02/14のツイートまとめ

SaruyaMichael2

運動論:有酸素運動の習慣があると、末梢の細胞がより多くの酸素を求めて毛細血管を増やそうとする。毛細血管が増えれば体の隅々にまで血液が届き、細胞へ酸素・栄養・水分が行き渡る。それは冷え性や乾燥の改善にも効果が期待でき、脂肪も燃焼され、健康だけでなく美容にも繋がる。
02-14 23:20

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
02-14 23:02

ダイエット論:辛い食べ物を食べると発汗するが、これは汗を蒸発させる事で体温を下げている。すなわち食後は逆に体温が下がり、水分やミネラルが消費された状態になる。よってそのまま水分・ミネラル補給及び保湿を怠れば脱水や乾燥を招くだけであり、美容とは真逆の結果になってしまう事もある。
02-14 22:21

足トレ休んでた割には筋肉が萎んでないのは食事量多いおかげなのかな・・・でも肩は萎んだまま。夏まで待つしかないw
02-14 22:18

久々に足トレ。膝に不安あるからぼちぼち。
02-14 22:11

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
02-14 22:03

食事論:カロリー制限時は筋肉が萎みやすい。何故なら消費の激しい筋肉を落とし少しでもカロリーを節約、一方エネルギーとして優秀な脂肪の方は優先的に維持しようとするから。すなわちカロリー制限だけでは脂肪よりもまず筋肉が萎み、筋肉が萎む事で基礎代謝が低下、ますます脂肪は減りにくくなる。
02-14 21:45

【定期】ブログ『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』の全記事一覧です。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット
02-14 21:03

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の動作中では使えない。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルも変化しやすい。そういう意味では「筋肉が上手く使えていない」と言える。
02-14 20:39

RT @livedoornews: 【平昌五輪速報】試合結果スピードスケート 女子1000m✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨🥈小平 奈緒、銀メダル獲得🥈🥉高木 美帆、銅メダル獲得🥉✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨ https://t.co/1mGzx67TbI
02-14 20:23

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
02-14 20:02

健康論:自律神経には交感と副交感があり、交感は運動等活動時、副交感は睡眠等休息時に自動的に働く。ただし一方だけ働く事はなく、交感が興奮時は副交感が抑え、副交感が興奮時は交感が抑え、常に互いにバランスを取り合っている。ストレス等で敏感になるとその反応が頻繁に起こり疲労する。
02-14 19:57

まさかと思って見てたけど本当に使うとは
02-14 19:54

はいはいミラフォw
02-14 19:53

1日に必要な脂肪量=総エネルギー(基礎代謝×身体活動Lv)×20~30%÷9kcal。基礎代謝=BMI22の標準体重×基礎代謝基準。身体活動Lv=低1.5、普通1.75、高は2。BMI22の標準体重=身長(m)の2乗×22。基礎代謝基準=男20代24、30~40代22.3、40代
02-14 19:22

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
02-14 19:02

バストアップ:思春期以降は全身の脂肪量の増減に伴い胸の大きさが変わるだけ。よって思春期中にどれだけ女性ホルモンの分泌を安定化させ、その分泌量を増やすかがバストアップには特に重要である。それには思春期以前から規則的な生活習慣を積み重ねるしかなく、食事制限等ダイエットは逆効果である。
02-14 18:23

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
02-14 18:02

無酸素運動:大きな力を発揮できるが短時間で終える事が条件で、長時間続けられる負荷では効果が薄い。適切に負荷を増やし、反復回数を減らし、短時間で終える事が重要。尚、糖を使うため糖が不足すると効率が悪くなる。また筋肉の修復は常に起こっているためトレ前中後の糖・アミノ酸の補給は必須。
02-14 17:05

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zCy9Q
02-14 17:02

健康論:煙草に含むニコチンは覚醒剤に匹敵するほど強い依存性があると言われる。また消化酵素過剰分泌、毛細血管の過度な収縮、ビタミンC破壊、アドレナリン分泌・血糖値上昇による食欲減衰等も起こる事がある。尚、煙草に含まれるタールでは悪性腫瘍等、一酸化炭素では動脈硬化等が起こる事がある。
02-14 16:26

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdEobZ
02-14 16:04

特にアグロ相手だと盤面増やされて処理面倒になるだけ。手札の多い序盤に高コス出せても除去られるだけ・・・
02-14 15:22

単純に相手にチャンス与えるだけな気がする
02-14 15:21

RT @DQ_RIVALS: 【カード紹介72】魔剣士専用の特技カード「魔王の号令」。高コストユニットを採用することが多い魔剣士では、相手より強いユニットが出やすいかもしれませんね。※このカードの効果で場に出るカードは、召喚時効果は発動しません。#DQライバルズ#解き…
02-14 15:20

「定期」02/14 15:00のGoogle検索ワード 1:りゅうちぇる 2:戸塚優斗 3:ショーン ホワイト 4:ホワイトデー 5:ちゆ12歳 6:羽生善治 7:チャンピオンズリーグ 8:平野歩夢 9:ショーンホワイト 10:小平奈緒
02-14 15:03

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンは性ホルモンの分泌を安定化させるため、女性ホルモンの分泌が改善すれば脂肪の代謝も改善される。また脂肪の代謝が改善されると胸に脂肪が集まるようになり、胸以外に偏って脂肪が蓄積する事も抑えられる。その上で筋肉を鍛えれば太って見える事はなくなる。
02-14 14:54

健康論:里芋、筍、生姜、茗荷、ホウレン草等に含まれるシュウ酸はカルシウムと強く結合するため、過剰摂取でカルシウムの吸収を阻害する他、血液凝固作用の低下や結石等の原因になる事がある。尚、敢えて一緒に摂る事で逆にシュウ酸の吸収を抑制する事もできるが、その分カルシウムの必要量は増える。
02-14 14:21

栄養論:ビタミンB12はDNA・脂肪酸の合成等に関与。特に分裂が活発な赤血球を作る際葉酸と共に必要となり、不足すると貧血になりやすい。食品では豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含む。尚、貧血予防には鉄や銅等も必要である。オススメ商品→https://t.co/DBZW8QWvzo
02-14 14:09

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy7ZzFt
02-14 14:02

運動論:いわゆる「腹筋動作」だが、ただ回数を重ねるだけでは腹筋が割れる前に腰等を痛めてしまう。重要なのは回数を増やす事ではなく短時間で済ます事。例えば「ゆっくり起き上がり5秒キープ、ゆっくり戻し脱力せず次の動作へ移る」方が短時間で済み効果的。それか単純に負荷を増やすべし。
02-14 13:51

食事論:コラーゲンはプロリンやグリシン等のアミノ酸で構成、その粉末をパインやパパイヤ等の果汁に溶かし少し時間を置くと、分子がバラけ吸収が良くなるかもしれない。他BCAA、グルタミン、HMB、アルギニン、ビタミンC等で合成促進。1日10~15gを分けて摂取。オススメ商品→https://t.co/eDMOilfnFJ
02-14 13:39

ダイエット論:辛い食べ物を食べると発汗するが、これは汗を蒸発させる事で体温を下げている。すなわち食後は逆に体温が下がり、水分やミネラルが消費された状態になる。よってそのまま水分・ミネラル補給及び保湿を怠れば脱水や乾燥を招くだけであり、美容とは真逆の結果になってしまう事もある。
02-14 13:22

冷え性・体温上昇:アルギニン、シトルリン、チロシン、カルニチン、ビタミンB群、ビタミンE、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、酢酸、必須脂肪酸・中鎖脂肪酸・共役リノール酸、カプサイシン、カフェイン、ラクトフェリン、ウルソル酸、トマチジン、5-htp等。他:レシチン、生姜、ニンニク、緑茶等。
02-14 13:09

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtleAcf
02-14 13:02

RT @livedoornews: 【男子ハーフパイプ】平野歩夢、2大会連続の銀メダルを獲得https://t.co/TQkc7E4T0L平野は2回目の試技で95.25点をマーク。最終滑走のショーン・ホワイトが最終試技で97.75点をマークして逆転し、金メダルを獲得した。…
02-14 13:00

身長を伸ばす:女性ホルモンは骨端線を閉鎖させ、伸び始めるのも止まるのも早くなる。別の言い方をすれば思春期を迎えるのが早いほど最終的な身長は低くなり、女性ではそれが顕著に現れる。特に小さい頃から続ける食事制限の事しか考えないダイエットは骨端線の閉鎖を早め、伸びを著しく悪くする。
02-14 12:43

健康論:大豆イソフラボンはCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)を増やす働きがあるとされる。このCGRPにはIGF-1(成長因子)を増やす働きがあるとされるが、カプサイシンはこのCGRPの働きを補助する作用があるとされ、それによりIGF-1の量を更に増やす事ができると言われる。本当かどうかは知らん
02-14 12:09

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが、食物繊維も分類上は炭水化物。食物繊維は消化酵素では分解できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その一部と腸内細菌でも殆ど分解できない不溶性繊維が便の元になる。尚、炭水化物の中で食物繊維を除く糖を糖質、糖質の中で二糖類と単糖類を糖類と言う。
02-14 12:07

【定期】『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
02-14 12:03

栄養論:酢酸は腸内細菌で食物繊維を分解する際や、アルコールを肝臓で分解する際に作られ、腸内細胞、腎臓、肝臓、筋肉等を動かす際のエネルギーになる。また胃において食べ物の消化を緩やかにし、一方、酸性である事で様々なミネラルを水溶性に変化させ、その吸収を促す効果もあると言われている。
02-14 11:09

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
02-14 11:02

ニキビ治療:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に洗う。洗い過ぎは逆効果、決して強く押したり擦ったり手で直接触らない。また洗顔後は乾燥しやすいため、可能な限り早く保湿を行って外側からのケア、日常的な水分・栄養補給・腸内環境改善・ストレス管理を行う等、内側からのケアも重視すべき。
02-14 10:30

食事論:コーヒー等に含まれるカフェインは交感神経を刺激し、心身を覚醒させる作用や脂肪燃焼を補助する作用等があると言われている。ただし過剰摂取でカルシウム等のミネラル吸収を阻害する他、強い依存性や利尿作用、脳血管収縮による頭痛、神経中毒症状等が起こるとされている。特に妊娠中は禁忌。
02-14 10:09

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
02-14 10:04

栄養論:酸素を運ぶ鉄分はそのままでは吸収率が悪いが、ビタミンCと一緒に摂る事で吸収が促される。また骨等に使われるカルシウムは食物繊維やリン等により吸収を阻害され、ビタミンDやKを一緒に摂る事で吸収が促される。鉄及びカルシウムを補給する際はそれだけに固執しない。ビタミンも摂取すべし。
02-14 09:39

食品論:シーバックソーンはカロテノイド類、ビタミンC・E、鉄、クエン酸等の有機酸、ポリフェノール類を豊富に含む。他、コレステロール値の調節に関わるとされるβ-シトステロール、また果物では珍しく脂質(リノール酸・パルミトレイン酸等)を含む。オススメ商品→https://t.co/I93uoZvGZZ
02-14 09:09

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
02-14 09:06

食事論:玉ねぎに含まれる硫化アリルには抗菌・ビタミンB1補助作用、辛味成分の硫化プロピルには血液サラサラ効果、ポリフェノールの一種ケルセチンには抗酸化作用、その他アリインには男性ホルモンの分泌を促す作用があると言われている。尚、その効果を得るには相当量食べねばならず現実的ではない。
02-14 08:39

身長を伸ばす:毎日同じ時間に寝起きする規則的な睡眠習慣を続ければ、メラトニンというホルモンの分泌を促す事ができる。メラトニンには性成熟を抑制し思春期を遅らせる作用があるとされ、分泌されるだけで「身長を伸ばす事のできる期間」を延長できる。それにより最終的な身長の結果も改善される。
02-14 08:19

筋トレ論:そのままのクレアチンは吸収率が悪いとされる。吸収の速い糖と少量の塩を同時摂取する他、特にpHが重要で、クレアチン:クエン酸:重曹を3:2:1程度の割合で配合すると吸収が良くなるかもしれない。量は1日3~5g程度、これを運動後・食後に摂取。オススメ商品→https://t.co/zFxMSPyJYG
02-14 08:09

栄養論:糖質は分子が多く連なる多糖類と少なく連なる少糖類に分けられ、少糖類では連なる数により四~二・単糖類と呼ぶ。例えばデンプン・グリコーゲン・デキストリンは多糖、砂糖(ショ糖)・乳糖・麦芽糖は二糖、果糖・ブドウ糖は単糖。尚、糖質と食物繊維で炭水化物、二糖と単糖で糖類と呼ばれる。
02-14 07:46

栄養論:葉酸はアミノ酸・核酸の合成等に関与、特に分裂活発な赤血球合成に必要。一部ビタミンB12で再生産、葉酸不足=B12必要量増。レバー、大豆、椎茸、緑色野菜等に含む。特に妊娠前~判明までは400μg以上、判明~授乳期までは100~200μgを別途補給すべし。オススメ商品→https://t.co/DBZW8Re6qW
02-14 07:39

栄養論:酸素運搬に必要な鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄がある。ヘム鉄は吸収率が良く動物性食品に含む。一方非ヘム鉄は植物性食品に含み、吸収率は悪いがビタミンCを摂る事で吸収率が高まる。食品では特に豚レバーに多く、その他鶏レバー、ヒジキ、干しエビ、貝類、大豆製品、ナッツ類等に含まれる。
02-14 07:09

栄養論:常温で液体の油、常温で固体かつ動物性の脂、その油と脂を合わせた油脂は脂肪とほぼ同じ。また脂質は脂肪に加え「脂肪のように脂溶性を持つ物質(コレステロール、植物性ステロール、脂溶性ビタミン、リン皮質等)」の総称の事、脂肪酸はそれぞれの脂質を構成する材料の総称の事を言う。
02-14 07:07

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
02-14 07:03

食品論:インカインチ油は必須脂肪酸のα-リノレン酸(ω-3脂肪酸)を豊富に含み、亜麻仁油には及ばないものの高い含有率を誇る。尚、やはり熱に弱く酸化されやすいが、抗酸化作用を持つビタミンEを豊富に含む事で、比較的熱や酸化に強いとされている。オススメ商品→https://t.co/wvr0oUQ9x5
02-14 06:39

1日に必要な脂肪量=総エネルギー(基礎代謝×身体活動Lv)×20~30%÷9kcal。基礎代謝=BMI22の標準体重×基礎代謝基準。身体活動Lv=低1.5、普通1.75、高は2。BMI22の標準体重=身長(m)の2乗×22。基礎代謝基準=男20代24、30~40代22.3、40代
02-14 06:34

栄養論:大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあるとされる。特にプエラリアに含まれるイソフラボンは一般的な大豆に含まれる量の40倍以上と言われる。ただし副作用は大きく、過剰摂取には十分な注意が必要。尚、大豆イソフラボンは通常の大豆製品から適量摂取する分には何ら問題ない。
02-14 06:09

運動論:運動神経の良し悪しには神経系が猛発達する期間(ゴールデンエイジ:3~12歳)にどれだけ複雑に神経を使ったかで大きく変わる。確かに先天的要素も関係するが、これは幼少期の親による教育が将来に大きく影響するという事であり、天才と呼ばれる人たちは皆幼少期から努力を積み重ねている。
02-14 06:02

食事論:食塩相当量(g)=ナトリウム(mg)×2.54÷1000。日本人の食塩摂取量目安は成人男1日8g・女7g、欧米諸国は6g未満、WHOは5g推奨。過多で高血圧、腎臓病、心臓病、脳卒中、胃癌等リスク高、予防はカリウム重要。尚、不足で低血圧・骨粗鬆症・筋痙攣・熱中症等のリスク高。
02-14 05:39

筋トレ論:数日~数週間程度中断する事をレイオフやディトレーニング等と呼ぶ。長期間続けてきた人ほど筋力低下は緩やかに進行するため、精神的な休養期間が有効となる場合もある。尚、完全休養ももちろん良いが、筋力低下を防ぐには減少トレ(強度は維持、時間・量・頻度は低下させる)が有効。
02-14 05:12

食事論:白インゲン豆に含まれるファセオラミンには糖を分解する酵素の働きを抑制し、糖の消化・吸収を抑える作用があると言われている。ただし白インゲン豆を食べるためには十分に加熱(生は食中毒のリスク)する必要があり、ファセオラミンは加熱する事でその殆どが失われると言われている。
02-14 05:09

睡眠論:睡眠に関わるセロトニンは腸にも存在しており、蠕動活動を活発化させる。しかしストレス等により過剰に増えると下痢になり、極端に減ると便秘になる。便通を改善するのに食物繊維や発酵食品等を大量に摂る人は多いが、まず睡眠習慣を改善し、ストレス管理を行った方が腸内環境は改善される。
02-14 04:42

栄養論:パントテン酸は様々な代謝に関与、特に対ストレスとなる副腎皮質ホルモンの分泌に関与するとされる。食品では豚・鶏・牛レバーに多く含み、他鶏肉、豚肉、大豆等にも含む。尚、一部は腸内細菌でも作る事ができ、不足でニキビ等肌荒れをする事がある。オススメ商品→https://t.co/DBZW8Re6qW
02-14 04:39

食品論:カボチャの種にはビタミンB1・E、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維が豊富に含まれ、この内特にカリウム、マグネシウム、亜鉛、食物繊維に秀でている。尚、蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸)も豊富で栄養価が高い。オススメ商品→https://t.co/unrfEMSvAK
02-14 04:09

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUV0ZKW
02-14 04:03

食事論:牡蠣にはビタミンB12、亜鉛、銅、ヨウ素がいずれも豊富に含まれる。特に亜鉛が豊富で、5個程度食べるだけでも1日の必要量を補給できる。そのため食中毒とは別に亜鉛中毒のリスクが高い。また同じく銅も豊富で、銅中毒のリスクがある。栄養価は高いがたくさん食べれば良いという訳ではない。
02-14 03:39

ダイエット論:ダイエットを繰り返している時点で、「ダイエットしなければならない状態=不健康」である。ダイエットする事はステータスではない。重要なのは意識せずとも健康や美を維持する事で、短期的なダイエットだけではこれから先も同じ事を繰り返すだけ。生活習慣の改善は長期的に考えるべし。
02-14 03:09

「忙しい人のための勉強法」というサイトを運営しています→ https://t.co/o8LlyMEcL1 ご興味のある方はどうぞ。
02-14 03:02

無酸素運動:大きな力を発揮できるが短時間で終える事が条件で、長時間続けられる負荷では効果が薄い。適切に負荷を増やし、反復回数を減らし、短時間で終える事が重要。尚、糖を使うため糖が不足すると効率が悪くなる。また筋肉の修復は常に起こっているためトレ前中後の糖・アミノ酸の補給は必須。
02-14 02:43

筋トレ論:運動前中に摂取する糖は水に対し4%程度、例えば1Lなら40g、500mLなら20g程度溶かすのが個人的にオススメ。ただし運動時間・強度・目的等に応じ調節、体重1kg×1gまで。尚、EAA(15~20gまたはBCAA5~10g)等を一緒に溶かす場合水も増やすと良い。オススメ商品→https://t.co/gVyrmspF8k
02-14 02:39

食事論:お酒に含まれる糖は、例えばビール、日本酒、果実酒、シャンパン等は多く、焼酎、赤ワイン、ウイスキー、ブランデー等は少なめ。ただしアルコールの過剰摂取は中性脂肪の合成を促進するため、いくら普段運動をしていて糖の少ない酒を選んでいても、大量に飲んでしまえば何の意味もない。
02-14 02:03

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
02-14 02:02

栄養論:体内だけで作る事ができない必須脂肪酸はω-3脂肪酸(α-リノレン酸、DHA、EPA)とω-6脂肪酸(リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸)がある。これらのバランスが健康維持に不可欠であり、バランスが崩れると脂肪の代謝が崩れ、肥満の他、炎症・アレルギー症状等が出やすくなると言われる。
02-14 01:39

健康論:1歳以降まで皮膚疾患が長引くと肌のバリア機能が低下し、外界から入る様々な物に対し抗体を作ってしまう。この間は免疫機能発達に重要で、それが将来的なアレルギー・炎症体質及びそれに伴う偏った食習慣に繋がると言われている。皮膚疾患はできるだけ早い時期に治療しておくべきである。
02-14 01:30

食品論:ヘンプシード(麻の実)は蛋白質、脂質(リノール酸・α-リノレン酸等)、ビタミンE、マグネシウム、カリウム、リン、鉄、亜鉛、食物繊維を豊富に含む。この内では特に脂質とリンに秀でている他、蛋白質は大豆には及ばないが高い含有量を誇っている。オススメ商品→https://t.co/K4sQeFZyqe
02-14 01:09

運動論:有酸素運動の習慣があると、末梢の細胞がより多くの酸素を求めて毛細血管を増やそうとする。毛細血管が増えれば体の隅々にまで血液が届き、細胞へ酸素・栄養・水分が行き渡る。それは冷え性や乾燥の改善にも効果が期待でき、脂肪も燃焼され、健康だけでなく美容にも繋がる。
02-14 01:02

食品論:アマニ油の脂肪酸は飽和(パルミチン酸やステアリン酸等)が10%前後、一価不飽和(オレイン酸)が20%前後、多価不飽和が60~70%(リノール酸15%前後、α-リノレン酸55%前後)。必須であるω-3のα-リノレン酸が特徴的だが熱に弱く酸化されやすい。オススメ商品→https://t.co/dTvT5oLwk7
02-14 00:39

健康論:炭酸水は溶けた二酸化炭素が常に気化するため胃の中に長時間残らない。よって爽快感以外の健康効果はほぼ期待できない。また強炭酸は刺激物とも言え、粘膜等にダメージを与え消化器機能を低下させる事がある。尚、風呂では血管拡張による体温上昇効果等はあるが、気化し短時間で効果は薄れる。
02-14 00:34

小胸筋トレ:床へ座り足は揃え前方、肘は伸ばしたまま体側、掌は床。肩が体側より後方になるよう常に意識しながら、お尻の横で床を下へ押すと同時にゆっくり肩を下げていく。できたら同じく床を押しながら今度はゆっくり肩を上げていき、脱力せず再び肩を下げる動作へ移行。この肩の上下動を20~30回。
02-14 00:09

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト