレ前中、グルタミンは5~10gをトレ前後・起床後・その他就寝前等空腹時を予測し摂取。尚、分解抑制はできるがこれだけでは合成の材料としては不十分。
07-20 02:18

食事論:よく噛んで食べるとレプチンが分泌され大きな満腹感が得られる。つまり最低限の食事量で十分満腹感を得る事ができ、自然と食事量も減るため肥満を未然に防ぐ事ができる。またよく噛むと唾液が分泌されるため虫歯予防にもなり、小さい頃から続けていれば顎の発達により歯列改善にも繋がる。
07-20 02:09

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
07-20 02:02

栄養論:ビタミンB6は脂肪・タンパク質の代謝・免疫に関係しており、皮膚・粘膜の健康維持や筋肉合成補助の役割がある。食品では特にマグロやカツオに多く含まれ、その他豚・牛レバー、サケ、イワシ、サンマ、アジ、豚肉、鶏肉等にも含まれる。ただし腸内でも作る事ができ、まず腸内環境改善が必要。
07-20 01:47

バストアップ:思春期以降では全身の脂肪量の増減に伴い胸の大きさが変わるだけ。よって胸を大きくしたい場合、思春期中にどれだけ女性ホルモンの分泌を安定化させ、その分泌量を増やすかが重要。そのためには思春期以前から規則的な生活習慣を積み重ねるしかなく、食事制限等ダイエットは逆効果。
07-20 01:39

栄養論:α-リノレン酸は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一つで、血圧低下、動脈硬化・血栓予防等の効果がある。また体内でDHAやEPAを合成しそれを補うが、合成割合は10~15%程度でありこれを摂るだけではω-3脂肪酸は不足する。食品ではエゴマ・アマニ・大豆等に多く含まれる。
07-20 01:18

美容論:コラーゲン合成にはビタミンCと必須アミノ酸が必要。必須アミノ酸は肉、魚、大豆、乳、卵等に。一方ビタミンCは緑黄色野菜・果物(ピーマン、アセロラ、レモン、キウイ、柿、イチゴ等)に含まれ、水や熱に弱く生食基本。尚、サプリでは水に溶けづらくした脂溶性ビタミンCというものがある。
07-20 00:47

筋トレ論:SSCは筋肉が勢い良く伸ばされた際反射的に縮もうとする機能。通常トレでは反動NGとされるが、SSC利用トレでは低負荷で伸展→収縮の際の切替しを素早く行うため反動があるように見える。しかし実際の動作でも反動により力を発揮する事が多くパフォーマンス向上に繋がる可能性がある。
07-20 00:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 伊藤智仁選手の投球(神スライダー)→https://t.co/wlJbm9Xqfm
07-20 00:18

栄養論:カリウムは筋肉収縮制御・ナトリウム排出等に関わる。塩分の多い食品を食べる場合や高気温が続いたり運動で大量発汗した場合に必要量が増える。不足すると筋肉痙攣・熱中症等が起きやすい。食品ではカボチャ、シソ、ホウレン草、里芋、サツマイモ、きな粉、納豆、ヒジキ、椎茸等に含まれる。
07-20 00:09

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト