06/17のツイートまとめ

SaruyaMichael2

半身浴:体温調節機能向上や老廃物排出等により新陳代謝促進等が期待できる。しかし運動を伴わないため半身浴そのものに脂肪燃焼効果はない。また大量発汗のため保湿・水分・栄養補給を怠れば逆に乾燥・脱水を招く。元は心臓の弱い人や高齢者向けの入浴法であり、健康な若い人が行う理由は特にない。
06-17 23:55

食品論:アルギニンは成長ホルモンやコラーゲン合成等に関わる他、一酸化窒素(NO)を増やし血流を促すとされる。1回1~2gを空腹時分けて摂取、3~5gを運動前後に摂取。また亜鉛同時摂取も良い。尚、胃腸の調子を崩す場合クエン酸の同時摂取が良いかもしれない。オススメ商品→https://t.co/B3y7MrIFAr
06-17 23:39

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンはセロトニンから作られ、セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られる。つまり極端な食事制限を行ってトリプトファンが減ると、結果として睡眠習慣も乱れやすくなるという事である。それだけ食習慣の乱れと睡眠習慣の乱れは密接に関係している。
06-17 23:25

食品論:クラスターデキストリンは胃を素早く通過し負担が少ない。一方マルトデキストリンより高分子のため吸収は緩やかとなり、急激には血糖値を上昇させずに安定させ、運動中のエネルギー切れを防ぐとされる。運動前中の摂取が適していると思われる。オススメ商品→https://t.co/xtMRluH6nm
06-17 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
06-17 23:01

筋肉論:上腕二頭筋収縮時には裏の上腕三頭筋が伸ばされ、上腕三頭筋収縮時は上腕二頭筋が伸ばされる。このように収縮する筋肉を主働筋、伸ばされる筋肉を拮抗筋と呼ぶ。拮抗筋がスムーズに伸ばされないと主動筋の動きも鈍くなるため、主働筋で大きな力を発揮するには拮抗筋の筋力・柔軟性が重要。
06-17 22:55

バストアップ:1毎日同時間寝起・同時間食 2.五大栄養素バランス 3.食制限・特定栄養素集中は逆効果 4筋トレは短時間 5胸筋より背筋 6胸揺らさない 7適切サイズの衣服 8肩甲骨周囲ストレッチ 9周囲リンパマッサージ 10恋・ストレス管理 11内からのケア重視 参考→https://t.co/Gd4lsZQw5r
06-17 22:39

栄養論:プラセンタは動物の胎盤から抽出され、そのエキスには必須アミノ酸が豊富に含まれているとされる。ただし必須アミノ酸は肉、魚、卵、乳、大豆等から摂る事ができる。美容に効果がある等よく言われるが過度な期待は禁物。ちなみに原末の方が含有量は高いとされるが誤魔化しできず値段も高い。
06-17 22:25

食品論:ナイアシンは特にエネルギー代謝における酵素の補助として必須。食品ではマグロ、カツオ、レバー、魚卵、鶏肉、ピーナッツ等に含む。一部トリプトファンから変換されるが、アルコール摂取量増=必要量増。過剰摂取で一時的に皮膚紅潮が起こる。オススメ商品→https://t.co/FXsMSKcM5Z
06-17 22:09

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
06-17 22:01


続きを読む

06/16のツイートまとめ

SaruyaMichael2

食事論:蛋白質を多く含む肉類には鶏肉、牛肉、豚肉等が、またその部位には様々な種類がある。例え同じ肉類であっても蛋白質以外の栄養素は大きく異なるため、好きだからと言って1つの食品に固執せず、様々な肉類を食べた方が栄養バランスは良くなる。これはもちろん肉類以外についても同じ事。
06-16 23:55

食事論:α-GPCはアセチルコリン前駆体となり記憶、集中、判断、筋肉収縮等を円滑にするとされている。特に大豆・卵黄から抽出したレシチンに含まれ、他に成長ホルモン分泌を促す効果があると言われている。またレシチンには脂肪を運搬しやすくするとされるホスファチジルセリンも含まれている。
06-16 23:39

栄養論:インスリンで血糖値が下がる際は糖と一緒にアミノ酸も細胞へ取り込むため、運動直後は吸収の速い糖と一緒に摂る事でアミノ酸を効率良く吸収できる。尚、糖やアミノ酸を消費した状態でなければ、いくら栄養を摂っても取り込まれず溢れるだけであり、それはいずれ脂肪として蓄積してしまう。
06-16 23:25

食品論:クルミには蛋白質、脂質(α-リノレン酸・リノール酸)、ビタミンB1・B6、葉酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維が豊富に含まれており、特にこの内では脂質とマンガンに秀でている。オススメの商品はこちらから→https://t.co/D0ejy7sc0h
06-16 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
06-16 23:01

水素水:水素の殆どは酸素と結合し水として存在するが、単体では全元素中最軽量で重力では留められず発生瞬間に上空飛散する。僅かに水溶だが小さいため特殊容器でしか保管できず蓋を開けた瞬間失われる。よって口にする時は既に殆ど失われた後。尚、腸内細菌でも水素は作られ、実はその方が多い。
06-16 22:55

筋トレ論:腕立て伏せや腹筋等の自体重トレでは「回数を重ねるほど効果がある」ように思われがちだが、単に回数を重ねるだけでは筋肉は大きくならない。筋肉を効率良く大きくしたいなら、回数を減らして負荷は増やす、または速度を抑えフォームを意識して行う方が効果的であり、結果的に短時間で済む。
06-16 22:25

食事論:甲殻類から抽出されるキトサンは脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、脂肪の吸収を阻害する作用があると言われている。また不溶性食物繊維のため、便の元にもなるが、大量摂取では逆に便秘になる事もある。尚、よく聞くグルコサミンはキトサン内にも含まれている。
06-16 22:09

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
06-16 22:01

ダイエット論:睡眠に関わるメラトニンは性ホルモンの分泌を安定化させるため、女性ホルモンの分泌が改善すれば脂肪の代謝も改善される。また脂肪の代謝が改善されると胸に脂肪が集まるようになり、胸以外に偏って脂肪が蓄積する事も抑えられる。その上で筋肉を鍛えれば太って見える事はなくなる。
06-16 21:55


続きを読む

06/15のツイートまとめ

SaruyaMichael2

「定期」06/15 23:00のGoogle検索ワード 1:ズートピア 2:モンスト フォイエン 3:ロシア 対 サウジアラビア 4:ジェジュン 5:ウルグアイ代表 6:サッカーワールドカップ 7:台風 6 号 8:ロシアワールドカップ 9:空飛ぶタイヤ 10:W杯 日程
06-15 23:55

健康論:キャッツクロウに含まれるキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があるとされている。一方こちらは多くの食品に微量ながら含まれているが、MSM(メチルスルフォニルメタン)にも抗炎症作用があると言われている。ただしMSMの方は水に溶けやすく、硫黄化合物のためマンガンの必要量が増える。
06-15 23:39

栄養論:脂肪酸は炭素分子の鎖が長い順に長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸に分けられ、その内、炭素の二重結合がないものを飽和脂肪酸、あるものを不飽和脂肪酸と呼ぶ。更にその不飽和脂肪酸の内、炭素の二重結合が1つのものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸と呼ぶ。
06-15 23:25

栄養論:ビタミンB2は糖・脂質・蛋白質をエネルギーに変換する酵素の補助や、特に皮膚や粘膜の健康維持に必要。食品では特に豚・牛レバーに多く含まれ、他鶏レバー、牛・鶏ハツ、ウナギ、納豆、卵黄等に含む。尚、腸内で一部作られ、不足で口内炎等になる。オススメ商品→https://t.co/DBZW8Re6qW
06-15 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
06-15 23:01

栄養論:GI値は食品に含まれる「炭水化物50g当たりの糖」における血糖値の上がりやすさを比較するので、例えGI値が同程度の食品同士でも「そのGI値の影響を受けるために食べる必要がある重量」は異なる。また加工法や調理法、食品の組合せや順番等によっても血糖値の上がりやすさは変わる事が
06-15 22:55

食品論:マカはビタミンB群(特にビタミンB1)、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛等を豊富に含むとされる。また蛋白質も含まれ、必須アミノ酸やアルギニン等様々な種類のアミノ酸を含むとされる。ただしミネラルの過剰摂取には十分注意。オススメ商品→https://t.co/KptI3vZPu0
06-15 22:39

食事論:よく噛んで食べるとレプチンが分泌され満腹感が得られる。つまり最低限の食事量でも十分満腹感が得られ、自然と食事量も減るため肥満を未然に防ぐ事ができる。またよく噛むと唾液が分泌されるため虫歯予防にもなり、小さい頃から続けていれば顎の正常な発達により滑舌・歯列改善にも繋がる。
06-15 22:25

食品論:クルミには蛋白質、脂質(α-リノレン酸・リノール酸)、ビタミンB1・B6、葉酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガン、食物繊維が豊富に含まれており、特にこの内では脂質とマンガンに秀でている。オススメの商品はこちらから→https://t.co/D0ejy7sc0h
06-15 22:09

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
06-15 22:01


続きを読む

06/14のツイートまとめ

SaruyaMichael2

ダイエット論:糖質制限初期は脂肪分解が本格化しておらず安心してはいけない。少なくとも1~2週間は様子を見るべき。ただし脂肪分解が本格化すると臓器に負担がかかるため、1ヶ月を目途に糖質を適切な量まで戻していく必要がある。何ヶ月も制限し続けると臓器の機能が落ち、逆に健康を害す事もある
06-14 23:55

タウリンはシステインやビタミンB6等から合成、細胞を正常な状態に維持・調節する機能に関与。全身に存在し特に心臓や肝臓等に多く存在、脳では神経伝達物質としての役割もあるとされる。タコ、イカ、貝類等に含む。サプリでは食後1~2g程度。日本では医薬品扱い。関連商品→https://t.co/vJMSKrpO2D
06-14 23:39

栄養論:ナトリウムは細胞の浸透圧を調節しカリウムを取り込む事で自身を外へ出す。特に体温調節、筋肉収縮、神経伝達に必要。ただし多くの食品に含まれ、過剰摂取で浮腫・高血圧・動脈硬化等のリスク高。抑える必要はあるが、大量発汗で一時的に不足し筋痙攣や熱中症等が起こりやすくなる。
06-14 23:25

筋トレ論:SSCは筋肉が勢い良く伸ばされた際反射的に縮もうとする機能。通常筋トレは反動NGとされるが、SSC利用では低負荷で伸展→収縮の切替を素早く行うため反動があるように見える。しかし実際の動作でも反動や勢いにより力を発揮する事が多くパフォーマンス向上に繋がる可能性がある。
06-14 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
06-14 23:01

食事論:お酒に含まれる糖は、例えばビール、日本酒、果実酒、シャンパン等は多く、焼酎、赤ワイン、ウイスキー、ブランデー等は少なめ。ただしアルコールの過剰摂取は中性脂肪の合成を促進するため、いくら普段運動をしていて糖の少ない酒を選んでいても、大量に飲んでしまえば何の意味もない。
06-14 22:55

健康論:大豆イソフラボンはCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)を増やす働きがあるとされる。このCGRPにはIGF-1(成長因子)を増やす働きがあるとされるが、カプサイシンはこのCGRPの働きを補助する作用があるとされ、それによりIGF-1の量を更に増やす事ができると言われる。本当かどうかは知らん
06-14 22:39

身長を伸ばす:毎日同じ時間に寝起きする規則的な睡眠習慣を続ければ、メラトニンというホルモンの分泌を促す事ができる。メラトニンには性成熟を抑制し思春期を遅らせる作用があるとされ、分泌されるだけで「身長を伸ばす事のできる期間」を延長できる。それにより最終的な身長の結果も改善される。
06-14 22:25

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
06-14 22:01

健康論:血液は心臓のポンプで動脈を通り体の隅々に送られる。更にその血液は静脈を通って心臓に戻るが、重力に逆らい心臓の力に頼らず戻す必要がある。そのため血液を戻すための「別のポンプ」が必要になり、そのポンプの役割を筋肉が果たしている。特にふくらはぎと太ももの筋肉を動かす事が重要。
06-14 21:55


続きを読む

06/13のツイートまとめ

SaruyaMichael2

睡眠論:セロトニンは心身を覚醒させるが、ドーパミンやノルアドレナリンといった他のホルモンをコントロールしている。特にノルアドレナリンはストレス反応に関係するため、睡眠習慣が崩れるとストレスコントロールが上手くできず、情緒が不安定になりやすい。睡眠と精神状態は密接に関係している。
06-13 23:55

筋トレ論:運動前中に摂取する糖は水に対し4%程度、例えば1Lなら40g、500mLなら20g程度溶かすのが個人的にオススメ。ただし運動時間・強度・目的等に応じ調節、体重1kg×1gまで。尚、EAA(15~20gまたはBCAA5~10g)等を一緒に溶かす場合水も増やすと良い。オススメ商品→https://t.co/gVyrmspF8k
06-13 23:39

栄養論:アルコール処理能力は生まれつきであり、いくらたくさん飲んでも鍛える事はできない。慣れたと感じるのは単に鈍感になっただけで、大量に飲む習慣が続くほど臓器に負担が蓄積していく。またアルコールはDNAを傷つけ癌のリスクを高めると言われている。無理して飲んでも自分の首を絞めるだけ
06-13 23:25

栄養論:体内だけで作る事ができない必須脂肪酸はω-3脂肪酸(α-リノレン酸、DHA、EPA)とω-6脂肪酸(リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸)がある。これらのバランスが健康維持に不可欠であり、バランスが崩れると脂肪の代謝が崩れ、肥満の他、炎症・アレルギー症状等が出やすくなると言われる。
06-13 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
06-13 23:02

栄養論:脂肪酸は炭素分子の鎖が長い順に長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸に分けられ、その内、炭素の二重結合がないものを飽和脂肪酸、あるものを不飽和脂肪酸と呼ぶ。更にその不飽和脂肪酸の内、炭素の二重結合が1つのものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸と呼ぶ。
06-13 22:55

食品論:一価不飽和脂肪酸のオレイン酸は必須脂肪酸ではないが、飽和脂肪酸と比べ悪さをせず、不飽和脂肪酸の中では酸化されにくく加熱調理も可(エクストラバージン等高品質ほど良い)。食品ではオリーブ油・紅花油・菜種油・向日葵油・ナッツ類に多く含む。オススメ商品→https://t.co/AY0Yz5wYgh
06-13 22:39

食事論:昆布はビタミンB1、葉酸、ビタミンK、マグネシウム、カリウム、鉄、ヨウ素を豊富に含む。一方ワカメはβカロテン、葉酸、ビタミンK、マグネシウム、マンガン、ヨウ素をいずれも豊富に含む。昆布の方が全体的な栄養価は高いがどちらも低カロリー。ただしどちらも塩分は多いので注意。
06-13 22:25

食品論:マカダミアナッツはビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガンを含み、特にB1とマンガンに秀でる。蛋白質も含むがナッツ類の中でも脂質(オレイン酸等)に優れる。糖質が少なく糖質制限中のカロリー摂取に適す。オススメ商品→https://t.co/PuTN70jqYK
06-13 22:09

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
06-13 22:01


続きを読む

06/12のツイートまとめ

SaruyaMichael2

ダイエット論:食物繊維は便通改善効果が期待されるが、過剰摂取でカルシウム等ミネラル吸収を阻害する。栄養バランスを考えれば自然と摂れるはずで、本来意識して摂る必要はない。食物繊維に頼る時点で栄養バランスが偏り、それこそが便通を悪化させる。食事だけで便通改善できたら誰も苦労しない。
06-12 23:55

食事論:コーヒー等に含まれるカフェインは交感神経を刺激し、心身を覚醒させる作用や脂肪燃焼を補助する作用等があると言われている。ただし過剰摂取でカルシウム等のミネラル吸収を阻害する他、強い依存性や利尿作用、脳血管収縮による頭痛、神経中毒症状等が起こるとされている。特に妊娠中は禁忌。
06-12 23:39

運動論:有酸素運動の習慣があると、末梢の細胞がより多くの酸素を求めて毛細血管を増やそうとする。毛細血管が増えれば体の隅々にまで血液が届き、細胞へ酸素・栄養・水分が行き渡る。それは冷え性や乾燥の改善にも効果が期待でき、脂肪も燃焼され、健康だけでなく美容にも繋がる。
06-12 23:25

食品論:カボチャの種にはビタミンB1・E、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維が豊富に含まれ、この内特にカリウム、マグネシウム、亜鉛、食物繊維に秀でている。尚、蛋白質・脂質(オレイン酸・リノール酸)も豊富で栄養価が高い。オススメ商品→https://t.co/unrfEMSvAK
06-12 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChes06 #ダイエット #健康 #筋トレ
06-12 23:02

栄養論:糖質は分子が多く連なる多糖類と少なく連なる少糖類に分けられ、少糖類では連なる数により四~二・単糖類と呼ぶ。例えばデンプン・グリコーゲン・デキストリンは多糖、砂糖(ショ糖)・乳糖・麦芽糖は二糖、果糖・ブドウ糖は単糖。尚、糖質と食物繊維で炭水化物、二糖と単糖で糖類と呼ばれる。
06-12 22:55

ギムネマに含まれるギムネマ酸は小腸で糖の吸収を阻害し、血糖値上昇を抑える作用があるとされる。また味覚にも作用し甘味を弱める効果があるとされる。食事内容を見て食前に摂取すると良いと思われる。尚、鉄の吸収を阻害するため摂取量には十分注意する。関連商品→https://t.co/kYF8AVQsy0
06-12 22:39

睡眠論:セロトニンは心身を覚醒させるが、ドーパミンやノルアドレナリンといった他のホルモンをコントロールしている。特にノルアドレナリンはストレス反応に関係するため、睡眠習慣が崩れるとストレスコントロールが上手くできず、情緒が不安定になりやすい。睡眠と精神状態は密接に関係している。
06-12 22:25

身長伸ばす:1毎日同時間寝起・食 2昼間活動・夜睡眠・早寝早起メリハリ 3必須アミノ酸・マグネシウム・ビタミンC/D/K/B 4ただし五大栄養素バランス 5運動は少しずつ強度・種類増 6思春期以降にジャンプ運動 7日光浴 8生活習慣の遺伝注意 9日々新しい事に挑戦 参考→https://t.co/K20hZdYLq3
06-12 22:09

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
06-12 22:01


続きを読む
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト