12/06のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:ビタミンB6は蛋白質・アミノ酸の代謝、特に神経伝達物質・ヘモグロビン・ヒスタミン等の合成に関与。マグロ、カツオ、レバーの他、肉・魚類等に多く含む。尚、一部腸内でも作られるが、効率良く働くにはビタミンB12や葉酸の摂取も合わせて必要となる。https://t.co/OLhfLkveWx
12-06 23:40

身長を伸ばす:大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを補助するとされ、過剰摂取には注意すべきだが、他にCGRPを増やす働きもあるとされる。このCGRPは「IGF-1(成長ホルモンの刺激により肝臓から分泌)」を増やすとされ、カプサイシンはそのCGRPの働きを更に活性化するとされる。
12-06 23:10

食事論:グロビンを酵素分解して抽出されるグロビンペプチドには、脂肪を分解する消化酵素の働きを抑え、それによって脂肪の吸収を抑える作用があるとされている。また血液中の中性脂肪を分解する酵素の働きを促し、その蓄積を抑える作用があるとも言われている。
12-06 22:40

筋トレ論:アルギニンは成長ホルモン分泌やコラーゲン合成等に関わるとされる他、血管拡張に必要な一酸化窒素(NO)を作る際に必要と言われている。1回1~2g程度を食間・起床時・就寝前等空腹時に分けて摂取、また3~5g程度を運動前後に摂取すると良いと思われる。https://t.co/B3y7MrIFAr
12-06 22:10

食事論:蛋白質を豊富に含む肉類には鶏肉、牛肉、豚肉等様々な種類がある。一方、例え同じ動物の肉であっても、部位が異なれば含まれる栄養素は大きく異なる場合がある。好物だから栄養があるからと1つの食品に固執するのではなく、様々な肉・様々な部位を食べた方が栄養バランスは良くなる。
12-06 21:40

栄養論:酸素運搬に必要なヘム鉄と非ヘム鉄。ヘム鉄は吸収が良く動物性食品に含む。非ヘム鉄は植物性食品に含み、吸収は悪いがビタミンCにより高まる。豚レバーに多い他、鶏レバー、ヒジキ、干エビ、貝、大豆、ナッツ類等に含む。 尚、酸素運搬には銅・ビタミンB群も重要。https://t.co/0XjEJ3ozbF
12-06 21:10

食品論:ペカンナッツ(ピーカンナッツ)は蛋白質、脂質(オレイン酸・リノール酸)、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維をいずれも豊富に含み、特に脂質、ビタミンE、マンガンに秀でる。カロリーも高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/fURUTLRhxf
12-06 20:40

栄養論:ビタミンDは紫外線を浴びる事で体内合成でき、数十分浴びれば必要量を満たす事ができる。尚、カルシウムの吸収を促す以外では免疫細胞を活性化するとされ、25~50μgを追加補給しても問題は少ない。食品ではシラス干し、ニシン、イワシ、白キクラゲ等に多く含む。https://t.co/mOrLoqumK1
12-06 20:10

花粉症:ネトル茶、凍頂烏龍茶、紅富貴等に含まれるメチル化カテキンは、免疫グロブリンEを抑制する事で炎症反応を緩和する作用があると言われている。尚、ケルセチン、ビオチン、ビタミンC、アスタキサンチン等にも、ヒスタミンを抑制する事で、炎症反応を緩和する効果があると言われている。
12-06 19:40

ニキビなどの肌の悩み、及びその対策法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CbJOzM2B96 #健康 #ニキビ
12-06 19:10

首肩ストレッチ:お尻の後ろで右手首を左手で掴む。左手で右手首を下へ引き、右肩を少し下げる。その状態のまま左耳を肩につけ、かつ顎を胸の中央につける→そして顎を左斜め上へ突き出しながら首を斜めに伸ばす。これは無理のない範囲で大きく・緩やかに繰り返す。https://t.co/lPsB1eI8VH
12-06 18:40

筋トレ論:高強度・長時間の運動は筋肉を分解しやすいが、グルタミンの摂取によりそれを抑える事ができるとされる。運動後1回5~10gを摂取、あるいは起床後や就寝前など空腹時を予測し、1回5g程度を摂取すると良いと思われる。尚、少量では腸の活動エネルギーにもなる。https://t.co/co4b3EG9yY
12-06 18:10

プロテインの摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/VccbbxVJ5e #ダイエット #健康 #筋トレ
12-06 17:40

健康論:関節や筋肉等患部に痛みが場合、そこにばかり気を取られがちだが、その原因が患部から遠い場所にある事も多い。ケアの際は患部より遠い場所から順に行い、最終的に患部付近へ到達させる。そうして一歩ずつ原因を究明・解決していく事が重要。無論食事や睡眠等体の内側からのケアも重視する。
12-06 17:10

身長を伸ばす:骨に大きな刺激を与えるジャンプ運動だが、いきなり始めるとすぐ体が慣れてしまう。それを防ぐには骨に対して常に「適度な刺激」になるよう、少しずつ強度を上げながら種類を増やしていく事。また全身を複雑に使うような運動を行い、体だけでなく脳にも刺激を与える事も重要である。
12-06 16:40

食品論:ヒジキはβカロテン、ビタミンB2・E・K、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄等を豊富に含み、特にカリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンKに秀でる。ただし塩分には注意。尚、発癌性を持つとされる無機ヒ素を含むと言われるが、水戻し後茹でる事で減らす事ができる。
12-06 16:10

食品論:インカインチ油は必須脂肪酸であるω-3脂肪酸のαリノレン酸を豊富に含み、アマニ油やエゴマ油には及ばないものの高い比率を誇る。尚、熱に弱く酸化されやすいが、抗酸化作用を持つビタミンEを豊富に含むため、比較的ではあるが熱や酸化に耐性を持つとされる。https://t.co/wvr0oUQ9x5
12-06 15:40

ニキビ治療:早寝・毎日同時刻寝起食、枕・顔拭タオル清潔、栄養バランス、数十分間隔の水・栄養補給、低強度有酸素運動→発汗後清潔・即保湿、朝夜泡立て優洗顔→即保湿、強く擦らず・触らず、ストレス・湿度・紫外線対策。参考→https://t.co/nVx9sRbY3U
12-06 14:40

食品論:モリンガ(葉)はβカロテン、ビタミンB1・B2・B6・C・K、ナイアシン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、食物繊維を豊富に含み、特にビタミンB6に優れる。尚、期待される栄養価を得るには数10g摂取する必要がある。サプリメントでも1日に数10錠必要なので実際は現実的ではない。
12-06 14:10

ダイエット論:食事制限をすれば確かに脂肪は減るだろうが、消費エネルギーの大きい筋肉の成長が抑えられ、かつエネルギーを節約する省エネ状態に入ってしまう。結果カロリーを制限する度に筋肉が落ち、基礎代謝が低下、食事量を戻した際にリバウンドのリスクが高まる。同じ事を繰り返すだけである。
12-06 13:40

生活論:セロトニンは腸内にも存在するが、ストレス等による過剰増加で下痢、極端減少で便秘に。それが過敏性腸症候群(IBS)の原因とも言われる。食物繊維より睡眠習慣改善→ホルモンバランス改善→ストレス耐性向上それからストレスへの対処法を考える。尚、セロトニンは脳と腸を行き来しない。
12-06 13:10

お尻の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/YXP3xb9jma #筋トレ #ダイエット
12-06 12:40

中臀筋トレ:体を一直線・横這い。上の膝を伸ばし、爪先・膝を体と同じ方向へ向かせたまま、太ももを少し後方へ引く。それを維持し太ももを上下する。上下動を1回とし計20回。動作間では膝を伸ばす、体の少し後方、爪先・膝の向き、高く上げない、脱力しない事を常に意識。https://t.co/YXP3xb9jma
12-06 12:10

栄養論:カルニチンは筋肉に多く存在し脂肪酸の運搬に関与、また一部は脳内で使われ、神経伝達を円滑にする働きがあるとされる。必須アミノ酸のリジンから作られるが加齢で不足する。赤身肉や赤身魚に多く含まれる。サプリメントでは1日1~3gを起床時や運動前に摂取。https://t.co/wF6NqOGNFX
12-06 11:40

食品論:牡蠣はビタミンB12、亜鉛、鉄、銅等がいずれも優れており、それらは数個程度食べるだけで1日の必要量を摂取できると言われている。また肉や魚には負けるが蛋白質も含まれる他、脂肪は殆ど含まれないためカロリーは低い。尚、食中毒のリスクがあるため摂取方法には十分注意する。
12-06 11:10

遊戯王で言うと、7ターン目に手札の高レベルカードがコスト0になり、8ターン目でそいつら全てがペンデュラム召喚されてそのまま直接攻撃される。そんな感じ。
12-06 11:08

この運営の考えてる事は本当によう分からん。この会社の他のゲームでもそうだったが、やはり過ちは繰り返すもの。
12-06 11:03

プレイヤーの体力25しかないのに、7~8ターン目だけで一気に0になるからな。やってられん。
12-06 11:01

ポケカの方が楽しいや
12-06 10:57

ライバルズ、完全に萎えた
12-06 10:56

食品論:グラスフェッドバターは脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)を含む他、通常のバターよりも不飽和脂肪酸が多く、αリノレン酸や共役リノール酸等を含むとされる。ただし不飽和脂肪酸は熱に弱く酸化されやすい上、通常のバター同様に飽和脂肪酸も豊富な点には注意。https://t.co/2xRidjeKic
12-06 10:40

「胸を大きくする方法(バストアップ)」に関する情報をまとめたブログを運営しています。ご興味のある方はこちらからどうぞ→https://t.co/F4Bp4svDZ5 #バストアップ
12-06 10:10

スクワット:足を肩幅。背中丸めず股関節軸に上半身少し前傾かつ緩かに膝を曲げる→同じように戻すが膝は伸ばし切らない。これを1回とし20回。上半身前傾により膝は自然な位置に、腰も垂直に落ちる。よって膝の前後は意識しすぎない事。ただし膝と爪先の方向は一致させる。https://t.co/zXbsf30bmg
12-06 09:40

食品論:チアシードは蛋白質、脂質(αリノレン酸等)、ビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、食物繊維を含む。脂質が多く高カロリーだが、低糖であり糖質制限中の栄養源に適す。尚、白の方が食物繊維は多いが食事量を減らしたくないなら黒。https://t.co/uIr4IBf1uR
12-06 09:10

食事論:GABA(γアミノ酪酸)は神経興奮を抑える事でリラックス作用があるとされる。摂取してもそのまま吸収される訳ではないが、グルタミン酸やビタミンB6等から作るためそれらの摂取は重要。グルタミン酸は小麦、大豆、チーズ、ナッツ等、ビタミンB6はマグロ、カツオ、サケ、牛レバー等に含む。
12-06 08:10

五大栄養素にも数えられる「ミネラル(それぞれの種類や役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/WhPvLSiBVT
12-06 07:40

栄養論:ビタミンDは紫外線を浴びる事で体内合成でき、数十分浴びれば必要量を満たす事ができる。尚、カルシウムの吸収を促す以外では免疫細胞を活性化するとされ、25~50μgを追加補給しても問題は少ない。食品ではシラス干し、ニシン、イワシ、白キクラゲ等に多く含む。https://t.co/mOrLoqumK1
12-06 07:10

健康論:ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、それを構成する要素の一つがグルコサミン。いずれも細胞同士を繋ぐ結合組織、特に軟骨に存在し、強度、水分量、柔軟性、弾力性等を維持する役割がある。体内合成されるが、定期的な材料補給及び血流改善が重要。https://t.co/bTDP26RbkV
12-06 06:40

栄養論:タウリンはシステインやビタミンB6等から合成、細胞を正常な状態に維持・調節する機能に関与。全身に存在し特に心臓や肝臓等に多く存在、脳では神経伝達物質としての役割もあるとされる。食品ではタコ、イカ、貝類等に含まれる。尚、摂取量は食後1~2g程度が目安。https://t.co/TitUgYXOXI
12-06 06:10

筋トレ論:高強度の運動日が続いた後の休養日では、全く体を動かさない完全休養よりも、少し体を動かしながら休養した方が効率良く疲労が回復できる事もある。これをアクティブレスト等と言う。休養日では普段行わないスポーツや低強度の有酸素運動等を実施する。気分転換になり運動にも身が入る。
12-06 05:40

健康論:血液は心臓のポンプにより動脈を通って末端へ送られる。その後静脈を通り心臓まで戻ってくるが、遠い所では心臓のポンプに頼らず重力に逆らう必要がある。そのため心臓とは別のポンプが必要になり、そのポンプの役割を筋肉が果たしている。特にふくらはぎや太ももの筋肉を動かす事が重要。
12-06 05:10

栄養論:柑橘系の果物に多く含まれるクエン酸は、筋肉内へエネルギーの貯蔵を促す作用があると言われている。運動能力が向上する事はないが、運動後・食後等に1回1~2g程度を摂取、またその際には糖及びビタミンB1等を一緒に摂取する事で疲労回復に良いと思われる。https://t.co/K2qCV1UeyJ
12-06 04:40

身長を伸ばす:リンは骨の形成に必要不可欠なミネラルだが、カルシウムと強く結合し、過剰摂取により骨からカルシウムを溶け出させると言われている。尚、このリンは多くの食品に含まれ意識せずとも摂取できる上、特に加工食品に多く含まれる。よってリンの過剰摂取を防ぐには手料理が必要になる。
12-06 04:10

肩のいわゆるインナーマッスルを鍛えるためのトレーニング法やその注意点などについて私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/lQPQDFuihC #筋トレ
12-06 03:40

喉を酷使した際のケアの方法について簡単にまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/wlCi1mIJzh
12-06 03:10

目を酷使した際のケアの方法の他、視力・動体視力・周辺視野等を鍛えるトレーニング法などについて私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/mnap2s13Wg
12-06 02:40

食品論:ヤムイモはジオスゲニンを含み、性ホルモンの材料となりその分泌を促すとされる。日本で栽培される中ではクーガイモ(トゲドコロ)で最も含有量が高く、より強力とされる。ただしその分過剰摂取しやすく、ホルモンバランスを崩しやすい。特にサプリメントを利用する場合は注意が必要。
12-06 02:10

髪の毛を労る:早寝・毎日同時刻寝起食、栄養バランス、特定栄養素・食品への固執回避、数十分間隔の水・栄養補給、有酸素運動等発汗→清潔→マッサージ、湿度・紫外線・ストレス対策、泡立て優洗髪、タオル・枕清潔、擦らない・触らない。参考→https://t.co/3cwUpvLfZq
12-06 01:40

食品論:ヘンプシード(麻の実)は蛋白質、脂質(リノール酸・αリノレン酸・γリノレン酸)、ビタミンE・K、マグネシウム、カリウム、リン、鉄、亜鉛、食物繊維を豊富に含む。特に脂質とミネラルに秀でている他、大豆には劣るものの蛋白質も高い含有量を誇る。https://t.co/kHkHO3nOun
12-06 01:10

栄養論:パントテン酸は様々な代謝に関与、特に対ストレスとなる副腎皮質ホルモンの分泌に関与するとされる。豚・鶏・牛レバーに多く含み、他鶏肉、豚肉、大豆等にも含む。尚、一部は腸内でも作られるが、不足すると皮脂・ニキビが増える等肌荒れを起こす事がある。https://t.co/eWRpz4P5VW
12-06 00:10

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト