05/16のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:インスリンで血糖値が下がる際は糖と一緒にアミノ酸も細胞へ取り込むため、運動直後は吸収の速い糖と一緒に摂る事でアミノ酸を効率良く吸収できる。尚、糖やアミノ酸を消費した状態でなければ、いくら栄養を摂っても取り込まれず溢れるだけであり、それはいずれ脂肪として蓄積してしまう。
05-16 23:46

食事論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にするとされている。特に大豆・卵黄から抽出したレシチンに含まれ、他に成長ホルモン分泌を促す効果があると言われている。またレシチンには脂肪を運搬しやすくするとされるホスファチジルセリンも含まれている。
05-16 23:40

筋トレ論:高強度の運動日が続いた後の休養日では、全く運動しない完全休養より少し体を動かしながら休養した方が効率良く疲労を回復できるとされる。これをアクティブレスト等と呼ぶ。休養日では普段行わないスポーツや、低強度の有酸素運動等を実施する事が気分転換の意味でもオススメである。
05-16 23:16

筋トレ論:そのままのクレアチンは吸収率が悪いとされる。吸収の速い糖と少量の塩を同時摂取する他、特にpHが重要で、クレアチン:クエン酸:重曹を3:2:1程度の割合で配合すると吸収が良くなるかもしれない。量は1日3~5g程度、これを運動後・食後に摂取。オススメ商品→https://t.co/zFxMSPyJYG
05-16 23:10

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
05-16 23:01

健康論:糖が蛋白質や脂質等に結合する事を「糖化」と言い、体内で糖化が起こると細胞の持つ本来の機能が低下する。果糖や乳糖では特にそれが起こりやすいとされ、内臓・神経・コラーゲン等の長寿命な組織ほどダメージが蓄積される。それは将来的に様々な病気・老化の原因になると言われている。
05-16 22:46

健康論:クマコケモモ(ウワウルシ)にはアルブチンが含まれ、メラニン色素の合成を抑制する作用の他、利尿作用があると言われている。またポリフェノールの一種であるエラグ酸を含み、これには殺菌・抗酸化作用があるとされているが、お茶類に含まれるカテキンによりその効果は阻害される。
05-16 22:40

冷え性:低気温下では内臓を守るため血液を体の中心へ集め、冷たい血液が指先に滞る。筋肉は熱生産及び血液を心臓へ戻すポンプ機能があり、女性に冷え性が多いのは筋肉量が少ないため。尚、ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れによっても起こり、一過性の運動や食事だけでは効果がない。
05-16 22:16

食品論:カルノシンは筋肉に多く存在し、乳酸を分解する酵素の活性に関与するとされる。また糖化生成物の合成を抑え、酸化ストレスから細胞を保護するとされる。食品では特に鶏胸肉に多く含む。尚、カルノシン材料のβ-アラニンが痒みをもたらす事がある。オススメ商品→https://t.co/h1dWxblAAt
05-16 22:10

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
05-16 22:01

有酸素運動:筋肉は熱を作る役割があるため、筋肉量を増やしてから有酸素運動を行った方が効率良く脂肪を燃やす事が可能。女性に多い冷え性は筋肉量の少なさが原因の一つであり、極端な食事制限はそれを悪化させるだけ。尚、有酸素運動を行うと末梢の毛細血管を増やす事ができ、冷え性も改善される。
05-16 21:46

ジャンプ力:筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮もうとする。それを利用すれば助走の勢いを無駄なく伝える事ができる。例えば助走をつけて上へ跳ぶ際は助走の勢いをそのままに膝を素早く浅く曲げる。その方が結果として膝は素早く伸ばされ、少ない力でより高く跳ぶ事ができ、体力の温存にも繋がる。
05-16 21:16

食事論:コーヒー等に含まれるカフェインは交感神経を刺激し、心身を覚醒させる作用や脂肪燃焼を補助する作用等があると言われている。ただし過剰摂取でカルシウム等のミネラル吸収を阻害する他、強い依存性や利尿作用、脳血管収縮による頭痛、神経中毒症状等が起こるとされている。特に妊娠中は禁忌。
05-16 21:10

【定期】ブログ『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』の全記事一覧です。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット
05-16 21:01

健康論:1日3食なら7日で21回、30日で90回、365日で1095回。1日8時間寝るとすれば7日で56時間、30日で240時間、365日で2920時間、1日1時間運動すれば7日で7時間、30日で30時間、365日で365時間。すなわち1年にこれだけ体質を変える機会があり、食事だ
05-16 20:46

食品論:ピスタチオにはビタミンB1・B6、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、マンガン、食物繊維が豊富に含まれ、この内では特にビタミンB1・B6に秀でている。尚、蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸)も豊富で栄養価が高い。オススメ商品→https://t.co/2BlSBwniMf
05-16 20:40

ダイエット論:糖が五大栄養素の1つなのは細胞の活動に必要なエネルギーだからで、極端に制限する必要がある時点で健康とは真逆の事を行っている。短期的な食事制限にばかり頼るのではなく、生活習慣全体を長期的に見直し、時間をかけて糖・脂肪の代謝を改善するという意識を持つべきである。
05-16 20:16

食品論:ブラジルナッツは蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、食物繊維を豊富に含み、特にこの内では脂質、ビタミンB1、マグネシウムに秀でる。尚、脂質は飽和・一価不飽和・多価不飽和が同等程度。オススメの商品はこちらから→https://t.co/WIQttEwzgs
05-16 20:10

"KEEP or UP?①-「身長を伸ばす方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/YUYlReHdcA
05-16 20:01

栄養論:蛋白質は体を形作る上で重要な栄養素。特に蛋白質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、9種類のバランスが悪ければいくら体に良い栄養を摂っても蛋白質を効率良く作る事はできない。当然皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない
05-16 19:46

健康論:ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)には食欲を抑制する効果があるとされている他、糖から脂肪への変換を抑制する効果があると言われている。またチャノキ(茶)に含まれるテアニンにも食欲を抑制する効果があるとされている他、リラックス・抗ストレス効果があると言われている。
05-16 19:40

筋トレ論:数日~数週間程度中断する事をレイオフやディトレーニング等と呼ぶ。長期間続けてきた人ほど筋力低下は緩やかに進行するため、精神的な休養期間が有効となる場合もある。尚、完全休養ももちろん良いが、筋力低下を防ぐには減少トレ(強度は維持、時間・量・頻度は低下させる)が有効。
05-16 19:17

栄養論:亜鉛は蛋白質合成・インスリン合成・成長ホルモン分泌・免疫機能等に関与するが、汗や尿から失われる量が多く意外と必要量は多い。一方過剰摂取では中毒、ホルモンバランス悪化、貧血等が起こる事がある。食品では特に牡蠣に多く含まれ、その他では豚レバー、牛肉、ナッツ類等にも含まれる。
05-16 19:10

「腹筋を割る方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/y8sHVvnJdO ご興味のある方はどうぞ。
05-16 19:01

筋トレ論:高強度の筋トレ後は当然栄養補給すべきだが、筋トレ後数時間はグリコーゲン(糖の一種であり筋肉を動かすエネルギー)の合成が、2日程度は蛋白質の合成が促進される。「夜に大量飲食すると太る」とよく言われるが、筋肉を効率良く大きくするためには夕食における食事量が重要になる。
05-16 18:46

栄養論:ナトリウムは細胞の浸透圧を調節しカリウムを取り込む事で自身を外へ出す。特に体温調節、筋肉収縮、神経伝達に必要。ただし多くの食品に含まれ、過剰摂取で浮腫・高血圧・動脈硬化等のリスク高。抑える必要はあるが、大量発汗で一時的に不足し筋痙攣や熱中症等が起こりやすくなる。
05-16 18:16

食品論:一価不飽和脂肪酸のオレイン酸は必須脂肪酸ではないが、飽和脂肪酸と比べ悪さをせず、不飽和脂肪酸の中では酸化されにくく加熱調理も可(エクストラバージン等高品質ほど良い)。食品ではオリーブ油・紅花油・菜種油・向日葵油・ナッツ類に多く含む。オススメ商品→https://t.co/AY0Yz5wYgh
05-16 18:10

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
05-16 18:01

食事論:よく噛んで食べるとレプチンが分泌され満腹感が得られる。つまり最低限の食事量でも十分満腹感が得られ、自然と食事量も減るため肥満を未然に防ぐ事ができる。またよく噛むと唾液が分泌されるため虫歯予防にもなり、小さい頃から続けていれば顎の正常な発達により滑舌・歯列改善にも繋がる。
05-16 17:46

食事論:バナバ茶に含まれるコロソリン酸は細胞へ糖を取り込ませ、血糖値の上昇を抑制する作用があると言われている。一方、桑の葉茶に含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)にも小腸における糖の吸収を抑える作用があると言われている。ちなみにバナバ茶の方はミネラルも豊富に含まれている。
05-16 17:40

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが、食物繊維も分類上は炭水化物。食物繊維は消化酵素では分解できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その一部と腸内細菌でも殆ど分解できない不溶性繊維が便の元になる。尚、炭水化物の中で食物繊維を除く糖を糖質、糖質の中で二糖類と単糖類を糖類と言う。
05-16 17:16

栄養論:脂溶性ビタミンのビタミンA・D・E・K。脂肪と一緒に摂る事で吸収率が良くなり、水に溶けにくいため体に蓄えておく事もできる。ただし逆に言えば体の外に排出しにくく蓄積しやすいという事でもあり、過剰摂取による副作用が出やすい。脂溶性ビタミンは過不足なく適切に摂る事が重要である。
05-16 17:10

"KEEP or UP?②-「ダイエットをしなくても済む方法」について私なりに考えてみた本(仮)-"を電子書籍で発売中です→https://t.co/J7mE8zkWLg
05-16 17:01

運動論:いわゆる「腹筋動作」だが、ただ回数を重ねるだけでは腹筋が割れる前に腰等を痛めてしまう。重要なのは回数を増やす事ではなく短時間で済ます事。例えば「ゆっくり起き上がり5秒キープ、ゆっくり戻し脱力せず次の動作へ移る」方が短時間で済み効果的。それか単純に負荷を増やすべし。
05-16 16:46

筋トレ論:高強度・長時間の運動は筋肉を分解しやすいが、BCAAやグルタミン等の摂取で抑制可。BCAA(1回5~10g)を運動前中等、グルタミン(1回5~10g)を運動後に摂取。またグルタミンは起床後や就寝前等空腹時を予測し5g程度を摂取すると良いかもしれない。オススメ商品→https://t.co/co4b3EXKXy
05-16 16:40

ホグズミード、スタミナ回復のポイントがあるので早く開放したい。
05-16 16:20

ホグミス、ホグズミードが遠い・・・
05-16 16:19

栄養論:脂肪酸は炭素分子の鎖が長い順に長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸に分けられ、その内、炭素の二重結合がないものを飽和脂肪酸、あるものを不飽和脂肪酸と呼ぶ。更にその不飽和脂肪酸の内、炭素の二重結合が1つのものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸と呼ぶ。
05-16 16:17

栄養論:β-シトステロールは構造がコレステロールに似る。胆汁酸はコレステロールを酸化して作るが、β-シトステロールはコレステロールより先に胆汁酸に結合し、腸でのコレステロール吸収を抑え血中コレステロールを抑制するとされる。尚、アボカド、シーバックソーン、クコ、ペカンナッツ等に含む。
05-16 16:10

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
05-16 16:01

健康論:関節付近にある組織の配置がずれ、互いに擦れたり関節に挟まったりして炎症を繰り返す事をインピンジメント症候群と呼ぶ。同じ姿勢で長時間いると大きな筋肉が凝り固まるが、それを他の小さな筋肉で無理矢理カバーする習慣があると起こる事がある。日常的に筋肉を動かし血流を促す事が重要。
05-16 15:46

バストアップ:思春期以降は全身の脂肪量の増減に伴い胸の大きさが変わるだけ。よって思春期中にどれだけ女性ホルモンの分泌を安定化させ、その分泌量を増やすかがバストアップには特に重要である。それには思春期以前から規則的な生活習慣を積み重ねるしかなく、食事制限等ダイエットは逆効果である。
05-16 15:16

栄養論:ビタミンB6は蛋白質及びアミノ酸の代謝、特に神経伝達物質・ヘモグロビン・ヒスタミンの合成に関与する。食品ではマグロ、カツオ、レバーの他、肉・魚類等に多く含む。腸内で一部作る事ができ、まず腸内環境改善が必要。またB12や葉酸の摂取も重要。オススメ商品→https://t.co/DBZW8Re6qW
05-16 15:10

「定期」05/16 15:00のGoogle検索ワード 1:三浦翔平 2:PUBG 3:黒岩よしひろ 4:浜田文子 5:スルガ銀行 6:田野優花 7:食パン専門店 利 8:銀河鉄道999 9:高畑勲 10:地震
05-16 15:01

食事論:蛋白質を多く含む肉類には鶏肉、牛肉、豚肉等が、またその部位には様々な種類がある。例え同じ肉類であっても蛋白質以外の栄養素は大きく異なるため、好きだからと言って1つの食品に固執せず、様々な肉類を食べた方が栄養バランスは良くなる。これはもちろん肉類以外についても同じ事。
05-16 14:46

首肩ストレッチ:体の後ろで右手首を左手または左手首を右手で掴む。右手首を掴んだ場合は左手で下へ引き、右肩を少し下げておく。その状態で左耳を肩につけ頭を傾ける→そのまま顎を右胸につける→顎を左斜め前へ出しながら首を斜め上方向に伸ばす。それをゆっくり無理のない範囲で繰り返す。
05-16 14:40

ニキビ治療:洗顔は皮膚表面の汚れ・皮脂・古い皮膚等を洗い落とすが、それらにはバリア機能がある。よって全て洗い流すと逆に乾燥を招き、その乾燥を防ぐために皮脂分泌を促し余計に毛穴を詰まらせる。また皮膚は毎日少しずつ修復されており、強く洗ったからといって一気に修復される訳ではない。
05-16 14:16

食品論:ライ麦は糖、蛋白質、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維を豊富に含む。全体的な栄養価は玄米より高いとされ、パンの材料にもなるが、小麦よりも膨らみは小さい。オススメ商品→https://t.co/lVH9KtwXWB
05-16 14:10

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
05-16 14:01

てかいつまで「閉じる」なんだよwいい加減直せよw
05-16 13:52

まぁそれだとストーリー以外にスタミナの使い道を作らないといけないから、どっちにしたってユーザー間でのゴブストーンとか決闘は実装必須やね・・・翻訳の質を見てもそこまで運営が本気になるとは到底思えんけど。
05-16 13:52

以前のハリポタのゲームだとカエルチョコ、百味ビーンズ、、あとコレクションカードみたいなのもあったような。ホグミスだとジェムではなくコインで買えて、少しスタミナ回復、そして原作に登場する人物や呪文等のカードをランダムで入手(主に知識的な意味で)って感じにすれば面白いんじゃないかね
05-16 13:50

食事論:空腹を感じるとグレリンというホルモンが分泌され、それにより成長ホルモンを分泌させ新陳代謝を活性化、また食欲を増進させる作用がある。つまり毎日食事の時間がバラバラだとその分成長ホルモンを損し、また食欲も減衰する。毎日同じ時間に食事をし、その次の食事は間隔を空けて摂るべし。
05-16 13:46

ゴブストーンとか決闘がユーザー間でできるようになれば良いんだけどなぁ。クィディッチはさすがに無理だろうけどw
05-16 13:45

ホグミスのジェム、400ぐらい溜まってるけど何に使えば良いんだろう。アバターとスタミナ回復以外にこれから先使い道増えるんかな・・・増えるなら残しておきたい。
05-16 13:42

食品論:ヘンプシード(麻の実)は蛋白質、脂質(リノール酸・α-リノレン酸等)、ビタミンE、マグネシウム、カリウム、リン、鉄、亜鉛、食物繊維を豊富に含む。この内では特に脂質とリンに秀でている他、蛋白質は大豆には及ばないが高い含有量を誇っている。オススメ商品→https://t.co/wVjqK8LCCb
05-16 13:40

筋トレ論:高強度の運動日が続いた後の休養日では、全く運動しない完全休養より少し体を動かしながら休養した方が効率良く疲労を回復できるとされる。これをアクティブレスト等と呼ぶ。休養日では普段行わないスポーツや、低強度の有酸素運動等を実施する事が気分転換の意味でもオススメである。
05-16 13:17

食品論:ヒマワリの種にはビタミンB1・B6・葉酸・ナイアシン・ビオチン、ビタミンE、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維が豊富に含まれ、特にビタミンB1・ビタミンE・亜鉛に秀でる。他、蛋白質や脂質(オレイン酸等)も多く含まれる。オススメ商品はこちら→https://t.co/6FC9L9CDVn
05-16 13:10

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtkWYNF
05-16 13:01

18~39歳の体脂肪率目安は、男「低:~10%、標準-:11~16%、標準+:17~21%、軽肥満:22~26%、肥満:27%~」、女「低:~20%、標準-:21~27%、標準+:28~34%、軽肥満:35~39%、肥満:40%~」(40~59歳は+1~2%、60歳~は+2~3%
05-16 12:46

食品論:マカはビタミンB群(特にビタミンB1)、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛等を豊富に含むとされる。また蛋白質も含まれ、必須アミノ酸やアルギニン等様々な種類のアミノ酸を含むとされる。ただしミネラルの過剰摂取には十分注意。オススメ商品→https://t.co/KptI3vZPu0
05-16 12:40

ニキビ治療:ニキビ跡に効果があるとされる成分だが、安価な市販薬に含まれる殆どの成分は皮膚奥深くにある傷に届かない。ニキビ跡は基本的に美容皮膚科で保険適用外の治療を受けるしかなく、酷くなる前の治療・予防が重要。尚、跡になる前なら保険治療を受ける事ができるが意外と知られていない。
05-16 12:16

栄養論:α-リノレン酸は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸、体内でDHA・EPA合成(効率は15%程度)、特にω-6脂肪酸過剰摂取による炎症症状を緩和するとされる。1日2g以上必要とされるが、通常の動物性脂質には少なく不足しやすい。エゴマ油やアマニ油等に多く含む。オススメ商品→https://t.co/tFpZW09bXd
05-16 12:10

【定期】『「ダイエットをしなくても済む方法」を考える』というブログを運営しています。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/BHmqvAVCm9 #ダイエット #美容 #健康
05-16 12:02

健康論:日本人は遅筋割合が平均的に高いが速筋遅筋の割合は生まれつきで鍛えても変わらない。つまり生まれた瞬間向き・不向きが決まる事になる。ただしそれは見た目だけでは判断できない。速筋遅筋の割合を気にする権利を持つのは、その割合が影響するほどにまで自分を追い込んでいる人だけである。
05-16 11:46

食事論:ラクトフェリンには免疫機能を向上させる作用があると言われている他、脂肪の代謝を補助する作用、鉄の吸収を促す作用等があると言われている。食品では乳製品に多く含まれるが、胃酸でその殆どが失活してしまうとされているため、摂取には腸で溶けるようなサプリメントが必要になる。
05-16 11:40

睡眠論:入眠後1時間以内でノンレム睡眠、その後1時間程度でレム睡眠、以降レム睡眠は1時間半周期で現れる。成長ホルモンの分泌量はレム睡眠直後のノンレム睡眠(浅い段階)や入眠後3時間以内に増えるとされ、それを促すには睡眠環境を整える事が重要。特に寝る前の脳を刺激する行動には注意すべし
05-16 11:16

栄養論:水溶性のビタミンB群とビタミンC。過剰摂取のリスクは低いが水に溶けやすく、調理法によってはその多くが失われてしまうため工夫が必要である。尚、水溶性ビタミンは水と共に体の外へ出て行きやすいため、一度に大量に摂るよりも三食に分け、毎日定期的に摂った方が効率良く吸収できる。
05-16 11:10

「ニキビを治すための洗顔料」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/lFwCTyFelM
05-16 11:01

栄養論:糖質は分子が多く連なる多糖類と少なく連なる少糖類に分けられ、少糖類では連なる数により四~二・単糖類と呼ぶ。例えばデンプン・グリコーゲン・デキストリンは多糖、砂糖(ショ糖)・乳糖・麦芽糖は二糖、果糖・ブドウ糖は単糖。尚、糖質と食物繊維で炭水化物、二糖と単糖で糖類と呼ばれる。
05-16 10:46

健康論:アストラガルス(キバナオウギ)にはイソフラボン誘導体で性ホルモン分泌を調節するとされるフォルモノネチン、サポニンの一種で抗酸化作用があるとされるアストラガロシドやクマリン、リラックス効果があるとされるGABA、老廃物と結合しその排出を促すとされるグルクロン酸等が含まれる。
05-16 10:40

栄養論:GI値は食品に含まれる「炭水化物50g当たりの糖」における血糖値の上がりやすさを比較するので、例えGI値が同程度の食品同士でも「そのGI値の影響を受けるために食べる必要がある重量」は異なる。また加工法や調理法、食品の組合せや順番等によっても血糖値の上がりやすさは変わる事が
05-16 10:16

「かりそめのすがた」という不定期超適当ブログをやっています。→https://t.co/6lWgZ9Tfz1 ご興味のある方はどうぞ。
05-16 10:01

睡眠論:睡眠中は一定の間隔でレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)が繰り返されるが、目覚めを良くするには脳が起きている「レム睡眠」の時に起きる必要がある。具体的には1時間半単位に睡眠時間を調整する事で、ちょうどレム睡眠の時に起きる事ができ、スッキリ目覚める事ができる。
05-16 09:46

食品論:EPAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸。コレステロール・免疫管理、炎症反応緩和等の役割があるとされ、特に血小板凝集抑制が有名。食品では特にシロサケに多く、他ボラ、ウナギ、マグロのトロ、ブリ等に含む。一部αリノレン酸から作られるが不足しやすい。オススメ商品→https://t.co/tFpZW09bXd
05-16 09:40

食事論:ヒジキはビタミンK、カリウム、カルシウム、鉄、ヨウ素を豊富に含む。一方アオサは葉酸、カリウム、マグネシウム、マンガンを豊富に含む。ただしどちらとも塩分も多く含む。その他、ヒジキは発癌性を持つ無機ヒ素を取り込む量が多いとされるが、1週間に30g以上食べなければ問題ないとされ
05-16 09:16

食事論:乳製品由来のカゼイン蛋白に酵素を作用させて得られるのがCPP(カゼインホスホペプチド)。カルシウムはリンと結合しやすく、リンによって吸収が阻害される事もあるが、CPPはその結びつきを抑え、カルシウムの吸収を促す効果があると言われている。尚、リンは食品添加物に多く使われている。
05-16 09:10

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
05-16 09:01

睡眠論:平日休日問わず毎日同じ時間に寝るとそのリズムが刻まれ、いつもの寝る時間になると自然に眠気を感じるようになる。これは毎日のリズムに従って寝るための準備が行われているという事で、その準備を妨害すれば睡眠の質は低下する。寝る前は脳に刺激となる事は避け、静かに寝る準備に従うべし。
05-16 08:46

食品論:クラスターデキストリンは胃を素早く通過し負担が少ない。一方マルトデキストリンより高分子のため吸収は緩やかとなり、急激には血糖値を上昇させずに安定させ、運動中のエネルギー切れを防ぐとされる。運動前中の摂取が適していると思われる。オススメ商品→https://t.co/xtMRluH6nm
05-16 08:40

食事論:お酒に含まれる糖は、例えばビール、日本酒、果実酒、シャンパン等は多く、焼酎、赤ワイン、ウイスキー、ブランデー等は少なめ。ただしアルコールの過剰摂取は中性脂肪の合成を促進するため、いくら普段運動をしていて糖の少ない酒を選んでいても、大量に飲んでしまえば何の意味もない。
05-16 08:16

食品論:マルトデキストリンは胃を素早く通過し負担が少ない。また吸収が速くすぐにエネルギーとして利用可。一方ブドウ糖ほどではないが持続力はなく、大量摂取で血糖値急上昇→インスリン大量分泌→低血糖となる事がある。特に運動前・中は摂取量に注意する。オススメ商品→https://t.co/XhMdv0vQgx
05-16 08:10

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
05-16 08:01

栄養論:蛋白質は体を形作る上で重要な栄養素。特に蛋白質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、9種類のバランスが悪ければいくら体に良い栄養を摂っても蛋白質を効率良く作る事はできない。当然皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない
05-16 07:46

健康論:ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)には食欲を抑制する効果があるとされている他、糖から脂肪への変換を抑制する効果があると言われている。またチャノキ(茶)に含まれるテアニンにも食欲を抑制する効果があるとされている他、リラックス・抗ストレス効果があると言われている。
05-16 07:40

健康論:糖が血液中に溢れると血液がドロドロになり流れにくくなる。その結果毛細血管を詰まらせ末梢細胞が壊死し、進行すれば太い血管及び健康維持に必要な組織でもそれが起こるようになる。更に血管壁が損傷し続ければ、血栓生成及び動脈硬化が進行し、脳梗塞や心筋梗塞等のリスクを高める事になる。
05-16 07:17

食品論:落花生はビタミンB1・B6・E、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維を含み、特にビタミンB1・E、ナイアシン、パントテン酸、マグネシウムに秀でる。蛋白質や脂質(オレイン酸・リノール酸)も多く、ポリフェノールも含む。オススメ→https://t.co/hmIDO2au6V
05-16 07:10

『ニキビを治すための化粧水・保湿液・乳液等』についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/HPHoEg7PNF
05-16 07:01

運動論:有酸素運動の習慣があると、末梢の細胞がより多くの酸素を求めて毛細血管を増やそうとする。毛細血管が増えれば体の隅々にまで血液が届き、細胞へ酸素・栄養・水分が行き渡る。それは冷え性や乾燥の改善にも効果が期待でき、脂肪も燃焼され、健康だけでなく美容にも繋がる。
05-16 06:46

食事論:タウリンはシステインやビタミンB6等から作られ、細胞を正常な状態に維持・調節する機能に関与。全身に存在し特に心臓や肝臓に多く存在、脳では神経伝達物質としての役割もあるとされる。食品ではタコ、イカ、貝類等に多く含む。日本では医薬品扱い。オススメ商品→https://t.co/DgYSxLfuuv
05-16 06:40

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンはセロトニンから作られ、セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られる。つまり極端な食事制限を行ってトリプトファンが減ると、結果として睡眠習慣も乱れやすくなるという事である。それだけ食習慣の乱れと睡眠習慣の乱れは密接に関係している。
05-16 06:16

食品論:DHAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸。コレステロール・血圧管理、炎症反応緩和等の効果があるとされる他、脳や網膜にも存在する。食品ではマグロのトロ、シロサケ、ブリ、サバ、サンマ他特に青魚に多く含む。一部はαリノレン酸から作られるが不足しやすい。オススメ商品→https://t.co/tFpZW09bXd
05-16 06:10

栄養論:脂肪は五大栄養素の1つに数えられる重要な栄養素。特に体内だけでは一から作る事ができない必須脂肪酸はバランス良く摂らなければならない。脂肪と聞くと皮下脂肪や内臓脂肪をイメージするが、様々なホルモンの材料としても使われており健康維持に不可欠である。過度な制限は健康を害すだけ。
05-16 05:46

食事論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にするとされている。特に大豆・卵黄から抽出したレシチンに含まれ、他に成長ホルモン分泌を促す効果があると言われている。またレシチンには脂肪を運搬しやすくするとされるホスファチジルセリンも含まれている。
05-16 05:40

健康論:里芋、筍、生姜、茗荷、ホウレン草等に含まれるシュウ酸はカルシウムと強く結合するため、過剰摂取でカルシウムの吸収を阻害する他、血液凝固作用の低下や結石等の原因になる事がある。尚、敢えて一緒に摂る事で逆にシュウ酸の吸収を抑制する事もできるが、その分カルシウムの必要量は増える。
05-16 05:16

食事論:杜仲茶に含まれるゲニポシド酸は副交感神経へ作用する事で血圧を抑える働きがあると言われている。またアスペルロシドは肝臓内でコレステロール・グリシン・タウリン等から作られる胆汁酸の分泌を促し、それを含む胆汁を小腸へ送って脂肪の代謝を補助する働きがあると言われている。
05-16 05:10

食事論:カロリー制限時は筋肉が萎みやすい。何故なら消費の激しい筋肉を落とし少しでもカロリーを節約、一方エネルギーとして優秀な脂肪の方は優先的に維持しようとするから。すなわちカロリー制限だけでは脂肪よりもまず筋肉が萎み、筋肉が萎む事で基礎代謝が低下、ますます脂肪は減りにくくなる。
05-16 04:46

ニキビ治療:1毎日同時間寝起・同時間食 2枕・顔拭タオル清潔 3.五大栄養素バランス 4.数十分間隔水分栄養補給 5有酸素運動は低強度最低20分~ 6汗かいたら清潔・保湿 7朝夜泡立て優洗顔→即保湿 8湿度管理 9顔触らない 10紫外線対策 11酷くなる前に皮膚科 参考→https://t.co/nVx9sRbY3U
05-16 04:40

栄養論:ナトリウムは細胞の浸透圧を調節しカリウムを取り込む事で自身を外へ出す。特に体温調節、筋肉収縮、神経伝達に必要。ただし多くの食品に含まれ、過剰摂取で浮腫・高血圧・動脈硬化等のリスク高。抑える必要はあるが、大量発汗で一時的に不足し筋痙攣や熱中症等が起こりやすくなる。
05-16 04:16

ジャイロボール適当指南書→https://t.co/TTQUUV0ZKW
05-16 04:01

健康論:1歳以降まで皮膚疾患が長引くと肌のバリア機能が低下し、外界から入る様々な物に対し抗体を作ってしまう。この間は免疫機能発達に重要で、それが将来的なアレルギー・炎症体質及びそれに伴う偏った食習慣に繋がると言われている。皮膚疾患はできるだけ早い時期に治療しておくべきである。
05-16 03:46

食品論:カルニチンは筋肉に存在し脂肪酸運搬に関与、一部は脳内で使われ神経伝達をスムーズにするとされる。必須アミノ酸のリジンから作られるが加齢により不足する事がある。食品では赤身肉や赤身魚に多く含む。サプリでは1日1~3gを起床時や運動前に。オススメ商品→https://t.co/wF6NqOGNFX
05-16 03:40

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンは性ホルモンの分泌を安定化させるため、女性ホルモンの分泌が改善すれば脂肪の代謝も改善される。また脂肪の代謝が改善されると胸に脂肪が集まるようになり、胸以外に偏って脂肪が蓄積する事も抑えられる。その上で筋肉を鍛えれば太って見える事はなくなる。
05-16 03:16

「忙しい人のための勉強法」というサイトを運営しています→ https://t.co/o8LlyMEcL1 ご興味のある方はどうぞ。
05-16 03:01

健康論:関節付近にある組織の配置がずれ、互いに擦れたり関節に挟まったりして炎症を繰り返す事をインピンジメント症候群と呼ぶ。同じ姿勢で長時間いると大きな筋肉が凝り固まるが、それを他の小さな筋肉で無理矢理カバーする習慣があると起こる事がある。日常的に筋肉を動かし血流を促す事が重要。
05-16 02:46

食品論:マルトデキストリンは胃を素早く通過し負担が少ない。また吸収が速くすぐにエネルギーとして利用可。一方ブドウ糖ほどではないが持続力はなく、大量摂取で血糖値急上昇→インスリン大量分泌→低血糖となる事がある。特に運動前・中は摂取量に注意する。オススメ商品→https://t.co/XhMdv0vQgx
05-16 02:40

栄養論:アルコール処理能力は生まれつきであり、いくらたくさん飲んでも鍛える事はできない。慣れたと感じるのは単に鈍感になっただけで、大量に飲む習慣が続くほど臓器に負担が蓄積していく。またアルコールはDNAを傷つけ癌のリスクを高めると言われている。無理して飲んでも自分の首を絞めるだけ
05-16 02:16

「視力を維持・回復する方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/pFuYJnFBsc ご興味のある方はどうぞ。
05-16 02:01

栄養論:健康維持には五大栄養素をバランス良く摂る事が大前提で、それを地道に積み重ねる事で体質は改善する。健康に良いとされる食品や栄養素にばかり集中し、逆に糖や脂肪等を極端に制限すれば結局どちらも栄養は偏り、自分が気づかぬ内に健康を害す。積み重ね方次第で体質は良くも悪くもなる。
05-16 01:46

食品論:クルミには蛋白質、脂質(α-リノレン酸・リノール酸)、ビタミンB1・B6、葉酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維が豊富に含まれており、特にこの内では脂質とマンガンに秀でている。オススメの商品はこちらから→https://t.co/D0ejy7sc0h
05-16 01:40

ニキビ治療:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に洗う。洗い過ぎは逆効果、決して強く押したり擦ったり手で直接触らない。また洗顔後は乾燥しやすいため、可能な限り早く保湿を行って外側からのケア、日常的な水分・栄養補給・腸内環境改善・ストレス管理を行う等、内側からのケアも重視すべき。
05-16 01:17

身長を伸ばす:睡眠に関わるメラトニンは性ホルモンを安定化させ、思春期中のホルモンバランスを整える。睡眠の乱れが伸びを悪化させる一つの理由がこれである。またメラトニンはアミノ酸から作られるため、食習慣の乱れも伸びを悪化させる。女性ホルモンの影響を受ける女性ではそれが顕著に現れる。
05-16 00:46

腹筋を割る:1毎日同時間寝起・食事 2.五大栄養素バランス良く 3特に中臀筋・広背筋も鍛える 4筋トレは負荷増・回数減・短時間 5有酸素運動は低強度最低20分~ 6体重より体脂肪率を注視 7最低週ニは休養 8腹筋だけ割るとスタイル悪化・全身バランス良く鍛える 参考→https://t.co/mlCynzWMaZ
05-16 00:40

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の動作中では使えない。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルも変化しやすい。そういう意味では「筋肉が上手く使えていない」と言える。
05-16 00:16

食品論:カルノシンは筋肉に多く存在し、乳酸を分解する酵素の活性に関与するとされる。また糖化生成物の合成を抑え、酸化ストレスから細胞を保護するとされる。食品では特に鶏胸肉に多く含む。尚、カルノシン材料のβ-アラニンが痒みをもたらす事がある。オススメ商品→https://t.co/h1dWxblAAt
05-16 00:10

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト