07/26のツイートまとめ

SaruyaMichael2

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー ゴールキックでオウンゴール→https://t.co/dD4qPYs5tN
07-26 23:47

健康論:フラクトオリゴ糖はブドウ糖に果糖が1~3個連なっており、ブドウ糖単体及び果糖単体とは違い分解・消化・吸収しにくい。それによりエネルギー利用も難しいが血糖値が上昇せず、また腸内に長く留まり善玉菌の餌となるため腸内環境改善が期待できる。ただし過剰摂取により下痢する事もある。
07-26 23:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」大泉洋のモノマネ集→https://t.co/aDH9VLyDU1
07-26 23:18

運動論:HIIT(高強度インターバルトレーニング)は全力運動と軽運動または完全休養を短時間で繰り返す運動。決まった方法はないが基本は「全力運動数十秒→軽運動または完全休養を数十秒」を数分~数十分繰り返す。短時間で糖・脂肪等の代謝改善効果が期待できるが、消耗も激しく毎日はできない。
07-26 23:09

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
07-26 23:02

身長を伸ばす:マグネシウムは糖・脂肪・タンパク質の代謝に関わる様々な酵素の働きを助け、特にカルシウムやリン等と共に骨を形作る際に使われている。つまりカルシウムだけでは骨を効率良く作る事はできず身長も伸びない。尚、食品では海藻類、貝類、大豆製品、ナッツ類、キノコ類等に含まれている。
07-26 22:47

バストアップ:思春期以降では全身の脂肪量の増減に伴い胸の大きさが変わるだけ。よって胸を大きくしたい場合、思春期中にどれだけ女性ホルモンの分泌を安定化させ、その分泌量を増やすかが重要。そのためには思春期以前から規則的な生活習慣を積み重ねるしかなく、食事制限等ダイエットは逆効果。
07-26 22:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 巨人の長野選手、東京ドームにてジョジョ立ちを初披露→https://t.co/FrB7DaoVhd
07-26 22:18

栄養論:タンパク質は体を形作る上で重要な栄養素。特にタンパク質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、その9種類をバランス良く摂らなければタンパク質を効率良く作る事はできない。無論だが皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない。
07-26 22:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
07-26 22:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」テニス リアル鉄柱当て→https://t.co/PRHRmW2c7n
07-26 21:47

バストアップ:1毎日同時間寝起・同時間食事 2.五大栄養素バランス良く 3.食事制限・特定栄養素への集中は逆効果 4筋トレは短時間 5胸筋より背筋 6胸を揺らさない 7適切サイズの衣服 8肩甲骨周囲ストレッチ 9リンパマッサージ 10恋・ストレス管理 11外より内からのケア重視
07-26 21:39

健康論:長寿命に関わるとされるサーチュイン遺伝子は規則正しい生活習慣によって活性化される他、葡萄の皮(特に濃縮・抽出された赤ワインで含有量が高い)、ナッツ類の皮、ベリー類等に含まれる「レスベラトロール(抗酸化効果を持つポリフェノールの一種)」によっても活性化すると言われている。
07-26 21:18

スクワット:足を肩幅に。膝・爪先の方向を一致させる(内股NG。腰を前後させず垂直に落とすよう膝を曲げていく(曲げ切らない。またその後膝を伸ばしていく際も腰を垂直に上げる(伸ばし切らない。そうしてできるだけ力を入れたまま膝の曲げ伸ばしを反復。数十回で辛くなければスローor負荷増。
07-26 21:09

【定期】ブログ『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』の全記事一覧です。康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット
07-26 21:02

健康論:GABA(γ-アミノ酪酸)は鎮静効果等がある抑制性神経伝達物質だが、体外から摂ってもそのままでは使われない。グルタミン酸やビタミンB6等から合成されるためそれらを摂る事が重要。尚、グルタミン酸は小麦、大豆、チーズ、ナッツ等、ビタミンB6はマグロ、カツオ、サケ、牛レバー等。
07-26 20:47

食事論:牡蠣にはビタミンB12、亜鉛、銅、ヨウ素が含まれる。特に亜鉛の含有量が多く、5個食べるだけでも1日の必要量を補給できる。そのため食中毒とは別に大量に食べる事による亜鉛中毒のリスクが高い。また銅の含有量も多く銅中毒のリスクがある。栄養価は高いが大量に食べれば良い訳ではない。
07-26 20:39

食事論:コラーゲンの材料にはグリシンやプロリン等が多く使われている。それはフカヒレ等コラーゲンを含む食品にも含まれるが、パインやパパイヤ等と一緒に食べるとバラけて吸収が良くなる。またBCAA、グルタミン、HMB、アルギニン等と一緒に摂る事で合成促進、その合成にはビタミンCが必要。
07-26 20:18

栄養論:健康の維持には「五大栄養素をバランス良く摂る」事が大前提であり、それを長期的に積み重ねていく事でのみ体質改善に繋がる。体に良いとされる特定の食品・栄養素だけを摂ったり、五大栄養素のどれか(特に炭水化物や脂肪)を極端に制限したりすれば、自分が気づかぬ内に健康を害している。
07-26 20:09

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
07-26 20:02

健康論:クマコケモモ(ウワウルシ)にはアルブチンが含まれており、メラニン色素の合成を抑制する事による美白効果の他、利尿作用があると言われている。またポリフェノールの一種であるエラグ酸には殺菌・抗酸化作用があると言われているが、お茶類に含まれるカテキンによりその効果は阻害される。
07-26 19:47

ニキビを治す:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に洗う事。洗い過ぎは逆効果であり、決して強く押したり擦ったり手で直接触らない事。また洗顔後は乾燥しやすいためできるだけ早くの保湿が重要であり、日常的にも水分・栄養補給をすべし。外側からのケアではなく内側からのケアの方が重要である。
07-26 19:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」竜巻の中に入ってみた→https://t.co/PFbekBcm6g
07-26 19:18

ジャンプ力:筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮もうとする。それを利用すれば無駄なく大きな力を発揮する事ができる。例えば助走をつけて上へ跳ぶ際は助走の勢いを殺さぬよう膝を素早く、かつ浅く曲げる。その方が結果として膝が素早く伸ばされ、より高く跳ぶ事ができ、体力の温存にも繋がる。
07-26 19:09

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
07-26 19:02

健康論:ウコンから抽出されるクルクミンは肝機能を補助するとされるが、水に溶けにくくそのままでは吸収率が悪い。それを改善したのがセラクルミンである。尚、ウコンは鉄が豊富に含まれており人によって過剰摂取のリスクがある。他、マリアアザミに含まれるシリマリンにも肝臓を保護する働きがある。
07-26 18:47

健康論・脂肪を含む食品その2:油料理(フランクフルト、ウインナー、ベーコン、油揚げ、唐揚げ、ハンバーグ、コロッケ、天ぷら等)、お菓子類(アイス、チョコ、ケーキ、クッキー、ポップコーン、キャラメル、ドーナツ、ビスケット、スナック等)。他カレー・ハヤシのルー等冷凍食品、インスタント。
07-26 18:39

食事論:ホウライアオカズラ(ギムネマ)に含まれるギムネマ酸には小腸内での糖の吸収を阻害し、血糖値を上がりにくくする効果があると言われている。また物理的に舌の味覚にも作用し甘味を弱める効果がある。甘い物を食べる際に食前に。ただし鉄の吸収を阻害するため摂り過ぎると貧血になる事がある。
07-26 18:18

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが食物繊維も分類上炭水化物。そのため炭水化物の中でも糖だけを糖質、糖質の中でも二糖類や単糖類を特に糖類と言う。尚、食物繊維は消化酵素で消化できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その内の一部と不溶性繊維が便になる。ちなみに果物も糖類である。
07-26 18:09

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtnZC8I
07-26 18:03

栄養論:不飽和脂肪酸の一種である共役リノール酸(CLA)は糖の細胞への取込促進、脂肪のエネルギー変換促進、脂肪蓄積抑制・燃焼補助等の効果があるとされる。乳製品等の脂質の内1%程度含まれるが、基本的にはサプリメントでの利用(朝食後・トレ前の栄養摂取時に1~2g程度)になる。
07-26 17:47

栄養論:常温で液体の油、常温で固体かつ動物性の脂、その油と脂を合わせた油脂は脂肪とほぼ同じ意味がある。また脂質はその脂肪に加え「脂肪のように脂溶性を持つ物質(コレステロール、植物性ステロール、脂溶性ビタミン、リン皮質等)」の総称であり、脂肪酸はそれぞれの脂質を構成する材料の総称。
07-26 17:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」大泉洋のモノマネ集→https://t.co/aDH9VLh32t
07-26 17:18

身長を伸ばす:里芋、タケノコ、生姜、茗荷、ホウレン草等には「シュウ酸」が含まれている。このシュウ酸はカルシウムと結び付きが強く、摂り過ぎるとカルシウム吸収阻害の他、血液凝固作用低下・結石等の原因になる事がある。ただしカルシウムと一緒に摂る事でそれ自体の吸収を抑制する事もできる。
07-26 17:09

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zCy9Q
07-26 17:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ハンマー投げ 室伏広治選手の本気で地球滅亡→https://t.co/qjvtfjFh4Q
07-26 16:47

筋トレ論:高強度運動後はできるだけ早くプロテイン等を摂ると良いが、その後数時間はグリコーゲン(糖の一種:筋肉を動かすエネルギー)の合成が、2日程度は蛋白質合成が促進される。「夜に大量飲食すると太る」とよく言われるが、筋肉を効率良く大きくするには夕食における食事量が重要になる。
07-26 16:39

健康論:ブロッコリー等に含まれるスルフォラファンは解毒や抗酸化に関わる酵素の生成を促進し、抗酸化・解毒を補助する作用がある(特に発芽して間もないスプラウトに多く含まれる)と言われている。またジインドリルメタン(DIM)は性ホルモンの分泌を調節する他、抗癌作用があると言われている。
07-26 16:18

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdEobZ
07-26 16:02

栄養論:短鎖脂肪酸の酢酸は腸内細菌で食物繊維を分解する際や、アルコールを肝臓で分解する際に作られ、腸内細胞、腎臓、肝臓、筋肉等を動かす際のエネルギーになる。また胃における食べ物の消化を緩やかにし、一方、酸性である事で様々なミネラルを水溶性に変化させ吸収を促す効果もあるとされる。
07-26 15:47

ダイエット論:辛い食べ物を食べると発汗するが、これは汗を蒸発させる事で体温を下げているのである。すなわち食後は体温が下がり、水分やミネラルも失われた状態になっている。そのまま水分やミネラル補給及び保湿を怠れば脱水や乾燥を招くだけであり、美容とは真逆の効果になってしまう事もある。
07-26 15:39

花粉症:ネトル茶、凍頂烏龍茶、紅富貴(緑茶)等に含まれるメチル化カテキンは免疫グロブリンEを抑える事でアレルギー症状を緩和する。またケルセチン、ビオチン、ビタミンC、アスタキサンチンにもアレルギー原因物質となるヒスタミンを抑制する事で、その症状を緩和する効果があると言われている。
07-26 15:18

栄養論:脂肪酸の中でも「中鎖脂肪酸」は細胞を動かすためのエネルギーとしてすぐに利用でき、特に素早く肝臓で分解される事では糖の代わりに使えるケトン体の生成を促す。そのため糖質制限中の初期においても脂肪の燃焼を促す事ができ、いわゆる「MCTオイル(ココナッツオイル)」がこれに当たる。
07-26 14:47

栄養論:脂肪は五大栄養素の1つに数えられる重要な栄養素。特に体内だけでは一から作る事ができない「必須脂肪酸」は、バランス良く摂らなければ健康を害してしまう。脂肪と聞くと皮下脂肪や内臓脂肪をイメージするが、様々なホルモンの材料としても使われており健康の維持に必要不可欠なものである。
07-26 14:39

栄養論:α-リノレン酸は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一つで、血圧低下、動脈硬化・血栓予防等の効果がある。また体内でDHAやEPAを合成しそれを補うが、合成割合は10~15%程度でありこれを摂るだけではω-3脂肪酸は不足する。食品ではエゴマ・アマニ・大豆等に多く含まれる。
07-26 14:18

身長を伸ばす:毎日同じ時間に寝起きするという規則的な睡眠習慣を続けると、メラトニンの分泌を促す事ができる。メラトニンには性成熟を抑制し思春期を遅らせる役割があるため、それが分泌されるだけで「身長を伸ばす事のできる期間」を延長する事ができる。それにより最終的な身長の結果も良くなる。
07-26 14:09

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy7ZzFt
07-26 14:02

ダイエット論:糖質制限初期で一時的に体重が減る事があるが、この段階では脂肪分解が始まっておらず、2週間程度耐えなければならない。また脂肪分解が始まるとケトン体が作られ臓器に負担がかかるため、1ヶ月を目処に糖質を適切な量まで戻していく必要がある。何ヶ月も続けるのは健康を害すだけ。
07-26 13:39

健康論:グリフォニア・シンプリフォリアに含まれる5-htp(ヒドロキシトリプトファン)はセロトニン(心身覚醒作用)やメラトニン(睡眠の質・深さ向上)の材料となり、その分泌量を増やす働きがあると言われている。通常のトリプトファンよりも吸収が速いが、大量に摂ると下痢になる事がある。
07-26 13:27

ニキビ治療:洗顔は皮膚表面の汚れ・皮脂・古い皮膚等を洗い落とせるが、これらにはバリア機能がある。よって全て洗い流すと逆に乾燥を招き、その乾燥を防ぐために皮脂分泌を促して余計に毛穴を詰まらせる。また皮膚は毎日少しずつ修復されており、強く洗ったからといって一気に修復される訳ではない。
07-26 13:09

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtleAcf
07-26 13:02

健康論:白インゲン豆に含まれるファセオラミンには糖を分解する酵素を抑制し、糖の消化・吸収を抑える効果があると言われている。ただし白インゲン豆を食べるためには加熱(生は食中毒の危険がある)する必要があり、加熱する事で殆どが失われてしまう。よって利用は抽出されたサプリメントとなる。
07-26 12:57

必要炭水化物量=総エネ[=基礎代謝{=BMI22体重(=身長m2乗×22)×基礎代謝基準(=男20代24、30~40代22.3、以上21.5、女20代22.1、30~40代21.7、以上20.7)}×身体活動Lv(=低1.5、普通1.75、高が2)]の50~65%÷4kcal。
07-26 12:39

食事論:コーヒー等のカフェインは交感神経を刺激し、心身を覚醒させ集中力を高める。また脂肪細胞からの脂肪酸放出を促し運動前摂取で脂肪燃焼を補助する。ただしカルシウム等ミネラル吸収を阻害し、依存性や利尿作用が強く水分補給には適さない。ちなみに紅茶のタンニンは歯に色素沈着を起こさせる。
07-26 12:27

有酸素運動:長時間続ける事が重要。よって長時間続けられるよう「今の体力に合わせてきつくない程度にまでペースやピッチ等を落とす」必要があり、きつくて続けられない時点で有酸素運動になっておらず脂肪も燃えていない。また体温を上げるためには意識的な呼吸及び水分や栄養補給も必須である。
07-26 12:09

【定期】『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
07-26 12:03

健康論:バナバ茶に含まれるコロソリン酸は糖を素早く細胞へ吸収させ、血糖値上昇を抑制する効果がある。他、食物繊維やカルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛等のミネラルも含まれている。また桑の葉に含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)には小腸における糖の吸収を抑える効果がある。
07-26 11:57

異世界はスマートフォンとともに。のアニメ、何かなぁ・・・原作知らんけど作画とか演出とかが物凄く残念。
07-26 11:27

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ロンドンオリンピック開会式に登場したミスター・ビーン→https://t.co/XkA2UHqgHz
07-26 11:27

腹筋割る:1毎日同時間寝起・食事 2.五大栄養素バランス良く(特に筋トレ→糖と必須脂肪酸、有酸素運動→必須脂肪酸と必須アミノ酸。共通→ビタミンB等 3中殿筋や広背筋も鍛える 4筋トレは負荷増・回数減・短時間 5有酸素運動は低強度最低20分以上 6体重より体脂肪率 7最低週ニ休養
07-26 11:09

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
07-26 11:02

健康論:ラクトフェリンには免疫力向上、脂肪の代謝改善による内臓脂肪減少、歯周病の予防、鉄の吸収促進による貧血予防等の効果があると言われている。食品では牛乳などの乳製品に多く含まれるが胃酸でそのほとんどが失活してしまうため、摂取するには腸で溶けるようなサプリメントが必要になる。
07-26 10:57

とにかく何でもかんでもグループで個々を誤魔化すのは止めてくれ
07-26 10:43

不意に俺が生まれた前後やそれ以前の曲を探したりするんだけど、昔の曲の方が今の曲より魅力を感じたりするし、何というか日本の音楽って物凄く停滞してる気がするんだよね。2000年前後まではまだマシだったのに。
07-26 10:42

健康論:イヌリンは果糖が沢山連なった糖の一種。分解・消化・吸収が難しいためエネルギー利用は難しいが血糖値が上がりにくく、腸内に長く留まり善玉菌の餌になる。また食物繊維とは違いカルシウムやマグネシウムの吸収を促すとされる。ただし過剰摂取により腸内ガスが増え逆に腸内環境を悪化させる。
07-26 10:39

昔は良かったって、単に今の良さを知らないだけでしょ。『昔「も」良かった』やろ。時代を止めようとするなよ
07-26 10:28

なんか最近、東京オリンピック狙ってんのか知らんけど、狙ったようにゆったりとした新しい曲が増えたような気がする、って桑田の新曲聞いて思った。あういうの古臭くて大嫌い。
07-26 10:26

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 伊藤智仁選手の投球(神スライダー)→https://t.co/wlJbm9Xqfm
07-26 10:18

栄養論:「リン」は骨を作るために必要なミネラルの一つだが、カルシウムやマグネシウムと結び付きが強く、摂り過ぎると逆に骨からカルシウムやマグネシウムを溶け出させてしまう。リンは加工食品全般に含まれており、骨を強くするためにはできるだけ手料理をし、リンを摂り過ぎない事が重要になる。
07-26 10:09

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
07-26 10:02

栄養論:オレイン酸は一価不飽和脂肪酸(必須ではない)で、脂肪酸化予防・悪玉コレステロール減少等の効果がある。食品では特にオリーブオイルや紅花油に多く含まれ、その他ではナッツ類や動物性の食品等にも多く含まれる。また他の不飽和脂肪酸の中では比較的酸化されにくいため加熱調理にも向く。
07-26 09:47

食事論:一度にたくさん頬張ったり早食いをしたりすると食物と一緒に大量の空気も飲み込んでしまう。その空気はゲップやオナラ等として外へ出るが、我慢し過ぎると下痢や便秘等の原因になる事がある。尚、歯並び悪化や舌・喉の筋肉が弱い事でも飲み込む空気の量が増え、腸内環境が悪化する事がある。
07-26 09:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 リアル大リーグボール1号(珍プレー)→https://t.co/vDLdTNxpTr
07-26 09:18

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
07-26 09:02

食事論:グロビンを酵素分解し抽出されたグロビンペプチド(グロビン蛋白分解物)は脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、脂肪の吸収を20%阻害するとされる。また血液中にある中性脂肪を分解する酵素の働きを促す事で、脂肪の蓄積を抑える効果もあると言われている。摂取は食事の内容を見て食後に。
07-26 08:47

栄養論:タンパク質は体を形作る上で重要な栄養素。特にタンパク質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、その9種類をバランス良く摂らなければタンパク質を効率良く作る事はできない。無論だが皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない。
07-26 08:39

栄養論:酸素運搬に必要な鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄がある。ヘム鉄は吸収率が良く動物性食品に含まれる。一方非ヘム鉄は植物性食品に含まれ、吸収率は悪いがビタミンCを摂る事で吸収率が高まる。食品では特に豚レバーに多く、その他鶏レバー、ヒジキ、干しエビ、貝類、大豆製品、ナッツ類等に含まれる。
07-26 08:18

栄養論:糖は単糖類の状態でしか吸収できないため、多糖類のように分子が多いほど吸収は緩やかになり、逆に単糖類はそのまま吸収しすぐ利用できる。よって糖の吸収速度は単糖類が最も速いが、血糖値の上昇速度も単糖類が最も速い。ただし分子の多さから最終的に吸収される糖の量は多糖類の方が多い。
07-26 08:09

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
07-26 08:02

身長を伸ばす:CBP(カルシウム結合タンパク質)は体内でカルシウムイオンと結合する働きを持つタンパク質。口から摂ったカルシウムが骨や神経伝達などに効率良く使われるためにはこのCBPが正常に働いていなければならない。つまりこれを補給すればその過程がスムーズに行われる可能性がある。
07-26 07:47

健康論:乳児期(1歳未満)にて皮膚疾患が長引くと肌のバリア機能が低下し、外界から入る様々な物質を異物として抗体を作ってしまい、それがアレルギー反応として残る事がある。よって小さい頃に皮膚疾患をしっかりと治療しておけば、将来食物等のアレルギー症状が出にくくなると言われている。
07-26 07:39

健康論:白インゲン豆に含まれるファセオラミンには糖を分解する酵素を抑制し、糖の消化・吸収を抑える効果があると言われている。ただし白インゲン豆を食べるためには加熱(生は食中毒の危険がある)する必要があり、加熱する事で殆どが失われてしまう。よって利用は抽出されたサプリメントとなる。
07-26 07:18

健康論・脂肪を含む食品その1:肉類・魚類・乳製品・ナッツ全般、食用油(ラー油、ゴマ油、オリーブオイル、サラダ油、パーム油等)、調味料(ピーナッツバター、各種ドレッシング、ソース、ケチャップ、バター、マーガリン、ラード、生クリーム、マヨネーズ等)等。(その2に続く)
07-26 07:09

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
07-26 07:03

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 江川卓選手の投球(豪速球)→https://t.co/Dmscz8XI0f
07-26 06:48

ダイエット論:糖質制限初期で一時的に体重が減る事があるが、この段階では脂肪分解が始まっておらず、2週間程度耐えなければならない。また脂肪分解が始まるとケトン体が作られ臓器に負担がかかるため、1ヶ月を目処に糖質を適切な量まで戻していく必要がある。何ヶ月も続けるのは健康を害すだけ。
07-26 06:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ハンドボール ちょっとやり過ぎ?スカイプレー→https://t.co/4uMyF0JTdv
07-26 06:18

ダイエット論:糖が五大栄養素の1つなのは細胞の活動に必要だからであり、糖を制限する必要がある時点で美容とは真逆の事を行っていると認識すべし。短期的な食事制限をするダイエットに頼るのではなく、全体的な生活習慣を長期的に見直し、糖及び脂肪の代謝を改善していく事を考えるべきである。
07-26 06:09

健康論:BMIは体重(kg)÷身長(m)×身長(m)で求められる。またBMI22となる体重が標準であり、身長(m)×身長(m)×22で標準体重を求められる。尚、脂肪が少ない人でも筋肉があり身長と比べて体重があればBMIは高くなる。BMIはあくまで目安であり当てはまらない人もいる。
07-26 05:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 イチロー、バントでホームランを放つ→https://t.co/zuMQnhagVP
07-26 05:37

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが食物繊維も分類上炭水化物。そのため炭水化物の中でも糖だけを糖質、糖質の中でも二糖類や単糖類を特に糖類と言う。尚、食物繊維は消化酵素で消化できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その内の一部と不溶性繊維が便になる。ちなみに果物も糖類である。
07-26 05:09

食事論:リンゴの皮に含まれるウルソル酸やグリーントマトに含まれるトマチジンには筋力低下及び脂肪蓄積の予防効果があるとされている。ただし効果を得るためには相当量食べなければならず現実的ではない。
07-26 04:57

健康論:関節付近にある組織の配置がずれ、組織が互いに擦れたり関節に挟まったりして炎症を繰り返す事をインピンジメント症候群と言う。同じ姿勢で長時間いると大きな筋肉が凝り固まるが、それを他で無理やりカバーするという習慣があると起こる事がある。日常的に筋肉を動かし血流を促す事が重要。
07-26 04:39

健康論:バナバ茶に含まれるコロソリン酸は糖を素早く細胞へ吸収させ、血糖値上昇を抑制する効果がある。他、食物繊維やカルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛等のミネラルも含まれている。また桑の葉に含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)には小腸における糖の吸収を抑える効果がある。
07-26 04:28

栄養論:不飽和脂肪酸の内、炭素の二重結合を挟み水素が同じ側にあるのをシス脂肪酸、反対側にあるのをトランス脂肪酸。また多価不飽和脂肪酸となる鎖の中で3個目の炭素に二重結合があるのをω-3脂肪酸、6個目にあるのをω-6脂肪酸と呼び、これが脂肪を構成するのに必要な必須脂肪酸である。
07-26 04:09

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUUJoTo
07-26 04:02

食事論:生姜に含まれる辛味成分のジンゲロールは低温加熱・乾燥によりジンゲロンやショウガオールに変化する。共に発汗・体温上昇・血管拡張・血流増進・脂肪燃焼を促す等の効果があるとされるが、特にジンゲロンは血管拡張・発汗効果が、ショウガオールは脂肪燃焼を促す効果があると言われている。
07-26 03:57

食事論:牡蠣にはビタミンB12、亜鉛、銅、ヨウ素が含まれる。特に亜鉛の含有量が多く、5個食べるだけでも1日の必要量を補給できる。そのため食中毒とは別に大量に食べる事による亜鉛中毒のリスクが高い。また銅の含有量も多く銅中毒のリスクがある。栄養価は高いが大量に食べれば良い訳ではない。
07-26 03:39

健康論:キャッツクローに含まれるキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があり、関節炎等に効果がある。一方こちらは多くの食品に微量含まれているが、MSM(メチルスルフォニルメタン)にも抗炎症作用があるとされる。ただしMSMは水に溶けやすく、硫黄化合物のためマンガンの必要量が増える。
07-26 03:27

栄養論:カリウムは筋肉収縮制御・ナトリウム排出等に関わる。塩分の多い食品を食べる場合や高気温が続いたり運動で大量発汗した場合に必要量が増える。不足すると筋肉痙攣・熱中症等が起きやすい。食品ではカボチャ、シソ、ホウレン草、里芋、サツマイモ、きな粉、納豆、ヒジキ、椎茸等に含まれる。
07-26 03:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー ダブルヒールシュート(珍プレー)→https://t.co/RiUQDJlEXu
07-26 02:57

筋トレ論:SSCは筋肉が勢い良く伸ばされた際反射的に縮もうとする機能。通常トレでは反動NGとされるが、SSC利用トレでは低負荷で伸展→収縮の際の切替しを素早く行うため反動があるように見える。しかし実際の動作でも反動により力を発揮する事が多くパフォーマンス向上に繋がる可能性がある。
07-26 02:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー ゴールキックでオウンゴール→https://t.co/dD4qPYauCf
07-26 02:27

食事論:タンパク質を多く含む肉類には鶏肉、牛肉、豚肉等という種類が、またその部位にも様々な種類がある。例え同じ肉類であってもタンパク質以外の栄養素は大きく異なるため、一つの食品に固執せず様々な肉類を食べた方が結果として栄養バランスは良くなる。これはもちろん肉類以外についても同じ。
07-26 02:09

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
07-26 02:02

栄養論:ビタミンEは末梢血管を拡張し血流を促す。また抗酸化作用がありビタミンCやA及びセレンの持つ抗酸化作用を安定化させ、共に活性酸素の増殖及び脂肪の酸化を抑える効果もある。尚、食品ではウナギ、鮎、イカ、南瓜、ナッツ類等に含まれているが、脂溶性ビタミンのため過剰摂取には注意。
07-26 01:57

ニキビを治す:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に洗う事。洗い過ぎは逆効果であり、決して強く押したり擦ったり手で直接触らない事。また洗顔後は乾燥しやすいためできるだけ早くの保湿が重要であり、日常的にも水分・栄養補給をすべし。外側からのケアではなく内側からのケアの方が重要である。
07-26 01:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 巨人の長野選手、東京ドームにてジョジョ立ちを初披露→https://t.co/FrB7DaoVhd
07-26 01:27

健康論・脂肪の少ない魚(順不同):カワハギ、アンコウ(肝を除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等。貝類・甲殻類他:タコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等。
07-26 01:09

健康論:タウリンはシステイン等から作られ(アミノ酸ではない)、細胞を正常な状態に維持・調節する恒常性(ホメオスタシス)の役割がある。また交感神経の興奮を抑えたり、肝臓にある酵素の働きを助ける等と言われる。全身に存在するが特に心臓に多く存在し、食品ではタコ、イカ、貝類等に含まれる。
07-26 00:57

筋トレ論:高強度運動によるストレスは筋肉を分解するが、BCAAやグルタミン等を補給すればそれを抑えられる。BCAAは1回5~10gをトレ前中、グルタミンは5~10gをトレ前後・起床後・その他就寝前等空腹時を予測し摂取。尚、分解抑制はできるがこれだけでは合成の材料としては不十分。
07-26 00:27

健康論・脂肪を含む食品その2:油料理(フランクフルト、ウインナー、ベーコン、油揚げ、唐揚げ、ハンバーグ、コロッケ、天ぷら等)、お菓子類(アイス、チョコ、ケーキ、クッキー、ポップコーン、キャラメル、ドーナツ、ビスケット、スナック等)。他カレー・ハヤシのルー等冷凍食品、インスタント。
07-26 00:09

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト