07/14のツイートまとめ

SaruyaMichael2

ジャンプ力:筋肉は勢い良く伸ばされると反射的に縮もうとする。それを利用すれば助走の勢いを無駄なく伝える事ができる。例えば助走をつけて上へ跳ぶ際は助走の勢いをそのままに膝を素早く浅く曲げる。その方が結果として膝は素早く伸ばされ、少ない力でより高く跳ぶ事ができ、体力の温存にも繋がる。
07-14 23:55

食事論:イヌリンは果糖が複数連なっているが、消化酵素で分解されずそのまま胃を通過。血糖値が上がらず、腸に留まり腸内細菌の餌になる。尚、カルシウムやマグネシウム等の吸収を促すとされるが、腸内でガスが発生する事がある。食品では根菜類に多く含む。オススメ商品→https://t.co/o4BiA7l5xE
07-14 23:39

腹筋を割る:単純に筋肉を鍛えて脂肪を減らせば腹筋は割る事ができる。ただし腹筋を割る事にだけ固執すると、どうしても他の部位が疎かになり、全体としてスタイルは悪くなってしまう。お腹だけでなく腕、肩、胸、背中、尻、太もも、ふくらはぎ等全身のバランスを考えながら鍛えていく事が重要。
07-14 23:25

栄養論:カリウムは筋肉収縮制御・ナトリウム排出等に関わる。塩分の過剰摂取及び大量発汗時に必要量が増え、不足すると高血圧・筋痙攣・熱中症等が起こりやすくなる。オススメの食品はアボカド、アマランサス、シソ、ホウレン草、キクラゲ、椎茸、大豆製品、里芋、サツマイモ、海藻類、ナッツ類等。
07-14 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
07-14 23:01

腹筋を割る:筋肉は表裏一体であり互いに支え合って機能している。腹筋ばかり鍛え背筋とのバランスが悪くなると腰痛になる事があるが、腰痛に限らず表裏どちらか一方だけ強くなったり、弱くなったりすると思わぬ怪我に繋がる事がある。筋肉は特定の部位に偏る事なくバランス良く鍛えるべきである。
07-14 22:55

タウリンはシステインやビタミンB6等から合成、細胞を正常な状態に維持・調節する機能に関与。全身に存在し特に心臓や肝臓等に多く存在、脳では神経伝達物質としての役割もあるとされる。タコ、イカ、貝類等に含む。サプリでは食後1~2g程度。日本では医薬品扱い。関連商品→https://t.co/vJMSKrpO2D
07-14 22:39

健康論:関節付近にある組織の配置がずれ、互いに擦れたり関節に挟まったりして炎症を繰り返す事をインピンジメント症候群と呼ぶ。同じ姿勢で長時間いると大きな筋肉が凝り固まるが、それを他の小さな筋肉で無理矢理カバーする習慣があると起こる事がある。日常的に筋肉を動かし血流を促す事が重要。
07-14 22:25

健康論:ボスウェリアセラータ(植物)に含まれるボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエンの合成を抑制する作用があると言われている。尚、ロイコトリエンはリノール酸から作られるアラキドン酸から作られるが、実はリノール酸もアラキドン酸も必須脂肪酸である。
07-14 22:09

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
07-14 22:01


続きを読む

07/13のツイートまとめ

SaruyaMichael2

ニキビ治療:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に洗う。洗い過ぎは逆効果、決して強く押したり擦ったり手で直接触らない。また洗顔後は乾燥しやすいため、可能な限り早く保湿を行って外側からのケア、日常的な水分・栄養補給・腸内環境改善・ストレス管理を行う等、内側からのケアも重視すべき。
07-13 23:55

「定期」07/13 23:00のGoogle検索ワード 1:ジュラシックワールド 2:Apple 3:オールスター 4:13日の金曜日 5:ジュラシック・ワールド/炎の王国 6:中尾翔太 7:西城秀樹 8:浜崎あゆみ 9:浅倉カンナ 10:モンスト Sao
07-13 23:25

食事論:タンポポ茶に含まれるイソクエルシトリンは余分な水分を排出する利尿作用があるとされている他、脂肪の分解に関わる酵素の働きを活性化させる作用があると言われている。またタンポポ茶はカリウムを多く含み、ナトリウムと一緒に余分な水分を排出する作用があると言われている。
07-13 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
07-13 23:01

運動論:有酸素運動の習慣があると、末梢の細胞がより多くの酸素を求めて毛細血管を増やそうとする。毛細血管が増えれば体の隅々にまで血液が届き、細胞へ酸素・栄養・水分が行き渡る。それは冷え性や乾燥の改善にも効果が期待でき、脂肪も燃焼され、健康だけでなく美容にも繋がる。
07-13 22:55

健康論:ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)には食欲を抑制する効果があるとされている他、糖から脂肪への変換を抑制する効果があると言われている。またチャノキ(茶)に含まれるテアニンにも食欲を抑制する効果があるとされている他、リラックス・抗ストレス効果があると言われている。
07-13 22:39

冷え性:低気温下では内臓を守るため血液を体の中心へ集め、冷たい血液が指先に滞る。筋肉は熱生産及び血液を心臓へ戻すポンプ機能があり、女性に冷え性が多いのは筋肉量が少ないため。尚、ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れによっても起こり、一過性の運動や食事だけでは効果がない。
07-13 22:25

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
07-13 22:01

筋肉論:スポーツ中は多様な状況で様々な筋肉が連動し複雑に体を動かす。よって通常の筋トレのように特定の筋肉だけに効かせる「力の入れ方」は、実際の動作中では使えない。また筋力が上がる事で力任せになる等プレースタイルも変化しやすい。そういう意味では「筋肉が上手く使えていない」と言える。
07-13 21:55

食事論:コラーゲンはプロリンやグリシン等のアミノ酸で構成、その粉末をパインやパパイヤ等の果汁に溶かし少し時間を置くと、分子がバラけ吸収が良くなるかもしれない。他BCAA、グルタミン、HMB、アルギニン、ビタミンC等で合成促進。1日10~15gを分けて摂取。オススメ商品→https://t.co/eDMOilwYxh
07-13 21:39


続きを読む

07/12のツイートまとめ

SaruyaMichael2

有酸素運動:筋肉は熱を作る役割があるため、筋肉量を増やしてから有酸素運動を行った方が効率良く脂肪を燃やす事が可能。女性に多い冷え性は筋肉量の少なさが原因の一つであり、極端な食事制限はそれを悪化させるだけ。尚、有酸素運動を行うと末梢の毛細血管を増やす事ができ、冷え性も改善される。
07-12 23:55

健康論:クマコケモモ(ウワウルシ)にはアルブチンが含まれ、メラニン色素の合成を抑制する作用の他、利尿作用があると言われている。またポリフェノールの一種であるエラグ酸を含み、これには殺菌・抗酸化作用があるとされているが、お茶類に含まれるカテキンによりその効果は阻害される。
07-12 23:39

ダイエット論:糖質制限初期は脂肪分解が本格化しておらず安心してはいけない。少なくとも1~2週間は様子を見るべき。ただし脂肪分解が本格化すると臓器に負担がかかるため、1ヶ月を目途に糖質を適切な量まで戻していく必要がある。何ヶ月も制限し続けると臓器の機能が落ち、逆に健康を害す事もある
07-12 23:25

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
07-12 23:02

栄養論:蛋白質は体を形作る上で重要な栄養素。特に蛋白質を構成するアミノ酸には体内だけでは一から作る事ができない9種類の必須アミノ酸(EAA)があり、9種類のバランスが悪ければいくら体に良い栄養を摂っても蛋白質を効率良く作る事はできない。当然皮膚も再生されないし筋肉も大きくならない
07-12 22:55

5-htp(ヒドロキシトリプトファン)はセロトニンの材料に、またそのセロトニンは睡眠に関与するメラトニンの分泌に必要となる。尚、5-htpは大量摂取で不要な疲労感や下痢に繋がる事もあり摂取量は注意。またメラトニンやセロトニンの合成にはビタミンB6等も必要。関連商品→https://t.co/2AFgqZmfC7
07-12 22:39

筋肉論:上腕二頭筋収縮時には裏の上腕三頭筋が伸ばされ、上腕三頭筋収縮時は上腕二頭筋が伸ばされる。このように収縮する筋肉を主働筋、伸ばされる筋肉を拮抗筋と呼ぶ。拮抗筋がスムーズに伸ばされないと主動筋の動きも鈍くなるため、主働筋で大きな力を発揮するには拮抗筋の筋力・柔軟性が重要。
07-12 22:25

食品論:ブラジルナッツは蛋白質、脂質、ビタミンB1・E、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、食物繊維を豊富に含み、特にこの内では脂質、ビタミンB1、マグネシウムに秀でる。尚、脂質は飽和・一価不飽和・多価不飽和が同等程度。オススメの商品はこちらから→https://t.co/WIQttEwzgs
07-12 22:09

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
07-12 22:01

栄養論:脂肪は五大栄養素の1つに数えられる重要な栄養素。特に体内だけでは一から作る事ができない必須脂肪酸はバランス良く摂らなければならない。脂肪と聞くと皮下脂肪や内臓脂肪をイメージするが、様々なホルモンの材料としても使われており健康維持に不可欠である。過度な制限は健康を害すだけ。
07-12 21:55


続きを読む

07/11のツイートまとめ

SaruyaMichael2

栄養論:アルコール処理能力は生まれつきであり、いくらたくさん飲んでも鍛える事はできない。慣れたと感じるのは単に鈍感になっただけで、大量に飲む習慣が続くほど臓器に負担が蓄積していく。またアルコールはDNAを傷つけ癌のリスクを高めると言われている。無理して飲んでも自分の首を絞めるだけ
07-11 23:55

花粉症:ネトル茶、凍頂烏龍茶、紅富貴等に含まれるメチル化カテキンは、免疫グロブリンEを抑制する事で炎症症状を緩和する作用があると言われている。尚、ケルセチン、ビオチン、ビタミンC、アスタキサンチン等にも、ヒスタミンを抑制する事で炎症症状を緩和する効果があると言われている。
07-11 23:39

食事論:グロビンを酵素分解して抽出されるグロビンペプチドは、脂肪を分解する消化酵素の働きを弱め、脂肪の吸収を阻害する作用があると言われている。また血液中にある中性脂肪を分解する酵素の働きを促す事で、その蓄積を抑える作用があると言われている。摂取は食事の内容を見て食後に。
07-11 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChw2RE #ダイエット #健康 #筋トレ
07-11 23:01

身長を伸ばす:毎日同じ時間に寝起きする規則的な睡眠習慣を続ければ、メラトニンというホルモンの分泌を促す事ができる。メラトニンには性成熟を抑制し思春期を遅らせる作用があるとされ、分泌されるだけで「身長を伸ばす事のできる期間」を延長できる。それにより最終的な身長の結果も改善される。
07-11 22:55

食品論:ナイアシンは特にエネルギー代謝における酵素の補助として必須。食品ではマグロ、カツオ、レバー、魚卵、鶏肉、ピーナッツ等に含む。一部トリプトファンから変換されるが、アルコール摂取量増=必要量増。過剰摂取で一時的に皮膚紅潮が起こる。オススメ商品→https://t.co/FXsMSKcM5Z
07-11 22:39

運動論:余った糖は時間が経つと脂肪として蓄積するが、一旦脂肪になると有酸素運動でしか効率良く燃やす事ができない。それ以外は糖質制限のみ。そのため糖は脂肪に変わる前の「糖の状態」の時に無酸素運動で燃やしてしまった方が効率的。結果としてそれは脂肪蓄積を防げるため肥満予防にも繋がる。
07-11 22:25

食事論:タンポポ茶に含まれるイソクエルシトリンは余分な水分を排出する利尿作用があるとされている他、脂肪の分解に関わる酵素の働きを活性化させる作用があると言われている。またタンポポ茶はカリウムを多く含み、ナトリウムと一緒に余分な水分を排出する作用があると言われている。
07-11 22:09

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
07-11 22:01

食事論:ヒジキはビタミンK、カリウム、カルシウム、鉄、ヨウ素を豊富に含む。一方アオサは葉酸、カリウム、マグネシウム、マンガンを豊富に含む。ただしどちらとも塩分も多く含む。その他、ヒジキは発癌性を持つ無機ヒ素を取り込む量が多いとされるが、1週間に30g以上食べなければ問題ないとされ
07-11 21:55


続きを読む

07/10のツイートまとめ

SaruyaMichael2

運動論:余った糖は時間が経つと脂肪として蓄積するが、一旦脂肪になると有酸素運動でしか効率良く燃やす事ができない。それ以外は糖質制限のみ。そのため糖は脂肪に変わる前の「糖の状態」の時に無酸素運動で燃やしてしまった方が効率的。結果としてそれは脂肪蓄積を防げるため肥満予防にも繋がる。
07-10 23:55

睡眠論:入眠後1時間以内でノンレム睡眠、その後1時間程度でレム睡眠、以降レム睡眠は1時間半周期で現れる。成長ホルモンの分泌量はレム睡眠直後のノンレム睡眠(浅い段階)や入眠後3時間以内に増えるとされ、それを促すには睡眠環境を整える事が重要。特に寝る前の脳を刺激する行動には注意すべし
07-10 23:25

食品論:シーバックソーンはカロテノイド類、ビタミンC・E、鉄、クエン酸等の有機酸、ポリフェノール類を豊富に含む。他、コレステロール値の調節に関わるとされるβ-シトステロール、また果物では珍しく脂質(リノール酸・パルミトレイン酸等)を含む。オススメ商品→https://t.co/I93uoZvGZZ
07-10 23:09

運動時における糖の摂取方法をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/CgofChes06 #ダイエット #健康 #筋トレ
07-10 23:01

健康論:日本人は遅筋割合が平均的に高いが速筋遅筋の割合は生まれつきで鍛えても変わらない。つまり生まれた瞬間向き・不向きが決まる事になる。ただしそれは見た目だけでは判断できない。速筋遅筋の割合を気にする権利を持つのは、その割合が影響するほどにまで自分を追い込んでいる人だけである。
07-10 22:55

食品論:松の実には蛋白質、脂質(リノール酸等)、ビタミンB1・E、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガンが豊富に含まれる。特にこの内では脂質、ビタミンE、カリウム、マグネシウム、亜鉛、マンガンに秀でている。オススメの商品はこちらから→https://t.co/fvfCHrGob1
07-10 22:39

健康論:ボスウェリアセラータ(植物)に含まれるボスウェリア酸は、アレルギー・炎症反応に関わるロイコトリエンの合成を抑制する作用があると言われている。尚、ロイコトリエンはリノール酸から作られるアラキドン酸から作られるが、実はリノール酸もアラキドン酸も必須脂肪酸である。
07-10 22:09

管理人のダイエットに対する考え方をまとめた記事です。ご興味のある方はどうぞ→https://t.co/Oe5ywZY4nz #ダイエット #健康 #筋トレ
07-10 22:01

ニキビ治療:洗顔は朝夜2回、よく泡立て優しく丁寧に洗う。洗い過ぎは逆効果、決して強く押したり擦ったり手で直接触らない。また洗顔後は乾燥しやすいため、可能な限り早く保湿を行って外側からのケア、日常的な水分・栄養補給・腸内環境改善・ストレス管理を行う等、内側からのケアも重視すべき。
07-10 21:55

食品論:アーモンドはビタミンB1・B2・ナイアシン、ビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、食物繊維を含み、特にビタミンB2、ビタミンE、マグネシウムに秀でる。他、蛋白質や脂質(オレイン酸等)が多く、ポリフェノールも含まれる。オススメ商品→https://t.co/twyCvZ4vNL
07-10 21:39


続きを読む
ブックマークおなしゃす
My Yahoo!に追加
FC2アクセスカウンター
管理人プロフィール
腰
管理人のSaruyaMichaelです。
情報統合思念体になりたい。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
他の運営サイトとリンクサイト
当ブログRSS
ブロ友おなしゃす

この人とブロともになる

投票おなしゃす

FC2Blog Ranking

Twitter
QRコード
QR
相互リンクサイト