06/08のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食事論:睡眠に関与するメラトニンはセロトニンから、セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られる。またセロトニンはドーパミンやノルアドレナリンを制御し精神を安定化させる。つまり極端な食事は結果として睡眠、更には精神をも乱れさせるという事。食事と睡眠は常に隣同士である。
06-08 23:39

筋トレ論:高強度・長時間の運動では運動中から筋肉が分解されてしまうと言われているが、BCAAはそれを最小限に抑え合成を補助するとされる。運動前中等に1回5~10gを摂取、また吸収の速い糖と共に摂取すると良いと思われる。尚、BCAAの中ではロイシンの必要量が多い。https://t.co/wpfaSLSkTp
06-08 23:09

バストアップ:女性ホルモンは思春期前後から分泌促進、20代の間は増え続けるとされる。では何故思春期以降変化がないのか。それは生活習慣に対する考え方が固定化されるためである。胸は脂肪、女性ホルモンはコレステロールから作られる。思春期以前から食事を制限していれば真逆の結果となる。
06-08 22:09

食事論:白インゲン豆に含むファセオラミンには糖を分解する酵素の働きを抑え、それにより糖の消化・吸収を抑える作用があるとされる。尚、白インゲン豆を食べるには十分加熱する必要があり、ファセオラミンは加熱する事でその殆どが失われると言われている。食品からの摂取は現実的ではない。
06-08 20:39

栄養論:カリウムは神経伝達・筋肉収縮制御・塩分排出等に関わる。塩分過剰摂取・大量発汗時に必要量が増え、不足時に高血圧・筋痙攣・熱中症等が起こりやすくなる。アボカド、アマランサス、キクラゲ、大豆、芋類、ナッツ類、緑黄色野菜等を摂取すべし。尚、海藻類にも含まれるが塩分も多い。
06-08 20:09

昼だけ炭水化物減らすとそれだけで頭がボーっとする
06-08 20:06

握力及び手の指・前腕の筋肉を鍛えるためのトレーニング法についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/jUPGXI6VWg #筋トレ #ダイエット
06-08 19:39

基本的な生活習慣の一つである睡眠習慣や睡眠に対する考え方等についてまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/9b2P5ePsK8
06-08 19:09

筋トレ論:HMBはロイシン代謝過程で作られるが、その効率は悪いためHMBで補うと良いとされる。量としては1日3~5gを小分けに摂取すると良いと思われるが、個人差が大きいとされ、大量摂取しても大差ない。尚、クレアチンやビタミンDの摂取で効果が高まるとされる。https://t.co/kyREShSaz4
06-08 18:39

食事論:アストラガルス(キバナオウギ)にはイソフラボン誘導体で性ホルモン分泌を調節するとされるフォルモノネチン、サポニンの一種で抗酸化作用があるとされるアストラガロシドやクマリン、リラックス効果があるとされるGABA、老廃物と結合し排出を促すとされるグルクロン酸等が含まれる。
06-08 18:09

食品論:エンバク(オートミール)は糖、蛋白質、ビタミンB1、パントテン酸、ビオチン、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、食物繊維を豊富に含む。玄米と比較するとビタミンB群は劣るが、蛋白質、鉄、亜鉛、銅、食物繊維はいずれも玄米より多く、全体的な栄養価が高い。https://t.co/kaVRzerVxE
06-08 17:39

筋トレ論:筋トレは高反復ほど効果があるように思うが実際は効率が悪い。筋肥大を狙うなら、負荷を増やし1セット10回前後まで減らす、それを休憩挟み2~3セット。また筋肉が伸ばされる際、少し緩やかに戻し脱力させない事、目的の筋肉へ刺激が行くフォーム、他に異なる種目を取り入れる等も重要。
06-08 17:09

バストアップ:早寝・毎日同時刻寝起食、栄養バランス、脂肪・カロリー等食事制限回避、特定栄養素・食品への固執を回避、胸筋より背筋、筋トレは短時間、胸を揺らさない、周囲ストレッチ・マッサージ、恋・ストレス管理。参考→https://t.co/Gd4lsZQw5r
06-08 16:39

腕の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/AjpaU95qcE #筋トレ #ダイエット
06-08 16:09

筋トレ論:チートデイは数日~1週間程度に1日だけ食事量を増やす事。体脂肪率は高いほど効果は薄いが、体重減少に伴う代謝の低下を一時的に戻す事ができる。尚、食事内容は炭水化物が中心、蛋白質は適度、脂肪は控え目、ビタミン・ミネラルは意識的に摂取、かつカロリーは平日の倍以上が目安。
06-08 15:39

サプリメントやハーブなどに関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ。→https://t.co/lL0ssbZeFB #ダイエット #健康 #筋トレ
06-08 15:09

運動論:余った糖は脂肪として蓄積するが、一旦脂肪になると糖質制限や有酸素運動でしか効率良く燃やす事はできない。よって糖は糖である状態の時に筋トレ等無酸素運動により消費してしまった方が良い。それは結果として脂肪蓄積を防ぎ、また筋肉は糖を蓄える事ができるため血糖値抑制にも繋がる。
06-08 14:39

栄養論:ビタミンB2は糖・脂質・蛋白質をエネルギーに変換する酵素の補助、皮膚や粘膜の健康維持に必要となる。特に豚・牛レバーに多く、他鶏レバー、牛・鶏ハツ、ウナギ、納豆、卵黄等にも含む。尚、腸内で一部作られる。脂肪摂取で必要量が増え、不足で口内炎等になる。https://t.co/k3ZEcNVr0Z
06-08 14:09

プレイングとか勝ち負けとかそういうの以前に、ゲームの仕様自体に疑問を持つ事が増えたなぁ。そのせいで全然楽しめない。
06-08 13:54

まーたやってるゲームに萎えてしまった。
06-08 13:53

筋肉論:上腕二頭筋収縮時は上腕三頭筋が伸ばされているが、このように収縮する筋肉を主働筋、伸ばされる筋肉を拮抗筋と言う。拮抗筋がスムーズに伸ばされなければ主動筋の動きは鈍くなる。つまり主働筋をスムーズに動かすには拮抗筋の筋力及び柔軟性も重要。表も裏もバランス良く使うべきである。
06-08 13:39

生活論:食物繊維は便通改善が期待されるが、栄養バランスを考えた食事を普段から行っていれば本来意識的に摂取する必要のない栄養素。食物繊維に頼る事で逆に栄養が偏りそれも便通悪化の原因になっている。便通には食事以外の要素も関係しており、食事だけで良くなるなど安易に考えるべきではない。
06-08 13:09

バストアップ:イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるとされる。特にプエラリアに含むイソフラボンは一般的な大豆に含む量の40倍以上と言われる。ただし強力な分ホルモンバランスを崩しやすく過剰摂取には注意が必要。尚、イソフラボンは一般的な大豆製品から摂取する分には何ら問題ない。
06-08 12:39

食品論:ゴマは蛋白質、脂質(オレイン酸・リノール酸)、ビタミンB1・B6、ナイアシン、葉酸、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、食物繊維をいずれも豊富に含み、特に脂質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄に秀でている。他、健康効果があるとされるセサミンも含む。https://t.co/1tF9fzSXU4
06-08 12:09

健康論:関節や筋肉等患部に痛みが場合、そこにばかり気を取られがちだが、その原因が患部から遠い場所にある事も多い。ケアの際は患部より遠い場所から順に行い、最終的に患部付近へ到達させる。そうして一歩ずつ原因を究明・解決していく事が重要。無論食事や睡眠等体の内側からのケアも重視する。
06-08 11:39

指先の感覚を研ぎ澄ますためのトレーニングの方法を私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/Fz32yd7lMM
06-08 11:09

食品論:アマランサスには糖、蛋白質、ビタミンB6、葉酸、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、食物繊維等がいずれも豊富に含まれる。尚、キヌアと比較するとビタミンB群は劣るが、ミネラルの栄養価はアマランサスの方が高い。https://t.co/6fJTIu0E9p
06-08 10:39

RT @livedoornews: 【速報】陸上100m サニブラウンが9秒97 日本記録更新 全米大学選手権決勝で(NHKニュース)
06-08 10:33

バストアップ:女性ホルモンは思春期前後から分泌促進、20代の間は増え続けるとされる。では何故思春期以降変化がないのか。それは生活習慣に対する考え方が固定化されるためである。胸は脂肪、女性ホルモンはコレステロールから作られる。思春期以前から食事を制限していれば真逆の結果となる。
06-08 10:09

筋トレ系サプリメントの摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/4pPXjTcNHp #ダイエット #健康 #筋トレ
06-08 09:39

栄養論:ボスウェリアセラータ(植物)に含むボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエン合成を抑制する作用があるとされる。尚、ロイコトリエンはω-6脂肪酸のアラキドン酸から作られ、ω-3脂肪酸のαリノレン酸で抑制できる。いずれも必須脂肪酸であり、バランスが重要。
06-08 09:09

ブルガリアンスクワット:足を前後に開いて立ち、前足重心、後足を台へ乗せる。背中丸めず上半身少し前傾、前膝を直角まで緩やかに曲げ、腰を垂直に下へ落とす→同じように腰を垂直に戻すが膝は伸ばしきらない。曲げ伸ばしを1回とし10~15回。膝を前へ出さなければ尻に効く。https://t.co/zXbsf30bmg
06-08 08:39

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
06-08 08:09

中臀筋トレ:体を一直線・横這い。上の膝を伸ばし、爪先・膝を体と同じ方向へ向かせたまま、太ももを少し後方へ引く。それを維持し太ももを上下する。上下動を1回とし計20回。動作間では膝を伸ばす、体の少し後方、爪先・膝の向き、高く上げない、脱力しない事を常に意識。https://t.co/YXP3xb9jma
06-08 07:39

花粉症:ネトル茶、凍頂烏龍茶、紅富貴等に含まれるメチル化カテキンは、免疫グロブリンEを抑制する事で炎症反応を緩和する作用があると言われている。尚、ケルセチン、ビオチン、ビタミンC、アスタキサンチン等にも、ヒスタミンを抑制する事で、炎症反応を緩和する効果があると言われている。
06-08 07:09

筋肉論:上腕二頭筋収縮時は上腕三頭筋が伸ばされているが、このように収縮する筋肉を主働筋、伸ばされる筋肉を拮抗筋と言う。拮抗筋がスムーズに伸ばされなければ主動筋の動きは鈍くなる。つまり主働筋をスムーズに動かすには拮抗筋の筋力及び柔軟性も重要。表も裏もバランス良く使うべきである。
06-08 06:39

栄養論:食物繊維は糖の連なった多糖類で糖の一種だが消化酵素で分解できない。水溶性と不溶性に分かれ、水溶性は腸内細菌で一部が分解、不溶性は腸内細菌でも分解できず、それら分解できなかったものが便の元になる。尚、食物繊維を除く糖の事を糖質、糖質の中でも二糖類と単糖類を糖類と言う。
06-08 06:09

食事論:玉ねぎに含む硫化アリルには抗菌・ビタミンB1補助作用、辛味成分の硫化プロピルには血液サラサラ効果、ポリフェノールの一種ケルセチンには抗酸化作用、他アリインには男性ホルモン分泌を促す作用があるとされる。ただしその効果を得るには相当量食べなければならず現実的ではない。
06-08 05:39

食事論:白インゲン豆に含むファセオラミンには糖を分解する酵素の働きを抑え、それにより糖の消化・吸収を抑える作用があるとされる。尚、白インゲン豆を食べるには十分加熱する必要があり、ファセオラミンは加熱する事でその殆どが失われると言われている。食品からの摂取は現実的ではない。
06-08 05:09

栄養論:ビタミンDは紫外線を浴びる事で体内合成でき、数十分浴びれば必要量を満たす事ができる。尚、カルシウムの吸収を促す以外では免疫細胞を活性化するとされ、25~50μgを追加補給しても問題は少ない。食品ではシラス干し、ニシン、イワシ、白キクラゲ等に多く含む。https://t.co/mOrLoqumK1
06-08 04:39

プロテインの摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/VccbbxVJ5e #ダイエット #健康 #筋トレ
06-08 04:09

五大栄養素にも数えられる「脂肪(特に脂肪酸の種類・その役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/hA7XlGR9nN
06-08 03:09

栄養論:ギムネマに含まれるギムネマ酸には小腸における糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑える作用があると言われている。また味覚に対して物理的に作用し、甘味を弱める効果がある。摂取するなら食事内容を考え食前が良いと思われる。尚、鉄の吸収を阻害するため摂取量には十分注意する。
06-08 02:39

お腹の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/SNChUw8OaJ #筋トレ #ダイエット
06-08 02:09

食事論:リンゴの皮に含むウルソル酸やグリーントマトに含むトマチジンには、蛋白質合成・分解に関わる酵素の働きを活性化、それによる筋力維持向上や脂肪燃焼補助等の作用があるとされる。尚、リンゴの皮には比較的多く含むが、いずれにしろ効果を得るには相当量食べなければならず現実的ではない。
06-08 01:39

食事論:ガルシニアに含むヒドロキシクエン酸(HCA)には脂肪酸の合成を抑制し、グリコーゲン合成を促進、それによって食欲を抑制する作用があるとされる。またチャノキ(茶)に含むテアニンにも食欲を抑制する作用があるとされる他、こちらにはリラックス・抗ストレス作用があると言われる。
06-08 01:09

食品論:ヘーゼルナッツはビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガンを豊富に含む。ビタミンE・カリウム以外は他のナッツ類と比較すれば劣るが、ナッツ類の中でも脂質(オレイン酸等)に優れ、糖質が少ないため糖質制限中のカロリー源に適している。https://t.co/9Ka7OZuu73
06-08 00:09

関連記事
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト