05/15のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:蛋白質は体を形作る上で重要な栄養素。特に蛋白質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、9種類のバランスが悪ければいくら体に良い栄養を摂っても蛋白質を効率良く作る事はできない。当然皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない
05-15 23:46

食品論:アーモンドはビタミンB1・B2・ナイアシン、ビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、食物繊維を含み、特にビタミンB2、ビタミンE、マグネシウムに秀でる。他、蛋白質や脂質(オレイン酸等)が多く、ポリフェノールも含まれる。オススメ商品→https://t.co/twyCvZ4vNL
05-15 23:40

健康論:酵素は分類上蛋白質の一種。摂取した蛋白質は基本的にアミノ酸まで分解してから吸収される。つまりいくらたくさん酵素を摂っても酵素がそのままの形で吸収・利用・活動する訳ではないため過信は禁物である。蛋白質を多く含む肉、魚、乳、大豆、卵等に抵抗がないならそちらを食べた方が良い。
05-15 23:16

栄養論:ビタミンB12はDNA・脂肪酸の合成等に関与。特に分裂が活発な赤血球を作る際葉酸と共に必要となり、不足すると貧血になりやすい。食品では豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含む。尚、貧血予防には鉄や銅等も必要である。オススメ商品→https://t.co/DBZW8Re6qW
05-15 23:10

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
05-15 23:01

健康論:関節や筋肉等に炎症・痛みがある場合、患部のケアばかり考えると逆に悪化する事が多い。これはその原因が患部から遠い所にもあるかもしれないからである。重要なのは患部より遠い所から順にケアし、最終的に患部付近へ到達させる事。無論食事や睡眠等内側からのケアも疎かにしてはならない。
05-15 22:46

食事論:一度にたくさん頬張ったり早食いをすると食物と一緒に大量の空気も飲み込んでしまう。その空気はゲップやオナラ等として外へ出るが、腸内に増え過ぎると下痢や便秘等の原因になる事がある。また歯並び悪化や舌・喉の筋肉が弱い事でも飲み込む空気の量が増え、腸内環境が悪化する事がある。
05-15 22:16

食品論:シーバックソーンはカロテノイド類、ビタミンC・E、鉄、クエン酸等の有機酸、ポリフェノール類を豊富に含む。他、コレステロール値の調節に関わるとされるβ-シトステロール、また果物では珍しく脂質(リノール酸・パルミトレイン酸等)を含む。オススメ商品→https://t.co/I93uoZvGZZ
05-15 22:10

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
05-15 22:01

栄養論:糖質は分子が多く連なる多糖類と少なく連なる少糖類に分けられ、少糖類では連なる数により四~二・単糖類と呼ぶ。例えばデンプン・グリコーゲン・デキストリンは多糖、砂糖(ショ糖)・乳糖・麦芽糖は二糖、果糖・ブドウ糖は単糖。尚、糖質と食物繊維で炭水化物、二糖と単糖で糖類と呼ばれる。
05-15 21:46

栄養論:酸素運搬に必要な鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄がある。ヘム鉄は吸収率が良く動物性食品に含む。一方非ヘム鉄は植物性食品に含み、吸収率は悪いがビタミンCを摂る事で吸収率が高まる。食品では特に豚レバーに多く、その他鶏レバー、ヒジキ、干しエビ、貝類、大豆製品、ナッツ類等に含まれる。
05-15 21:40

ジャンプ力:筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮もうとする。それを利用すれば助走の勢いを無駄なく伝える事ができる。例えば助走をつけて上へ跳ぶ際は助走の勢いをそのままに膝を素早く浅く曲げる。その方が結果として膝は素早く伸ばされ、少ない力でより高く跳ぶ事ができ、体力の温存にも繋がる。
05-15 21:16

食品論:カシューナッツはビタミンB1・B6、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガン、食物繊維が豊富に含まれ、特にマグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンに秀でる。蛋白質・脂質(オレイン酸等)も豊富で、β-シトステロールを含むとされる。オススメ商品→https://t.co/4PShvR0wIW
05-15 21:10

【定期】ブログ『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』の全記事一覧です。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット
05-15 21:01

筋肉論:蛋白質のミオシン・アクチンはフィラメントを構成し、それぞれが間に入り込む事で筋肉が収縮する。またフィラメントはZ膜で区切られ、区切り~区切りを筋節(サルコメア)、筋節が連なった筋原繊維、それが束になった筋線維(筋細胞)、更に束になり筋線維束、最後に束になり筋肉になる。
05-15 20:46

筋トレ論:そのままのクレアチンは吸収率が悪いとされる。吸収の速い糖と少量の塩を同時摂取する他、特にpHが重要で、クレアチン:クエン酸:重曹を3:2:1程度の割合で配合すると吸収が良くなるかもしれない。量は1日3~5g程度、これを運動後・食後に摂取。オススメ商品→https://t.co/zFxMSPyJYG
05-15 20:40

腹筋を割る:筋肉は表裏一体であり互いに支え合って機能している。腹筋ばかり鍛え背筋とのバランスが悪くなると腰痛になる事があるが、腰痛に限らず表裏どちらか一方だけ強くなったり、弱くなったりすると思わぬ怪我に繋がる事がある。筋肉は特定の部位に偏る事なくバランス良く鍛えるべきである。
05-15 20:16

栄養論:ビタミンB6は蛋白質及びアミノ酸の代謝、特に神経伝達物質・ヘモグロビン・ヒスタミンの合成に関与する。食品ではマグロ、カツオ、レバーの他、肉・魚類等に多く含む。腸内で一部作る事ができ、まず腸内環境改善が必要。またB12や葉酸の摂取も重要。オススメ商品→https://t.co/DBZW8Re6qW
05-15 20:10

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
05-15 20:01

栄養論:常温で液体の油、常温で固体かつ動物性の脂、その油と脂を合わせた油脂は脂肪とほぼ同じ。また脂質は脂肪に加え「脂肪のように脂溶性を持つ物質(コレステロール、植物性ステロール、脂溶性ビタミン、リン皮質等)」の総称の事、脂肪酸はそれぞれの脂質を構成する材料の総称の事を言う。
05-15 19:46

筋トレ論:加圧ではセット間も血流制限するため内出血・血栓・活性酸素増殖等リスクがある。一方BFRは圧を弱めセット間は血流制限しない。負荷や反復数は増えるがリスク軽減可。最大重量20~40%を3~4セット、1セット30秒を目安。尚、通常の高強度トレ後BFRを行うとより効果が高まるとされる。
05-15 19:40

食事論:お酒に含まれる糖は、例えばビール、日本酒、果実酒、シャンパン等は多く、焼酎、赤ワイン、ウイスキー、ブランデー等は少なめ。ただしアルコールの過剰摂取は中性脂肪の合成を促進するため、いくら普段運動をしていて糖の少ない酒を選んでいても、大量に飲んでしまえば何の意味もない。
05-15 19:17

食事論:リンゴの皮に含まれるウルソル酸やグリーントマトに含まれるトマチジンには、蛋白質の合成・分解に関与する酵素の働きを活性化させる作用があるとされ、それにより筋力の維持向上や脂肪燃焼補助等の効果があると言われる。ただし食品から効果を得るには相当量食べねばならず現実的ではない。
05-15 19:10

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
05-15 19:01

水素水:水素の殆どは酸素と結合し水として存在するが、単体では全元素中最軽量で重力では留められず発生瞬間に上空飛散する。僅かに水溶だが小さいため特殊容器でしか保管できず蓋を開けた瞬間失われる。よって口にする時は既に殆ど失われた後。尚、腸内細菌でも水素は作られ、実はその方が多い。
05-15 18:46

健康論:ヤムイモにはジオスゲニンが含まれ、性ホルモンの材料となりホルモン分泌を促すと言われる。日本で栽培されている中ではクーガイモ(トゲドコロ)で最も含有量が高く、ヤムスゲニン(ジオスゲニンより効果が高いとされる)を含むとされている。ただし強力な分、過剰摂取で副作用が出やすい。
05-15 18:40

ニキビ治療:ニキビ跡に効果があるとされる成分だが、安価な市販薬に含まれる殆どの成分は皮膚奥深くにある傷に届かない。ニキビ跡は基本的に美容皮膚科で保険適用外の治療を受けるしかなく、酷くなる前の治療・予防が重要。尚、跡になる前なら保険治療を受ける事ができるが意外と知られていない。
05-15 18:16

美容論:コラーゲン合成にはビタミンCと9種類の必須アミノ酸が必要であり、ビタミンCだけではコラーゲンを作る事はできない。また必須アミノ酸は9種類のバランスが、ビタミンCは数時間毎の補給が重要となる。尚、必須アミノ酸は肉、魚、大豆、乳、卵等に、ビタミンCは緑黄色野菜・果物等に含む。
05-15 18:10

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
05-15 18:01

運動論:いわゆる「腹筋動作」だが、ただ回数を重ねるだけでは腹筋が割れる前に腰等を痛めてしまう。重要なのは回数を増やす事ではなく短時間で済ます事。例えば「ゆっくり起き上がり5秒キープ、ゆっくり戻し脱力せず次の動作へ移る」方が短時間で済み効果的。それか単純に負荷を増やすべし。
05-15 17:46

食事論:牡蠣にはビタミンB12、亜鉛、銅、ヨウ素がいずれも豊富に含まれる。特に亜鉛が豊富で、5個程度食べるだけでも1日の必要量を補給できる。そのため食中毒とは別に亜鉛中毒のリスクが高い。また同じく銅も豊富で、銅中毒のリスクがある。栄養価は高いがたくさん食べれば良いという訳ではない
05-15 17:16

食事論:グロビンを酵素分解して抽出されるグロビンペプチドは、脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、脂肪の吸収を阻害する作用があると言われている。また血液中にある中性脂肪を分解する酵素の働きを促す事で、その蓄積を抑える作用があると言われている。摂取は食事の内容を見て食後に。
05-15 17:10

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zkWLg
05-15 17:01

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが、食物繊維も分類上は炭水化物。食物繊維は消化酵素では分解できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その一部と腸内細菌でも殆ど分解できない不溶性繊維が便の元になる。尚、炭水化物の中で食物繊維を除く糖を糖質、糖質の中で二糖類と単糖類を糖類と言う。
05-15 16:46

栄養論:α-リノレン酸は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸、体内でDHA・EPA合成(効率は15%程度)、特にω-6脂肪酸過剰摂取による炎症症状を緩和するとされる。1日2g以上必要とされるが、通常の動物性脂質には少なく不足しやすい。エゴマ油やアマニ油等に多く含む。オススメ商品→https://t.co/tFpZW09bXd
05-15 16:40

筋トレ論:筋肉は「伸ばされながら力を発揮する」時に大きなストレスがかかる。つまりそれを意識すればより大きなストレスを与える事ができ、効果的なトレになる。尚、伸ばされながら力を発揮する際に起こる怪我(肉離れ等)の予防にもなるが、扱う負荷の大きさには注意が必要。筋肉痛にもなりやすい。
05-15 16:16

栄養論:大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあるとされる。特にプエラリアに含まれるイソフラボンは一般的な大豆に含まれる量の40倍以上と言われる。ただし副作用は大きく、過剰摂取には十分な注意が必要。尚、大豆イソフラボンは通常の大豆製品から適量摂取する分には何ら問題ない。
05-15 16:10

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
05-15 16:01

食品論:EPAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸。コレステロール・免疫管理、炎症反応緩和等の役割があるとされ、特に血小板凝集抑制が有名。食品では特にシロサケに多く、他ボラ、ウナギ、マグロのトロ、ブリ等に含む。一部αリノレン酸から作られるが不足しやすい。オススメ商品→https://t.co/tFpZW09bXd
05-15 15:40

睡眠論:平日休日問わず毎日同じ時間に寝るとそのリズムが刻まれ、いつもの寝る時間になると自然に眠気を感じるようになる。これは毎日のリズムに従って寝るための準備が行われているという事で、その準備を妨害すれば睡眠の質は低下する。寝る前は脳に刺激となる事は避け、静かに寝る準備に従うべし。
05-15 15:16

食事論:俗に二日酔いに効く等と言われるウコン。有効成分として抽出されるクルクミンは水に溶けにくく、吸収率も悪いとされており、その点を改善したセラクルミンという成分が存在する。ちなみにウコン自体には鉄分やマンガンが非常に多く含まれているため、実は過剰摂取のリスクがある。
05-15 15:10

「定期」05/15 15:00のGoogle検索ワード 1:仮面ライダー 2:松岡茉優 3:白猫 4:韋駄天 5:葵祭 6:道の駅 新潟ふるさと村 7:新潟女児殺害 8:日大アメフト 9:国際信州学院大学 10:森崎友紀
05-15 15:01

栄養論:糖は単糖類の形でしかエネルギーとして利用できないため、多糖類のように分子量が多い場合利用するまでに時間がかかり、血糖値も上昇しにくいように思ってしまう。しかし分子量が多くても単糖類が大量に連なっている場合、最終的に吸収される糖の量は多くなり、血糖値も大きく上昇する。
05-15 14:46

健康論:緑茶に含まれるEGCG(カテキン)には脂肪の代謝に関わる酵素の働きを活性化し、脂肪がエネルギーになる事を助ける作用があると言われている。その他では強い抗酸化作用や、血圧・コレステロール値・血糖値を調節する作用があると言われている。尚、過剰摂取で臓器に負担がかかる事がある。
05-15 14:40

栄養論:インスリンで血糖値が下がる際は糖と一緒にアミノ酸も細胞へ取り込むため、運動直後は吸収の速い糖と一緒に摂る事でアミノ酸を効率良く吸収できる。尚、糖やアミノ酸を消費した状態でなければ、いくら栄養を摂っても取り込まれず溢れるだけであり、それはいずれ脂肪として蓄積してしまう。
05-15 14:16

筋トレ論:柑橘系果物に含まれるクエン酸は、筋肉内へ糖を素早く貯蔵させる効果(食後やトレ中後等に1回2g程度)があるとされている。特に糖を消費した後の糖補給時に威力を発揮する。尚、その際には糖の代謝を補助するとされるビタミンB1を一緒に摂れば更に疲労回復効果が高まると言われている。
05-15 14:10

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
05-15 14:01

無酸素運動:大きな力を発揮できるが短時間で終える事が条件で、長時間続けられる負荷では効果が薄い。適切に負荷を増やし、反復回数を減らし、短時間で終える事が重要。尚、糖を使うため糖が不足すると効率が悪くなる。また筋肉の修復は常に起こっているためトレ前中後の糖・アミノ酸の補給は必須。
05-15 13:46

ダイエット論:食物繊維は便通改善効果が期待されるが、過剰摂取でカルシウム等ミネラル吸収を阻害する。栄養バランスを考えれば自然と摂れるはずで、本来意識して摂る必要はない。食物繊維に頼る時点で栄養バランスが偏り、それこそが便通を悪化させる。食事だけで便通改善できたら誰も苦労しない。
05-15 13:17

食事論:生姜に含まれる辛味成分のジンゲロールは低温加熱及び乾燥させる事でジンゲロンやショウガオールに変化すると言われている。どちらも体温を高める作用があるとされ、特にジンゲロンはそれに伴う血管拡張及び発汗作用、ショウガオールの方は脂肪の燃焼を補助する作用があると言われている。
05-15 13:10

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtkWYNF
05-15 13:01

運動論:運動神経の良し悪しには神経系が猛発達する期間(ゴールデンエイジ:3~12歳)にどれだけ複雑に神経を使ったかで大きく変わる。確かに先天的要素も関係するが、これは幼少期の親による教育が将来に大きく影響するという事であり、天才と呼ばれる人たちは皆幼少期から努力を積み重ねている。
05-15 12:46

栄養論:パントテン酸は様々な代謝に関与、特に対ストレスとなる副腎皮質ホルモンの分泌に関与するとされる。食品では豚・鶏・牛レバーに多く含み、他鶏肉、豚肉、大豆等にも含む。尚、一部は腸内細菌でも作る事ができ、不足でニキビ等肌荒れをする事がある。オススメ商品→https://t.co/DBZW8Re6qW
05-15 12:40

1日に必要な炭水化物量=総エネルギー(基礎代謝×身体活動Lv)×50~65%÷4kcal。基礎代謝=BMI22の標準体重×基礎代謝基準。身体活動Lv=低1.5、普通1.75、高は2。BMI22の標準体重=身長(m)の2乗×22。基礎代謝基準=男20代24、30~40代22.3、4
05-15 12:16

食品論:ピスタチオにはビタミンB1・B6、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、マンガン、食物繊維が豊富に含まれ、この内では特にビタミンB1・B6に秀でている。尚、蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸)も豊富で栄養価が高い。オススメ商品→https://t.co/2BlSBwEUaP
05-15 12:10

【定期】『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
05-15 12:02

健康論:日本人は遅筋割合が平均的に高いが速筋遅筋の割合は生まれつきで鍛えても変わらない。つまり生まれた瞬間向き・不向きが決まる事になる。ただしそれは見た目だけでは判断できない。速筋遅筋の割合を気にする権利を持つのは、その割合が影響するほどにまで自分を追い込んでいる人だけである。
05-15 11:46

ダイエット:糖制限中は脂肪を分解して作るケトン体を糖の代わりにするが、食事量が減ると筋肉等蛋白質を分解しそれを糖の代わりにしてしまう。これを可能な限り防ぐには蛋白質・脂肪他は制限しない事。またケトン体生産を促す中鎖脂肪酸も重要。ただし臓器等負担から1度の期間は1ヶ月程度目安。
05-15 11:40

健康論:煙草に含むニコチンは覚醒剤に匹敵するほど強い依存性があると言われる。また消化酵素過剰分泌、毛細血管の過度な収縮、ビタミンC破壊、アドレナリン分泌・血糖値上昇による食欲減衰等も起こる事がある。尚、煙草に含まれるタールでは悪性腫瘍等、一酸化炭素では動脈硬化等が起こる事がある。
05-15 11:16

栄養論:β-シトステロールは構造がコレステロールに似る。胆汁酸はコレステロールを酸化して作るが、β-シトステロールはコレステロールより先に胆汁酸に結合し、腸でのコレステロール吸収を抑え血中コレステロールを抑制するとされる。尚、アボカド、シーバックソーン、クコ、ペカンナッツ等に含む。
05-15 11:10

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
05-15 11:01

睡眠論:睡眠中は一定の間隔でレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)が繰り返されるが、目覚めを良くするには脳が起きている「レム睡眠」の時に起きる必要がある。具体的には1時間半単位に睡眠時間を調整する事で、ちょうどレム睡眠の時に起きる事ができ、スッキリ目覚める事ができる。
05-15 10:46

脂肪を多く含む食品その1:肉類・魚類・乳製品・ナッツ類の全般、食用油・調味料等(ラー油、ゴマ油、オリーブ油、サラダ油、パーム油、魚油、ラード、ヘット、ピーナッツバター、各種ドレッシング、ソース、ケチャップ、バター、マーガリン、生クリーム、マヨネーズ等)等。(その2に続く)
05-15 10:40

健康論:酵素は分類上蛋白質の一種。摂取した蛋白質は基本的にアミノ酸まで分解してから吸収される。つまりいくらたくさん酵素を摂っても酵素がそのままの形で吸収・利用・活動する訳ではないため過信は禁物である。蛋白質を多く含む肉、魚、乳、大豆、卵等に抵抗がないならそちらを食べた方が良い。
05-15 10:16

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られる。ただし代謝効率は悪く、HMBは1日3~5g(小分け)とされるがロイシンの場合60g以上必要。個人差も大きいとされるがHMBから摂る方が効率的だと思われる。尚、クレアチン・ビタミンD摂取で効果が高まるとされる。オススメ商品→https://t.co/kyREShSaz4
05-15 10:10

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
05-15 10:01

有酸素運動:脂肪を燃やすには長時間続ける事が重要。つまり長時間続けられるよう「今の体力に合わせ、きつくない程度にまでペースやピッチ等を落とす」必要があり、長時間続けられない時点で有酸素運動になっておらず脂肪も燃えていない。また体温を上げるための意識的な呼吸や水分・栄養補給も必須。
05-15 09:46

脂肪の少ない魚:カワハギ、アンコウ(肝を除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等。脂肪の少ない貝・甲殻類他:タコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等。
05-15 09:40

身長を伸ばす:「リン」は骨を形作るために必要なミネラルだが、カルシウムやマグネシウムと強く結び付き、過剰摂取で逆に骨からカルシウムやマグネシウムを溶け出させるとされる。加工食品全般に含まれており意識せずとも摂取できるので、できるだけ手料理をしリンを摂り過ぎない事が重要である。
05-15 09:16

健康論:ホウライアオカズラ(ギムネマ)に含まれるギムネマ酸は小腸内での糖の吸収を阻害し、血糖値を上がりにくくする作用があると言われている。また物理的に舌の味覚にも作用し、甘味を弱める効果がある。甘い物を食べる際に食前に。ただし鉄の吸収を阻害するため摂り過ぎると貧血になる事がある。
05-15 09:10

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
05-15 09:01

健康論:関節や筋肉等に炎症・痛みがある場合、患部のケアばかり考えると逆に悪化する事が多い。これはその原因が患部から遠い所にもあるかもしれないからである。重要なのは患部より遠い所から順にケアし、最終的に患部付近へ到達させる事。無論食事や睡眠等内側からのケアも疎かにしてはならない。
05-15 08:46

食事論:イヌリンは果糖が複数連なっているが、消化酵素で分解されずそのまま胃を通過。血糖値が上がらず、腸に留まり腸内細菌の餌になる。尚、カルシウムやマグネシウム等の吸収を促すとされるが、腸内でガスが発生する事がある。食品では根菜類に多く含む。オススメ商品→https://t.co/o4BiA7l5xE
05-15 08:40

食事論:空腹を感じるとグレリンというホルモンが分泌され、それにより成長ホルモンを分泌させ新陳代謝を活性化、また食欲を増進させる作用がある。つまり毎日食事の時間がバラバラだとその分成長ホルモンを損し、また食欲も減衰する。毎日同じ時間に食事をし、その次の食事は間隔を空けて摂るべし。
05-15 08:16

食品論:アマランサスには糖、蛋白質、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、食物繊維等が豊富に含まれている。尚、キヌアと比べるとビタミンB群は劣るが、ミネラルの栄養価はこちらの方が高い。オススメの商品はこちらから→https://t.co/6fJTIu0E9p
05-15 08:10

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
05-15 08:01

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の動作中では使えない。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルも変化しやすい。そういう意味では「筋肉が上手く使えていない」と言える。
05-15 07:46

食事論:タンポポ茶に含まれるイソクエルシトリンは余分な水分を排出する利尿作用があるとされている他、脂肪の分解に関わる酵素の働きを活性化させる作用があると言われている。またタンポポ茶はカリウムを多く含み、ナトリウムと一緒に余分な水分を排出する作用があると言われている。
05-15 07:40

有酸素運動:筋肉は熱を作る役割があるため、筋肉量を増やしてから有酸素運動を行った方が効率良く脂肪を燃やす事が可能。女性に多い冷え性は筋肉量の少なさが原因の一つであり、極端な食事制限はそれを悪化させるだけ。尚、有酸素運動を行うと末梢の毛細血管を増やす事ができ、冷え性も改善される。
05-15 07:16

食事論:GABA(γ-アミノ酪酸)は抑制性神経伝達物質の一つで、神経の興奮を抑えリラックス効果があると言われている。グルタミン酸やビタミンB6等から合成されるためそれらを摂る事も重要。尚、グルタミン酸は小麦、大豆、チーズ、ナッツ等、ビタミンB6はマグロ、カツオ、サケ、牛レバー等に含まれる。
05-15 07:10

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
05-15 07:01

栄養論:プラセンタは動物の胎盤から抽出され、そのエキスには必須アミノ酸が豊富に含まれているとされる。ただし必須アミノ酸は肉、魚、卵、乳、大豆等から摂る事ができる。美容に効果がある等よく言われるが過度な期待は禁物。ちなみに原末の方が含有量は高いとされるが誤魔化しできず値段も高い。
05-15 06:46

筋トレ論:SSCは筋肉が勢い良く伸ばされた際反射的に縮もうとする機能。通常筋トレは反動NGとされるが、SSC利用では低負荷で伸展→収縮の切替を素早く行うため反動があるように見える。しかし実際の動作でも反動や勢いにより力を発揮する事が多くパフォーマンス向上に繋がる可能性がある。
05-15 06:40

栄養論:常温で液体の油、常温で固体かつ動物性の脂、その油と脂を合わせた油脂は脂肪とほぼ同じ。また脂質は脂肪に加え「脂肪のように脂溶性を持つ物質(コレステロール、植物性ステロール、脂溶性ビタミン、リン皮質等)」の総称の事、脂肪酸はそれぞれの脂質を構成する材料の総称の事を言う。
05-15 06:16

食事論:杜仲茶に含まれるゲニポシド酸は副交感神経へ作用する事で血圧を抑える働きがあると言われている。またアスペルロシドは肝臓内でコレステロール・グリシン・タウリン等から作られる胆汁酸の分泌を促し、それを含む胆汁を小腸へ送って脂肪の代謝を補助する働きがあると言われている。
05-15 06:10

食事論:一度にたくさん頬張ったり早食いをすると食物と一緒に大量の空気も飲み込んでしまう。その空気はゲップやオナラ等として外へ出るが、腸内に増え過ぎると下痢や便秘等の原因になる事がある。また歯並び悪化や舌・喉の筋肉が弱い事でも飲み込む空気の量が増え、腸内環境が悪化する事がある。
05-15 05:46

食品論:ブラジルナッツは蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、食物繊維を豊富に含み、特にこの内では脂質、ビタミンB1、マグネシウムに秀でる。尚、脂質は飽和・一価不飽和・多価不飽和が同等程度。オススメの商品はこちらから→https://t.co/WIQttEwzgs
05-15 05:40

健康論:里芋、筍、生姜、茗荷、ホウレン草等に含まれるシュウ酸はカルシウムと強く結合するため、過剰摂取でカルシウムの吸収を阻害する他、血液凝固作用の低下や結石等の原因になる事がある。尚、敢えて一緒に摂る事で逆にシュウ酸の吸収を抑制する事もできるが、その分カルシウムの必要量は増える。
05-15 05:16

食事論:コーヒー等に含まれるカフェインは交感神経を刺激し、心身を覚醒させる作用や脂肪燃焼を補助する作用等があると言われている。ただし過剰摂取でカルシウム等のミネラル吸収を阻害する他、強い依存性や利尿作用、脳血管収縮による頭痛、神経中毒症状等が起こるとされている。特に妊娠中は禁忌。
05-15 05:10

運動論:いわゆる「腹筋動作」だが、ただ回数を重ねるだけでは腹筋が割れる前に腰等を痛めてしまう。重要なのは回数を増やす事ではなく短時間で済ます事。例えば「ゆっくり起き上がり5秒キープ、ゆっくり戻し脱力せず次の動作へ移る」方が短時間で済み効果的。それか単純に負荷を増やすべし。
05-15 04:46

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られる。ただし代謝効率は悪く、HMBは1日3~5g(小分け)とされるがロイシンの場合60g以上必要。個人差も大きいとされるがHMBから摂る方が効率的だと思われる。尚、クレアチン・ビタミンD摂取で効果が高まるとされる。オススメ商品→https://t.co/kyREShSaz4
05-15 04:40

栄養論:不飽和脂肪酸の内、炭素の二重結合を挟み水素が同じ側にあるものをシス脂肪酸、反対側にあるものをトランス脂肪酸。また多価不飽和脂肪酸の鎖の中で3個目の炭素に二重結合があるものをω-3脂肪酸、6個目にあるものをω-6脂肪酸と呼び、これが脂肪を構成するのに必要不可欠な必須脂肪酸で
05-15 04:16

睡眠論:睡眠は生活習慣中で大きな割合を占め、その改善なくして真の健康や美容は得られない。当然単に沢山寝れば良い訳ではなく「平日休日問わず毎日同じ時間に寝起きする」規則性が重要。でなければ食事や運動等を改善しても、何もしないよりマシ程度の結果しか得られない。休日の寝溜めも逆効果。
05-15 04:10

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUV0ZKW
05-15 04:01

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが、食物繊維も分類上は炭水化物。食物繊維は消化酵素では分解できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その一部と腸内細菌でも殆ど分解できない不溶性繊維が便の元になる。尚、炭水化物の中で食物繊維を除く糖を糖質、糖質の中で二糖類と単糖類を糖類と言う。
05-15 03:46

睡眠論:セロトニンは心身を覚醒させるが、ドーパミンやノルアドレナリンといった他のホルモンをコントロールしている。特にノルアドレナリンはストレス反応に関係するため、睡眠習慣が崩れるとストレスコントロールが上手くできず、情緒が不安定になりやすい。睡眠と精神状態は密接に関係している。
05-15 03:16

食品論:ゴマは蛋白質、脂質(オレイン酸・リノール酸)、ビタミンB1・B6、ナイアシン、葉酸、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、食物繊維を豊富に含み、特に脂質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄に秀でる。他、ポリフェノールやセサミンも含まれる。オススメ商品→https://t.co/1tF9fzSXU4
05-15 03:10

「忙しい人のための勉強法」というサイトを運営しています→ https://t.co/o8LlyMEcL1 ご興味のある方はどうぞ。
05-15 03:01

水素水:水素の殆どは酸素と結合し水として存在するが、単体では全元素中最軽量で重力では留められず発生瞬間に上空飛散する。僅かに水溶だが小さいため特殊容器でしか保管できず蓋を開けた瞬間失われる。よって口にする時は既に殆ど失われた後。尚、腸内細菌でも水素は作られ、実はその方が多い。
05-15 02:46

身長を伸ばす:牛乳をいくらガブ飲みしても栄養が偏り逆効果。牛乳に含まれる栄養だけでは身長は伸びない。栄養があるからと1つの食品に固執するのではなく、様々な食品を組み合わせる事が重要。特に優先するのは蛋白質とビタミンCで、肉・魚・卵等動物性食品及び緑黄色野菜をバランス良く食べるべき
05-15 02:16

健康論:大豆イソフラボンはCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)を増やす働きがあるとされる。このCGRPにはIGF-1(成長因子)を増やす働きがあるとされるが、カプサイシンはこのCGRPの働きを補助する作用があるとされ、それによりIGF-1の量を更に増やす事ができると言われる。本当かどうかは知らん
05-15 02:10

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
05-15 02:01

栄養論:インスリンで血糖値が下がる際は糖と一緒にアミノ酸も細胞へ取り込むため、運動直後は吸収の速い糖と一緒に摂る事でアミノ酸を効率良く吸収できる。尚、糖やアミノ酸を消費した状態でなければ、いくら栄養を摂っても取り込まれず溢れるだけであり、それはいずれ脂肪として蓄積してしまう。
05-15 01:46

食品論:カムカムは糖、ビタミンC、ビタミンE、クエン酸等の有機酸、ポリフェノール類が含まれ、特にビタミンCはレモン果汁50倍以上という非常に高い含有量を誇る。ただしビタミンCは一度に大量摂取するのではなく、2~3時間おきに適量摂取した方が効率は良い。オススメ商品→https://t.co/cC2Sqqc7Uo
05-15 01:40

筋トレ論:数日~数週間程度中断する事をレイオフやディトレーニング等と呼ぶ。長期間続けてきた人ほど筋力低下は緩やかに進行するため、精神的な休養期間が有効となる場合もある。尚、完全休養ももちろん良いが、筋力低下を防ぐには減少トレ(強度は維持、時間・量・頻度は低下させる)が有効。
05-15 01:17

ニキビ治療:1毎日同時間寝起・同時間食 2枕・顔拭タオル清潔 3.五大栄養素バランス 4.数十分間隔水分栄養補給 5有酸素運動は低強度最低20分~ 6汗かいたら清潔・保湿 7朝夜泡立て優洗顔→即保湿 8湿度管理 9顔触らない 10紫外線対策 11酷くなる前に皮膚科 参考→https://t.co/nVx9sRbY3U
05-15 01:10

栄養論:アルコール処理能力は生まれつきであり、いくらたくさん飲んでも鍛える事はできない。慣れたと感じるのは単に鈍感になっただけで、大量に飲む習慣が続くほど臓器に負担が蓄積していく。またアルコールはDNAを傷つけ癌のリスクを高めると言われている。無理して飲んでも自分の首を絞めるだけ
05-15 00:46

食品論:チアシードはビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、食物繊維を含む。蛋白質や脂質(α-リノレン酸)も含み高カロリーだが低糖で糖質制限中の栄養補給に適す。尚、白は食物繊維が多いが食事量を減らしたくないなら黒がオススメ。オススメ商品→https://t.co/uIr4IBf1uR
05-15 00:40

睡眠論:入眠後1時間以内でノンレム睡眠、その後1時間程度でレム睡眠、以降レム睡眠は1時間半周期で現れる。成長ホルモンの分泌量はレム睡眠直後のノンレム睡眠(浅い段階)や入眠後3時間以内に増えるとされ、それを促すには睡眠環境を整える事が重要。特に寝る前の脳を刺激する行動には注意すべし
05-15 00:16

健康論:コンドロイチンは軟骨に存在しており、コラーゲンやヒアルロン酸等と共に軟骨へ水分・ミネラルを補給する役割があると言われている。一方グルコサミンはヒアルロン酸を構成する成分の一つであり、軟骨の材料・新陳代謝に必要とされている。オススメ商品→https://t.co/oxxVIi3rfw
05-15 00:10

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト