FC2トラックバックテーマ 第1642回「初対面で一番最初に見るところ」

FC2トラックバックテーマ 第1642回「初対面で一番最初に見るところ」



相手が私の目を見て話してくれないんですよね。
ですので私も相手の目を見て話をしません、というかできません。

例えば結構近い距離で会話したりすると、
相手の視点が自分の目からずれた時って結構分かりません?
相手の目が自分を下に見ているように目を動かすのが分かるんですね。
自意識過剰とか被害妄想とかではなくって、事実なんですよ(笑)

私からすればそんなに変な顔してるんですかね?って言いたくなるぐらいです。
私の人生では私の目を見て話してくれる人が私の家族ぐらいだったもので、
それ以外の人は皆、私の目を見て話してくれないと思っています(笑)
考えすぎなのではなく、実際そうだったからです。

まぁ小学生の頃からそうなのでこれはどうしようもありません。
顔や容姿なんて整形しない限り変えようがないですからね、
見た目を馬鹿にされたらそれまで、どうしようもない。
(イジメられたとかそういう事ではない)

まぁ目を真っ直ぐ見て話すなんて、家族以外では普通気持ち悪いだけですけど、
どうせ目を見てくれないなら、
こっちを見ないで話してくれた方がよっぽどマシって感じですね。
「無理して私の目を見て話さなくて良いよ?」って言いたいぐらい。

そういう細かい事を気にする性格に「なってしまった」ので、
考えないようにするために、そういう人とは目を見ずに話しますね、私も。
というか話もしたくなくなりますね、面倒臭いので。

そんなこんなで年齢を重ねる内に、
自然とそういう自分に自信のない接し方になってしまったんだと思います。
ですから、相手によって接し方を変える訳ではなくて、
私はそもそも家族以外の全ての人と目を見て話ができないんですね。



一番苦痛なのが面接の時ですね(笑)
相手の目を真っ直ぐ見られないので、かなり無理します、とにかく苦痛。
相手によっては目が泳いでいるとかオドオドしているとか、
そういう風に思われているかもしれません。

もちろん自分でも視点が定まらない事は気づいているのですが、
それは相手も私の目を見て話していないので、本当は同じ事なんですけどね。
ですので、私も自分でも治す気がないのです(笑)

逆に稀になんですが、家族以外でも私の目を見てくれる人もいます。
例えば数少ない友人とか、人の良さそうなホワイト面接官とか。
そういう人と話す時は逆に緊張してしまい、
自分が何を話しているのか分からなくなる事がよくあります。

自然と口数も少なくなって物静かだという印象を与えていると思いますね。
おそらく数少ない友人もそういう人だと私の事を思っているはずです。
でも本当はかなり喜怒哀楽が激しかったりして、
それを自分で抑えているのです。

こういう私は周りから見ると「変」なのでしょうね。
友人にすら話していない事がたくさんありますし。
関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記


このブログをはてなブックマークに追加
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト