08/15のツイートまとめ

SaruyaMichael2

睡眠論:毎日同じ時間に寝るという規則的な睡眠を続けると、いつもの寝る時間になると自然と眠気を感じるようになる。これは毎日の生活リズムに従い、寝る前から寝る準備を行っているからで、その準備を妨害すれば睡眠の質は低下する。寝る前は脳に刺激となる事は避け、静かに寝る準備に従うべし。
08-15 23:39

ジャンプ力:助走をつけ上へ跳ぶ場合、助走の勢いを利用し膝を素早く・浅めに曲げる。筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮む性質があり、伸ばされた際の勢いがその後の素早い収縮へと繋がる。結果、無駄な力を使わず高く跳ぶ事ができる。https://t.co/53t3pNnj4i
08-15 23:09

デッドリフト:足を肩幅に開いて立ち、腰骨両側に手、肘伸ばしバーベル等を持つ。軽く膝を曲げ、腰を少し後方へ引きながら、背中丸めず股関節を軸に上半身前傾→同じように股関節を軸に上半身を起こす。これを1回とし10~15回。尚、前傾する角度は方法によるが90度まで。https://t.co/uJthDYbQk8
08-15 22:39

運動論:余った糖は脂肪として蓄積するが、一旦脂肪になると糖質制限や有酸素運動でしか効率良く燃やす事はできない。よって糖は糖である状態の時に筋トレ等無酸素運動により消費してしまった方が良い。それは結果として脂肪蓄積を防ぎ、また筋肉は糖を蓄える事ができるため血糖値抑制にも繋がる。
08-15 22:09

栄養論:EPAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸。コレステロール・血圧管理、炎症反応に関与するω-6脂肪酸に拮抗する他、特に血小板凝集抑制が有名。シロサケのイクラ、ボラ、ウナギ、マグロのトロ、ブリの他、青魚に含む。一部はαリノレン酸から作られるが不足しやすい。https://t.co/tFpZW09bXd
08-15 21:39

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AWRZlL
08-15 21:09

五大栄養素にも数えられる「ビタミン(水溶性・脂溶性それぞれの種類や役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/yHJZrYN0fs
08-15 20:39

スクワット:足を肩幅。背中丸めず股関節軸に上半身少し前傾かつ緩かに膝を曲げる→同じように戻すが膝は伸ばし切らない。これを1回とし20回。上半身前傾により膝は自然な位置に、腰も垂直に落ちる。よって膝の前後は意識しすぎない事。ただし膝と爪先の方向は一致させる。https://t.co/zXbsf30bmg
08-15 20:09

首・肩・肩甲骨周りの筋肉をほぐすためのストレッチの方法やその注意点などについて私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/lPsB1eI8VH
08-15 19:39

栄養論:ビタミンEは末梢血管拡張や抗酸化作用があり、ビタミンA・C等と共に抗酸化機能を安定化するとされる。アン肝、魚の卵、モロヘイヤ、ナッツ等に豊富。尚、脂溶性だが食品から摂取する場合過度な心配は不要、ただし1日に多くて800IU(533mg)までが無難だと思われる。https://t.co/fRWYX55zwY
08-15 19:09

栄養論:ギムネマに含まれるギムネマ酸には小腸における糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を抑える作用があると言われている。また味覚に対して物理的に作用し、甘味を弱める効果がある。摂取するなら食事内容を考え食前が良いと思われる。尚、鉄の吸収を阻害するため摂取量には十分注意する。
08-15 18:09

反射神経を鍛えるための考え方やトレーニング法などについて私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/sCXhshMG7w
08-15 17:39

プロテインの摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/VccbbxVJ5e #ダイエット #健康 #筋トレ
08-15 17:09

栄養論:ボスウェリアセラータ(植物)に含むボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエン合成を抑制する作用があるとされる。尚、ロイコトリエンはω-6脂肪酸のアラキドン酸から作られ、ω-3脂肪酸のαリノレン酸で抑制できる。いずれも必須脂肪酸であり、バランスが重要。
08-15 16:39

健康論:余剰の糖は血液を流れにくくする。結果血管壁損傷、血栓生成・動脈硬化等リスクを高める。また毛細血管を詰まらせ末梢細胞壊死、進行により動脈・重要組織で起こり、臓器機能低下、更には脳・心筋梗塞等リスクも高める。尚、糖は筋肉に貯蓄でき、糖を使う循環により血糖値を抑制できる。
08-15 16:09

栄養論:カリウムは神経伝達・筋肉収縮制御・塩分排出等に関わる。塩分過剰摂取・大量発汗時に必要量が増え、不足時に高血圧・筋痙攣・熱中症等が起こりやすくなる。アボカド、アマランサス、キクラゲ、大豆、芋類、ナッツ類、緑黄色野菜等を摂取すべし。尚、海藻類にも含まれるが塩分も多い。
08-15 15:09

食品論:ヘンプシード(麻の実)は蛋白質、脂質(リノール酸・αリノレン酸・γリノレン酸)、ビタミンE・K、マグネシウム、カリウム、リン、鉄、亜鉛、食物繊維を豊富に含む。特に脂質とミネラルに秀でている他、大豆には劣るものの蛋白質も高い含有量を誇る。https://t.co/kHkHO3nOun
08-15 14:39

腕の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/AjpaU95qcE #筋トレ #ダイエット
08-15 14:09

筋トレ論:クレアチンはそのままでは吸収率が悪いとされる。吸収の速い糖と少量の塩分を摂取、またpHが重要で、クレアチン:クエン酸:重曹を3:2:1程度の割合で混合すると改善される。量は1日3~5g程度、これを運動後や食後等に小分けにして摂取すると良いと思われる。https://t.co/zFxMSPyJYG
08-15 13:39

栄養論:カルニチンは筋肉に多く存在し脂肪酸の運搬に関与、また一部は脳内で使われ、神経伝達を円滑にする働きがあるとされる。必須アミノ酸のリジンから作られるが加齢で不足する。赤身肉や赤身魚に多く含まれる。サプリメントでは1日1~3gを起床時や運動前に摂取。https://t.co/wF6NqOGNFX
08-15 13:09

windowsをアップデートしたら音が小さくなった
08-15 13:09

食品論:フラックスシードは蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、ナイアシン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、マンガン等をいずれも豊富に含む。尚、抽出されたアマニ油ほどではないが、必須脂肪酸であるω-3脂肪酸のαリノレン酸を豊富に含むのが大きな特徴。https://t.co/rGQahd8JVb
08-15 12:39

栄養論:ビオチンは糖や脂肪の代謝に関わる酵素の働きを補助するとされる。ナッツ類、レバー、卵黄、ウナギ、イワシ等に含む。腸内細菌でも作る事ができ、めったに不足しない。尚、生卵のアビジンはビオチンと強く結合するため過剰摂取に注意だが、加熱すれば問題ない。https://t.co/VbmYH1PxtU
08-15 12:09

栄養論:マグネシウムはカルシウムやリンと共に骨に使われる他、筋肉の弛緩等にも必要になる。海藻、貝、大豆、ナッツ、キノコ等に多く含むが、元々吸収率が良くなく発汗等により失われやすい。食品+サプリメントで別途補給、更に風呂に溶かし皮膚からも吸収させよう。https://t.co/3ETQuvnZ0H
08-15 11:39

半身浴:体温上昇・発汗による体温調節機能向上が期待される。ただし運動を伴わないため脂肪燃焼はしない上、老廃物排出も実際には僅か。また大量発汗のため保湿・水分・栄養補給を怠れば逆に乾燥・脱水を招く。元は心臓の弱い人や高齢者向けの入浴法であり、健康な若い人が行う理由は特にない。
08-15 11:09

睡眠の質向上:毎日同時刻寝起、最低6時間、1時間半単位の睡眠時間、枕・布団・室温・湿度・騒音等環境整備、起床後15分日光浴、就寝前に脳を刺激しない、就寝までに少しずつ部屋を暗く、就寝前に風呂→体温上昇、鼻・喉の病気を治す、昼間の活動・適度な疲労等。https://t.co/9b2P5ePsK8
08-15 10:39

食事論:生姜に含む辛味成分ジンゲロールは低温加熱・乾燥によりジンゲロンやショウガオールに変化する。どちらも体温を高める作用があるとされ、特にジンゲロンは血管拡張・発汗作用、ショウガオールは脂肪燃焼を補助する作用があるとも言われている。ただし食品に含む量は僅かで現実的ではない。
08-15 10:09

栄養論:DHAは必須脂肪酸であるω-3脂肪酸。コレステロール・血圧管理、炎症反応に関与するω-6脂肪酸に拮抗、他では脳や網膜にも存在する。マグロのトロ、シロサケのイクラ、ブリ、サバ、サンマの他、特に青魚に多く含む。一部はαリノレン酸から作られるが不足しやすい。https://t.co/tFpZW09bXd
08-15 09:39

食事論:GI値は食品に含まれる「炭水化物50g当たりの糖」における血糖値の上がりやすさを比較するもの。ただし例えGI値が同程度でも「そのGI値の影響を受けるために必要な重量」は異なる場合がある。また加工法、調理法、食品の組合せ、順番等によっても血糖値の上がり方は異なる場合がある。
08-15 09:09

いわゆる「スーパーフード」に関する記事をまとめています。ご興味のある方はこちらからどうぞ。→https://t.co/RlOmO1Mhbh #ダイエット #健康 #筋トレ
08-15 08:39

睡眠論:睡眠中は一定間隔でレム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されるとされるが、特に浅い眠りのレム睡眠の時にちょうど起きる事で目覚めが良くなると思われる。具体的には1時間半単位に総睡眠時間を調整すると良い。尚、起きた際に太陽光を浴びるとセロトニンもスムーズに分泌され尚良い。
08-15 08:09

食事論:甲殻類から抽出されるキトサンは脂肪を分解する消化酵素の働きを抑え、それにより脂肪の吸収を抑える作用があるとされる。尚、キトサンは不溶性食物繊維のため便の元になるが、大量摂取では逆に便秘になる事もある。またよく聞くグルコサミンはキトサン内にも含まれている。
08-15 07:39

食事論:空腹時はグレリンが分泌、それにより成長ホルモンを分泌し新陳代謝活性化、また食欲増進作用等もある。つまり毎日食事の時間がバラバラだったり次の食事との間隔が短いと、新陳代謝が低下し食欲も減衰する可能性がある。毎日同じ時間に食事をし、次の食事はある程度間隔を空けると良い。
08-15 07:09

五大栄養素にも数えられる「炭水化物(糖・食物繊維の種類とその役割等)」についてまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/bAqWpHx9Vs
08-15 06:39

ニキビ治療:皮膚表面にある皮脂には実はバリア機能がある。全て洗い流すと逆に乾燥を招き、その乾燥を防ぐために皮脂の過剰分泌を促し、余計に毛穴を詰まらせる事もある。尚、皮膚は毎日少しずつ修復されており、強く洗ってすぐにニキビが治る訳ではない。洗い過ぎは厳禁。焦らず毎日少しずつ。
08-15 05:39

食事論:GABA(γアミノ酪酸)は神経興奮を抑える事でリラックス作用があるとされる。摂取してもそのまま吸収される訳ではないが、グルタミン酸やビタミンB6等から作るためそれらの摂取は重要。グルタミン酸は小麦、大豆、チーズ、ナッツ等、ビタミンB6はマグロ、カツオ、サケ、牛レバー等に含む。
08-15 05:09

栄養論:ビタミンAのレチノールは必要量は多いが、蓄積・過剰摂取のリスクがある。一方、βカロテンはレチノール代用となり過剰摂取の心配はないが、レチノールと比べ1/12程度の効力、それだけでは不足する。尚、βカロテン以外のカロテノイドの持つビタミンAの効力は強くてもβカロテンの1/2程度。
08-15 04:39

目を酷使した際のケアの方法の他、視力・動体視力・周辺視野等を鍛えるトレーニング法などについて私なりにまとめています。ご興味のある方はどうぞ。https://t.co/mnap2s13Wg
08-15 04:09

食事論:タンポポ茶に含むイソクエルシトリンには水分バランスを調節する作用の他、脂肪の分解に関わる酵素の働きを活性化させる作用があるとも言われている。またタンポポ茶はカリウムも多く含む。毎食時にコップ1~2杯程度、エキスの場合は食後500mg程度。
08-15 03:09

食品論:カシューナッツは蛋白質、脂質(オレイン酸等)、ビタミンB1・B6、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンをいずれも豊富に含み、特に蛋白質、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンに秀でている。カロリーも高いが全体的な栄養価が高い。https://t.co/4PShvR0wIW
08-15 02:39

食品論:牡蠣はビタミンB12、亜鉛、鉄、銅等がいずれも優れており、それらは数個程度食べるだけで1日の必要量を摂取できると言われている。また肉や魚には負けるが蛋白質も含まれる他、脂肪は殆ど含まれないためカロリーは低い。尚、食中毒のリスクがあるため摂取方法には十分注意する。
08-15 02:09

身長を伸ばす:大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを補助するとされ、過剰摂取には注意すべきだが、他にCGRPを増やす働きもあるとされる。このCGRPは「IGF-1(成長ホルモンの刺激により肝臓から分泌)」を増やすとされ、カプサイシンはそのCGRPの働きを更に活性化するとされる。
08-15 01:39

食事論:よく噛んで食べるとレプチンやヒスタミンが分泌され、それにより食欲抑制・満腹感が得られる。またよく噛むと唾液が分泌され虫歯予防にもなり、成長期では顎の正常な発達により滑舌・歯列改善に繋がる。尚、レプチンは脂肪細胞から分泌されるが、糖や脂肪の摂取によっても分泌が促される。
08-15 01:09

食事論:乳製品に含む乳糖は、それを分解する消化酵素の能力に個人差があり、人によって消化不良等を起こす事がある。いわゆる乳糖不耐症である。これはアレルギーとは別である。尚、加工法や商品により異なり、牛乳やヨーグルトには多く含まれるが、バターやチーズには殆ど含まれないとされる。
08-15 00:39

胸の筋肉を鍛えるトレーニング法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/nCEhC0EZdw #筋トレ #ダイエット
08-15 00:09

関連記事
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト
他の運営サイトとリンクサイト
月別アーカイブ