02/13のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:蛋白質は体を形作る上で重要な栄養素。特に蛋白質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、9種類のバランスが悪ければいくら体に良い栄養を摂っても蛋白質を効率良く作る事はできない。当然皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない
02-13 23:54

食品論:アルギニンは成長ホルモンやコラーゲン合成等に関わる他、一酸化窒素(NO)を増やし血流を促すとされる。1回1~2gを空腹時分けて摂取、3~5gを運動前後に摂取。また亜鉛同時摂取も良い。尚、胃腸の調子を崩す場合クエン酸の同時摂取が良いかもしれない。オススメ商品→https://t.co/B3y7MrIFAr
02-13 23:39

健康論:愛情ホルモンとも呼ばれるオキシトシンは親しい人と接する事で分泌され、ストレス軽減や性ホルモンの分泌を促すとされる。また覚醒作用を持つセロトニンによりその分泌量は増える。尚、そのセロトニンは規則性のある睡眠習慣により分泌され、特に必須アミノ酸のトリプトファンから作られる。
02-13 23:20

食品論:エンバクは糖、蛋白質、ビタミンB1、パントテン酸、ビオチン、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、食物繊維を豊富に含む。玄米と比べるとビタミンB群は負けるが、蛋白質、鉄、亜鉛、銅、食物繊維はいずれも玄米より多く含まれており栄養価が高い。オススメ商品→https://t.co/kaVRzerVxE
02-13 23:09

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
02-13 23:04

身長伸ばす:1毎日同時間寝起・食 2昼間活動・夜睡眠・早寝早起メリハリ 3必須アミノ酸・マグネシウム・ビタミンC/D/K/B 4ただし五大栄養素バランス 5運動は少しずつ強度・種類増 6思春期以降にジャンプ運動 7日光浴 8生活習慣の遺伝注意 9日々新しい事に挑戦 参考→https://t.co/K20hZdYLq3
02-13 22:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmza4ikI
02-13 22:03

身長を伸ばす:思春期を迎えると身長はよく伸びるが、実は生まれた後すぐの0~3歳前後の方が身長の伸び率は良い。また生まれた瞬間の身長は最終的な身長の結果に大きな影響を与えている。すなわち身長を伸ばすための対策は生まれてすぐにでも行うべきであり、更に言えば生まれる前から行うべきである
02-13 21:45

食品論:玄米は糖、ビタミンB1・B6、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維等を豊富に含む。通常の白米より糖の吸収は緩やかだが、糖が多い事には変わりないので注意。尚、やや高価格だが発芽玄米はより高栄養価。オススメ商品→https://t.co/Df9oOvSJ0C
02-13 21:39

食事論:タウリンはシステインやビタミンB6等から作られ、細胞を正常な状態に維持・調節する機能に関与。全身に存在し特に心臓や肝臓に多く存在、脳では神経伝達物質としての役割もあるとされる。食品ではタコ、イカ、貝類等に多く含む。日本では医薬品扱い。オススメ商品→https://t.co/DgYSxLfuuv
02-13 21:09

【定期】ブログ『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』の全記事一覧です。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット
02-13 21:06

健康論:BMIは体重(kg)÷身長(m)×身長(m)で求める事ができる。またBMI22となる体重が標準であり、身長(m)×身長(m)×22で標準体重を求める事もできる。尚、体脂肪率の低い人でも筋肉量が多く体重があればBMIは高くなる。つまりBMIは目安であり当てはまらない人もいる。
02-13 20:39

筋肉論:蛋白質のミオシン・アクチンはフィラメントを構成し、それぞれが間に入り込む事で筋肉が収縮する。またフィラメントはZ膜で区切られ、区切り~区切りを筋節(サルコメア)、筋節が連なった筋原繊維、それが束になった筋線維(筋細胞)、更に束になり筋線維束、最後に束になり筋肉になる。
02-13 20:23

身長を伸ばす:骨の芯にある骨基質の殆どは蛋白質の一種であるコラーゲン。また骨基質から外側にかけては骨塩という何層もの円柱構造があり、そこにカルシウムやマグネシウム等ミネラルが使われている。つまり骨を作るにはカルシウムよりもまずコラーゲンの材料となるアミノ酸とビタミンCが必要。
02-13 20:09

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
02-13 20:03

筋肉論:上腕二頭筋収縮時には裏の上腕三頭筋が伸ばされ、上腕三頭筋収縮時は上腕二頭筋が伸ばされる。このように収縮する筋肉を主働筋、伸ばされる筋肉を拮抗筋と呼ぶ。拮抗筋がスムーズに伸ばされないと主動筋の動きも鈍くなるため、主働筋で大きな力を発揮するには拮抗筋の筋力・柔軟性が重要。
02-13 19:42

食品論:マカダミアナッツはビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガンを含み、特にB1とマンガンに秀でる。蛋白質も含むがナッツ類の中でも脂質(オレイン酸等)に優れる。糖質が少なく糖質制限中のカロリー摂取に適す。オススメ商品→https://t.co/PuTN70jqYK
02-13 19:39

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
02-13 19:02

栄養論:プラセンタは動物の胎盤から抽出され、そのエキスには必須アミノ酸が豊富に含まれているとされる。ただし必須アミノ酸は肉、魚、卵、乳、大豆等から摂る事ができる。美容に効果がある等よく言われるが過度な期待は禁物。ちなみに原末の方が含有量は高いとされるが誤魔化しできず値段も高い。
02-13 18:44

食品論:ナイアシンは特にエネルギー代謝における酵素の補助として必須。食品ではマグロ、カツオ、レバー、魚卵、鶏肉、ピーナッツ等に含む。一部トリプトファンから変換されるが、アルコール摂取量増=必要量増。過剰摂取で一時的に皮膚紅潮が起こる。オススメ商品→https://t.co/FXsMSKcM5Z
02-13 18:39

運動論:HIIT(高強度インターバルトレーニング)は全力運動と軽運動or完全休養を短時間で繰り返す運動。決まった方法はないが基本は「全力運動数十秒→軽運動または完全休養を数十秒」を数分~十数分程度繰り返す。短時間で糖・脂肪等の代謝改善効果が期待できるが、消耗も激しく毎日はNG。
02-13 18:09

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが、食物繊維も分類上は炭水化物。食物繊維は消化酵素では分解できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その一部と腸内細菌でも殆ど分解できない不溶性繊維が便の元になる。尚、炭水化物の中で食物繊維を除く糖を糖質、糖質の中で二糖類と単糖類を糖類と言う。
02-13 18:02

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
02-13 18:02

栄養論:マグネシウムはカルシウムやリンと共に骨へ使われる他、筋肉では弛緩に必要とされる。食品では海藻類、貝類、大豆製品、ナッツ類、キノコ類に多く含むが、汗で失われやすい。尚、サプリから補給も良いが、実は肌からも吸収でき、風呂に溶かすのも良い。商品はこちら→https://t.co/3ETQuvnZ0H
02-13 17:39

腹筋を割る:筋肉は表裏一体であり互いに支え合って機能している。腹筋ばかり鍛え背筋とのバランスが悪くなると腰痛になる事があるが、腰痛に限らず表裏どちらか一方だけ強くなったり、弱くなったりすると思わぬ怪我に繋がる事がある。筋肉は特定の部位に偏る事なくバランス良く鍛えるべきである。
02-13 17:34

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zkWLg
02-13 17:03

栄養論:糖は細胞のエネルギー。生命活動維持に必要不可欠なため、普段は不足しないよう一部を肝臓に蓄え、必要に応じて消費、その都度補給される。筋肉内に蓄える事もできるが無酸素運動では必要量が多い。そのため食事制限等で不足すると筋肉の動きは鈍くなり、脳及び全身に大きな疲労感をもたらす。
02-13 17:02

栄養論:β-シトステロールは構造がコレステロールに似る。胆汁酸はコレステロールを酸化して作るが、β-シトステロールはコレステロールより先に胆汁酸に結合し、腸でのコレステロール吸収を抑え血中コレステロールを抑制するとされる。尚、アボカド、シーバックソーン、クコ、ペカンナッツ等に含む。
02-13 16:39

健康論:日本人は遅筋割合が平均的に高いが速筋遅筋の割合は生まれつきで鍛えても変わらない。つまり生まれた瞬間向き・不向きが決まる事になる。ただしそれは見た目だけでは判断できない。速筋遅筋の割合を気にする権利を持つのは、その割合が影響するほどにまで自分を追い込んでいる人だけである。
02-13 16:25

食事論:グロビンを酵素分解して抽出されるグロビンペプチドは、脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、脂肪の吸収を阻害する作用があると言われている。また血液中にある中性脂肪を分解する酵素の働きを促す事で、その蓄積を抑える作用があると言われている。摂取は食事の内容を見て食後に。
02-13 16:09

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
02-13 16:02

食品論:ヒマワリの種にはビタミンB1・B6・葉酸・ナイアシン・ビオチン、ビタミンE、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維が豊富に含まれ、特にビタミンB1・ビタミンE・亜鉛に秀でる。他、蛋白質や脂質(オレイン酸等)も多く含まれる。オススメ商品はこちら→https://t.co/6FC9L9CDVn
02-13 15:39

ダイエット論:糖が五大栄養素の1つなのは細胞の活動に必要なエネルギーだからで、極端に制限する必要がある時点で健康とは真逆の事を行っている。短期的な食事制限にばかり頼るのではなく、生活習慣全体を長期的に見直し、時間をかけて糖・脂肪の代謝を改善するという意識を持つべきである。
02-13 15:36

しっかしピサロの紹介カードが少ない。もう70枚ぐらい紹介されてるよね?バランス配分大丈夫?
02-13 15:17

これ良いな
02-13 15:14

RT @DQ_RIVALS: 【カード紹介66】DQⅠなどで登場する「メーダロード」。相手が特技を使う度に味方リーダーを回復します。召喚タイミングを見極め、ピンチをチャンスに変えよう!#DQライバルズ#解き放たれし力の咆哮 https://t.co/kjLoMQEOrq
02-13 15:14

頭髪:1毎日同時間寝起・食 2早寝早起 3五大栄養素バランス良く 4有酸素運動低強度最低20分~ 5紫外線対策 6数十分間隔の水分ミネラル補給 7泡立優洗髪・タオル清潔 8枕清潔 9室温湿度ストレス管理 10生活習慣の遺伝に注意 11頭触らない 12頭皮優マッサージ 参考→https://t.co/3cwUpvLfZq
02-13 15:09

睡眠論:睡眠に関わるセロトニンは腸にも存在しており、蠕動活動を活発化させる。しかしストレス等により過剰に増えると下痢になり、極端に減ると便秘になる。便通を改善するのに食物繊維や発酵食品等を大量に摂る人は多いが、まず睡眠習慣を改善し、ストレス管理を行った方が腸内環境は改善される。
02-13 14:54

バストアップ:必須脂肪酸にはω-3とω-6があり、現代人はω-6脂肪酸を摂り過ぎており逆にω-3脂肪酸の方は不足傾向にある。この2つをバランス良く摂る事が脂肪の代謝を改善し、脂肪は集まるべき場所へ適切に集まるようになる。尚、ω-3脂肪酸は青魚や一部の植物油(アマニ・エゴマ)に多く含まれている。
02-13 14:39

食品論:ペカンナッツ(ピーカンナッツ)は蛋白質、脂質(オレイン酸・リノール酸)、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維が豊富に含まれ、特に脂質、ビタミンE、マンガンに秀でる。他、β-シトステロールを含むとされる。オススメ商品→https://t.co/fURUTLRhxf
02-13 14:09

バストアップ:思春期以降は全身の脂肪量の増減に伴い胸の大きさが変わるだけ。よって思春期中にどれだけ女性ホルモンの分泌を安定化させ、その分泌量を増やすかがバストアップには特に重要である。それには思春期以前から規則的な生活習慣を積み重ねるしかなく、食事制限等ダイエットは逆効果である。
02-13 14:07

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
02-13 14:03

栄養論:酸素運搬に必要な鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄がある。ヘム鉄は吸収率が良く動物性食品に含む。一方非ヘム鉄は植物性食品に含み、吸収率は悪いがビタミンCを摂る事で吸収率が高まる。食品では特に豚レバーに多く、その他鶏レバー、ヒジキ、干しエビ、貝類、大豆製品、ナッツ類等に含まれる。
02-13 13:39

栄養論:糖質は分子が多く連なる多糖類と少なく連なる少糖類に分けられ、少糖類では連なる数により四~二・単糖類と呼ぶ。例えばデンプン・グリコーゲン・デキストリンは多糖、砂糖(ショ糖)・乳糖・麦芽糖は二糖、果糖・ブドウ糖は単糖。尚、糖質と食物繊維で炭水化物、二糖と単糖で糖類と呼ばれる。
02-13 13:36

栄養論:カリウムは筋肉収縮制御・ナトリウム排出等に関わる。塩分の過剰摂取及び大量発汗時に必要量が増え、不足すると高血圧・筋痙攣・熱中症等が起こりやすくなる。オススメの食品はアボカド、アマランサス、シソ、ホウレン草、キクラゲ、椎茸、大豆製品、里芋、サツマイモ、海藻類、ナッツ類等。
02-13 13:09

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtkWYNF
02-13 13:02

栄養論:脂溶性ビタミンのビタミンA・D・E・K。脂肪と一緒に摂る事で吸収率が良くなり、水に溶けにくいため体に蓄えておく事もできる。ただし逆に言えば体の外に排出しにくく蓄積しやすいという事でもあり、過剰摂取による副作用が出やすい。脂溶性ビタミンは過不足なく適切に摂る事が重要である。
02-13 12:39

身長を伸ばす:「リン」は骨を形作るために必要なミネラルだが、カルシウムやマグネシウムと強く結び付き、過剰摂取で逆に骨からカルシウムやマグネシウムを溶け出させるとされる。加工食品全般に含まれており意識せずとも摂取できるので、できるだけ手料理をしリンを摂り過ぎない事が重要である。
02-13 12:25

栄養論:蛋白質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸があり、その全てをバランス良く摂らなければ効率良く蛋白質を作る事ができない。尚、必須アミノ酸は植物性食品より動物性食品の方がバランス良く含まれており、肉、魚、乳、卵等を食べる習慣が重要。
02-13 12:09

【定期】『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
02-13 12:04

食事論:一度にたくさん頬張ったり早食いをすると食物と一緒に大量の空気も飲み込んでしまう。その空気はゲップやオナラ等として外へ出るが、腸内に増え過ぎると下痢や便秘等の原因になる事がある。また歯並び悪化や舌・喉の筋肉が弱い事でも飲み込む空気の量が増え、腸内環境が悪化する事がある。
02-13 11:54

食事論:コラーゲンはプロリンやグリシン等のアミノ酸で構成、その粉末をパインやパパイヤ等の果汁に溶かし少し時間を置くと、分子がバラけ吸収が良くなるかもしれない。他BCAA、グルタミン、HMB、アルギニン、ビタミンC等で合成促進。1日10~15gを分けて摂取。オススメ商品→https://t.co/eDMOilwYxh
02-13 11:39

身長を伸ばす:女性ホルモンは骨端線を閉鎖させ、伸び始めるのも止まるのも早くなる。別の言い方をすれば思春期を迎えるのが早いほど最終的な身長は低くなり、女性ではそれが顕著に現れる。特に小さい頃から続ける食事制限の事しか考えないダイエットは骨端線の閉鎖を早め、伸びを著しく悪くする。
02-13 11:24

食事論:牡蠣にはビタミンB12、亜鉛、銅、ヨウ素がいずれも豊富に含まれる。特に亜鉛が豊富で、5個程度食べるだけでも1日の必要量を補給できる。そのため食中毒とは別に亜鉛中毒のリスクが高い。また同じく銅も豊富で、銅中毒のリスクがある。栄養価は高いがたくさん食べれば良いという訳ではない。
02-13 11:09

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
02-13 11:05

栄養論:蛋白質は体を形作る上で重要な栄養素。特に蛋白質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、9種類のバランスが悪ければいくら体に良い栄養を摂っても蛋白質を効率良く作る事はできない。当然皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない
02-13 10:50

健康論:アシュワガンダ(ウィザニア)にはリラックス効果があるとされるウィザニン、炎症抑制効果があるとされるウィザフェリン、サポニンの一種で抗酸化作用があるとされるジンノセサイド、その他鉄分を含むと言われている。ただし胎児や消化管への影響を考慮し妊娠中や胃腸が弱い人は禁忌である。
02-13 10:39

筋トレ論:高強度の運動日が続いた後の休養日では、全く運動しない完全休養より少し体を動かしながら休養した方が効率良く疲労を回復できるとされる。これをアクティブレスト等と呼ぶ。休養日では普段行わないスポーツや、低強度の有酸素運動等を実施する事が気分転換の意味でもオススメである。
02-13 10:21

食事論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にするとされている。特に大豆・卵黄から抽出したレシチンに含まれ、他に成長ホルモン分泌を促す効果があると言われている。またレシチンには脂肪を運搬しやすくするとされるホスファチジルセリンも含まれている。
02-13 10:09

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
02-13 10:02

食事論:カロリー制限時は筋肉が萎みやすい。何故なら消費の激しい筋肉を落とし少しでもカロリーを節約、一方エネルギーとして優秀な脂肪の方は優先的に維持しようとするから。すなわちカロリー制限だけでは脂肪よりもまず筋肉が萎み、筋肉が萎む事で基礎代謝が低下、ますます脂肪は減りにくくなる。
02-13 09:47

栄養論:健康維持には五大栄養素をバランス良く摂る事が大前提で、それを地道に積み重ねる事で体質は改善する。健康に良いとされる食品や栄養素にばかり集中し、逆に糖や脂肪等を極端に制限すれば結局どちらも栄養は偏り、自分が気づかぬ内に健康を害す。積み重ね方次第で体質は良くも悪くもなる。
02-13 09:18

食事論:玉ねぎに含まれる硫化アリルには抗菌・ビタミンB1補助作用、辛味成分の硫化プロピルには血液サラサラ効果、ポリフェノールの一種ケルセチンには抗酸化作用、その他アリインには男性ホルモンの分泌を促す作用があると言われている。尚、その効果を得るには相当量食べねばならず現実的ではない。
02-13 09:09

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
02-13 09:02

身長を伸ばす:骨に対して大きな刺激を与えるジャンプ運動だが、それから始めるとすぐ体が慣れてしまう。重要なのは骨に対して常に適度な刺激となるよう、少しずつ強度を上げながら種類を増やしていく事。その際には全身を複雑に使う運動を行い、体だけでなく脳にも刺激を与える事が効果的である。
02-13 08:48

栄養論:パントテン酸は様々な代謝に関与、特に対ストレスとなる副腎皮質ホルモンの分泌に関与するとされる。食品では豚・鶏・牛レバーに多く含み、他鶏肉、豚肉、大豆等にも含む。尚、一部は腸内細菌でも作る事ができ、不足でニキビ等肌荒れをする事がある。オススメ商品→https://t.co/DBZW8Re6qW
02-13 08:39

睡眠論:睡眠中は一定の間隔でレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)が繰り返されるが、目覚めを良くするには脳が起きている「レム睡眠」の時に起きる必要がある。具体的には1時間半単位に睡眠時間を調整する事で、ちょうどレム睡眠の時に起きる事ができ、スッキリ目覚める事ができる。
02-13 08:04

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
02-13 08:02

食事論:甜菜、不断草、ビーツ等に含まれるベタイン(トリメチルグリシン)は血栓生成を抑制し、血管の健康を維持する作用があるとされる。また関節や筋肉の蛋白質の構造を安定化させ、筋力を維持する効果(クレアチン併用により効果が高まる)があるとされる。他、血圧を調節する作用があるとされる。
02-13 07:39

栄養論:不飽和脂肪酸の内、炭素の二重結合を挟み水素が同じ側にあるものをシス脂肪酸、反対側にあるものをトランス脂肪酸。また多価不飽和脂肪酸の鎖の中で3個目の炭素に二重結合があるものをω-3脂肪酸、6個目にあるものをω-6脂肪酸と呼び、これが脂肪を構成するのに必要不可欠な必須脂肪酸で
02-13 07:18

健康論:ボスウェリアセラータ(植物)に含まれるボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエンの合成を抑制する作用があると言われている。尚、ロイコトリエンはリノール酸から作られるアラキドン酸から作られるが、実はリノール酸もアラキドン酸も必須脂肪酸である。
02-13 07:09

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
02-13 07:02

食事論:イヌリンは果糖が複数連なっているが、消化酵素で分解されずそのまま胃を通過。血糖値が上がらず、腸に留まり腸内細菌の餌になる。尚、カルシウムやマグネシウム等の吸収を促すとされるが、腸内でガスが発生する事がある。食品では根菜類に多く含む。オススメ商品→https://t.co/o4BiA7l5xE
02-13 06:39

ニキビ治療:洗顔は皮膚表面の汚れ・皮脂・古い皮膚等を洗い落とすが、それらにはバリア機能がある。よって全て洗い流すと逆に乾燥を招き、その乾燥を防ぐために皮脂分泌を促し余計に毛穴を詰まらせる。また皮膚は毎日少しずつ修復されており、強く洗ったからといって一気に修復される訳ではない。
02-13 06:34

身長を伸ばす:骨の芯にある骨基質の殆どは蛋白質の一種であるコラーゲン。また骨基質から外側にかけては骨塩という何層もの円柱構造があり、そこにカルシウムやマグネシウム等ミネラルが使われている。つまり骨を作るにはカルシウムよりもまずコラーゲンの材料となるアミノ酸とビタミンCが必要。
02-13 06:09

ニキビ治療:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に洗う。洗い過ぎは逆効果、決して強く押したり擦ったり手で直接触らない。また洗顔後は乾燥しやすいため、可能な限り早く保湿を行って外側からのケア、日常的な水分・栄養補給・腸内環境改善・ストレス管理を行う等、内側からのケアも重視すべき。
02-13 05:41

ダイエット論:ダイエットを繰り返している時点で、「ダイエットしなければならない状態=不健康」である。ダイエットする事はステータスではない。重要なのは意識せずとも健康や美を維持する事で、短期的なダイエットだけではこれから先も同じ事を繰り返すだけ。生活習慣の改善は長期的に考えるべし。
02-13 05:39

食事論:ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンは解毒や抗酸化に関わる酵素の合成を促進し、それらの酵素を補助する作用があると言われている。また同じく含むとされるジインドリルメタン(DIM)には性ホルモンの分泌を促す事で、正常な細胞の増殖を維持する作用があると言われている。
02-13 05:09

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが、食物繊維も分類上は炭水化物。食物繊維は消化酵素では分解できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その一部と腸内細菌でも殆ど分解できない不溶性繊維が便の元になる。尚、炭水化物の中で食物繊維を除く糖を糖質、糖質の中で二糖類と単糖類を糖類と言う。
02-13 04:39

栄養論:マグネシウムはカルシウムやリンと共に骨へ使われる他、筋肉では弛緩に必要とされる。食品では海藻類、貝類、大豆製品、ナッツ類、キノコ類に多く含むが、汗で失われやすい。尚、サプリから補給も良いが、実は肌からも吸収でき、風呂に溶かすのも良い。商品はこちら→https://t.co/3ETQuvnZ0H
02-13 04:39

栄養論:ナトリウムは細胞の浸透圧を調節しカリウムを取り込む事で自身を外へ出す。特に体温調節、筋肉収縮、神経伝達に必要。ただし多くの食品に含まれ、過剰摂取で浮腫・高血圧・動脈硬化等のリスクが高まる。抑える必要はあるが、大量発汗で一時的に不足すると筋痙攣や熱中症等が起こりやすくなる。
02-13 04:09

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUV0ZKW
02-13 04:03

栄養論:脂肪酸は炭素分子の鎖が長い順に長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸に分けられ、その内、炭素の二重結合がないものを飽和脂肪酸、あるものを不飽和脂肪酸と呼ぶ。更にその不飽和脂肪酸の内、炭素の二重結合が1つのものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸と呼ぶ。
02-13 03:57

食品論:ライ麦は糖、蛋白質、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維を豊富に含む。全体的な栄養価は玄米より高いとされ、パンの材料にもなるが、小麦よりも膨らみは小さい。オススメ商品→https://t.co/lVH9KtwXWB
02-13 03:39

食事論:白インゲン豆に含まれるファセオラミンには糖を分解する酵素の働きを抑制し、糖の消化・吸収を抑える作用があると言われている。ただし白インゲン豆を食べるためには十分に加熱(生は食中毒のリスク)する必要があり、ファセオラミンは加熱する事でその殆どが失われると言われている。
02-13 03:09

「忙しい人のための勉強法」というサイトを運営しています→ https://t.co/o8LlyMEcL1 ご興味のある方はどうぞ。
02-13 03:02

栄養論:酢酸は腸内細菌で食物繊維を分解する際や、アルコールを肝臓で分解する際に作られ、腸内細胞、腎臓、肝臓、筋肉等を動かす際のエネルギーになる。また胃において食べ物の消化を緩やかにし、一方、酸性である事で様々なミネラルを水溶性に変化させ、その吸収を促す効果もあると言われている。
02-13 02:39

筋肉論:上腕二頭筋収縮時には裏の上腕三頭筋が伸ばされ、上腕三頭筋収縮時は上腕二頭筋が伸ばされる。このように収縮する筋肉を主働筋、伸ばされる筋肉を拮抗筋と呼ぶ。拮抗筋がスムーズに伸ばされないと主動筋の動きも鈍くなるため、主働筋で大きな力を発揮するには拮抗筋の筋力・柔軟性が重要。
02-13 02:38

頭髪:1毎日同時間寝起・食 2早寝早起 3五大栄養素バランス良く 4有酸素運動低強度最低20分~ 5紫外線対策 6数十分間隔の水分ミネラル補給 7泡立優洗髪・タオル清潔 8枕清潔 9室温湿度ストレス管理 10生活習慣の遺伝に注意 11頭触らない 12頭皮優マッサージ 参考→https://t.co/3cwUpvLfZq
02-13 02:09

身長を伸ばす:「リン」は骨を形作るために必要なミネラルだが、カルシウムやマグネシウムと強く結び付き、過剰摂取で逆に骨からカルシウムやマグネシウムを溶け出させるとされる。加工食品全般に含まれており意識せずとも摂取できるので、できるだけ手料理をしリンを摂り過ぎない事が重要である。
02-13 02:05

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
02-13 02:03

食事論:昆布はビタミンB1、葉酸、ビタミンK、マグネシウム、カリウム、鉄、ヨウ素をいずれも豊富に含む。一方ワカメはβカロテン、葉酸、ビタミンK、マグネシウム、マンガン、ヨウ素をいずれも豊富に含む。昆布の方が全体的な栄養価は高いがどちらも低カロリー。ただしどちらも塩分は多いので注意。
02-13 01:39

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の動作中では使えない。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルも変化しやすい。そういう意味では「筋肉が上手く使えていない」と言える。
02-13 01:21

食品論:マカダミアナッツはビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガンを含み、特にB1とマンガンに秀でる。蛋白質も含むがナッツ類の中でも脂質(オレイン酸等)に優れる。糖質が少なく糖質制限中のカロリー摂取に適す。オススメ商品→https://t.co/PuTN70jqYK
02-13 00:39

「定期」02/13 00:00のGoogle検索ワード 1:長洲未来 2:高速道路 3:浅野真澄 4:羽生結弦 5:九州自動車道 6:アイスホッケー 7:最上もが 8:鬼塚雅 9:坂本花織 10:スピードスケート
02-13 00:19

食品論:アーモンドはビタミンB1・B2・ナイアシン、ビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、食物繊維を含み、特にビタミンB2、ビタミンE、マグネシウムに秀でる。他、蛋白質や脂質(オレイン酸等)が多く、ポリフェノールも含まれる。オススメ商品→https://t.co/twyCvZ4vNL
02-13 00:09

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト