我が家のセキセイインコが亡くなった

本日、我が家のセキセイインコが亡くなりました。

ぴーちゃん、5歳でした。

2羽の内の1羽です。
後からこの家にやってきたのに、
先に逝ってしまいました。
 
 
 
我が家に来たのはおよそ5年前。
祖母が祖母の知人から預かっていたのを引き取りました。

最初は羽が切られた状態でした。
飛ぶ練習をするのですが、羽が短くて飛べませんでした。

かなり心配でしたが、どんどん羽が長くなり、
次第に飛ぶのが上手くなりました。
もしかしたら羽を伸ばすのに、
エネルギーをかなり使ってしまったのかもしれません。
体は全然大きくなりませんでした。

その滑空能力に加えてかなり素早しっこい子でした。
巣から外へ出すと捕まえられないので、
入れるのには苦労したものです。

人懐っこい子でしたが、
実は俺には懐いていませんでした。
鳥には心の中でも見えるんでしょうかね・・・。



5年目の今年に入り、
何故か頬と鼻が青くなりました。
この時期に色が変わるのはおかしいらしく、
ホルモン異常?との事で吐き戻しをよくしました。

そして、ここ1ヵ月位で調子が悪くなり、
よく昼寝をするようになりました。
なのでよく家にいる俺が世話をしていました。

次第に体力も落ちて飛ぶ事も出来なくなりました。
自分でご飯を食べる事もしなくなりました。
水も飲まなくなりました・・・。

特に最近は、
懐いていない俺の手に乗って来て、なすり付いてきました。
その度に抱っこしてあげました(上の画像)。
もう・・・本人(鳥)も分かっていたのですね・・・。



そして今日、
俺が夕飯を食べている間、その間に目を離しました。
食べ終わって巣を覗いた時には、
すでに足を硬直させて目を見開いていました。

その時はまだ息がありましたが、
足がピンと伸びていてもう手遅れのようでした。
抱っこしていると、
あっという間に硬くなって動かなくなってしまいました。

そして目が閉じていきました・・・。

体がかなり小さかったから、
やっぱり命のサイクルが早かったのかな。
もっと大きな病院に連れて行ってあげれば良かった。

ここ1ヵ月は本当によく頑張ったね、お疲れ様、ありがとう。



涙を必死に堪えたら、久し振りに偏頭痛が来ました(笑)
堪えても堪えても涙が溢れてきまして・・・。
今は少し落ち着きましたけど。

子どもの頃にじいちゃんが死んでも、
大事にしてた金魚が死んでも、全然分からなかった。
この年齢になると「死」が何となく理解できてしまう。

こういうのこれから何度対面するだろうな・・・。
その度に「死」と正面で向き合うのは大変な事ですね。

でも、何故泣くのか、悲しいのか、悔しいのか、空しいのか。
涙の理由を考える事で「心」があると実感出来ますし、
とても良い人生の勉強になった気がします。



もう1羽飼ってるので、
その子はもっと大事にしてあげたいと思います。
その子も手乗りじゃないけど、何故か懐かれてるんだよな・・・。
頑張って長生きして貰わんと。

※旧ブログ閉鎖のため転載
関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記


このブログをはてなブックマークに追加
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト