自民党政権復活とその他ちょっと言いたい事

中継時の石破さんの顔↓wwwww

石破



出落ちで申し訳ないwww
この人は顔で損をしている気がする
 
 
 
どうやら自民党政権が3年振りぐらいに復活するようです。



とりあえずざまぁwwwww(誰とは言ってない)



まずは前回、民主党に票を入れた人へ。

自民党政権から民主党政権になった当時、
マスゴミは自民党を故意に批判し、異常に民主党を持ち上げていました。
(麻生首相をはじめとする政治家への言葉の粗探し、執拗な集中攻撃など)
テレビや新聞などが主な情報媒体の人はそれらが正しいと信じ込んでいます。
そこに付け込み、自分らに都合が良いように誘導した結果ですね。

おそらく今回も選挙後しばらくすれば、
また「安部降ろし・麻生降ろし」ようなものが始まるでしょう。
(そもそもそういう言葉があるのが不自然だが)

今回の件で今までマスゴミに踊らされていたという事に気付いた人も多いはずです。
日本国民はただただ騙されていただけなんですよ。
これからは騙されないよう自分の意見を持ちましょう。

んでもう一つ。
今回は「民主党でだめなら自民党」で入れた人が多かったはず・・・。
そうやってコロコロ政権が変わってしまったら、日本はますます停滞していきます。
そしてまた次も「自民でダメだから他の政党」に投票するのでしょうか?
それではただ同じ事を繰り返すだけです。

日本人はすぐに変化や未来を求めようとしますが、
政治は少しずつ練っていくものであり、そんなに急に変わったりはしません。
もうそういう都合の良い考え方は捨てましょう。
地道に少しずつ変わっていくしかないのです。

それから何度も言いますがマスゴミに騙されないで下さい。
国防軍の件だってそうです。

現在の日本の憲法では、戦争や武器を持った兵隊(軍隊)が禁止されています。
しかし現状として自衛隊は武器を持っている立派な軍隊ですから、
その憲法に違反している可能性がある状態なんです。
戦後当時の法律のままで、その状態が何十年も放置されてきたんです。
(国際的には「自衛軍:Self Defence Force」という扱い)

果たして今の状態のまま、もし隣国に攻撃されたら、
自衛隊は日本を守る事ができるのでしょうか?
私はとてもとても無理だと思っています。

マスゴミや自民党以外の政党の政治家は、
「自衛隊が国防軍という名称に変わる=戦争が始まる」と言っていますが、
決してそんな事はありませんし、まずあり得ません。

現在の自衛隊は法律に違反している状態、それを黙認している状態なのです。
それを正そう、改めようとするのは政治家として国として当たり前の事でしょう?
「今更変える」「新しくする」とかではなくて、
今まで放置してきたのが悪くて、それを正して「自衛隊」の立場を明確にするだけです。

日本は核爆弾を落とされた地球上で唯一無二の国です。
仮に戦争をしたいと言うのなら、私たちがそうさせなければ良いんですよ。
「国民の声」というのはそういう時に真価を発揮すべき。
戦争が始まるとか徴兵制が始まるとかそういう短絡的なのは国民の声じゃないです。

そもそも憲法を変えるためには国民投票が必要なんですね。
憲法を変えたくなかったら国民投票で反対すれば良い話。
一部の過激に反対している人はおそらく国民投票が怖いんでしょうね。
もし仮に国民投票になったら反対している人たちの反応を見ると色々分かると思いますよ。

決してすぐ戦争になるとか、
徴兵制が復活するという訳ではないので心配しないで。
何度も言いますが決して騙されないようにして下さい。

そういう言い方をする事で、
「自衛隊→国防軍→戦争?徴兵制?→そんな政党には投票しない
→自分らの都合の良い政党→自分らの都合の良い政策」最終的には国家転覆?w
まぁ今回の策略は失敗に終わったようですけど(笑)

これに関連して「右傾化」という言葉もありましたね。
上記でも言った通り、戦争をするような過激な国になる訳ではありません。
右傾化=悪い事だというのなら、
毎年軍事費を増やしている国や徴兵制のある国はどうなるんですかねぇ・・・。

右の人から見れば左は当然左に見えますし、
逆に左の人から見れば右は当然右に見えますよね?
他国にとって自分に都合の良い「左」に行ってほしいのは当然であって、
日本人から見れば決して「右」ではないと思います。

重要なのは「今何をするか」だと思います。
まだ何もやっていないのに先の事をとやかく言うのはやめましょう。
「右だ」「左だ」といちいち過剰反応、古臭くて下らないしみっともないですよ。



そして今回の選挙では、
投票率が前回よりも下がってしまいました、しかも全体的に。
前回までの選挙では「若者の政治離れ」と言い、若者を蔑みました。
では、果たして今回もこれまでと同じ事が言えるのでしょうか?

テレビや新聞などでは「第三局」があるかのように報道されていました。
そうやって政党同士・政治家同士の争い・批判ばかりに注目させて、
肝心の政策や政治家本人のやってきた事に関しては全く見向きもしていません。
相変わらず揚げ足ばかり取っています。

そういう報道ばかりしていれば国民が、
「どの政党に投票して良いのか分からない」となるのは当たり前ですし、
「入れたい政党がないから」と投票率が下がるのも無理はありません。
私はこれに関しては報道側に責任があると思います。

結果、蓋を開けてみると第三局どころか、自民党の一人勝ち。
誰かが「小さな政党には票が分散している」と言っていましたが、
そうとは言えないほど圧倒的じゃないですか・・・みんなの党は躍進したみたいですが。

おそらく今後の政治関連の番組では自らを棚に上げて、
「何故投票率が下がったのか」という意見を言う人が出るでしょう。
そういう人がどういうコメントを言うのか、注視しておいた方が良いです。
おそらくまたネットや若者など、論点をずらしたり他のせいにするでしょうから(笑)

さて、この政権交代が今後どういう展開を見せるのかはもちろん、
テレビや新聞など偏りのある報道が、
どのように行われるのかも非常に楽しみですね、色んな意味で(笑)

少し長くなりましたが、私も疲れましたのでこの辺で。
関連記事

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース


このブログをはてなブックマークに追加
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト