07/23のツイートまとめ

SaruyaMichael2

健康論:キャッツクローに含まれるキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があり、関節炎等に効果がある。一方こちらは多くの食品に微量含まれているが、MSM(メチルスルフォニルメタン)にも抗炎症作用があるとされる。ただしMSMは水に溶けやすく、硫黄化合物のためマンガンの必要量が増える。
07-23 23:47

バストアップ:女性ホルモンが正常に分泌されていれば脂肪の代謝も整い、二の腕や胴回りなど体の一部分に偏って脂肪が蓄積する事を防ぐ事ができる。ただし胸は脂肪のため脂肪がなければいくら女性ホルモンを増やしてもバストアップはできない。脂肪は完全に制限するのではなく、適度に摂る事が重要。
07-23 23:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー 約57mのロングヘディングシュート→https://t.co/iWsmPxijIm
07-23 23:18

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが食物繊維も分類上炭水化物。そのため炭水化物の中でも糖だけを糖質、糖質の中でも二糖類や単糖類を特に糖類と言う。尚、食物繊維は消化酵素で消化できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その内の一部と不溶性繊維が便になる。ちなみに果物も糖類である。
07-23 23:09

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
07-23 23:02

栄養論:ビタミンAはレチノールとβカロテンに分けられる。動物性食品に含まれるレチノールは優先的に使われるが蓄積しやすいため過剰摂取のリスクが大きい。しかし緑黄色野菜等植物性の食品に含まれるβカロテンはレチノールの不足分に応じて使われるため、ビタミンAの摂取ではこちらがオススメ。
07-23 22:47

健康論:タウリンはシステイン等から作られ(アミノ酸ではない)、細胞を正常な状態に維持・調節する恒常性(ホメオスタシス)の役割がある。また交感神経の興奮を抑えたり、肝臓にある酵素の働きを助ける等と言われる。全身に存在するが特に心臓に多く存在し、食品ではタコ、イカ、貝類等に含まれる。
07-23 22:18

食事論:昆布はビタミンK、カリウム、マグネシウムを含み特にヨウ素を含む。ワカメはカリウム、マグネシウムを含み特にビタミンA・K・葉酸を含む。メカブは特にビタミンKやヨウ素を含む。昆布とワカメはミネラル豊富だがナトリウムも多い。一方メカブはカロリーが低く100g10kcal前後。
07-23 22:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
07-23 22:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 スーパースローでも全く微動だにしない新井貴浩選手→https://t.co/EDUArs8DGp
07-23 21:47


続きを読む

07/22のツイートまとめ

SaruyaMichael2

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 スーパースローでも全く微動だにしない新井貴浩選手→https://t.co/EDUArs8DGp
07-22 23:47

栄養論:一般的に炭水化物は糖を指すが食物繊維も分類上炭水化物。そのため炭水化物の中でも糖だけを糖質、糖質の中でも二糖類や単糖類を特に糖類と言う。尚、食物繊維は消化酵素で消化できないが、水溶性繊維は腸内細菌で分解でき、その内の一部と不溶性繊維が便になる。ちなみに果物も糖類である。
07-22 23:39

栄養論:美容に良いとして有名なビタミンCだが、水に溶けやすく熱やストレス(内面)にも弱いため、気づかぬ内に失われている事が多い。よって毎日毎食毎に分けて摂った方が効率良く吸収する事ができる。また満腹時の方が吸収率が良いと言われており、空腹時にサプリメントだけ飲む事は推奨しない。
07-22 23:18

ダイエット論:辛い食べ物を食べると発汗するが、これは汗を蒸発させる事で体温を下げているのである。すなわち食後は体温が下がり、水分やミネラルも失われた状態になっている。そのまま水分やミネラル補給及び保湿を怠れば脱水や乾燥を招くだけであり、美容とは真逆の効果になってしまう事もある。
07-22 23:09

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
07-22 23:02

ダイエット論:唐辛子に含まれるカプサイシンは体温上昇及びアドレナリン分泌による発汗効果等があるが、あくまで脂肪を燃えやすくするだけ。また水分・ミネラル補給必須。ちなみに辛い食べ物は日本人の口に合うよう塩や砂糖等が大量に使われているため、知らない内にそれを摂り過ぎてしまう事がある。
07-22 22:47

身長を伸ばす:女性ホルモンは骨端線を閉鎖させ、これが女性の方が伸びが早く始まり早く終わる理由になる。特に睡眠に関わるメラトニンは性ホルモンを安定化させるため、睡眠の乱れが更に伸びを悪化させる。またメラトニンは必須アミノ酸からも作られるためダイエット等食事制限も伸びを悪化させる。
07-22 22:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」バレー キックトス&ヒールレシーブ集→https://t.co/tFU7zWM4Vn
07-22 22:18

筋トレ論:数日~数週間程度中断する事をレイオフやディトレーニング等と呼ぶ。長期間トレを続けてきた人ほど筋力低下は緩やかに進行するため、特に精神的に休養期間が有効となる場合もある。尚、完全休養ももちろん良いが筋力低下を防ぐには減少トレ(強度は維持、時間・量・頻度は下げる)が有効。
07-22 22:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
07-22 22:02


続きを読む

07/21のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:ビタミンAはレチノールとβカロテンに分けられる。動物性食品に含まれるレチノールは優先的に使われるが蓄積しやすいため過剰摂取のリスクが大きい。しかし緑黄色野菜等植物性の食品に含まれるβカロテンはレチノールの不足分に応じて使われるため、ビタミンAの摂取ではこちらがオススメ。
07-21 23:47

身長を伸ばす:黒キクラゲはビタミンD、鉄(白の8倍)、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガンを多く含む。一方、白キクラゲはビタミンD(黒の2倍)、カルシウム、カリウム(白の1.5倍)を多く含む。どちらもミネラル豊富だが白はカルシウム吸収促進等、黒は貧血予防等に効果がある。
07-21 23:39

健康論:柿の葉には通常のビタミンCよりも熱など外部ストレスの影響を受けにくいプロビタミンCが含まれており、特にコラーゲン合成の促進及び分解の抑制等の効果があると言われている。尚、例えビタミンCを多く含む食品でもプロビタミンCは殆ど含まれておらず、人工的に作られたものしかない。
07-21 23:18

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の競技中では使えない事が多い。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルにも影響する。ある意味でそれは「使えない筋肉」とも言える。
07-21 23:09

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
07-21 23:02

食事論:ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)には食欲抑制効果、糖→脂肪への変換抑制効果、それによるグリコーゲン合成促進・脂肪蓄積抑制・脂肪分解促進等の効果があるとされる。またチャノキ(茶)に含まれるテアニンにも食欲抑制効果、その他抗ストレス効果等があると言われている。
07-21 22:47

睡眠論:入眠後1時間以内にノンレム睡眠、1時間程度でレム睡眠、以降ノンレム睡眠からのレム睡眠が1時間半単位で現れる。成長ホルモンは「レム睡眠直後のノンレム睡眠(浅い段階)」「入眠後3時間以内」に分泌量が増えるとされ、分泌を促すには睡眠の質を低下させないような寝る前の行動が重要。
07-21 22:39

健康論:アシュワガンダ(ウィザニア)にはウィザニン(リラックス効果)、ウィザフェリン(抗炎症・鎮痛作用)、ジンノセサイド(サポニンの一種:抗酸化等)、その他では鉄分(細胞へ酸素運搬)等も含まれている。ただし胎児や消化管への影響から妊娠中や胃腸が弱い人は禁忌である。
07-21 22:18

食事論:牡蠣にはビタミンB12、亜鉛、銅、ヨウ素が含まれる。特に亜鉛の含有量が多く、5個食べるだけでも1日の必要量を補給できる。そのため食中毒とは別に大量に食べる事による亜鉛中毒のリスクが高い。また銅の含有量も多く銅中毒のリスクがある。栄養価は高いが大量に食べれば良い訳ではない。
07-21 22:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
07-21 22:02


続きを読む

07/20のツイートまとめ

SaruyaMichael2

筋トレ論:瞬間的に大きな力を発揮する際のエネルギー合成(クレアチンリン酸)に必要なクレアチンはそのままでは吸収率が悪い。吸収の速い糖を摂りインスリンを分泌させ、その作用により吸収を促す事が重要。またその際少量のナトリウムも必要。1日2~6gをトレ中・後及び好きなタイミングで。
07-20 23:47

栄養論:インスリンで血糖値を下げる際は糖と一緒にアミノ酸も細胞へ取り込む。つまり運動直後は吸収の速い糖と一緒に摂る事でアミノ酸を効率良く吸収できる。ただし糖やアミノ酸を消費した状態でなければいくら栄養を摂っても吸収されずに溢れるだけであり、それはいずれ脂肪として蓄積してしまう。
07-20 23:39

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」マトリックス 馬鹿野郎!そいつがルパンだ!!→https://t.co/4bvf29cAeU
07-20 23:18

プロテイン精製法による分類 WPC:乳製品由来の乳清(ホエイ)を濾過し濃縮、ただし不純物が残る。WPI:イオン交換により蛋白質を分離し、蛋白質以外の不純物を取り除く。CFM:WPIよりも少し不純物は残るが有効成分も残せる。WPH:蛋白質を加水分解しペプチド化、吸収速度を高める。
07-20 23:09

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
07-20 23:02

ダイエット論:唐辛子に含まれるカプサイシンは体温上昇及びアドレナリン分泌による発汗効果等があるが、あくまで脂肪を燃えやすくするだけ。また水分・ミネラル補給必須。ちなみに辛い食べ物は日本人の口に合うよう塩や砂糖等が大量に使われているため、知らない内にそれを摂り過ぎてしまう事がある。
07-20 22:47

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」サッカー 約57mのロングヘディングシュート→https://t.co/iWsmPxijIm
07-20 22:18

筋トレ論:加圧はセット間も血流制限するため内出血・血栓・活性酸素増殖等のリスクがある。一方BFRは圧を弱めセット間は血流制限しない。負荷や反復数は増えるがリスク軽減可。20~40%を3~4セット・1セット30秒目安。尚、通常高強度トレ後にBFRトレを行うと効果が高まるとされる。
07-20 22:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
07-20 22:02

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 「動画」野球 バーランダー選手のホームへの牽制?球(珍プレー)→https://t.co/XTuVirkvW8
07-20 21:47


続きを読む

07/19のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:オレイン酸は一価不飽和脂肪酸(必須ではない)で、脂肪酸化予防・悪玉コレステロール減少等の効果がある。食品では特にオリーブオイルや紅花油に多く含まれ、その他ではナッツ類や動物性の食品等にも多く含まれる。また他の不飽和脂肪酸の中では比較的酸化されにくいため加熱調理にも向く。
07-19 23:47

ジャンプ力:筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮もうとする。それを利用すれば無駄なく大きな力を発揮する事ができる。例えば助走をつけて上へ跳ぶ際は助走の勢いを殺さぬよう膝を素早く、かつ浅く曲げる。その方が結果として膝が素早く伸ばされ、より高く跳ぶ事ができ、体力の温存にも繋がる。
07-19 23:39

健康論:緑茶に含まれるEGCG(カテキン)には脂肪代謝関係酵素を活性化し、脂肪がエネルギーになる事を助ける効果があると言われる。その他では血圧・コレステロール値・血糖値の調節、強抗酸化作用による老化・ガン予防等の効果があるとされる。尚、過剰摂取では肝臓に負担がかかる事がある。
07-19 23:18

栄養論:「リン」は骨を作るために必要なミネラルの一つだが、カルシウムやマグネシウムと結び付きが強く、摂り過ぎると逆に骨からカルシウムやマグネシウムを溶け出させてしまう。リンは加工食品全般に含まれており、骨を強くするためにはできるだけ手料理をし、リンを摂り過ぎない事が重要になる。
07-19 23:09

管理人の自己紹介用記事(仮)です。ご興味のある方はどうぞ。→https://t.co/xGP0AX9Adj
07-19 23:02

栄養論:カルニチンは筋肉に多く存在するアミノ酸で、特に脂肪の代謝に関与し、脂肪がエネルギーになる事を助ける。また脳内の神経伝達をスムーズにする働きもある。必須アミノ酸のリジン・メチオニンから体内合成できるが、不足すると運動しても脂肪が燃えにくくなる。食品では赤身肉に多く含まれる。
07-19 22:47

ニキビ治療:ニキビ跡に効果があると言われる成分だが、安価な市販薬に含まれる殆どの成分は皮膚の奥深くにある傷には届かない。ニキビ跡は基本的に美容皮膚科で保険適用外の治療を受けるしか方法がなく、酷くなる前の治療及び予防が重要である。尚、ニキビ跡でなければ保険治療を受ける事ができる。
07-19 22:39

ニキビ治療:ビタミンB群の内のビオチンは様々な酵素の補助に関係するが、特にアトピー等皮膚疾患の改善に効果があるとされる。一部は腸内細菌によって作る事もできるが人によっては作る能力が低く、意識的に摂る必要がある場合もある。食品ではナッツ類、レバー、卵黄、ウナギ、イワシ等に含まれる。
07-19 22:18

栄養論:タンパク質は体を形作る上で重要な栄養素。特にタンパク質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、その9種類をバランス良く摂らなければタンパク質を効率良く作る事はできない。無論だが皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない。
07-19 22:09

YouTube/ニコ動の参考にならない動画集 - 動画メニュー→https://t.co/hfRmzalTcg
07-19 22:02


続きを読む
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト