田中真紀子氏が大学新設を不認可した件と大学の存在意義について

新設する大学を不認可した事について、
私の個人的な考えとしてはそれに賛成です。

 
最近の4年制大学は「学歴を付加する」という存在意義しかないと思うんです。
まぁそれでも「大卒」という学歴がない人からすれば十分かと思いますが(笑)

大学進学率は増加する一方です。
大学に進学すれば「より良い、より安定した会社に就職できる」と思っているからです。
そういう思いで大学に進学する人がほとんどなのに、
大学に進学したにも関わらず就職できていない人が大勢います。
私もwww

他国はどうか分かりませんが、日本は学歴重視の国です。
「大卒」という学歴があるだけで就職に有利でなければなりませんし、
大学に行って勉強をすれば就職が約束されなくてはなりません。

その責任が大学にはあるはずなのに、
何故か「大学に対する信頼感」は薄れていません。
大学は一刻も早く、責任を果たすべきだと思います。



この就職氷河期に就職活動を実際にしてみた人なら分かるかと思います。
例え大学へ進学し、卒業したとしても
より良い会社に就職する事はおろか、就職する事すら難しいですよね。

何百社と受けて落とされるのは本当に訳が分からないですよ。
本当に嫌になってしまいますよね・・・。

実際、学歴で重視されるのは、
「大卒」よりも「どれだけ良い大学を出ているか」によります。
東大を出ていれば間違いなく有利でしょうし、
無名大学なら「大卒」としてすら見てくれない事もあります。

まぁ、それだけ会社や経済に余裕がないのでしょうけど、
大学と会社の連携が上手く行っていないとも言えます。
考えがマッチングしていないというか、そういう感じですね。
これじゃ大学に行った意味がありません。
ますます大学って何の意味があるの?って思えてきます。

だったら専門学校に行った方が良いと思う人もいるでしょうが、
専門学校に行ったからと言って、これまた就職できるとは限りませんw
では若者は高卒で就職するしかないのでしょうか・・・?

依然として新卒内定率はほとんど上がっていません。
「改善が見られた」とか発表していますが、大した変化ではありません。
全ての大学全ての生徒のデータが入っている訳ではないみたいですしね。

いわゆる「新卒ニート」が増えている事は大きな問題になっていますね。
新卒内定率や就職率が改善されたなら、
この問題も改善されているはずですから矛盾してますよね?
やはり「データ上」で改善されているだけに過ぎないと思います。



そういう現状で大学を新たに増やすというのは、
例えそこでしか勉強できないものがあったとしても、
就職できないのなら意味がありません。
4年もお金をドブに捨てる事になりかねません。

大学を新たに作る事よりも日本全体で先にやるべき事がたくさんあります。
そういう意味では大学を新設する事には反対です。

ですから、田中真紀子氏が新設を不認可した事については賛成します。
田中真紀子氏がこれからの事を考えて決定したなら賞賛に値します。

ただ、審議会では「認可しても良い」となっていたらしく、
田中氏は独断でこの不認可の決定をしたと聞いています。
この決定がどういう意図でされたのかは正直分かりません。

田中氏が自己満足だけしてその後は何もやらないという事は絶対にあってはなりません。
この決定後に何もしなければ、ただ単に「権力の暴走」ですからね。

大学の状況をこれからどう改善してくれるのか、そこに注目したいと思います。
まぁその前に政権交代するでしょうけどwwwww
関連記事

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース


このブログをはてなブックマークに追加
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト