SaruyaMichael2

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが、食物繊維も分類上は炭水化物。食物繊維は消化酵素では分解できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その一部と腸内細菌でも殆ど分解できない不溶性繊維が便の元になる。尚、炭水化物の中で食物繊維を除く糖を糖質、糖質の中で二糖類と単糖類を糖類と言う。
07-07 23:55

栄養論:脂肪酸は炭素分子の鎖が長い順に長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸に分けられ、その内、炭素の二重結合がないものを飽和脂肪酸、あるものを不飽和脂肪酸と呼ぶ。更にその不飽和脂肪酸の内、炭素の二重結合が1つのものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸と呼ぶ。
07-07 23:25

栄養論:カリウムは筋肉収縮制御・ナトリウム排出等に関わる。塩分の過剰摂取及び大量発汗時に必要量が増え、不足すると高血圧・筋痙攣・熱中症等が起こりやすくなる。オススメの食品はアボカド、アマランサス、シソ、ホウレン草、キクラゲ、椎茸、大豆製品、里芋、サツマイモ、海藻類、ナッツ類等。
07-07 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
07-07 23:01

バストアップ:思春期以降は全身の脂肪量の増減に伴い胸の大きさが変わるだけ。よって思春期中にどれだけ女性ホルモンの分泌を安定化させ、その分泌量を増やすかがバストアップには特に重要である。それには思春期以前から規則的な生活習慣を積み重ねるしかなく、食事制限等ダイエットは逆効果である。
07-07 22:55

今回とは直接関係ないらしいけどプレート境界のスロースリップまだ続いてんのかよ・・・
07-07 22:42

食事論:寿命に関わるとされるサーチュイン遺伝子は節制した生活習慣により活性化されると言われる他、葡萄皮(特に赤ワイン)等に含むポリフェノールの一種レスベラトロールによっても活性化すると言われる。尚、ポリフェノールは抗酸化作用があるとされるが、過剰摂取で臓器に負担をかける事がある。
07-07 22:39

ニキビ治療:ニキビ跡に効果があるとされる成分だが、安価な市販薬に含まれる殆どの成分は皮膚奥深くにある傷に届かない。ニキビ跡は基本的に美容皮膚科で保険適用外の治療を受けるしかなく、酷くなる前の治療・予防が重要。尚、跡になる前なら保険治療を受ける事ができるが意外と知られていない。
07-07 22:25

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
07-07 22:01

健康論:1日3食=7日で21回、30日=90回、365日=1095回。1日8時間睡眠=7日で56時間、30日=240時間、365日=2920時間。1日1時間運動=7日で7時間、30日=30時間、365日=365時間。1年にこれだけ体質を変える機会があり全て有効活用すべきである。
07-07 21:55

身長を伸ばす:骨の芯にある骨基質には蛋白質の一種であるコラーゲンが、外側へかけては骨塩という円柱構造があり、そこにカルシウムやマグネシウム等ミネラルが使われる。つまり骨を作るにはカルシウムよりもコラーゲンの材料となるアミノ酸とビタミンCが必要。オススメ→https://t.co/QJo6VEBbYW
07-07 21:39

健康論:関節付近にある組織の配置がずれ、互いに擦れたり関節に挟まったりして炎症を繰り返す事をインピンジメント症候群と呼ぶ。同じ姿勢で長時間いると大きな筋肉が凝り固まるが、それを他の小さな筋肉で無理矢理カバーする習慣があると起こる事がある。日常的に筋肉を動かし血流を促す事が重要。
07-07 21:25

食品論:黒キクラゲはビタミンD、鉄(白の8倍)、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガンを豊富に含む。一方、白キクラゲはビタミンD(黒の2倍)、カルシウム、カリウム(白の1.5倍)を豊富に含む。どちらも蛋白質・脂肪が少なくカロリーも低い。オススメ商品はこちら→https://t.co/r9A9y7R8qE
07-07 21:09

【定期】ブログ『体質を改善したい人のための知識集』の全記事一覧です。健康・筋トレ・ダイエット等、体に関する悩みにご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/AarD4H53VN #ダイエット #美容
07-07 21:01

ニキビ治療:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に洗う。洗い過ぎは逆効果、決して強く押したり擦ったり手で直接触らない。また洗顔後は乾燥しやすいため、可能な限り早く保湿を行って外側からのケア、日常的な水分・栄養補給・腸内環境改善・ストレス管理を行う等、内側からのケアも重視すべき。
07-07 20:55

食品論:ピスタチオにはビタミンB1・B6、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、マンガン、食物繊維が豊富に含まれ、この内では特にビタミンB1・B6に秀でている。尚、蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸)も豊富で栄養価が高い。オススメ商品→https://t.co/2BlSBwniMf
07-07 20:39

M6か、そりゃ揺れるわ
07-07 20:30

久々に恐怖感じる地震だった
07-07 20:28

今の地震はやばかった・・・
07-07 20:26

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の動作中では使えない。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルも変化しやすい。そういう意味では「筋肉が上手く使えていない」と言える。
07-07 20:25

筋トレ論:高強度・長時間の運動は筋肉を分解しやすいが、BCAAやグルタミン等の摂取で抑制可。BCAA(1回5~10g)を運動前中等、グルタミン(1回5~10g)を運動後に摂取。またグルタミンは起床後や就寝前等空腹時を予測し5g程度を摂取すると良いかもしれない。オススメ商品→https://t.co/co4b3EG9yY
07-07 20:09

サプリメントやハーブなどに関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ。→https://t.co/lL0ssbZeFB #ダイエット #健康 #筋トレ
07-07 20:01

身長を伸ばす:睡眠に関わるメラトニンは性ホルモンを安定化させ、思春期中のホルモンバランスを整える。睡眠の乱れが伸びを悪化させる一つの理由がこれである。またメラトニンはアミノ酸から作られるため、食習慣の乱れも伸びを悪化させる。女性ホルモンの影響を受ける女性ではそれが顕著に現れる。
07-07 19:55

食品論:ヘンプシード(麻の実)は蛋白質、脂質(リノール酸・α-リノレン酸等)、ビタミンE、マグネシウム、カリウム、リン、鉄、亜鉛、食物繊維を豊富に含む。この内では特に脂質とリンに秀でている他、蛋白質は大豆には及ばないが高い含有量を誇っている。オススメ商品→https://t.co/wVjqK8LCCb
07-07 19:39

身長を伸ばす:毎日同じ時間に寝起きする規則的な睡眠習慣を続ければ、メラトニンというホルモンの分泌を促す事ができる。メラトニンには性成熟を抑制し思春期を遅らせる作用があるとされ、分泌されるだけで「身長を伸ばす事のできる期間」を延長できる。それにより最終的な身長の結果も改善される。
07-07 19:25

食品論:フラックスシード(亜麻の種子)には蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、ナイアシン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガン等が豊富に含まれている。尚、亜麻仁油ほどではないが、脂質の多くはα-リノレン酸である。オススメ商品→https://t.co/rGQahd8JVb
07-07 19:09

筋トレ系サプリメントの摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/4pPXjTcNHp #ダイエット #健康 #筋トレ
07-07 19:01

食事論:牡蠣にはビタミンB12、亜鉛、銅、ヨウ素がいずれも豊富に含まれる。特に亜鉛が豊富で、5個程度食べるだけでも1日の必要量を補給できる。そのため食中毒とは別に亜鉛中毒のリスクが高い。また同じく銅も豊富で、銅中毒のリスクがある。栄養価は高いがたくさん食べれば良いという訳ではない
07-07 18:55

食品論:マカはビタミンB群(特にビタミンB1)、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛等を豊富に含むとされる。また蛋白質も含まれ、必須アミノ酸やアルギニン等様々な種類のアミノ酸を含むとされる。ただしミネラルの過剰摂取には十分注意。オススメ商品→https://t.co/KptI3vZPu0
07-07 18:39

睡眠論:入眠後1時間以内でノンレム睡眠、その後1時間程度でレム睡眠、以降レム睡眠は1時間半周期で現れる。成長ホルモンの分泌量はレム睡眠直後のノンレム睡眠(浅い段階)や入眠後3時間以内に増えるとされ、それを促すには睡眠環境を整える事が重要。特に寝る前の脳を刺激する行動には注意すべし
07-07 18:25

食品論:糖枯渇時は脂肪酸がケトン体材料になり、糖の代わりに利用される。中鎖脂肪酸は一般的な食品に含む長鎖脂肪酸より素早く代謝、エネルギーに利用されやすい。特にココナッツ油(MCTオイル)に含み、1回5g程度を小分けにして摂取。ただし加熱調理には適さない。商品→https://t.co/urGutePyJn
07-07 18:09

プロテインの摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/VccbbxVJ5e #ダイエット #健康 #筋トレ
07-07 18:01

健康論:1歳以降まで皮膚疾患が長引くと肌のバリア機能が低下し、外界から入る様々な物に対し抗体を作ってしまう。この間は免疫機能発達に重要で、それが将来的なアレルギー・炎症体質及びそれに伴う偏った食習慣に繋がると言われている。皮膚疾患はできるだけ早い時期に治療しておくべきである。
07-07 17:55

栄養論:ビタミンDは紫外線を浴び脂肪から合成でき、15分程度浴びれば十分とされる。尚、カルシウムの吸収を促したり免疫細胞を活性化させるとされ、25~50μgを別途補給しても問題は少ない。食品ではシラス干し、ニシン、イワシ、白キクラゲ等に多く含む。オススメ商品→https://t.co/mOrLoqumK1
07-07 17:39

健康論:酵素は分類上蛋白質の一種。摂取した蛋白質は基本的にアミノ酸まで分解してから吸収される。つまりいくらたくさん酵素を摂っても酵素がそのままの形で吸収・利用・活動する訳ではないため過信は禁物である。蛋白質を多く含む肉、魚、乳、大豆、卵等に抵抗がないならそちらを食べた方が良い。
07-07 17:25

バストアップ:1毎日同時間寝起・同時間食 2.五大栄養素バランス 3.食制限・特定栄養素集中は逆効果 4筋トレは短時間 5胸筋より背筋 6胸揺らさない 7適切サイズの衣服 8肩甲骨周囲ストレッチ 9周囲リンパマッサージ 10恋・ストレス管理 11内からのケア重視 参考→https://t.co/Gd4lsZQw5r
07-07 17:09

いわゆる「スーパーフード」に関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ。→https://t.co/RlOmO1Mhbh #ダイエット #健康 #筋トレ
07-07 17:01

身長を伸ばす:「リン」は骨を形作るために必要なミネラルだが、カルシウムやマグネシウムと強く結び付き、過剰摂取で逆に骨からカルシウムやマグネシウムを溶け出させるとされる。加工食品全般に含まれており意識せずとも摂取できるので、できるだけ手料理をしリンを摂り過ぎない事が重要である。
07-07 16:55

5-htp(ヒドロキシトリプトファン)はセロトニンの材料に、またそのセロトニンは睡眠に関与するメラトニンの分泌に必要となる。尚、5-htpは大量摂取で不要な疲労感や下痢に繋がる事もあり摂取量は注意。またメラトニンやセロトニンの合成にはビタミンB6等も必要。関連商品→https://t.co/2AFgqZmfC7
07-07 16:39

食事論:一度にたくさん頬張ったり早食いをすると食物と一緒に大量の空気も飲み込んでしまう。その空気はゲップやオナラ等として外へ出るが、腸内に増え過ぎると下痢や便秘等の原因になる事がある。また歯並び悪化や舌・喉の筋肉が弱い事でも飲み込む空気の量が増え、腸内環境が悪化する事がある。
07-07 16:25

食品論:アーモンドはビタミンB1・B2・ナイアシン、ビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、食物繊維を含み、特にビタミンB2、ビタミンE、マグネシウムに秀でる。他、蛋白質や脂質(オレイン酸等)が多く、ポリフェノールも含まれる。オススメ商品→https://t.co/twyCvZ4vNL
07-07 16:09

ニキビなどの肌の悩み、及びその対策法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CbJOzM2B96 #健康 #ニキビ
07-07 16:01

食事論:乳製品には乳糖と呼ばれる糖が含まれており、人によってはそれが原因で消化不良や下痢等を起こす事がある。これは乳糖を分解するための消化酵素の能力に個人差が大きく、また年齢を重ねた際にその酵素の能力が弱まる事があるためである。尚、これは乳アレルギーとは別のため注意が必要。
07-07 15:55

健康論:アストラガルス(キバナオウギ)にはイソフラボン誘導体で性ホルモン分泌を調節するとされるフォルモノネチン、サポニンの一種で抗酸化作用があるとされるアストラガロシドやクマリン、リラックス効果があるとされるGABA、老廃物と結合しその排出を促すとされるグルクロン酸等が含まれる。
07-07 15:39

身長を伸ばす:女性ホルモンは骨端線を閉鎖させ、伸び始めるのも止まるのも早くなる。別の言い方をすれば思春期を迎えるのが早いほど最終的な身長は低くなり、女性ではそれが顕著に現れる。特に小さい頃から続ける食事制限の事しか考えないダイエットは骨端線の閉鎖を早め、伸びを著しく悪くする。
07-07 15:25

食品論:アマニ油の脂肪酸は飽和(パルミチン酸やステアリン酸等)が10%前後、一価不飽和(オレイン酸)が20%前後、多価不飽和が60~70%(リノール酸15%前後、α-リノレン酸55%前後)。必須であるω-3のα-リノレン酸が特徴的だが熱に弱く酸化されやすい。オススメ商品→https://t.co/dTvT5oLwk7
07-07 15:09

アーモンドなど「ナッツ類」に関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ。→https://t.co/aAVFRgdBHN #ダイエット #健康 #筋トレ
07-07 15:01

健康論:里芋、筍、生姜、茗荷、ホウレン草等に含まれるシュウ酸はカルシウムと強く結合するため、過剰摂取でカルシウムの吸収を阻害する他、血液凝固作用の低下や結石等の原因になる事がある。尚、敢えて一緒に摂る事で逆にシュウ酸の吸収を抑制する事もできるが、その分カルシウムの必要量は増える。
07-07 14:55

食事論:ビタミンB1は特に糖の代謝に関わる酵素を補助。不足すると脳や筋肉の動きが鈍くなり単純に疲れやすくなる。特に豚肉に多く含み、他ウナギ、鶏レバー等にも含む。尚、腸内でも一部作る事ができ、ニンニクや柑橘系果物を同時に食すとより効果が高まる。オススメ商品→https://t.co/DBZW8Re6qW
07-07 14:39

筋トレ論:数日~数週間程度中断する事をレイオフやディトレーニング等と呼ぶ。長期間続けてきた人ほど筋力低下は緩やかに進行するため、精神的な休養期間が有効となる場合もある。尚、完全休養ももちろん良いが、筋力低下を防ぐには減少トレ(強度は維持、時間・量・頻度は低下させる)が有効。
07-07 14:25

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
07-07 14:01

半身浴:体温調節機能向上や老廃物排出等により新陳代謝促進等が期待できる。しかし運動を伴わないため半身浴そのものに脂肪燃焼効果はない。また大量発汗のため保湿・水分・栄養補給を怠れば逆に乾燥・脱水を招く。元は心臓の弱い人や高齢者向けの入浴法であり、健康な若い人が行う理由は特にない。
07-07 13:55

食品論:モリンガ(葉)にはβカロテン、ビタミンB1・B2・B6・C・K、ナイアシン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、食物繊維がいずれも豊富に含まれ、特にこの内ではアミノ酸の代謝・神経伝達に関与するとされるビタミンB6に秀でている。オススメの商品はこちらから→https://t.co/DtSMA3hK7X
07-07 13:39

腹筋を割る:単純に筋肉を鍛えて脂肪を減らせば腹筋は割る事ができる。ただし腹筋を割る事にだけ固執すると、どうしても他の部位が疎かになり、全体としてスタイルは悪くなってしまう。お腹だけでなく腕、肩、胸、背中、尻、太もも、ふくらはぎ等全身のバランスを考えながら鍛えていく事が重要。
07-07 13:25

「身長を伸ばすためのプロテインとサプリメント」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/ejJHtkWYNF
07-07 13:01

栄養論:アルコール処理能力は生まれつきであり、いくらたくさん飲んでも鍛える事はできない。慣れたと感じるのは単に鈍感になっただけで、大量に飲む習慣が続くほど臓器に負担が蓄積していく。またアルコールはDNAを傷つけ癌のリスクを高めると言われている。無理して飲んでも自分の首を絞めるだけ
07-07 12:55

筋トレ論:SSCは筋肉が勢い良く伸ばされた際反射的に縮もうとする機能。通常筋トレは反動NGとされるが、SSC利用では低負荷で伸展→収縮の切替を素早く行うため反動があるように見える。しかし実際の動作でも反動や勢いにより力を発揮する事が多くパフォーマンス向上に繋がる可能性がある。
07-07 12:39

栄養論:常温で液体の油、常温で固体かつ動物性の脂、その油と脂を合わせた油脂は脂肪とほぼ同じ。また脂質は脂肪に加え「脂肪のように脂溶性を持つ物質(コレステロール、植物性ステロール、脂溶性ビタミン、リン皮質等)」の総称の事、脂肪酸はそれぞれの脂質を構成する材料の総称の事を言う。
07-07 12:25

食品論:クコの実は糖、蛋白質、カロテノイド、ビタミンB1・B2、カリウム、鉄、食物繊維等を豊富に含むとされ、この内カロテノイド、B2、カリウム、鉄に秀でる。コレステロール値に関わるβ-シトステロールを含むとされるが、ベタインを含むため妊娠中は避ける。オススメ商品→https://t.co/78jDksPh8N
07-07 12:09

糖質制限ダイエットについてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/r7xTEi1HqA #ダイエット #健康 #筋トレ
07-07 12:02

栄養論:ナトリウムは細胞の浸透圧を調節しカリウムを取り込む事で自身を外へ出す。特に体温調節、筋肉収縮、神経伝達に必要。ただし多くの食品に含まれ、過剰摂取で浮腫・高血圧・動脈硬化等のリスク高。抑える必要はあるが、大量発汗で一時的に不足し筋痙攣や熱中症等が起こりやすくなる。
07-07 11:55

食品論:カボチャの種にはビタミンB1・E、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維が豊富に含まれ、この内特にカリウム、マグネシウム、亜鉛、食物繊維に秀でている。尚、蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸)も豊富で栄養価が高い。オススメ商品→https://t.co/unrfEMSvAK
07-07 11:39

半身浴:体温調節機能向上や老廃物排出等により新陳代謝促進等が期待できる。しかし運動を伴わないため半身浴そのものに脂肪燃焼効果はない。また大量発汗のため保湿・水分・栄養補給を怠れば逆に乾燥・脱水を招く。元は心臓の弱い人や高齢者向けの入浴法であり、健康な若い人が行う理由は特にない。
07-07 11:25

食事論:リンゴの皮に含まれるウルソル酸やグリーントマトに含まれるトマチジンには、蛋白質の合成・分解に関与する酵素の働きを活性化させる作用があるとされ、それにより筋力の維持向上や脂肪燃焼補助等の効果があると言われる。ただし食品から効果を得るには相当量食べねばならず現実的ではない。
07-07 11:09

健康に関する悩みやその対策法に関する記事をまとめています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/IF4EWY9iio #ダイエット #健康
07-07 11:01

食事論:一度にたくさん頬張ったり早食いをすると食物と一緒に大量の空気も飲み込んでしまう。その空気はゲップやオナラ等として外へ出るが、腸内に増え過ぎると下痢や便秘等の原因になる事がある。また歯並び悪化や舌・喉の筋肉が弱い事でも飲み込む空気の量が増え、腸内環境が悪化する事がある。
07-07 10:55

脂肪の少ない魚:カワハギ、アンコウ(肝を除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等。脂肪の少ない貝・甲殻類他:タコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等。
07-07 10:39

健康論:糖が血液中に溢れると血液がドロドロになり流れにくくなる。その結果毛細血管を詰まらせ末梢細胞が壊死し、進行すれば太い血管及び健康維持に必要な組織でもそれが起こるようになる。更に血管壁が損傷し続ければ、血栓生成及び動脈硬化が進行し、脳梗塞や心筋梗塞等のリスクを高める事になる。
07-07 10:25

健康論:ボスウェリアセラータ(植物)に含まれるボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエンの合成を抑制する作用があると言われている。尚、ロイコトリエンはリノール酸から作られるアラキドン酸から作られるが、実はリノール酸もアラキドン酸も必須脂肪酸である。
07-07 10:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
07-07 10:01

栄養論:脂肪酸は炭素分子の鎖が長い順に長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸に分けられ、その内、炭素の二重結合がないものを飽和脂肪酸、あるものを不飽和脂肪酸と呼ぶ。更にその不飽和脂肪酸の内、炭素の二重結合が1つのものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸と呼ぶ。
07-07 09:55

睡眠論:睡眠に関わるセロトニンは腸にも存在しており、蠕動活動を活発化させる。しかしストレス等により過剰に増えると下痢になり、極端に減ると便秘になる。便通を改善するのに食物繊維や発酵食品等を大量に摂る人は多いが、まず睡眠習慣を改善し、ストレス管理を行った方が腸内環境は改善される。
07-07 09:25

食品論:カシューナッツはビタミンB1・B6、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガン、食物繊維が豊富に含まれ、特にマグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンに秀でる。蛋白質・脂質(オレイン酸等)も豊富で、β-シトステロールを含むとされる。オススメ商品→https://t.co/4PShvR0wIW
07-07 09:09

健康論:日本人は遅筋割合が平均的に高いが速筋遅筋の割合は生まれつきで鍛えても変わらない。つまり生まれた瞬間向き・不向きが決まる事になる。ただしそれは見た目だけでは判断できない。速筋遅筋の割合を気にする権利を持つのは、その割合が影響するほどにまで自分を追い込んでいる人だけである。
07-07 08:55

食品論:EPAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸。コレステロール・免疫管理、炎症反応緩和等の役割があるとされ、特に血小板凝集抑制が有名。シロサケ(イクラ)に多く含み、他ボラ、ウナギ、マグロのトロ、ブリ等に含む。一部αリノレン酸から作られるが不足しやすい。オススメ商品→https://t.co/tFpZW09bXd
07-07 08:39

身長を伸ばす:牛乳をいくらガブ飲みしても栄養が偏り逆効果。牛乳に含まれる栄養だけでは身長は伸びない。栄養があるからと1つの食品に固執するのではなく、様々な食品を組み合わせる事が重要。特に優先するのは蛋白質とビタミンCで、肉・魚・卵等動物性食品及び緑黄色野菜をバランス良く食べるべき
07-07 08:25

筋トレ論:筋肉は「伸ばされながら力を発揮する」時に大きなストレスがかかる。つまりそれを意識すればより大きなストレスを与える事ができ、効果的なトレになる。尚、伸ばされながら力を発揮する際に起こる怪我(肉離れ等)の予防にもなるが、扱う負荷の大きさには注意が必要。筋肉痛にもなりやすい。
07-07 07:55

食事論:甜菜、不断草、ビーツ等に含まれるベタイン(トリメチルグリシン)は血栓生成を抑制し、血管の健康を維持する作用があるとされる。また関節や筋肉の蛋白質の構造を安定化させ、筋力を維持する効果(クレアチン併用により効果が高まる)があるとされる。他、血圧を調節する作用があるとされる。
07-07 07:39

ダイエット論:糖質制限初期は脂肪分解が本格化しておらず安心してはいけない。少なくとも1~2週間は様子を見るべき。ただし脂肪分解が本格化すると臓器に負担がかかるため、1ヶ月を目途に糖質を適切な量まで戻していく必要がある。何ヶ月も制限し続けると臓器の機能が落ち、逆に健康を害す事もある
07-07 07:25

食事論:グロビンを酵素分解して抽出されるグロビンペプチドは、脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、脂肪の吸収を阻害する作用があると言われている。また血液中にある中性脂肪を分解する酵素の働きを促す事で、その蓄積を抑える作用があると言われている。摂取は食事の内容を見て食後に。
07-07 07:09

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→ https://t.co/ZjUIHAKtmz
07-07 07:01

食事論:昆布はビタミンB1、葉酸、ビタミンK、マグネシウム、カリウム、鉄、ヨウ素を豊富に含む。一方ワカメはβカロテン、葉酸、ビタミンK、マグネシウム、マンガン、ヨウ素をいずれも豊富に含む。昆布の方が全体的な栄養価は高いがどちらも低カロリー。ただしどちらも塩分は多いので注意。
07-07 06:55

栄養論:カリウムは筋肉収縮制御・ナトリウム排出等に関わる。塩分の過剰摂取及び大量発汗時に必要量が増え、不足すると高血圧・筋痙攣・熱中症等が起こりやすくなる。オススメの食品はアボカド、アマランサス、シソ、ホウレン草、キクラゲ、椎茸、大豆製品、里芋、サツマイモ、海藻類、ナッツ類等。
07-07 06:39

栄養論:インスリンで血糖値が下がる際は糖と一緒にアミノ酸も細胞へ取り込むため、運動直後は吸収の速い糖と一緒に摂る事でアミノ酸を効率良く吸収できる。尚、糖やアミノ酸を消費した状態でなければ、いくら栄養を摂っても取り込まれず溢れるだけであり、それはいずれ脂肪として蓄積してしまう。
07-07 06:25

食品論:マカはビタミンB群(特にビタミンB1)、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛等を豊富に含むとされる。また蛋白質も含まれ、必須アミノ酸やアルギニン等様々な種類のアミノ酸を含むとされる。ただしミネラルの過剰摂取には十分注意。オススメ商品→https://t.co/KptI3vZPu0
07-07 06:09

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
07-07 06:01

食事論:お酒に含まれる糖は、例えばビール、日本酒、果実酒、シャンパン等は多く、焼酎、赤ワイン、ウイスキー、ブランデー等は少なめ。ただしアルコールの過剰摂取は中性脂肪の合成を促進するため、いくら普段運動をしていて糖の少ない酒を選んでいても、大量に飲んでしまえば何の意味もない。
07-07 05:55

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られる。ただし代謝効率は悪く、HMBは1日3~5g(小分け)とされるがロイシンの場合60g以上必要。個人差も大きいとされるがHMBから摂る方が効率的だと思われる。尚、クレアチン・ビタミンD摂取で効果が高まるとされる。オススメ商品→https://t.co/kyREShSaz4
07-07 05:39

筋肉論:蛋白質のミオシン・アクチンはフィラメントを構成し、それぞれが間に入り込む事で筋肉が収縮する。またフィラメントはZ膜で区切られ、区切り~区切りを筋節(サルコメア)、筋節が連なった筋原繊維、それが束になった筋線維(筋細胞)、更に束になり筋線維束、最後に束になり筋肉になる。
07-07 05:25

食品論:ビタミンCは水溶性であり熱やストレスに弱く気づかぬ内に失われている。毎日毎食毎に補給、更に言えば2~3時間毎に補給した方が良い。尚、脂溶性ビタミンCもあり、こちらは通常より緩やかに吸収されるため、1日1~2gを朝晩分けて補給するだけで済む。オススメ商品→https://t.co/zP2OIM1mxQ
07-07 05:09

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたサイトを運営しています→ https://t.co/F4Bp4svDZ5
07-07 05:01

健康論:関節付近にある組織の配置がずれ、互いに擦れたり関節に挟まったりして炎症を繰り返す事をインピンジメント症候群と呼ぶ。同じ姿勢で長時間いると大きな筋肉が凝り固まるが、それを他の小さな筋肉で無理矢理カバーする習慣があると起こる事がある。日常的に筋肉を動かし血流を促す事が重要。
07-07 04:55

食品論:ペカンナッツ(ピーカンナッツ)は蛋白質、脂質(オレイン酸・リノール酸)、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維が豊富に含まれ、特に脂質、ビタミンE、マンガンに秀でる。他、β-シトステロールを含むとされる。オススメ商品→https://t.co/fURUTLRhxf
07-07 04:39

筋肉論:上腕二頭筋収縮時には裏の上腕三頭筋が伸ばされ、上腕三頭筋収縮時は上腕二頭筋が伸ばされる。このように収縮する筋肉を主働筋、伸ばされる筋肉を拮抗筋と呼ぶ。拮抗筋がスムーズに伸ばされないと主動筋の動きも鈍くなるため、主働筋で大きな力を発揮するには拮抗筋の筋力・柔軟性が重要。
07-07 04:25

食事論:共役リノール酸(CLA)は脂肪をエネルギーへ変える酵素を活性化する他、中性脂肪から脂肪酸を放出する酵素を抑制し、脂肪細胞へ取り込まれる脂肪酸の量を抑えるとされる。尚、通常の動物性脂肪には僅かしか含まれない。サプリは朝食後・運動前に1~2g程度。商品→https://t.co/Uije14UD7X
07-07 04:09

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたサイトを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
07-07 04:01

健康論:自律神経には交感と副交感があり、交感は運動等活動時、副交感は睡眠等休息時に自動的に働く。ただし一方だけ働く事はなく、交感が興奮時は副交感が抑え、副交感が興奮時は交感が抑え、常に互いにバランスを取り合っている。ストレス等で敏感になるとその反応が頻繁に起こり疲労する。
07-07 03:55

食品論:フラックスシード(亜麻の種子)には蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、ナイアシン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガン等が豊富に含まれている。尚、亜麻仁油ほどではないが、脂質の多くはα-リノレン酸である。オススメ商品→https://t.co/rGQahd8JVb
07-07 03:39

食事論:よく噛んで食べるとレプチンが分泌され満腹感が得られる。つまり最低限の食事量でも十分満腹感が得られ、自然と食事量も減るため肥満を未然に防ぐ事ができる。またよく噛むと唾液が分泌されるため虫歯予防にもなり、小さい頃から続けていれば顎の正常な発達により滑舌・歯列改善にも繋がる。
07-07 03:25

食品論:ホエイプロテインは吸収が速く、運動後等の栄養補給に適している。インスリンは糖と共にアミノ酸等を細胞へ取り込むため、糖と一緒に摂ると良い。量は普段の食事と合わせて1日体重kg×1~2g程度、不足分をプロテインで1回30~40g程度に分けて補給。オススメ商品→https://t.co/MrWOTi8lwc
07-07 03:09

健康論:1日3食=7日で21回、30日=90回、365日=1095回。1日8時間睡眠=7日で56時間、30日=240時間、365日=2920時間。1日1時間運動=7日で7時間、30日=30時間、365日=365時間。1年にこれだけ体質を変える機会があり全て有効活用すべきである。
07-07 02:55

食品論:ナイアシンは特にエネルギー代謝における酵素の補助として必須。食品ではマグロ、カツオ、レバー、魚卵、鶏肉、ピーナッツ等に含む。一部トリプトファンから変換されるが、アルコール摂取量増=必要量増。過剰摂取で一時的に皮膚紅潮が起こる。オススメ商品→https://t.co/FXsMSKcM5Z
07-07 02:39

健康論:関節や筋肉等に炎症・痛みがある場合、患部のケアばかり考えると逆に悪化する事が多い。これはその原因が患部から遠い所にもあるかもしれないからである。重要なのは患部より遠い所から順にケアし、最終的に患部付近へ到達させる事。無論食事や睡眠等内側からのケアも疎かにしてはならない。
07-07 02:25

健康論:クマコケモモ(ウワウルシ)にはアルブチンが含まれ、メラニン色素の合成を抑制する作用の他、利尿作用があると言われている。またポリフェノールの一種であるエラグ酸を含み、これには殺菌・抗酸化作用があるとされているが、お茶類に含まれるカテキンによりその効果は阻害される。
07-07 02:09

栄養論:蛋白質は体を形作る上で重要な栄養素。特に蛋白質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、9種類のバランスが悪ければいくら体に良い栄養を摂っても蛋白質を効率良く作る事はできない。当然皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない
07-07 01:55

食品論:グラスフェッドバターは脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)を含む他、通常のバターより不飽和脂肪酸が多く、α-リノレン酸や共役リノール酸を含むとされる。ただし通常のバター同様飽和脂肪酸も豊富であり、不飽和脂肪酸は熱に弱く酸化されやすい。オススメ商品→https://t.co/2xRidjeKic
07-07 01:39

健康論:煙草に含むニコチンは覚醒剤に匹敵するほど強い依存性があると言われる。また消化酵素過剰分泌、毛細血管の過度な収縮、ビタミンC破壊、アドレナリン分泌・血糖値上昇による食欲減衰等も起こる事がある。尚、煙草に含まれるタールでは悪性腫瘍等、一酸化炭素では動脈硬化等が起こる事がある。
07-07 01:25

筋トレ論:加圧ではセット間も血流制限するため内出血・血栓・活性酸素増殖等リスクがある。一方BFRは圧を弱めセット間は血流制限しない。負荷や反復数は増えるがリスク軽減可。最大重量20~40%を3~4セット、1セット30秒を目安。尚、通常の高強度トレ後BFRを行うとより効果が高まるとされる。
07-07 01:09

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
07-07 01:01

ジャンプ力:筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮もうとする。それを利用すれば助走の勢いを無駄なく伝える事ができる。例えば助走をつけて上へ跳ぶ際は助走の勢いをそのままに膝を素早く浅く曲げる。その方が結果として膝は素早く伸ばされ、少ない力でより高く跳ぶ事ができ、体力の温存にも繋がる。
07-07 00:55

栄養論:β-シトステロールは構造がコレステロールに似る。胆汁酸はコレステロールを酸化して作るが、β-シトステロールはコレステロールより先に胆汁酸に結合し、腸でのコレステロール吸収を抑え血中コレステロールを抑制するとされる。尚、アボカド、シーバックソーン、クコ、ペカンナッツ等に含む。
07-07 00:39

健康論:里芋、筍、生姜、茗荷、ホウレン草等に含まれるシュウ酸はカルシウムと強く結合するため、過剰摂取でカルシウムの吸収を阻害する他、血液凝固作用の低下や結石等の原因になる事がある。尚、敢えて一緒に摂る事で逆にシュウ酸の吸収を抑制する事もできるが、その分カルシウムの必要量は増える。
07-07 00:25

食事論:甲殻類から抽出されるキトサンは脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、脂肪の吸収を阻害する作用があると言われている。また不溶性食物繊維のため、便の元にもなるが、大量摂取では逆に便秘になる事もある。尚、よく聞くグルコサミンはキトサン内にも含まれている。
07-07 00:09

筋トレやストレッチの方法に関する記事をまとめています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/h142Fd3Z5j #ダイエット #健康 #筋トレ
07-07 00:02

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト