11/12のツイートまとめ

SaruyaMichael2

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー ヘッドレシーブ集→https://t.co/ESHIXdCcPH
11-12 23:46

ダイエット論:食物繊維には便通改善効果があるとされるが、摂り過ぎるとカルシウム等ミネラルの吸収を悪くする。例えばビタミンを摂ろうとすれば自然と食物繊維は摂れるはずで本来意識して摂る必要はないはず。また便通は睡眠や運動等様々な要素が関係しており、食習慣の改善だけでは良くならない。
11-12 23:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 石川雅規選手の乱闘キャンセル→https://t.co/B1pIO7pPAy
11-12 23:17

筋肉論:上腕二頭筋収縮の際は裏側にある上腕三頭筋が伸ばされ、上腕三頭筋収縮の際は上腕二頭筋が伸ばされる。このように収縮する筋肉を主働筋、それに対し伸ばされる筋肉を拮抗筋と呼ぶ。拮抗筋は主動筋の動きをスムーズにする。よって主働筋で大きな筋力を発揮するには拮抗筋も鍛える必要がある。
11-12 23:09

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
11-12 23:02

健康論:グリフォニア・シンプリフォリアに含まれる5-htp(ヒドロキシトリプトファン)はセロトニン(心身覚醒作用)やメラトニン(睡眠の質・深さ向上)の材料となり、その分泌量を増やす働きがあると言われている。通常のトリプトファンよりも吸収が速いが、大量に摂ると下痢になる事がある。
11-12 22:46

健康論:脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンはインスリンによる細胞への糖取込作用促進、インスリンを介さず筋肉へ糖取込促進、脂肪酸燃焼効果等があると言われる。脂肪蓄積により活性酸素が増えると分泌量が減り、糖制限・運動・EPA・抗酸化物質・アルギニン等で分泌量が増えるとされる。
11-12 22:17

中臀筋トレ:体を一直線にし横這いに。上になっている膝を伸ばしたまま少し後方へ引き、内踝は床へつける。その内踝を床から少しずつ浮かせていき、外踝を天井へ近づけるようゆっくり足を持ち上げる。限界まで来たらそのままゆっくり足を降ろし再び内踝を床へつける。脱力せずそれを20~30回反復。
11-12 22:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
11-12 22:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」大泉洋のモノマネ集→https://t.co/aDH9VLyDU1
11-12 21:46

ダイエット論:繰り返している時点で「ダイエットを続けなければならない状態=不健康」と言える。ダイエットをする事はステータスにはならない。重要なのは意識せずとも健康や美を維持する事であり、短期的な食事制限だけではこれから先も同じ事を繰り返すだけ。食習慣の改善は長期的に考えるべし。
11-12 21:39

健康論:アストラガルス(キバナオウギ)にはフォルモノネチン(フラボノイド:イソフラボン誘導体で性ホルモン分泌調節)、アストラガロシド(サポニン:糖化抑制)、GABA:抑制性神経伝達物質、グルクロン酸:肝臓等による浄化作用補助、クマリン(抗酸化作用・過剰摂取で毒性有)等が含まれる。
11-12 21:17

スクワット:足を肩幅に。膝・爪先の方向を一致させる(内股NG。腰を前後させず垂直に落とすよう膝を曲げていく(曲げ切らない。またその後膝を伸ばしていく際も腰を垂直に上げる(伸ばし切らない。そうしてできるだけ力を入れたまま膝の曲げ伸ばしを反復。数十回で辛くなければスローor負荷増。
11-12 21:09

【定期】ブログ『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』の全記事一覧です。康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット
11-12 21:02

健康論:甜菜、不断草、ビーツ、ホウレン草等に含まれるベタイン(トリメチルグリシン)には動脈硬化を抑える効果、関節や筋肉等の蛋白質の構造を安定化させる効果、筋力を向上させる効果(クレアチン併用により効果が高まるとされている:1回1~3g程度、1日10g限度)等があると言われている。
11-12 20:46

筋肉論:筋肉には速筋と遅筋がある。速筋は糖を使い短時間に大きな力を発揮する無酸素運動で使われるがすぐ疲れてしまう。一方遅筋は脂肪等を使い長時間体を動かし続ける有酸素運動で使われるが大きな力は発揮できない。尚、実際には中間筋もあるとされ、そこまで厳密に役割分担している訳ではない。
11-12 20:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 斉藤和巳選手の投球(高速フォーク)→https://t.co/JDfvKL16Ba
11-12 20:17

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
11-12 20:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」わしが育てたイオンのCM→https://t.co/ZJP6yI3W3y
11-12 19:47

栄養論:ビタミンB1は特に糖の代謝に関係し、糖がエネルギーになる事を助ける役割がある。そのため不足すると脳や筋肉の動きが鈍くなり、単純に疲れやすくなる。特に豚肉に多く含まれ、その他ウナギ、タラコ、鶏レバー等にも含まれる。ただし腸内でも作る事ができるため、まずは腸内環境改善が必要。
11-12 19:17

健康論:関節付近にある組織の配置がずれ、組織が互いに擦れたり関節に挟まったりして炎症を繰り返す事をインピンジメント症候群と言う。同じ姿勢で長時間いると大きな筋肉が凝り固まるが、それを他で無理やりカバーするという習慣があると起こる事がある。日常的に筋肉を動かし血流を促す事が重要。
11-12 19:09

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
11-12 19:02

筋トレ論:高強度運動によるストレスは筋肉を分解するが、BCAAやグルタミン等を補給すればそれを抑えられる。BCAAは1回5~10gをトレ前中、グルタミンは5~10gをトレ前後・起床後・その他就寝前等空腹時を予測し摂取。尚、分解抑制はできるがこれだけでは合成の材料としては不十分。
11-12 18:47

健康論・脂肪を含む食品その2:油料理(フランクフルト、ウインナー、ベーコン、油揚げ、唐揚げ、ハンバーグ、コロッケ、天ぷら等)、お菓子類(アイス、チョコ、ケーキ、クッキー、ポップコーン、キャラメル、ドーナツ、ビスケット、スナック等)。他カレー・ハヤシのルー等冷凍食品、インスタント。
11-12 18:39

健康論:アミノペプチドの一種であるカルノシンは筋肉に多く存在しており、乳酸を分解する酵素の働きを高めると言われている。また細胞の酸化・糖化を抑える働きもあるとされ、それによって細胞の老化予防にも効果があると言われている。尚、カルノシンは鶏肉、特に鶏胸肉に多く含まれている。
11-12 18:17

首肩ストレッチ:両手を尻後へ。右手首を左手または左手首を右手で掴む。右手首を掴んだ場合掴んだ右手首を地面方向へ引き、右肩を少し下げ耳を肩につけるよう頭を傾ける。頭を横へ傾けたまま顎を胸中央につける→頭を横に傾けたまま顎を斜め前へ出しながら首を斜めに伸ばす。それをゆっくり繰り返す。
11-12 18:09

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
11-12 18:02

栄養論:大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあるとされ、髪の毛の艶、肌荒れ予防、バストアップ等の効果があるとされる。尚、プエラリア(マメ科の根)に含まれるイソフラボンは一般的な大豆に含まれる量の40倍以上と言われている。過剰摂取には十分な注意が必要、過度な期待も禁物である。
11-12 17:26

筋トレ論:体重60kgでは1日60g程度のタンパク質が必要とされるが、その量を普段の食事で摂る事が可能なら基本プロテインは必要ない。尚、運動習慣によっては1日100~120g必要な場合もあるが、一度に吸収できるのは30~40gのため、一度に大量に摂っても多くが無駄になる。#筋トレ
11-12 17:09

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zkWLg
11-12 17:01

身長を伸ばす:乳製品由来のカゼイン蛋白に酵素を作用して得られるのがCPP(カゼインホスホペプチド)である。カルシウムはリンと結合しやすく、リンによって吸収が阻害される事があるが、CPPはそれを結びつきにくくし、カルシウムの吸収を促す効果がある。尚、リンは食品添加物に多く含まれる。
11-12 16:57

身長を伸ばす:身長が伸びるとして有名な牛乳だが、牛乳だけをガブ飲みすると栄養が偏り逆効果である。1つの食品に固執するのではなく、様々な種類の食品をたくさん食べる方が重要である。特に重要なのはカルシウムよりもタンパク質であり、肉や魚など動物性の食品を食べた方が体は大きくなる。
11-12 16:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」ロンドンオリンピック開会式に登場したミスター・ビーン→https://t.co/XkA2UHqgHz
11-12 16:17

健康論:糖が蛋白質や脂質等に結合する事を「糖化」と言い、体内で糖化が起こると細胞の持つ本来の機能が低下する。果糖や乳糖では特にそれが起こりやすいとされており、内臓・神経・コラーゲン等の長寿命組織ほどダメージが蓄積される。それは様々な病気・老化の原因になると言われている。
11-12 16:09

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
11-12 16:01

体内で活性酸素除去に関与:システイン・グルタミン酸・グリシン(必須アミノ酸から合成)、コエンザイムQ10、ヘム鉄、銅、亜鉛、セレン、マンガン、カロテノイド、ポリフェノール、ビタミンA(レチノール)・B2・C・E、リノール酸、メラトニン、メラノイジン(糖とアミノ酸を加熱)等。
11-12 15:47

健康論:低気温下では内臓を守るため血液を体の中心に集め、冷たい血液が指先に滞る。筋肉には熱生産及び血液を重力に逆らって戻すポンプ作用があり、女性に冷え性が多いのは筋肉量が少ないから。その他、冷え性はストレスや不規則な生活による自律神経・ホルモンバランスの乱れによっても起こる。
11-12 15:39

健康論:緑茶に含まれるEGCG(カテキン)には脂肪代謝関係酵素を活性化し、脂肪がエネルギーになる事を助ける効果があると言われる。その他では血圧・コレステロール値・血糖値の調節、強抗酸化作用による老化・ガン予防等の効果があるとされる。尚、過剰摂取では肝臓に負担がかかる事がある。
11-12 15:17

健康論:GABA(γ-アミノ酪酸)は鎮静効果等がある抑制性神経伝達物質だが、体外から摂ってもそのままでは使われない。グルタミン酸やビタミンB6等から合成されるためそれらを摂る事が重要。尚、グルタミン酸は小麦、大豆、チーズ、ナッツ等、ビタミンB6はマグロ、カツオ、サケ、牛レバー等。
11-12 14:47

腹筋を割る:単純にお腹の筋肉を鍛え、脂肪を減らす事ができれば腹筋は割る事ができる。ただし腹筋を割る事だけに固執すると他の部位が疎かになり全体としてスタイルは悪くなってしまう。お腹だけでなく腕、肩、胸、背中、尻、太もも、ふくらはぎ等バランスを考えながら鍛えていく事が重要である。
11-12 14:39

健康論:ボスウェリアセラータ(植物)に含まれるボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエン(動物性食品や調理油に多く含まれるアラキドン酸から作られる)の合成を抑制する。これにより気管支喘息、関節炎、花粉症、食物アレルギー等の症状を緩和する効果があると言われている。
11-12 14:17

栄養論:例えば全身に酸素を運ぶために必要な「鉄」はそのままでは吸収率が悪いが、ビタミンCと一緒に摂る事でその吸収率が高める事ができる。また骨などに使われているカルシウムは食物繊維やリンによって吸収を阻害される事があり、ビタミンDやKを一緒に摂る事で吸収を促す事ができる。
11-12 14:09

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
11-12 14:01

栄養論:α-リノレン酸は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一つで、血圧低下、動脈硬化・血栓予防等の効果がある。また体内でDHAやEPAを合成しそれを補うが、合成割合は10~15%程度でありこれを摂るだけではω-3脂肪酸は不足する。食品ではエゴマ・アマニ・大豆等に多く含まれる。
11-12 13:46

ダイエット論:唐辛子に含まれるカプサイシンは体温上昇及びアドレナリン分泌による発汗効果等があるが、あくまで脂肪を燃えやすくするだけ。また水分・ミネラル補給必須。ちなみに辛い食べ物は日本人の口に合うよう塩や砂糖等が大量に使われているため、知らない内にそれを摂り過ぎてしまう事がある。
11-12 13:17

ダイエット論:食物繊維には便通改善効果があるとされるが、摂り過ぎるとカルシウム等ミネラルの吸収を悪くする。例えばビタミンを摂ろうとすれば自然と食物繊維は摂れるはずで本来意識して摂る必要はないはず。また便通は睡眠や運動等様々な要素が関係しており、食習慣の改善だけでは良くならない。
11-12 13:09

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtkWYNF
11-12 13:01

身長を伸ばす:ビタミンB群の葉酸及びビタミンB12はタンパク質の代謝に深く関係しており、特に赤血球を作る際に必要となる。不足すると貧血になりやすくなり、また身長の伸びにも悪影響を及ぼすと言われている。食品では豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含まれている。
11-12 12:46

栄養論:健康の維持には「五大栄養素をバランス良く摂る」事が大前提であり、それを長期的に積み重ねていく事でのみ体質改善に繋がる。体に良いとされる特定の食品・栄養素だけを摂ったり、五大栄養素のどれか(特に炭水化物や脂肪)を極端に制限したりすれば、自分が気づかぬ内に健康を害している。
11-12 12:39

筋トレ論:運動を行って糖が消費され、乳酸が溜まると激しく疲労を感じるが、柑橘系果物に含まれるクエン酸は筋肉内へ糖を素早く貯蔵させる効果(食後やトレ中後等に1回2g程度)がある。その際に吸収の速い糖はもちろんの事、糖の代謝に関わるビタミンB1を一緒に摂れば更に疲労回復効果は上がる。
11-12 12:17

筋肉論:タンパク質のミオシンとアクチンはフィラメントを構成し、それぞれが間に入り込む事で筋肉が収縮する。またフィラメントはZ膜で区切られ、区切り~区切りを筋節(サルコメア)、筋節が連なった筋原繊維、それが束になった筋線維(筋細胞)、更に束になり筋線維束、最後に束になり筋肉になる。
11-12 12:09

【定期】『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
11-12 12:04

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー キックトス&ヒールレシーブ集→https://t.co/tFU7zWM4Vn
11-12 11:46

有酸素運動:筋肉は動かす事で熱を作る事ができるため、あらかじめ筋肉量を増やしてから有酸素運動を行った方が効率良く脂肪を燃やす事ができる。女性に多い冷え性は筋肉量の少なさが原因の一つであり、食事制限はそれを悪化させるだけである。尚、有酸素運動を行うと毛細血管の数を増やす事ができる。
11-12 11:39

メタルサーガ、なんか埋蔵品すら見つからない事が多いんだけど不具合なんか?
11-12 11:33

健康論:クマコケモモ(ウワウルシ)にはアルブチンが含まれており、メラニン色素の合成を抑制する事による美白効果の他、利尿作用があると言われている。またポリフェノールの一種であるエラグ酸には殺菌・抗酸化作用があると言われているが、お茶類に含まれるカテキンによりその効果は阻害される。
11-12 11:17

健康論:フラクトオリゴ糖はブドウ糖に果糖が1~3個連なっており、ブドウ糖単体及び果糖単体とは違い分解・消化・吸収しにくい。それによりエネルギー利用も難しいが血糖値が上昇せず、また腸内に長く留まり善玉菌の餌となるため腸内環境改善が期待できる。ただし過剰摂取により下痢する事もある。
11-12 11:09

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
11-12 11:02

栄養論:ビタミンB2は脂肪の代謝に関係し、脂肪がエネルギーになる事を助け、また皮膚や粘膜の健康維持等にも効果がある。食品では特に豚・牛レバーに多く含まれ、その他鶏レバー、牛・鶏ハツ、ウナギ、タラコ、納豆、卵黄等にも含まれる。ただし腸内でも作る事ができ、まず腸内環境改善が必要。
11-12 10:45

健康論:関節や筋肉等に炎症・痛みがある場合、患部をケアする事ばかり考えると逆に悪化する事が多い。何故ならその原因は患部から遠い所にもあるからである。重要なのは患部より遠い所から順にケアし、最終的に患部付近へ到達させる事である。無論食事や睡眠等内側からのケアも疎かにしてはならない。
11-12 10:39

栄養論:不飽和脂肪酸の一種である共役リノール酸(CLA)は糖の細胞への取込促進、脂肪のエネルギー変換促進、脂肪蓄積抑制・燃焼補助等の効果があるとされる。乳製品等の脂質の内1%程度含まれるが、基本的にはサプリメントでの利用(朝食後・トレ前の栄養摂取時に1~2g程度)になる。
11-12 10:16

栄養論:糖は分子が多く連なっている多糖類と少ない少糖類に分けられ、その少糖類の内、連なっている数により四糖類、三糖類、二糖類、最も単純な構造が単糖類である。よく聞く名前ではデンプン・グリコーゲン・デキストリンは多糖類、砂糖(ショ糖)・乳糖・麦芽糖が二糖類、果糖・ブドウ糖が単糖類。
11-12 10:09

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
11-12 10:02

食事論:甲殻類から抽出されるキトサンは脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、吸収を阻害するとされる。食品から摂る事はできず基本的にサプリ利用(食後3~5g)になるがアレルギー注意。また不溶性食物繊維のため大量摂取で便秘になる事がある。尚、よく聞くグルコサミンはキトサンにも含まれる。
11-12 09:46

睡眠論:睡眠に関わるセロトニンは腸内に多く存在しており、その量の変動は腸内環境に大きな影響を与える。過剰に増えると下痢になり、極端に減ると便秘になるのである。便通を改善するために食物繊維や発酵食品を大量に摂る人は多いが、まず睡眠習慣を改善した方が腸内環境はより良くする事ができる。
11-12 09:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 バーランダー選手のホームへの牽制?球(珍プレー)→https://t.co/XTuVirkvW8
11-12 09:16

運動論:HIIT(高強度インターバルトレーニング)は全力運動と軽運動または完全休養を短時間で繰り返す運動。決まった方法はないが基本は「全力運動数十秒→軽運動または完全休養を数十秒」を数分~数十分繰り返す。短時間で糖・脂肪等の代謝改善効果が期待できるが、消耗も激しく毎日はできない。
11-12 09:09

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
11-12 09:01

食事論:コーヒー等のカフェインは交感神経を刺激し、心身を覚醒させ集中力を高める。また脂肪細胞からの脂肪酸放出を促し運動前摂取で脂肪燃焼を補助する。ただしカルシウム等ミネラル吸収を阻害し、依存性や利尿作用が強く水分補給には適さない。ちなみに紅茶のタンニンは歯に色素沈着を起こさせる。
11-12 08:46

18~39歳の体脂肪率目安→男「低:~10%、標準-:11~16%、標準+:17~21%、軽肥満:22~26%、肥満:27%~」女「低:~20%、標準-:21~27%、標準+:28~34%、軽肥満:35~39%、肥満:40%~」(40~59歳は+1~2%、60歳~は+2~3%)
11-12 08:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー ブロックアウトしたボールがそのままバスケットボールのゴールへ→https://t.co/7zSQyQVrer
11-12 08:16

筋トレ論:単糖類のブドウ糖は吸収が速く、筋肉に素早くエネルギーを補給できる。また血糖値を上昇させインスリン分泌を促し、糖と共にアミノ酸も一緒に細胞へ取り込む事ができる。ただし大量に摂ると取り込み切れなかった糖が血液中に溢れて流れにくくなり、それが続くと血管を詰まらせる事がある。
11-12 08:09

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
11-12 08:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 巨人の長野選手、東京ドームにてジョジョ立ちを初披露→https://t.co/FrB7DaoVhd
11-12 07:36

ニキビ治療:ニキビ跡に効果があると言われる成分だが、安価な市販薬に含まれる殆どの成分は皮膚の奥深くにある傷には届かない。ニキビ跡は基本的に美容皮膚科で保険適用外の治療を受けるしか方法がなく、酷くなる前の治療及び予防が重要である。尚、ニキビ跡でなければ保険治療を受ける事ができる。
11-12 07:09

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
11-12 07:03

栄養論:ビタミンEは末梢血管を拡張し血流を促す。また抗酸化作用がありビタミンCやA及びセレンの持つ抗酸化作用を安定化させ、共に活性酸素の増殖及び脂肪の酸化を抑える効果もある。尚、食品ではウナギ、鮎、イカ、南瓜、ナッツ類等に含まれているが、脂溶性ビタミンのため過剰摂取には注意。
11-12 06:57

健康論:アルギニンは成長ホルモン分泌・コラーゲン合成に関わるアミノ酸で必須アミノ酸から合成できる。ただし人によって合成能力が低い場合もあり、成長期では不足すると身長の伸びに悪影響を及ぼすと言われる。尚、一酸化窒素(NO)を増やす事で血管の弾力を維持し、血流を促す効果もある。
11-12 06:27

ダイエット論:ダイエットの指標に使う事が多い「体重」だが、そもそも体重は体全体の重さであり、体重だけでは「体のどこにある何の重さが増減したか」が全く分からない。脂肪が減れば確かに体重も減るが、水分や筋肉等が減っても体重は減る。気にするのであれば筋肉量と体脂肪率(体脂肪量)である。
11-12 06:09

健康論:バナバ茶に含まれるコロソリン酸は糖を素早く細胞へ吸収させ、血糖値上昇を抑制する効果がある。他、食物繊維やカルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛等のミネラルも含まれている。また桑の葉に含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)には小腸における糖の吸収を抑える効果がある。
11-12 05:57

健康論・脂肪を含む食品その2:油料理(フランクフルト、ウインナー、ベーコン、油揚げ、唐揚げ、ハンバーグ、コロッケ、天ぷら等)、お菓子類(アイス、チョコ、ケーキ、クッキー、ポップコーン、キャラメル、ドーナツ、ビスケット、スナック等)。他カレー・ハヤシのルー等冷凍食品、インスタント。
11-12 05:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー やっちゃいけないサーブ&スパイクミス集→https://t.co/Sl2DzRMvMe
11-12 05:17

筋トレ論:ホエイプロテインは吸収が速く、運動後(直後ではなく数十分時間をおく)での補給に適している。一方カゼインプロテインは吸収は遅いが、補給するタイミングを選ばない。ちなみに乳製品全般にはカゼインの方が多く含まれており、例えば牛乳にホエイを溶かすと吸収が遅くなる事がある。
11-12 05:09

栄養論:短鎖脂肪酸の酢酸は腸内細菌で食物繊維を分解する際や、アルコールを肝臓で分解する際に作られ、腸内細胞、腎臓、肝臓、筋肉等を動かす際のエネルギーになる。また胃における食べ物の消化を緩やかにし、一方、酸性である事で様々なミネラルを水溶性に変化させ吸収を促す効果もあるとされる。
11-12 04:46

睡眠論:生活習慣の中でも大きな割合を占めており、睡眠習慣の改善なくして真の健康や美は得られない。尚、単にたくさん寝れば良い訳ではなく「平日休日問わず毎日同じ時間に寝起きする」という規則性が最も重要。それがなければ食事や運動習慣等を改善しても無意味。当然休日の寝溜めも逆効果である。
11-12 04:39

栄養論:DHAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一つで、悪玉コレステロール減少、善玉コレステロール増加、血圧低下、視力回復、記憶力・判断力向上、アレルギー症状緩和、中性脂肪蓄積予防、血液サラサラ効果等があると言われる。食品ではマグロのトロ、サバ、アユ、ブリ等特に青魚に多く含まれる。
11-12 04:18

栄養論:タンパク質は体を形作る上で重要な栄養素。特にタンパク質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、その9種類をバランス良く摂らなければタンパク質を効率良く作る事はできない。無論だが皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない。
11-12 04:09

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUV0ZKW
11-12 04:03

身長を伸ばす:乳製品の蛋白質にはカゼインとホエイ、そしてMBP(乳塩基性タンパク質)がある。この内カゼインは80%以上を占めており、次いでホエイが18%前後、一方MBPは1~2%しかない。しかしMBPは骨芽細胞の働きを活性化、破骨細胞の働きを上手く調節し、骨の形成を促すとされる。
11-12 03:46

栄養論:常温で液体の油、常温で固体かつ動物性の脂、その油と脂を合わせた油脂は脂肪とほぼ同じ意味がある。また脂質はその脂肪に加え「脂肪のように脂溶性を持つ物質(コレステロール、植物性ステロール、脂溶性ビタミン、リン皮質等)」の総称であり、脂肪酸はそれぞれの脂質を構成する材料の総称。
11-12 03:39

食事論:ホウライアオカズラ(ギムネマ)に含まれるギムネマ酸には小腸内での糖の吸収を阻害し、血糖値を上がりにくくする効果があると言われている。また物理的に舌の味覚にも作用し甘味を弱める効果がある。甘い物を食べる際に食前に。ただし鉄の吸収を阻害するため摂り過ぎると貧血になる事がある。
11-12 03:17

栄養論:水溶性のビタミンB群とビタミンC。過剰摂取のリスクは低いが水に溶けやすく熱に弱い。調理法によってはその多くが失われるため、調理法には工夫が必要である。尚、水溶性ビタミンは水と共に体の外へ出やすいため、一度に大量に摂るよりも三食に分け毎日定期的に摂った方が効率は良い。
11-12 03:09

栄養論:脂肪酸は炭素分子の鎖が長い順に長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸に分けられ、その内、炭素の二重結合がないものを飽和脂肪酸、あるものを不飽和脂肪酸と呼ぶ。更にその不飽和脂肪酸の内、炭素の二重結合が1つのものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸と呼ぶ。
11-12 02:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 イチロー、バントでホームランを放つ→https://t.co/zuMQnhagVP
11-12 02:37

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンはセロトニンから作られ、またそのセロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られる。つまり極端な食事制限を行ってトリプトファンが減ると、結果として睡眠習慣も乱れやすくなるという事である。食習慣の乱れと睡眠習慣の乱れは密接に関係している。
11-12 02:09

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
11-12 02:03

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 スーパースローでも全く微動だにしない新井貴浩選手→https://t.co/EDUArs8DGp
11-12 01:57

ニキビを治す:ビタミンB群であるパントテン酸は様々な代謝の補助として働くが、特に皮脂の過剰分泌を抑えると言われる。食品では特に豚・鶏・牛のレバーに多く含まれ、その他タラコ、鶏肉、豚肉、大豆製品などにも含まれる。ただし一部は腸内細菌でも作る事ができ、まずは腸内環境の改善が必要。
11-12 01:17

健康論:ボスウェリアセラータ(植物)に含まれるボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエン(動物性食品や調理油に多く含まれるアラキドン酸から作られる)の合成を抑制する。これにより気管支喘息、関節炎、花粉症、食物アレルギー等の症状を緩和する効果があると言われている。
11-12 00:46

睡眠論:入眠後1時間以内にノンレム睡眠、1時間程度でレム睡眠、以降ノンレム睡眠からのレム睡眠が1時間半単位で現れる。成長ホルモンは「レム睡眠直後のノンレム睡眠(浅い段階)」「入眠後3時間以内」に分泌量が増えるとされ、分泌を促すには睡眠の質を低下させないような寝る前の行動が重要。
11-12 00:39

健康論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にする効果が期待できる。特に大豆・卵黄から抽出されたレシチンに含まれ、他に成長ホルモンの分泌を促す効果があるとも言われている。またレシチンには脂肪を運搬しやすくするホスファチジルセリンも含まれている。
11-12 00:17

バストアップ:1毎日同時間寝起・同時間食事 2.五大栄養素バランス良く 3.食事制限・特定栄養素への集中は逆効果 4筋トレは短時間 5胸筋より背筋 6胸を揺らさない 7適切サイズの衣服 8肩甲骨周囲ストレッチ 9リンパマッサージ 10恋・ストレス管理 11外より内からのケア重視
11-12 00:09

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト