11/05のツイートまとめ

SaruyaMichael2

筋トレ論:ホエイプロテインは吸収が速く、運動後等の栄養補給に適している。蛋白質の摂取目安は1日に体重×1~2g程度なので、普段の食事を踏まえて量を調節、1回20~40g程度を飲むと良いと思われる。尚、吸収の速い糖と一緒に摂取すると効率良く吸収され尚良い。https://t.co/9GjyW01r41
11-05 23:40

栄養論:ビオチンは糖や脂肪の代謝に関わる酵素の働きを補助するとされる。ナッツ類、レバー、卵黄、ウナギ、イワシ等に含む。腸内細菌でも作る事ができ、めったに不足しない。尚、生卵のアビジンはビオチンと強く結合するため過剰摂取に注意だが、加熱すれば問題ない。https://t.co/VbmYH1PxtU
11-05 23:10

食事論:白インゲン豆に含むファセオラミンには糖を分解する酵素の働きを抑え、それにより糖の消化・吸収を抑える作用があるとされる。尚、白インゲン豆を食べるには十分加熱する必要があり、ファセオラミンは加熱する事でその殆どが失われると言われている。食品からの摂取は現実的ではない。
11-05 22:40

栄養論:ビタミンB12はDNA・脂肪酸の合成等に関与。特に分裂が活発な赤血球を作る際にビタミンB6や葉酸等と共に必要となり、不足すると貧血になる事がある。豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含む。尚、貧血予防には鉄や銅も必要である。https://t.co/OLhfLkveWx
11-05 22:10

筋トレ論:マルトデキストリンは胃を素早く通過し、ブドウ糖と比べれば腸での吸収では持続力もある。運動前から少しずつ飲む事で運動時にピークを合わせられるが、摂取量は管理が必要。特に大量摂取→血糖値急上昇→インスリン大量分泌→運動時に低血糖となるため要注意。https://t.co/XhMdv0vQgx
11-05 21:40

食品論:マカダミアナッツはビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガンを豊富に含み、特にB1とマンガンに秀でる。またナッツ類の中でも脂質(オレイン酸等)に優れ、糖質が少ないため糖質制限中のカロリー源に適している。https://t.co/PuTN70jqYK
11-05 20:40

カーフレイズ:足を肩幅に開いて立つ。爪先立ちになるよう踵を持ち上げ→やや緩やかに戻す。戻す際は床ギリギリまでとし、脱力せず再び踵を持ち上げる動作へ移行する。上下動を1回とし20回程度。尚、座って膝を90度に曲げた状態で同じように行う事でよりヒラメ筋に効く。https://t.co/UbbcsPWem2
11-05 20:10

食品論:ヒマワリの種はビタミンB1・B6・葉酸・ナイアシン・ビオチン、ビタミンE、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、食物繊維をいずれも豊富に含み、特にビタミンB1・ビタミンE・亜鉛に秀でる。また蛋白質や脂質(オレイン酸等)も多く含み、非常に栄養価が高い。https://t.co/TmffLaAAAr
11-05 19:10

スーパーライトのガチャ騒動(今このゲームがどうなってるかは知らんが)、ブラウザ版モンパレのサービス開始当初からユーザー舐め腐った運営、どこパレの今の惨状・・・この人たちどう考えてるんだろうね。よくもまぁ顔出せたなっていう感じ。
11-05 18:42

栄養論:ビタミンB1は糖の代謝に関わる酵素を補助する役割があり、不足すると脳や筋肉の動きが鈍くなり疲れやすくなる。特に豚肉に多く、他ウナギ、鶏レバー等にも含む。尚、腸内でも一部が作られるが、糖及びニンニクや柑橘系果物を一緒に食べるとより効果が高まる。https://t.co/RpPoy0Rvf0
11-05 18:40

モンスターパレードとかいうクソゲーを生み出したコイツらを許すな #DQMP ところで何でこの場には山中がいないの?w
11-05 18:39

【ニコ生(2018/11/06 20:00開始)】誕生20周年!「ドラゴンクエストモンスターズ成人式」 #DQモンスターズ https://t.co/sz0AXtTYvY
11-05 18:37

健康論:ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、それを構成する要素の一つがグルコサミン。いずれも細胞同士を繋ぐ結合組織、特に軟骨に存在し、強度、水分量、柔軟性、弾力性等を維持する役割がある。体内合成されるが、定期的な材料補給及び血流改善が重要。https://t.co/bTDP26RbkV
11-05 18:10

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られるが、その効率は悪いためHMBで補うと良いとされる。量としては1日3~5gを小分けに摂取すると良いと思われるが、個人差が大きいとされ、大量摂取しても大差ない。尚、クレアチンやビタミンDの摂取で効果が高まるとされる。https://t.co/kyREShSaz4
11-05 17:10

栄養論:コラーゲンはプロリン・グリシン等様々なアミノ酸から構成。摂取は意味ないと言われるが、少なくとも材料を補給でき、また摂取により合成酵素が活性化するとも言われている。1日10~15gをビタミンCと一緒に摂取すると良い。尚、骨の芯もコラーゲンでできている。https://t.co/eDMOilwYxh
11-05 16:40

食品論:グラスフェッドバターは脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)を含む他、通常のバターよりも不飽和脂肪酸が多く、αリノレン酸や共役リノール酸等を含むとされる。ただし不飽和脂肪酸は熱に弱く酸化されやすい上、通常のバター同様に飽和脂肪酸も豊富な点には注意。https://t.co/2xRidjeKic
11-05 16:10

食品論:アオサはβカロテン、ビタミンB2、葉酸、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、ヨウ素、食物繊維等を豊富に含む。特にミネラルの栄養価が高いが、塩分には十分注意する。尚、蛋白質も含むが脂肪は殆ど含まれずカロリーは低い。
11-05 15:10

食品論:クルミには蛋白質、脂質(リノール酸が圧倒的に豊富、次いでα-リノレン酸・オレイン酸が同等程度)、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維がいずれも豊富に含まれ、特にその中では脂質とマンガンに秀でている。https://t.co/D0ejy7sc0h
11-05 14:40

筋トレ論:アルギニンは成長ホルモン分泌やコラーゲン合成等に関わるとされる他、血管拡張に必要な一酸化窒素(NO)を作る際に必要と言われている。1回1~2g程度を食間・起床時・就寝前等空腹時に分けて摂取、また3~5g程度を運動前後に摂取すると良いと思われる。https://t.co/B3y7MrIFAr
11-05 14:10

栄養論:ボスウェリアセラータ(植物)に含むボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエン合成を抑制する作用があるとされる。尚、ロイコトリエンはω-6脂肪酸のアラキドン酸から作られ、ω-3脂肪酸のαリノレン酸で抑制できる。いずれも必須脂肪酸であり、バランスが重要。
11-05 13:40

栄養論:柑橘系の果物に多く含まれるクエン酸は、筋肉内へエネルギーの貯蔵を促す作用があると言われている。運動能力が向上する事はないが、運動後・食後等に1回1~2g程度を摂取、またその際には糖及びビタミンB1等を一緒に摂取する事で疲労回復に良いと思われる。https://t.co/K2qCV1UeyJ
11-05 12:40

栄養論:DHAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸。コレステロール・血圧管理、炎症反応に関与するω-6脂肪酸に拮抗、他では脳や網膜にも存在する。マグロのトロ、シロサケのイクラ、ブリ、サバ、サンマの他、特に青魚に多く含む。一部はαリノレン酸から作られるが不足しやすい。https://t.co/tFpZW09bXd
11-05 11:40

スネのストレッチ:座った際に膝が直角になる高さの椅子に座る。膝・スネを正面へ向かせたまま足の指を曲げ、足の甲(第二関節付近)を床へつける。つまり足のつく位置は膝よりやや後方になる。その状態で足首を前へ突き出すように少しずつ力を加える。左右各30秒ずつ。https://t.co/mo1GuQcCoK
11-05 10:40

食品論:クコの実には糖質、蛋白質、カロテノイド類、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、鉄、食物繊維等が含まれるとされる。尚、血中コレステロール値に関わるとされるβ-シトステロールも含まれるが、ベタインを含むため妊娠中は避けた方が良いと言われている。https://t.co/78jDksPh8N
11-05 10:10

筋トレ論:クラスターデキストリンはマルトデキストリンよりも更に分子量が多く、胃を素早く通過する。一方、腸での吸収は緩やかとなり、血糖値を急上昇させず安定化、運動中のエネルギー切れを抑える。また血糖値急上昇→運動中に起こる低血糖のリスクを最小限にする。https://t.co/xtMRluH6nm
11-05 09:40

食事論:タンポポ茶に含むイソクエルシトリンには水分バランスを調節する作用の他、脂肪の分解に関わる酵素の働きを活性化させる作用があるとも言われている。またタンポポ茶はカリウムも多く含む。毎食時にコップ1~2杯程度、エキスの場合は食後500mg程度。
11-05 09:10

栄養論:糖質制限時は脂肪酸がケトン体となり、これが糖の代わりになる。中鎖脂肪酸は一般的な食品に含む長鎖脂肪酸より素早く代謝、エネルギー化しやすい。特にMCTオイルに含む。1回5g程度を小分けに摂取、1日多くて30g程度まで。ただし加熱調理には使えない。https://t.co/urGutePyJn
11-05 08:10

バストアップ:イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるとされる。特にプエラリアに含むイソフラボンは一般的な大豆に含む量の40倍以上と言われる。ただし強力な分ホルモンバランスを崩しやすく過剰摂取には注意が必要。尚、イソフラボンは一般的な大豆製品から摂取する分には何ら問題ない。
11-05 07:40

食品論:フラックスシードは蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、ナイアシン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガン等をいずれも豊富に含む。尚、抽出されたアマニ油ほどではないが、必須脂肪酸であるω-3脂肪酸のαリノレン酸を豊富に含むのが大きな特徴。https://t.co/rGQahd8JVb
11-05 07:10

栄養論:カルノシンは筋肉に多く存在、乳酸を分解する酵素の活性に関与する他、酸化ストレスから細胞を保護する役割があるとされる。特に鶏胸肉に多く含まれている。尚、カルノシンはヒスチジンとβアラニンから作られるが、これらが痒みをもたらす事がある。https://t.co/h1dWxblAAt
11-05 06:10

食事論:リンゴの皮に含むウルソル酸やグリーントマトに含むトマチジンには、蛋白質合成・分解に関わる酵素の働きを活性化、それによる筋力維持向上や脂肪燃焼補助等の作用があるとされる。尚、リンゴの皮には比較的多く含むが、いずれにしろ効果を得るには相当量食べなければならず現実的ではない。
11-05 05:40

食事論:酢酸は腸内細菌で食物繊維を分解する際や、アルコールを肝臓で分解した際に作られ、腸内細胞、腎臓、肝臓、筋肉等を動かすエネルギーとなる。また胃腸において食べ物の消化を緩やかにし、一方、酸性である事で様々なミネラルを水溶性に変化させ、その吸収を促す効果もあると言われている。
11-05 05:10

食事論:杜仲茶に含むゲニポシド酸は副交感神経へ作用する事で、血圧を抑える作用があるとされる。またアスペルロシドには肝臓内で胆汁酸の分泌を促し、それを含む胆汁を小腸へ送る事で、脂肪の代謝を補助する働きがあるとも言われている。ただし食品に含む量は僅かで現実的ではない。
11-05 04:10

筋トレ論:高強度・長時間の運動では運動中から筋肉が分解されてしまうと言われているが、BCAAはそれを最小限に抑え合成を補助するとされる。運動前中等に1回5~10gを摂取、また吸収の速い糖と共に摂取すると良いと思われる。尚、BCAAの中ではロイシンの必要量が多い。https://t.co/wpfaSLSkTp
11-05 03:40

栄養論:ビタミンDは紫外線を浴びる事で体内合成でき、数十分浴びれば必要量を満たす事ができる。尚、カルシウムの吸収を促す以外では免疫細胞を活性化するとされ、25~50μgを追加補給しても問題は少ない。食品ではシラス干し、ニシン、イワシ、白キクラゲ等に多く含む。https://t.co/mOrLoqumK1
11-05 03:10

食事論:カフェインは交感神経刺激、心身覚醒、脂肪燃焼補助等の作用があるとされるが、過剰摂取でミネラル吸収阻害、依存症、利尿作用、脳血管収縮→頭痛、神経中毒症状等が起こる事もある。1時間以内で300mg(コーヒー小カップ8~9杯、エナジードリンク3本)以上摂取しない。妊娠中禁忌。
11-05 02:40

食事論:バナバ茶に含むコロソリン酸は細胞への糖取込を促し、血糖値上昇を抑える作用があるとされる。一方、桑の葉茶に含むDNJ(1-デオキシノジリマイシン)にも、小腸における糖吸収を抑える作用があるとされる。尚、どちらも含有量は僅かだが、バナバ茶の方はミネラルを豊富に含むとされる。
11-05 02:10

栄養論:ビタミンB12はDNA・脂肪酸の合成等に関与。特に分裂が活発な赤血球を作る際にビタミンB6や葉酸等と共に必要となり、不足すると貧血になる事がある。豚・鶏・牛のレバー、ウナギ、大豆製品、キノコ類、緑野菜等に含む。尚、貧血予防には鉄や銅も必要である。https://t.co/OLhfLkveWx
11-05 01:40

食品論:エンバク(オートミール)は糖、蛋白質、ビタミンB1、パントテン酸、ビオチン、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、食物繊維を豊富に含む。玄米と比較するとビタミンB群は劣るが、蛋白質、鉄、亜鉛、銅、食物繊維はいずれも玄米より多く、全体的な栄養価が高い。https://t.co/kaVRzerVxE
11-05 01:10

食品論:ブラジルナッツは蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、鉄、マンガン、食物繊維等を豊富に含み、特に脂質、ビタミンB1、マグネシウムに秀でる。尚、脂質は多価不飽和>一価不飽和脂>飽和だが量はそれほど大差ない。https://t.co/WIQttEwzgs
11-05 00:40

食品論:松の実には蛋白質、脂質(リノール酸等)、ビタミンE・K、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンがいずれも豊富に含み、特に脂質、ビタミンE・K、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンに秀でる。カロリーは高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/fvfCHrGob1
11-05 00:10

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト