09/13のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食事論:乳製品に含む乳糖は、それを分解する消化酵素の能力に個人差があり、人によって消化不良等を起こす事がある。いわゆる乳糖不耐症である。これはアレルギーとは別である。尚、加工法や商品により異なり、牛乳やヨーグルトには多く含まれるが、バターやチーズには殆ど含まれないとされる。
09-13 23:55

睡眠論:毎日同じ時間に寝るという規則的な睡眠を続けると、いつもの寝る時間になると自然と眠気を感じるようになる。これは毎日の生活リズムに従い、寝る前から寝る準備を行っているからで、その準備を妨害すれば睡眠の質は低下する。寝る前は脳に刺激となる事は避け、静かに寝る準備に従うべし。
09-13 23:25

カーフレイズ:足を肩幅に開いて立つ。爪先立ちになるよう踵を持ち上げ→やや緩やかに戻す。戻す際は床ギリギリまでとし、脱力せず再び踵を持ち上げる動作へ移行する。上下動を1回とし20回程度。尚、座って膝を90度に曲げた状態で同じように行う事でよりヒラメ筋に効く。https://t.co/UbbcsPWem2
09-13 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
09-13 23:01

筋トレ論:チートデイは数日~1週間程度に1日だけ食事量を増やす事。体脂肪率は高いほど効果は薄いが、体重減少に伴う代謝の低下を一時的に戻す事ができる。尚、食事内容は炭水化物が中心、蛋白質は適度、脂肪は控え目、ビタミン・ミネラルは意識的に摂取、かつカロリーは平日の倍以上が目安。
09-13 22:55

栄養論:コラーゲンはプロリン・グリシン等様々なアミノ酸から構成。摂取は意味ないと言われるが、少なくとも材料を補給でき、また摂取により合成酵素が活性化するとも言われている。1日10~15gをビタミンCと一緒に摂取すると良い。尚、骨の芯もコラーゲンでできている。https://t.co/eDMOilwYxh
09-13 22:39

動画ブログ『YouTube/ニコ動の参考にならない動画集』です。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/UFwti5wryf
09-13 22:25

食事論:グロビンを酵素分解して抽出されるグロビンペプチドには、脂肪を分解する消化酵素の働きを抑え、それによって脂肪の吸収を抑える作用があるとされている。また血液中の中性脂肪を分解する酵素の働きを促し、その蓄積を抑える作用があるとも言われている。
09-13 22:09

太ももの筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/zXbsf30bmg #筋トレ #ダイエット
09-13 22:01

身長を伸ばす:骨に大きな刺激を与えるジャンプ運動だが、いきなり始めるとすぐ体が慣れてしまう。それを防ぐには骨に対して常に「適度な刺激」になるよう、少しずつ強度を上げながら種類を増やしていく事。また全身を複雑に使うような運動を行い、体だけでなく脳にも刺激を与える事も重要である。
09-13 21:55

食品論:カシューナッツは蛋白質、脂質(オレイン酸等)、ビタミンB1・B6、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンをいずれも豊富に含み、特に蛋白質、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンに秀でている。カロリーも高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/4PShvR0wIW
09-13 21:39

食事論:乳製品に含む乳糖は、それを分解する消化酵素の能力に個人差があり、人によって消化不良等を起こす事がある。いわゆる乳糖不耐症である。これはアレルギーとは別である。尚、加工法や商品により異なり、牛乳やヨーグルトには多く含まれるが、バターやチーズには殆ど含まれないとされる。
09-13 21:25

栄養論:EPAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸。コレステロール・血圧管理、炎症反応に関与するω-6脂肪酸に拮抗する他、特に血小板凝集抑制が有名。シロサケのイクラ、ボラ、ウナギ、マグロのトロ、ブリの他、青魚に含む。一部はαリノレン酸から作られるが不足しやすい。https://t.co/tFpZW09bXd
09-13 21:09

背中の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/uJthDYbQk8 #筋トレ #ダイエット
09-13 21:01

筋トレ論:筋トレは回数を重ねるほど良いように思うが実際には効率が悪い。筋肥大を狙うなら、負荷を増やし1セット10回前後まで回数を減らす、それを休憩挟み2~3セット。また筋肉が伸ばされる際には少し緩やかに行い脱力させない事や、目的の筋肉へ刺激が行くフォームや力の入れ方等も重要。
09-13 20:55

栄養論:5-htp(ヒドロキシトリプトファン)はセロトニンの材料、セロトニンは睡眠に関わるメラトニンの材料になり、摂取で材料を補給できる。尚、5-htpは大量摂取で疲労感や下痢に繋がる事があるので注意。またメラトニンやセロトニンの合成にはビタミンB6等も必要。https://t.co/2AFgqZmfC7
09-13 20:39

食事論:単糖類(ブドウ糖・果糖)は吸収が速く、すぐにエネルギー利用できるが、短時間で血糖値を急上昇させる。多糖類は単糖類まで分解されてから吸収されるが、最終的に吸収される単糖類は多く、やはり血糖値を急上昇させる。血糖値は上昇後インスリンの影響で急降下し逆に低血糖になる事がある。
09-13 20:25

なんか印象が変わってる・・・個人的には前の方が良かったような
09-13 20:24

クローム、アップデートしたん?
09-13 20:22

栄養論:5-htp(ヒドロキシトリプトファン)はセロトニンの材料、セロトニンは睡眠に関わるメラトニンの材料になり、摂取で材料を補給できる。尚、5-htpは大量摂取で疲労感や下痢に繋がる事があるので注意。またメラトニンやセロトニンの合成にはビタミンB6等も必要。https://t.co/2AFgqZDR0H
09-13 20:09

サプリメントやハーブなどに関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ。→https://t.co/lL0ssbZeFB #ダイエット #健康 #筋トレ
09-13 20:01

栄養論:食物繊維は糖の連なった多糖類で糖の一種だが消化酵素で分解できない。水溶性と不溶性に分かれ、水溶性は腸内細菌で一部が分解、不溶性は腸内細菌でも分解できず、それら分解できなかったものが便の元になる。尚、食物繊維を除く糖の事を糖質、糖質の中でも二糖類と単糖類を糖類と言う。
09-13 19:55

栄養論:ビタミンB6は蛋白質・アミノ酸の代謝、特に神経伝達物質・ヘモグロビン・ヒスタミン等の合成に関与。マグロ、カツオ、レバーの他、肉・魚類等に多く含む。尚、一部腸内でも作られるが、効率良く働くにはビタミンB12や葉酸の摂取も合わせて必要となる。https://t.co/OLhfLkveWx
09-13 19:39

腹筋を割る:早寝・毎日同時刻寝起食、糖質制限ただし最低限脂肪は摂取、蛋白質・ビタミン・ミネラル摂取、筋トレは負荷増・回数減・短時間、有酸素運動、体重より体脂肪率、最低週2休、中臀筋・広背筋も鍛える。参考→https://t.co/mlCynzWMaZ
09-13 19:25

食品論:玄米は糖、ビタミンB1・B6、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維等を豊富に含む。やや高価だが発芽玄米はより栄養価が高くなる。尚、通常の白米よりも糖の吸収は緩やかだが、糖が多い事には変わりないので注意。https://t.co/Df9oOvSJ0C
09-13 19:09

筋トレ系サプリメントの摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/4pPXjTcNHp #ダイエット #健康 #筋トレ
09-13 19:01

身長を伸ばす:リンは骨の形成に必要不可欠なミネラルだが、カルシウムと強く結合し、過剰摂取により骨からカルシウムを溶け出させると言われている。尚、このリンは多くの食品に含まれ意識せずとも摂取できる上、特に加工食品に多く含まれる。よってリンの過剰摂取を防ぐには手料理が必要になる。
09-13 18:55

食品論:エンバク(オートミール)は糖、蛋白質、ビタミンB1、パントテン酸、ビオチン、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、食物繊維を豊富に含む。玄米と比較するとビタミンB群は劣るが、蛋白質、鉄、亜鉛、銅、食物繊維はいずれも玄米より多く、全体的な栄養価が高い。https://t.co/kaVRzerVxE
09-13 18:39

脂肪の少ない魚にはカワハギ、アンコウ(肝除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等がある。ちなみにタコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等も脂肪が少ない。
09-13 18:25

腹筋:起き上がる際は反動をつけずに起き上がる事ができる角度まで。完全に起き上がるのではなくその手前で切り返す。また戻す際は負荷に耐えるようにして緩やかに戻し、背中を床へつけた際に脱力しない。むしろ意識的に腹筋に力を入れ、そのまま起き上がる動作へ移行する。https://t.co/SNChUw8OaJ
09-13 18:09

プロテインの摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/VccbbxVJ5e #ダイエット #健康 #筋トレ
09-13 18:01

食事論:睡眠に関与するメラトニンはセロトニンから、セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られる。またセロトニンはドーパミンやノルアドレナリンを制御し精神を安定化させる。つまり極端な食事は結果として睡眠、更には精神をも乱れさせるという事。食事と睡眠は常に隣同士である。
09-13 17:55

食品論:ピスタチオはビタミンB1・B6、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、マンガン、食物繊維をいずれも豊富に含み、この中では特にビタミンB1・B6に秀でている。また蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸等)も豊富、カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/2BlSBwniMf
09-13 17:39

健康論:血液中に溢れた糖は血液を流れにくくする。結果血管壁損傷、血栓生成・動脈硬化が起こる。毛細血管を詰まらせ末梢細胞壊死、進行すると動脈・重要組織でも起こり、臓器機能低下更には脳・心筋梗塞等リスクも高める。尚、糖は筋肉内に貯蓄でき、糖を使う循環により血糖値を抑制できる。
09-13 17:25

食品論:カボチャの種はビタミンB1・E、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維をいずれも豊富に含み、特にカリウム、マグネシウム、亜鉛に秀でている。また蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸等)も豊富、カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/unrfEMSvAK
09-13 17:09

いわゆる「スーパーフード」に関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ。→https://t.co/RlOmO1Mhbh #ダイエット #健康 #筋トレ
09-13 17:01

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
09-13 16:55

食品論:黒キクラゲはビタミンD、鉄(白の8倍)、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガンを豊富に含む。白キクラゲはビタミンD(黒の2倍)、カルシウム、カリウム(白の1.5倍)を豊富に含む。どちらも食物繊維は豊富だが、糖や脂質は少なくカロリーも低い。https://t.co/r9A9y7R8qE
09-13 16:39

五大栄養素にも数えられる「脂肪(特に脂肪酸の種類・その役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/hA7XlGR9nN
09-13 16:25

食習慣:毎日同時刻・1日最低3食、間隔、咀嚼、特定の食べ物・栄養に固執せず、五大栄養素バランス、○○ダイエットは大抵カロリー減による効果、カロリー制限=筋肉も落ちる、筋トレは血糖値抑制、筋肉維持にカロリー・脂肪が必要、動かすのに糖も必要、睡眠と密接。https://t.co/GoDRc8YUz2
09-13 16:09

ニキビなどの肌の悩み、及びその対策法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CbJOzM2B96 #健康 #ニキビ
09-13 16:01

「定期」09/13 15:00のGoogle検索ワード 1:今井翼 2:成田空港 3:アップルウォッチ 4:Iphone8 5:Iphonexr 6:iOS12 7:Apple Watch 4 8:モンスト ミッキー 9:iPhone 10:峯田和伸
09-13 15:55

身長を伸ばす:大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを補助するとされ、過剰摂取には注意すべきだが、他にCGRPを増やす働きもあるとされる。このCGRPは「IGF-1(成長ホルモンの刺激により肝臓から分泌)」を増やすとされ、カプサイシンはそのCGRPの働きを更に活性化するとされる。
09-13 15:39

五大栄養素にも数えられる「蛋白質とアミノ酸(特にアミノ酸の種類・その役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/cmX3y4rOpw
09-13 15:25

アーモンドやカシューナッツなど「ナッツ類」に関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/aAVFRgdBHN #ダイエット #健康
09-13 15:01

肩のいわゆるインナーマッスルを鍛えるためのトレーニング法やその注意点などについて私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/lQPQDFuihC #筋トレ
09-13 14:55

栄養論:アミノ酸に9種類の必須アミノ酸があるように、脂肪にも6種類の必須脂肪酸がある。これもバランス良く摂取しなければならない。脂肪と聞くと皮下脂肪や内臓脂肪をイメージするが、ホルモン・炎症反応・皮膚の材料に使われる等健康維持に不可欠なもの。過度な制限は健康を害す。
09-13 14:25

食品論:フラックスシードは蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、ナイアシン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガン等をいずれも豊富に含む。尚、抽出されたアマニ油ほどではないが、必須脂肪酸であるω-3脂肪酸のαリノレン酸を豊富に含むのが大きな特徴。https://t.co/rGQahd8JVb
09-13 14:09

しばらくバリア床+デスストーカー+モグラで行く。遅すぎて現状ランプは無理やね。
09-13 14:06

握力及び手の指・前腕の筋肉を鍛えるためのトレーニング法についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/jUPGXI6VWg #筋トレ #ダイエット
09-13 14:01

先にランプ→アスラ→アスラ→オーレンってのやってみたけど、1体しか除去れない上に、そもそも-2しかできないから既にバッジあると除去れない事が多い。アスラ使うならガナサダイやゾルデ引っ張ってくる等、ゾンビメインの方が良いねwまぁ分かってたけどねw
09-13 13:56

『ドラえもんのひみつ道具を悪用するブログ』というブログを書いています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SvrNtohd0g
09-13 13:55

ランプピサロ、ゾンビに弱すぎる。という事で今は誰も使ってないであろうバリア床メインに戻したw
09-13 13:53

ライバルズ、ランプピサロ全く勝てない・・・
09-13 13:52

栄養論:蛋白質を構成するアミノ酸には、体内では十分量を補えないため必ず食事から摂取すべき9種類の必須アミノ酸がある。また9種類の内どれか1つ欠けても効率良く利用されないと言われている。当然そのバランスを損なうような、あるいは制限するような食習慣は健康とは真逆の結果をもたらす。
09-13 13:25

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られるが、その効率は悪いためHMBで補うと良いとされる。量としては1日3~5gを小分けに摂取すると良いと思われるが、個人差が大きいとされ、大量摂取しても大差ない。尚、クレアチンやビタミンDの摂取で効果が高まるとされる。https://t.co/kyREShSaz4
09-13 13:09

お尻の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/YXP3xb9jma #筋トレ #ダイエット
09-13 13:01

生活論:アルコール処理能力は生まれつきで、いくら飲んでも鍛える事はできない。慣れたと感じるのは単に鈍感になっただけで、大量飲酒習慣が続くほど臓器に負担は蓄積している。またアルコールは脳の萎縮やDNAを傷つけ癌リスクを高めるとも言われる。無理して飲んでも自分の首を絞めるだけ。
09-13 12:55

食品論:クコの実には糖質、蛋白質、カロテノイド類、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、鉄、食物繊維等が含まれるとされる。尚、血中コレステロール値に関わるとされるβ-シトステロールも含まれるが、ベタインを含むため妊娠中は避けた方が良いと言われている。https://t.co/78jDksPh8N
09-13 12:39

運動論:余った糖は脂肪として蓄積するが、一旦脂肪になると糖質制限や有酸素運動でしか効率良く燃やす事はできない。よって糖は糖である状態の時に筋トレ等無酸素運動により消費してしまった方が良い。それは結果として脂肪蓄積を防ぎ、また筋肉は糖を蓄える事ができるため血糖値抑制にも繋がる。
09-13 12:25

栄養論:ギムネマに含まれるギムネマ酸には小腸における糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑える作用があると言われている。また味覚に対して物理的に作用し、甘味を弱める効果がある。摂取するなら食事内容を考え食前が良いと思われる。尚、鉄の吸収を阻害するため摂取量には十分注意する。
09-13 12:09

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
09-13 12:02

睡眠論:早寝には昼間の内に脳や体をよく使う事。疲労回復には十分な睡眠が不可欠、逆に言えば疲労がある事で自然と睡眠の必要性が増すという事。普段行わない新しい事に挑戦し、脳や体へ新しい刺激を与え、程良く疲労させよう。尚、寝る前少し長めに風呂に浸かり体温を上げておくと眠気が増す。
09-13 11:55

食品論:松の実には蛋白質、脂質(リノール酸等)、ビタミンE・K、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンがいずれも豊富に含み、特に脂質、ビタミンE・K、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンに秀でる。カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/fvfCHrGob1
09-13 11:39

ダイエット論:辛い食べ物により大量発汗すると、水分・ミネラル・水溶性ビタミン等が消費される。そのままでは脱水や乾燥を招くだけであり、水分・栄養補給及び保湿を怠るべきでない。尚、カプサイシンは脂肪燃焼を補助するとされるが、辛い食べ物は味調節のための糖や塩分を多く含むので注意。
09-13 11:25

栄養論:βシトステロールは構造がコレステロールに似る。胆汁酸はコレステロールを酸化し作るが、βシトステロールは先に胆汁酸に結合、腸でのコレステロール吸収を抑えて血中コレステロールを抑制するとされる。アボカド、シーバックソーン、クコ、ペカンナッツ、大豆等多くの植物に含む。
09-13 11:09

糖質制限の方法についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/r7xTEi1HqA #ダイエット #健康 #糖質制限
09-13 11:01

身長伸ばす:早寝→早起・毎日同時刻寝起食、必須アミノ酸・マグネシウム・亜鉛・各種ビタミンを意識、ただし特定栄養素・食品への過度な固執回避、日光・運動は徐々に強度・種類増、日々新しい事に挑戦・ストレス管理。参考→https://t.co/K20hZdYLq3
09-13 10:55

食事論:ガルシニアに含むヒドロキシクエン酸(HCA)には脂肪酸の合成を抑制し、グリコーゲン合成を促進、それによって食欲を抑制する作用があるとされる。またチャノキ(茶)に含むテアニンにも食欲を抑制する作用があるとされる他、こちらにはリラックス・抗ストレス作用があると言われる。
09-13 10:39

筋トレ論:高強度の運動日が続いた後の休養日では、全く体を動かさない完全休養よりも、少し体を動かしながら休養した方が効率良く疲労が回復できる事もある。これをアクティブレスト等と言う。休養日では普段行わないスポーツや低強度の有酸素運動等を実施する。気分転換になり運動にも身が入る。
09-13 10:25

食事論:ヒレ肉は高価だが脂肪が少なく、蛋白質豊富で肉質も柔らかい。一方、鶏肉は皮を除きいずれも脂肪が少なく、特にササミは安価で蛋白質豊富。ちなみに他に脂肪が少ないのは馬肉、牛・豚コブクロ、牛・豚・鶏レバー、牛センマイ、砂肝等。実はホルモン系でもこの他は脂肪を多く含む事がある。
09-13 10:09

肩の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/FjiKwV169n #筋トレ #ダイエット
09-13 10:01

ニキビ治療:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に。洗い過ぎは逆効果、強く押す・擦る等手で直接触らない。拭く際も同様。尚、洗顔後は可能な限り早く保湿・湿度管理を行い外側からケア、また日常的な水分・栄養補給・腸内環境改善・ストレス管理・十分な睡眠を行う等、内側からのケアも重要。
09-13 09:55

筋トレ論:クラスターデキストリンはマルトデキストリンよりも更に分子量が多く、胃を素早く通過する。一方、腸での吸収は緩やかとなり、血糖値を急上昇させず安定化、運動中のエネルギー切れを抑える。また血糖値急上昇→運動中に起こる低血糖のリスクを最小限にする。https://t.co/xtMRluH6nm
09-13 09:39

健康論:糖が蛋白質や脂質等に結合する事を糖化と言い、これが起こると細胞の持つ本来の機能が低下する。単糖類は糖化させやすいが、特に果糖や乳糖はリスクが高く、臓器・神経・コラーゲン等長寿命な組織ほどダメージが蓄積される。それが将来的に様々な病気・老化の原因になるとも言われている。
09-13 09:25

食事論:カフェインは交感神経刺激、心身覚醒、脂肪燃焼補助等の作用があるとされるが、過剰摂取でミネラル吸収阻害、依存症、利尿作用、脳血管収縮→頭痛、神経中毒症状等が起こる事もある。1時間以内で300mg(コーヒー小カップ8~9杯、エナジードリンク3本)以上摂取しない。妊娠中禁忌。
09-13 09:09

お腹の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SNChUw8OaJ #筋トレ #ダイエット
09-13 09:01

健康論:皮膚疾患は肌のバリア機能を低下させ、外界から入る様々な物に対して抗体を作りやすくしてしまう。特に幼少期にそれが長引くと、将来的な食物アレルギー・炎症体質、それに伴う栄養バランスの偏りにも繋がると言われている。皮膚疾患は可能な限り早い時期に治療しておくべきである。
09-13 08:55

栄養論:ビタミンB2は糖・脂質・蛋白質をエネルギーに変換する酵素の補助、皮膚や粘膜の健康維持に必要となる。特に豚・牛レバーに多く、他鶏レバー、牛・鶏ハツ、ウナギ、納豆、卵黄等にも含む。尚、腸内で一部作られる。脂肪摂取で必要量が増え、不足で口内炎等になる。https://t.co/k3ZEcNDPCp
09-13 08:39

基本的な生活習慣の一つである運動習慣や運動に対する考え方等についてまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/yEjSAY2ZDp
09-13 08:25

胸の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/nCEhC0EZdw #筋トレ #ダイエット
09-13 08:01

五大栄養素にも数えられる「ビタミン(水溶性・脂溶性それぞれの種類や役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/yHJZrYN0fs
09-13 07:55

食事論:甜菜、不断草、ビーツ等に含むベタイン(トリメチルグリシン)は血栓生成を抑制、血管の健康を維持する作用があるとされる。また関節や筋肉の蛋白質の構造を安定化、それにより筋力を維持する効果(クレアチン併用により効果増)があるとされる。他、血圧を調節する作用があるとされる。
09-13 07:39

睡眠論:毎日同じ時間に寝るという規則的な睡眠を続けると、いつもの寝る時間になると自然と眠気を感じるようになる。これは毎日の生活リズムに従い、寝る前から寝る準備を行っているからで、その準備を妨害すれば睡眠の質は低下する。寝る前は脳に刺激となる事は避け、静かに寝る準備に従うべし。
09-13 07:25

腕の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/AjpaU95qcE #筋トレ #ダイエット
09-13 07:01

生活論:セロトニンは腸内にも存在するが、ストレス等による過剰増加で下痢、極端減少で便秘に。それが過敏性腸症候群(IBS)の原因とも言われる。食物繊維より睡眠習慣改善→ホルモンバランス改善→ストレス耐性向上それからストレスへの対処法を考える。尚、セロトニンは脳と腸を行き来しない。
09-13 06:55

健康論:ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、それを構成する要素の一つがグルコサミン。いずれも細胞同士を繋ぐ結合組織、特に軟骨に存在し、強度、水分量、柔軟性、弾力性等を維持する役割がある。体内合成されるが、定期的な材料補給及び血流改善が重要。https://t.co/bTDP26RbkV
09-13 06:39

喉を酷使した際のケアの方法について簡単にまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/wlCi1mIJzh
09-13 06:25

栄養論:柑橘系の果物に多く含まれるクエン酸は、筋肉内へエネルギーの貯蔵を促す作用があると言われている。運動能力が向上する事はないが、運動後・食後等に1回1~2g程度を摂取、またその際には糖及びビタミンB1等を一緒に摂取する事で疲労回復に良いと思われる。https://t.co/K2qCV1UeyJ
09-13 06:09

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたブログを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/F4Bp4svDZ5 #バストアップ
09-13 06:01

筋トレ論:チートデイは数日~1週間程度に1日だけ食事量を増やす事。体脂肪率は高いほど効果は薄いが、体重減少に伴う代謝の低下を一時的に戻す事ができる。尚、食事内容は炭水化物が中心、蛋白質は適度、脂肪は控え目、ビタミン・ミネラルは意識的に摂取、かつカロリーは平日の倍以上が目安。
09-13 05:55

食事論:甲殻類から抽出されるキトサンは脂肪を分解する消化酵素の働きを抑え、それにより脂肪の吸収を抑える作用があるとされる。尚、キトサンは不溶性食物繊維のため便の元になるが、大量摂取では逆に便秘になる事もある。またよく聞くグルコサミンはキトサン内にも含まれている。
09-13 05:39

運動論:HIIT(高強度インターバルトレーニング)は全力運動と軽運動or完全休養を短時間で繰り返す。決まった方法はないが、基本は「全力運動数十秒→軽運動or完全休養を数十秒」を数分~十数分程度繰り返す。短時間で糖・脂肪等の代謝改善効果が期待できるが、消耗が激しく頻度には注意。
09-13 05:25

栄養論:マグネシウムはカルシウムやリンと共に骨に使われる他、筋肉の弛緩等にも必要になる。海藻、貝、大豆、ナッツ、キノコ等に多く含むが、元々吸収率が良くなく発汗等により失われやすい。食品+サプリメントで別途補給、更に風呂に溶かし皮膚からも吸収させよう。https://t.co/3ETQuvnZ0H
09-13 05:09

「髪の毛を生やす・増やす方法」に関する情報をまとめたブログを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/JAIhSdmMNp
09-13 05:01

身長を伸ばす:女性ホルモンは骨端線を閉鎖させ、伸び始め・伸び終わりを早める。思春期以前はメラトニンがこれを抑えているが、ストレスや食事制限等無理なダイエットはメラトニンの分泌を阻害する。結果思春期が早まり身長も伸びなくなる。特に女性では女性ホルモンの影響でそれが顕著に現れる。
09-13 04:55

食事論:酢酸は腸内細菌で食物繊維を分解する際や、アルコールを肝臓で分解した際に作られ、腸内細胞、腎臓、肝臓、筋肉等を動かすエネルギーとなる。また胃腸において食べ物の消化を緩やかにし、一方、酸性である事で様々なミネラルを水溶性に変化させ、その吸収を促す効果もあると言われている。
09-13 04:39

身長を伸ばす:骨に大きな刺激を与えるジャンプ運動だが、いきなり始めるとすぐ体が慣れてしまう。それを防ぐには骨に対して常に「適度な刺激」になるよう、少しずつ強度を上げながら種類を増やしていく事。また全身を複雑に使うような運動を行い、体だけでなく脳にも刺激を与える事も重要である。
09-13 04:25

「定期」09/13 04:00のGoogle検索ワード 1:今井翼 2:Apple 3:峯田和伸 4:加藤夏希 5:アントニオ猪木 6:DA PUMP 7:西尾まり 8:佐倉綾音 9:司法試験 10:中野サンプラザ
09-13 04:01

首・肩・肩甲骨周りの筋肉をほぐすためのストレッチの方法やその注意点などについて私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/lPsB1eI8VH
09-13 03:55

首肩ストレッチ:お尻の後ろで右手首を左手で掴む。左手で右手首を下へ引き、右肩を少し下げる。その状態のまま左耳を肩につけ、かつ顎を胸の中央につける→そして顎を左斜め上へ突き出しながら首を斜めに伸ばす。これは無理のない範囲で大きく・緩やかに繰り返す。https://t.co/lPsB1eI8VH
09-13 03:39

顔・舌・喉・頭等の皮膚や筋肉をほぐすためのストレッチ及びトレーニングの方法をまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/w8W49vrjZQ
09-13 03:25

食事論:グロビンを酵素分解して抽出されるグロビンペプチドには、脂肪を分解する消化酵素の働きを抑え、それによって脂肪の吸収を抑える作用があるとされている。また血液中の中性脂肪を分解する酵素の働きを促し、その蓄積を抑える作用があるとも言われている。
09-13 03:09

健康・ダイエットなど「体に関する悩み」をテーマにしたサイトを多数運営しています。こちらは私が運営するサイトへのリンクをまとめたページです。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/yk6Cy8hax1
09-13 03:01

運動論:運動神経の良し悪しには神経系が猛発達する期間(ゴールデンエイジ:3~12歳)にどれだけ複雑に神経を使ったかにより大きく変わる。無論先天的要素も関係するが、いわゆる天才と呼ばれる人たちは例え先天的に優れていても、皆そうして幼少期から努力を積み重ねている。親の教育次第である。
09-13 02:55

食品論:アオサはβカロテン、ビタミンB2、葉酸、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、ヨウ素、食物繊維等を豊富に含む。特にミネラルの栄養価が高いが、塩分には十分注意する。尚、蛋白質も含むが脂肪は殆ど含まれずカロリーは低い。
09-13 02:39

食事論:GI値は食品に含まれる「炭水化物50g当たりの糖」における血糖値の上がりやすさを比較するもの。ただし例えGI値が同程度でも「そのGI値の影響を受けるために必要な重量」は異なる場合がある。また加工法、調理法、食品の組合せ、順番等によっても血糖値の上がり方は異なる場合がある。
09-13 02:25

栄養論:αリノレン酸は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸の一種。体内でDHA・EPAを補いω-6脂肪酸に拮抗するが、そのバランスが崩れるとアレルギー・炎症反応が出やすくなると言われている。1日2~3g必要とされるが動物性脂肪には少なく不足しやすい。エゴマ油やアマニ油に多く含む。https://t.co/tFpZW09bXd
09-13 02:09

健康に関する悩みやその対策法に関する記事をまとめています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/IF4EWY9iio #ダイエット #健康
09-13 02:01

食事論:脂肪細胞から分泌するアディポネクチンは、インスリンによる細胞への糖取込促進、インスリンを介さない筋肉への糖取込促進、脂肪酸燃焼補助等の役割があるとされる。脂肪蓄積・活性酸素増殖により分泌量減、糖制限・運動・EPA・抗酸化物質・アルギニン等により分泌量が増えるとされる。
09-13 01:55

食品論:シーバックソーンはカロテノイド類、ビタミンC・E、鉄、クエン酸等の有機酸、ポリフェノール類を含むとされ、特にビタミンCが豊富。尚、コレステロール値に関わるとされるβシトステロールの他、果物では珍しく脂質(リノール酸・パルミトレイン酸等)も含む。https://t.co/I93uoZvGZZ
09-13 01:39

脂肪の少ない魚にはカワハギ、アンコウ(肝除く)、スケトウダラ、カサゴ、キス、カツオ(春)、カレイ、ヒラメ、スズキ、シラス、ホッケ、トビウオ、キビナゴ、カンパチ等がある。ちなみにタコ、イカ、アサリ、ハマグリ、シジミ、エビ、カニ、サザエ、ホタテ、カキ、ウニ等も脂肪が少ない。
09-13 01:25

栄養論:ビタミンB6は蛋白質・アミノ酸の代謝、特に神経伝達物質・ヘモグロビン・ヒスタミン等の合成に関与。マグロ、カツオ、レバーの他、肉・魚類等に多く含む。尚、一部腸内でも作られるが、効率良く働くにはビタミンB12や葉酸の摂取も合わせて必要となる。https://t.co/OLhfLkveWx
09-13 01:09

『「身長を伸ばす方法」について考えてみた』というブログを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/ZjUIHAKtmz
09-13 01:01

生活論:食物繊維は便通改善が期待されるが、栄養バランスを考えた食事を普段から行っていれば本来意識的に摂取する必要のない栄養素。食物繊維に頼る事で逆に栄養が偏りそれも便通悪化の原因になっている。便通には食事以外の要素も関係しており、食事だけで良くなるなど安易に考えるべきではない。
09-13 00:55

食品論:クルミには蛋白質、脂質(リノール酸が圧倒的に豊富、次いでα-リノレン酸・オレイン酸が同等程度)、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維がいずれも豊富に含まれ、特にその中では脂質とマンガンに秀でている。https://t.co/D0ejy7sc0h
09-13 00:39

五大栄養素にも数えられる「ミネラル(それぞれの種類や役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/WhPvLSiBVT
09-13 00:25

食事論:バナバ茶に含むコロソリン酸は細胞への糖取込を促し、血糖値上昇を抑える作用があるとされる。一方、桑の葉茶に含むDNJ(1-デオキシノジリマイシン)にも、小腸における糖吸収を抑える作用があるとされる。尚、どちらも含有量は僅かだが、バナバ茶の方はミネラルを豊富に含むとされる。
09-13 00:09

筋トレやストレッチの方法に関する記事をまとめています。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/h142Fd3Z5j #ダイエット #健康 #筋トレ
09-13 00:02

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト